さくらッセ体験版・TG版Ver1感想

  • 2007/11/21(水) 21:48:58

そういうわけで、さっそく購入してきました。
1月号ですね
右側のプレリュード体験版の感想は他の人に任せます(ぁ
今回のメインは左側についてきたTG版さくらッセ体験版の方ですから。

とはいえ、内容はというと本家で拾えるものと同じで、システム問題も同じ。
ただ容量が373M(DL版は469M)と一回りちいさいです。
当然DL版と同じ展開で4月1日(マリーを雇うことになるとこまで)が終わると・・・
ここってかもめ亭地下室・・・( ̄▽ ̄;)
・・・だそうです( ̄▽ ̄;)
*ちなみにテックジャイアンは月刊誌です(ぁ
「世界征服会議」を開催する「秘密基地」のわりにはショボイ場所ですが、千里の道も一歩からといいますね。
このおまけシナリオですが「世界征服を企む謎の姉妹がお送りする不定期連載宣伝工作コーナー」とのこと。
さっそくクリスが「姉妹じゃなくて姉弟」と突っ込み入れますが
「どうせ女にしか見えないんだから諦めなさい」だそうです( ̄▽ ̄;)

この姉弟、初公開の立ち絵となりますね(DL版ではイベントCGで終わりましたし)
それからクラウディア様は自称が「アタシ」となっていて、ゆー姉との区別化を図ってますね。
さて、話を戻して、この宣伝工作をすると具体的にどうなるのかといいますと・・・
一番売れてるえろげ雑誌だそうです( ・・)/
・・・13万人って戦闘員の数としてはどうなんでしょう(ぁ
そしてこの番組。実はスポンサーがいまして(エンターブレインではない)。そのスポンサーとは・・・
さくら通りの親玉(ぁ
・・・あんたかいっ!( ̄▽ ̄;)
*というか早希さん、美味しすぎるんですが(笑)
OHPにもまだ登場してないのに人気急上昇中の早希さんに焦るクラウディア様。
しかしこの姉弟には先立つものがありません
(日本までの飛行機代は長老から出して貰ったのでしょうか)
貧乏だから露出の多い服で布地代を浮かせているのですね(ダマレ
どうやら宣伝しないといけないらしく、結局クリスが宣伝します
*ヤケクソ気味の棒読みですが( ̄▽ ̄;)

そして文句を言う暇も与えず終了( ・・)/
なんからっきー☆ちゃんねる思い出した(ぁ
・・・クラウディア様の明日はどっちだ(ぁ

*新キャラ
高橋さんが喜びそうだ(ぉ
・瑠璃子(写真中央)
クリスが偶然知り合った近所の女の子。茶髪幼女だ、あどけない笑顔だ(ダマレ


↑こちらもよろしく(:^-^)

さくらッセ体験版

  • 2007/11/15(木) 19:47:17

まあ、感想は他のところがたくさん書かれてますが、私もそのはじっこあたりで(^_^;;;

さて、体験版は3月30日、日曜夜からスタート(2008年3月30日は日曜なので、さくらッセは2008年の話かと)
しょっぱなからF-15Jのスクランブルが出てきますが、マリーほどの大きさ(しかも金属ではない)を探知、
さらにそこまで飛行機を飛ばせる空自の策敵能力は凄いです、北○鮮でも安心です(ぇ
・・・まあそれより、レーザーぶっ放してF-15Jを撃墜するマリーの魔法は更に物凄いのですが( ̄▽ ̄;)

黙示録でも東方でもありません(ぁ
事故の後、なぜか200m離れた場所に転移していた春美が優佳とかりんが待つかもめ亭に戻り、二人からいろいろ言われて終わります。
*一日の切り替わりではランダムにアイキャッチが入ります

3/31:ゆー姉に店を再開したいと相談しますが、即却下(笑)
午後に美咲さんに店のことを伝えますが、実はオーナー名義は春美になっている事実が。
帰り道はかりんと一緒ですが、アホの子全開で困ります。ぱんつ見せてくれるし(でもSD)
それはともかく、夜かりんと共にゆー姉を再び説得。
でも美咲さんと同じものは作れず75点レベル。それでもOKを貰えるところはげむですから(笑)
バイトのおばちゃんがいないのでかりんとゆー姉が手伝うことになり、再開へ。

4/1(午前、午後に選択肢あり)
開店。客の入りは上場で春美はパニくってます(:^-^)
春美より一ランク有能な美咲さんが一人で回してたのですからそれはパニくって当然。
一休みして夜の部では高橋さん、それから早希さん登場。首を突っ込もうとしますがゆー姉が阻止
この早希さんからは55点「休業した方がいい」と忠告を受けますが・・・
・・・なら特訓だと厨房に。しかしやっぱり無理だったのか斃れます。
ここでマリー&ルゥリィと対面し、二人を雇うことに(時給100円、屋根裏住み込み)

4/2(同じく選択肢二つあり)
マリーの方が料理が上なので春美はウェイター転落(笑)
評判もむちゃくちゃよくてお客も大勢。くだんの早希さんも満点をくれます。
午後、食材調達の帰り道にルゥリィ発見。
そして閉店後にマリーが魔法料理していることが春美にバレ、一気に険悪ムードへ(・・;)

4/3(店休・選択肢なし)
マリーに対して嫌悪感バリパリな春美はともかく、かりんの提案で花見を兼ねた歓迎会をすることに。
酔っ払っている人もいますが気にしない。
途中ヨッパライと別れ、追いかけてくるマリーとともに再び美咲さんのお見舞い。
春美は帰ってきて自問と、さらにゆー姉に問い詰められ、マリーに謝りに行くことに
そして厨房で見たのは・・・

4/4
クラウディアとクリストフ登場イベント。そこで終わります(^_^;;;

次はキャラ別に。
*春美
美咲さんは実の母ではなく、父の再婚相手
なお、父親は「つまらない交通事故で他界」とあっさり存在消されてます( ̄▽ ̄;)
そんな彼は学園を中退した後、帝都ホテルで修行していたわけです。
日課は朝のラジオ体操。料理は得意だけど、無制限に作る癖あり(^_^;;;
座右の銘は「美味い物を腹いっぱい食べられれば、誰だって幸せになれる」
まあ、中退したこともわかる通りこうと決めたら走る性格。
だから早希さんに忠告されても
「特訓です!熱血です!」
・・・アホの子に感染していますΣ( ̄0 ̄;)
実際、マリー&ルゥリィと出会った時にもテンションがすさまじく変わってるので、やっぱりアホの子です(ぁ

*マリー(テーマ曲「碧眼の異邦人」)
正式登場は4月1日、限界が来て斃れた春美の看病から。とはいえ墜落時を思い出した春美にはいきなり死神扱いされてますが・・・
腕が吹っ飛んだ春美に対して
「そぉーれぇーっ♪痛いの痛いの飛んでいけ〜〜〜っ♪」
・・・えらく適当な呪文ですが、これでも春美は元通り。恐るべしΣ( ̄0 ̄;)
最初は魔法料理もしますがそれとて
今度の魔女は合体だ(違う)
・・・ドイツの魔術は世界イチぃぃぃぃっ(ダマレ
*ちなみに彼女は祖母とケンカして家出して、日本に来たとのこと。
*日本語は裏技(多分魔法)で覚えたらしい
*魔女服は「変身」で解ける
*魔法では怪我は治せても、病気までは治せない。、
そして美少女といわれるとあせったり。
↓のように真っ赤になったりと恥ずかしがりやな上に上がり症ですが・・・
蒸気も吹きます( ・・)/
魔法料理を否定された後自力で料理を作ろうと努力いるところ、実に真面目な頑張り屋さんですね。
ただしこの人、どう見ても不法就労&不法入国なんですが・・・(・・;)


*優佳(テーマ曲「春には澄んだ風を」)
こちらは美咲さんの実の娘。
つまり春美の両親はバツイチ再婚なわけですね(^_^;;;
左手だからまだ本気ではない(ぁ
このように、拳が光って唸る人(ぁ
「春美のクセに生意気なっ!」ですしね。
とはいえツンデレ姉であることは変わりなく、春美が店を再開したいと言うと延々説教しますが、次の日には休学申請しにいくところにもそれが現れてますね
ちなみに彼女が他三人と制服が違うのはソムリエール役兼だから。お客様に対してはもちろん営業スマイル。
他の人からは弟溺愛ぶりを指摘されてますが、知らぬは当の弟のみとはよく言ったものです。
後、実は
一枚足りないと・・・(・・;)
((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

*かりん(テーマ曲「太陽と景色」)
最初の画面で「登場人物は18歳以上」と断りが入ってます。
しかしこれは「実年齢」「外見(等身)」であって「頭の中身」は抜け道だったということを思い知らされる方です。
しましましましましま(ぁ
・・・このように見事なまでのアホの子です(ぁ
アホの子なんで再々々試験にすら落ちて3月31日まで補習を受けていたわけで(^_^;;;
まあ、アホの子のエピソードは多すぎて困るぐらいですが、とにかく春美を見れば「みーくん」と抱きつきにやってきます。
その姿は知らない人から見れば「バカップル」(笑)
なお、彼女は食べるの専門なんで、調理では戦力にはなりません(ぁ
ただ二年前からかもめ亭でバイトしてるので経験はあり、普通にウェイトレスが出来るのは幸いかと。

*ルゥリィ(テーマ曲「魔女の使い魔」)
空中戦時はぬこ。
再登場時はいつもの姿ですが、非常に落ち着いてらっしゃいます。
その冷静さをもって現実を認めない春美に対してすね蹴りを喰らわしてくれますし(笑)
4/2にぬこと話せることがわかりますが、「それが何か」とそっけありません。
とはいえぬこにえさを与えることを承諾するとちゃんと「ありがと」とお礼を言うあたり、突破口はありそうですね。
なお、働きません(爆)、それどころか客席で寝ます( ̄▽ ̄;)
解説ご苦労様、高橋さん( ・・)/
・・・一応、客寄せにはなっているのでまだよいかと・・・

*クラウディア
4/4登場。出番は空港でのイベントだけなのでちょい役(立ち絵はなし)ですが
正しい悪を目指すのです(ぁ
・・・らしいです( ̄▽ ̄;)
ちなみにマリーは彼女の手下一号だそうで・・・(^_^;;;

*クリストフ

同じく4/4登場。半分妹扱いされてますが、魔法も使えるようです。
長老に言われてマリー探しにやってきたそうですが、危ない人のお供は大変(笑)

*綾瀬美咲さん(声:本山美奈さん)
若いなぁ・・・
若くて美人で天然な未亡人。でもゆー姉の実母(死)
入院中ですが暇なので大量のリンゴ剥いてます(^_^;;;
「脱走しちゃおうかしら?」なんて言ってますが、過労ですのでくれぐれも間違えないようにしましょう(^_^;;;
途中、春美はマリーを連れて見舞いに行きますが予想通りマリーを「彼女」と認識してくれます(笑)
なお、親子丼攻略は多分できないので期待しないように(殴)

*他キャラ(登場順)
・江口さん
奥さんもいます( ・・)/
かもめ亭の隣の「ベーカリーエグチ」店主。
美咲さんのファン。つまり未亡人属性(ぁ
「あさひがさんさんおはよーさん」と挨拶するように、ちと変わった人です。

・高橋さん
炉な人(ぉ
常連客の一人。近所のお兄さんでマンガ家。
・・・上で紹介したようにようぢょ属性のため、将来が不安(ぁ

・小野寺早希さん
大人キャラでもありますね(笑)
ゆー姉の親友で大学生。名家の出でお嬢様。
恋に首を突っ込む近所のお姉さんタイプ。ただしゆー姉と違って弟フィルターはないので結構言うことは言います。
春美たちの料理を客観的に評価してくれたり、ゆー姉を応援したりと実にいい役。
このぽーずはそそる(ぉ
ゆー姉(B90)ぐらいのバストはありそうですね。
ズボンなのに上半身の露出度が高いってのもポイント高いかと(笑)

*システム
立ち絵移動、表情ふきだしを装備。
設定画面は一通り標準(Ctrlキーでの強制スキップはなし)をそろえてますが、特殊なのがバックログ。普通のログ送りとは上下逆で、
「過去ログを見るためには下方向にスクロールさせる」
なので、慣れないとキツいです。
後、マウス右でメニューが出ますが、その時右上にBGM名が。
右上に注目
こういう細かいこだわりは好感が持てますね
メッセージにしてもテキスト以外もしゃべる部分もあったりしますし。

 話的には最初の空戦はともかく、魔法料理しているマリーにつまらないブライドを発動する春美をどう見るかでしょう。
自分が努力した料理より上のものを反則技で出されるのは確かに頭にくるでしょうが、その反則技だって本人の「才能」なんですし。
まあ、自分の非を認めてマリーと共にやっていこうと仲直りできただけ評価できますが。

 そして本編は春美とマリーが普通の料理で勝負するから始まるところからになりますが、明らかに料理レベルが下がったことをお客にどうフォローするかでしょう
(マリーの真の腕前はほぼ春美と同じだし)
*極論から言えば、美咲さんの入院は一か月程度だしその間休業すればいい。
後は魔法が切れると斃れる可能性が高い春美の問題をどう解決するか。

・・・それから気になったのですが、主題歌やOPムービーはどうなったのでしょう・・・(^_^;;;



おまけ:わかる人だけわかってください(殴)
どっかの国みたい(殴)

ボイス公開姉弟編

  • 2007/11/09(金) 22:51:30

まずはこれでも貼って自己宣伝代わりとしておきます(殴)

ゆー姉なのは気にしない(ぉ

さて、ボイスも残るは二人なのでまとめていきます。
ただ、この二人は自己紹介はなくて、セリフだけ。
ちなみに今のとこ(キャラ紹介画面で)キャラ枠に二つ分空きがありますが、これは春美と美咲さんが入るのでしょうね。
・・・あれ?美咲さんの声とかはどうなっているのでしょうか?(^_^;;;

*クラウディア
陶酔もーど(ぁ
「おーほっほっほっほっほっほっ、おーほっほっほっほっほっ」
「なぁーに言ってるのよ、これが悪の首領たるクラウディア様の正装じゃない」
「それより、ぐすぐすしてないでちゃんとついてきなさい」


えー、最初のセリフは何というか、すばらしいです(笑)
二つ目はあの服装ですね。正装というのですからあの格好で街中を歩い・・・
・・・実際↓のように罪無き一般市民の前で高笑いしてます( ̄▽ ̄;)
こすぷれだよな、これ(殴)
ただこのCGの背景(クリスの上)を見ればわかりますが、ここって空港なんですよね。
これからするとクレメント姉弟は(マリーはホウキなのに)飛行機でやってきたことに。
野ざらしのホウキではなく快適な飛行機を選択するところ、悪の首領様はそこらの魔女とは器が違いますね(笑)
最後に三つ目はクリスに向けての言葉かと。一応は弟想いの素質は備えているかと

*クリストフ
なぜか泣き顔(殴)
「あわわー、姉さんもちょっと荷物持ってください!」
「うう・・・だから一人で来るって言ったのにぃ・・・(;TДT)」
「男の子なのに、パスポートにも書いてあるのに」


文章ではわかりにくいですが、実際聞いてみると泣き虫です(^_^;;;
一つ目は上のCGの場面でしょうね。悪の首領様のお供も大変です(汗)
次の三つ目。パスポート持ってるところはちゃんと押さえるところは押さえているということでしょう。
(って、マリーやルゥリィはパスポート持ってるのか?(:^-^))
しかし問題なのは二つ目。「一人で来る」ってのは何を意味しているのでしょうか?
トイレとかならまだ笑ってられるのですが。
実はマリーを連れ帰るために日本に来るのは、最初はクリス一人だけだったのかも・・・

続けて背景設定、これはマリーが案内して、他の三人が突っ込みを入れる形ですね
年齢ねたでキレるゆー姉とか、「この人、ダメ人間です」と認定されるかりん、
興味ないといいつつ的確な突っ込みを入れるルゥリィとかはともかく。
*かもめ亭は木曜定休
営業時間は11〜15時(ランチ、ディナーは17〜21時かな?)
*かもめ亭は二階にも客席がある(ただし絵はない)
・・・ということは従業員は二階まで料理を持って上らないといけない(・・;)
・・・かりんあたり階段から落ちそうです(:^-^)
*ゆー姉は酔っ払ったり、バスタオル一枚で住居部分を歩き回る
・・・バスタオルが取れたり、寝かせるイベントはありそうですね(:^-^)
*「さくらシュトラッセ」とは美園市の通りの名前
*さくら通りから五分ほど行くとある桜の名所は「殿山公園」。
*マリーと春美が初対面する海岸通りには砂浜がある。たぶん最初の出会いは砂浜かと。
*かりんが通っているのは美園学園。
(といってもかりん以外学園に関係ないので、学園のキャラは存在しないと思います)

このあたりがわかるところでしょうか。

後はこれですね
移動場所が増えるってことはないのかな?
移動画面。4ヵ所と少ないのはヒロイン四人制だからでしょうか。
SDキャラの大きさからすると同じ場所に複数のキャラがいることもあるようです。
場所選択制だとキャラを追っかけていくだけでルートに入れるから攻略は楽ともいえます。

そして最後に、体験版の方は雑誌収録か、それともサイト公開か。
両方同時(だから21日頃)にすると丸く収まりそうではありますが・・・

√aaaにおけるサクラノ詩

  • 2007/11/02(金) 20:18:28

さて、前回予告通り、√aaaにおけるサクラノ詩です。
√aaa本編の感想は他の人に任せます、ムネン、アトヲタノム(殴)
前文はさておき、「√aaaにおけるサクラノ詩」ははまじ・雪路ルートに入り込んでいます。
しかしサクラノ詩の話をするのでヒロインたる雪路、はまじは放置(殴)。

このルートは3月29日から始まり、新学期一日目で終わる春休みの話。
出てくるのはノノ未、真琴、圭、そして直哉。
H2O側からははまじ、雪路、琢磨ですので「琢磨から見たサクラ」といった感じになっています。
立ち絵的にはH2Oや√aaaと同じですが、もう少し表情以外の動きが欲しいですね。

3人並べてみました
真琴なんか無理して表情変えてるような描き方に見えて仕方ありませんし(・・;)

*設定
始まりの日付が3月29日だということからわかる通り、春休みの話です。
ではいつの春休みかというと琢磨の「桜を見るのはこれで二回目」とあるので
一年生から二年生に上がる間の話になりますね。
そして琢磨や直哉を「先輩」と呼ぶノノ未は「桜を見るのはこれで四回目」とあるので、学園に入って四年目。
・・・そう、弓張学園は六年制(いわゆる中高一貫タイプ)です。ただし下三年と上三年では使う校舎が違うそうです。
もちろん、琢磨や雪路のように上三年のみの入学も可。
・・・まあこうしないと雪路を弓張学園生として出すことができませんから(:^-^)

学園と部
弓張の丘にある弓張学園。明治時代に創立されたという古い伝統を持つ学園だそうです。
特に芸術に関しては多数の人材を傑出し、直哉の父、草薙健一郎や琢磨の父も弓張学園卒業生だとか。
今回出てくるのは美術部と天文部ですが、美術部は名門で並みの人では入れない。
直哉は最後に描いた絵がプロ級評価ですし、圭や真琴も賞をいくつも獲得しています。

美術部
まあ、平凡って感じかなぁ
真琴が副部長をしています。今までの紹介では全て「部長」だったのですが、部長を名乗るのは進級してからのようです。
顧問は若田先生というそうですが、詳細は不明(部長も不明)
なお、美術部室には生活用具一式があるそうで、部員でもない直哉が勝手に利用してたりします。
今回出てきたのは真琴と圭(+直哉)ですが、優美も美術部なので当然加わってくるかと。

天文部
真ん中がオーラリーです
琢磨が部長をしています。ちなみにノノ未は美術部と兼任なんで、必要に応じて美術部がノノ未を連れ去ります(笑)
こちらは数十年ぶりに琢磨が復活させた部で、器具とかはオーラリー(太陽系儀)やフーコーの振り子をはじめとして占星術系。
実際、明治時代は占星学科があったそうです(エリファス・レヴィなんて名前も)
・・・ちにみにノノ未の話だと天文部の活動は
ののみん( ・・)/「よさげな惑星があったら破壊するの」
・・・だそうです( ̄▽ ̄;)
*侵略もなぶり殺しもするらしい(ぁ
なお、この方、天文部では観測とかよりもオーラリーをくるくる回して遊ぶことがメインらしいです(笑)

柊ノノ未
なぜか泣き顔(鬼)
立ち絵は雑誌と同じですが、背中に装備したバズーカ砲望遠鏡はありません。
話し方としては自称は「ノノ」、表情もころころ変わってなかなかういやつです(笑)
で、彼女は何でも1人でしようとする琢磨部長を何かと気遣ってくれます。
「今度1人でやったら殴りますよ」に始まり、そのうちには
嫌なことは自分1人でやって、なんですかそれ?殉教者かなんかのつもりですか?」
・・・尻に敷かれてるぞ弘瀬琢磨(笑)
ただし美術部兼任なんで、真琴には全く頭が上がらずいいつも捕獲されて美術部に拉致されているようです(ぁ

後、彼女は帳簿が得意で、本来は商業科に行くべきところをほとんど母親の意地だけで弓張に通っているとか。
だからやたらに食べます。というか無理してでも食べるのは貧しい家の生まれの性なのでしょうね。
弘瀬グループ御曹司の琢磨と、貧しい家庭に育ったノノ未。対称的な二人はサクラでも色々とありそうですね。
美術室でも天文部をかばって「弘瀬部長はダメです、天文部だけは手出しさせません」
そしてしまいには琢磨にお弁当を作ってもらって二人だけで昼食。これを見る限り琢磨にかなりなつ・・・
・・・あ゛、攻略相手は琢磨じゃなくて直哉。このあたりをどうするんでしょうか?(:^-^)

彼女は声もありますが、私は絶対音感も声優知識もないのでパス。ただ結構イメージ通りかと思ってます。

鳥谷真琴
表情違いは初ですね
立ち絵は今まで公開されていたものと同じ。ただし表情はH2Oに出てきた稟よりもずっと豊富です。
自称は「私」でもちろん声あり。こっちは想像よりも声のトーンが高いです。何せゆい様よりも高いぐらいですから(笑)
雑誌とかの紹介では横暴で自信過剰とありますが、実際今回の話でもそれがよくわかります。
まず雪路が美術部にやってくると即入部させようとし、彼女が遠くから来てると知ると
「圭、この小娘を縛るわよ」
・・・Σ( ̄0 ̄;)
そのうち雪路は美術部全員をバカ呼ばわりして逃げようとしますが・・・
あいあんくろーっ(ぁ
・・・うめぼし炸裂(:^-^)
ちなみに直哉は毎日喰らってるようです(汗)
これには雪路も降伏するしかありませんでした(:^-^)

その後、ナンパ共に絡まれているはまじを琢磨や直哉たちと一緒に成敗しますが
でも戦ってなかったような気も・・・
「ちっ・・・しけてるわね・・・25万円しか手に入らなかったわよ」
ここで前に取り上げた真琴のセリフですが、この人ふつーに強盗してません?( ̄▽ ̄;)
とまあ、実に横暴な方(雪路曰く「性格崩壊女」)ですが、琢磨が言うには彼女は元は油絵で、賞を取ったこともあるのに今は陶芸をやってるとのこと。
ノノ未と違って全くバックボーンが出てこない彼女ですが、なぜ油絵から陶芸に転向したのかは数少ない「過去」。
ここから彼女の突破口で開けてきそうです。
後、ノノ未には無かったSDイベント絵が、彼女には上記のように二枚あります。
使いやすいキャラだという証明でしょう(笑)

夏目圭
女性的表情( ・・)/
すでに元設定で「身長159cm、しかもすね毛が生えてない」でしたが・・・
真になるとさらに女性っぽさが前面に出てきています。
ただ、彼の自称は「俺」ですから本人は意識して男らしさを出そうとしているのではないかと。
とはいえ何かというと泣き、なにかというと直哉に叩かれるといういじられキャラですが(:^-^)
彼はよく桜を描きますが、実は直哉に再び筆を取らせるため(圭の絵を見て危機感を抱かせようとしている)
なんだかんだで直哉とはいい関係のようですね。

草薙直哉
あー、だるー(ぁ
美術部でもないのに美術室でだべってる人。自称は「俺」
サクラの主役なんですが、よく言われる俺様系というか、自分の好きにやってる人。
特に部外者とか後輩にはきつく、雪路などはバカ生物された挙句に
「こんなところに入らない方がいいぞというかウザイから来るなバカ死ね消えろ」
なんて言われてます( ̄▽ ̄;)
そんな彼も真琴には財布を人質代わりに取り上げられたり、あるいはうめぼし耳引っ張られて拉致されたりと手を焼いていたり。
とはいえ琢磨とはかなりウマが合うのか、彼に対しては結構深い話をしてくれたりもします。
 たとえば琢磨にバートランド・ラッセルの本を紹介してくれたり、これはいわゆる「五分前の世界」ですね。
*世界はいかにも昔からあるように五分前に創られた。
この問題はややこしいので誰かフォローして下さい(汗)
後はやはり彼がなぜ筆を折ったのか、そして再び筆を取るようになるのか、そこが注目ですね。
父親に対するコンプレックスという当たり前のパターンではないはずですから。


「横たわる櫻」という直哉の父が描いた名画。しかしこの絵に描かれている櫻はどこの櫻か謎。
横にしただけ説も・・・
これと下で書く「二千年櫻」がこの話の根元でしょうね。
直哉は二千年櫻なんてないと明確に否定しますが、その直哉自身もまた櫻を描いています。

*ストーリー
弓張には意味深な話があります。

弓張の丘には樹齢二千年の櫻があるという。
・・・しかし、その二千年櫻が咲いたところを誰も見たことはない・・・
・・・咲かないから、いつもみんな見てはいても、誰もその木を櫻だとは気づかない・・・
・・・咲く時は、誰かの願いが叶う時
・・・二千年櫻は、ただ一つの思いを叶えるために存在している
・・・その思いを持つものが弓張の丘に現れた時、二千年櫻が白く染まる
・・・そして、「横たわる櫻」とは、この二千年櫻らしい・・・


例の新キャラ、小硯櫻は「二千年櫻」と深く関係のある方なんでしょうね。
二千年櫻の擬人化した者なのか、それとも琢磨の「時の精霊」音羽のように、直哉の「桜の精霊」なのかも。

そしてルート最後で音羽が琢磨に歌う詩

桜の森で、世界が鳴った。かん高い音で、世界が鳴った。
ふわふわとした桃色の花びらが、虚空に舞い散り、ふわふわと世界を埋める。
ふわふわにつつまれた世界は、夢を見る。大きな、大きな、夢を見る
桜の森で、音もなく、世界がまた鳴った


・・・彼女が唄う桜の詩。そう、「サクラノ詩」ですね。この詩が何を意味するのか。

この後、新学期の話が少しあって、雪路と別れてルート自体は終わります
展開的にはここで稟が転校してくるはずですし。
ただ、元では直哉は父親が亡くなった後、夏目家に居候することになってましたが・・・
真では果たしてこのあたりはどうなりますか。

二千年櫻と、櫻の詩。誰のために咲き、誰のために世界は鳴るのか・・・