コスムメ(孤高娘)体験版感想

  • 2008/05/12(月) 23:12:02


あんでるものは初めてだなぁ
いつものように、著作権はここにあります

少し遅れましたが、ドリパでもらった体験版の感想です。
別に興味はなかったのですが、ついつい並んでしまったというのは伏せておきます(爆)
たいとるがめん
ディスクの中身は自動解凍ファイルで、解凍すると146M。
セーブはマイドキュメントの「undel_savefiles」に作る方式。
注: nView Desktop Managerとは相性が悪いので、プレイする時は無効にして下さいとのこと。

で、いきなり面子が自己紹介と簡単なあらすじをしてくれた後、体験版開始。
簡単に言うと隣国の学園にクロス(主人公)とイリヤが身分を隠し、そこににいると言われている強敵「姫将軍」を探すということ。
一話と二話はいずこ・・・(^_^;;;
・・・いきなり三話(゚_゚;)

まずはクロスがイリヤに起こされる場面から。
*二人は同じ部屋に住んでいます。
話せはわかる(・・;)
えーっと、なんかエロ発想している人ですが、気にしてはいけません(ぉ
学園では授業を受けたりしながら、調査。

二人で分担してクロスは先生を、イリヤは生徒を調べますが、これという情報を得られずに寮に戻ります。
他に青、黄、黒がいます
なんか登場してますが、気にいてはいけません(笑)
一応潜入ということなので、深夜には保安局に報告して一日が終わります
*とはいえ日付が出てこないので、どのくらい進んでいるかわかりにくいですが。
そんなこんなしていると、イリヤがアメリアが姫将軍らしいという情報を掴み・・・

で、なんとイリヤ対アメリアで運動勝負をすることに。
格闘はしません(^_^;;;
・・・なんか違うぞこれ(笑)
とはいえ、クロスが作戦指示をする役目だったり
(選択肢をいろいろ変えましたが、この勝負、引き分け強制かも)

この後、一人で図書館に行ったクロスでしたが、そこで
さてらいときゃのんみたいな髪型(殴)
リュシィと出会い、童話の話とかをしたりします。
この夜、下着泥棒から奪い返したアメリアの下着を返そうと部屋に行きますが、
思いっきり見つかってしまいます。
相手は姫将軍(の可能性が高い)、その上逃げ場がない、どうするクロス!
い、いあそれは・・・( ̄▽ ̄;)
・・・あ゛( ̄▽ ̄;)
この後どうなるかと思われましたが、リュシィが出てきて展開は中断

さて、場面は変わって帝国。ここで体験版は終わります。
なにかたくらんでますよこの人( ̄▽ ̄;)
・・・何をする気ですかあなたは( ̄▽ ̄;)

#キャラクター

*イリヤ・ユーリー(入谷友理)
クロスと共に学園に潜入した人。少尉。
タイトルの「孤高娘」そのままを表現したようなまじめでツンデレな人
ちなみに大食い(建前は「補給が途絶えた時のため」(ぉ)

*アメリア・バウアー
アイドル系というかアホ毛というかそんな人
自滅(ぉ
このように自爆するタイプです(^_^;;;
天然入ってますが、その実能力は非常に高い人。
なお、人気者なんで怪しい親衛隊がついております(^_^;;;

*ジャネット・グリムターゼ
オプション付き( ・・)/
わかりやすいぐらい判りやすい高飛車お嬢様
常にお供の三人娘がついています。
とはいえ、体験版ではほとんど出番がないためどう絡んで来るか見ものですね。

*リュシィ・ハルトマン
・・・ストライクフリーダム(帰れ)
ディスティニー髪かも(殴)
泣き虫のボクっ子、クロスのことを「お兄ちゃん」と呼びます。

*マチカ(麻誓有希)
なんかアブナイ(殴)
愛情注入な人(ぉ
ただし出番は体験版の最後の部分のみなので、どう出てくるかは不明でした。
まあ、キャラ紹介みるにどうやら先生としてやってくるようですが、さて(笑)

*クロス・ユーリー(黒須有利)
主人公。軍人・・・のはず。
とはいえかーなーりー妄想癖あります(:^-^)
なお、「イリヤの双子の弟」という関係で潜入。
「俺の愛する人たちを幸せにすることだ!」という結構な志を持つ人
というか、追い詰められたら一気に開き直れるタイプですね

システム的にはひととおりを備えています。
中でも学園のBGMや特にアメリアのテーマは電波っぽくていいです(笑)
それから今までの画面見ればわかるでしょうが、フェイスウインドウがかなり大きいです。
むちろん表情も豊富。ただまあ、「画面下三分の一しか見ない」という欠点もありますが・・・

話的には一応学園に潜入しているのでちゃんと報告とかもしていますが、軍という融通の利かない組織を笑い飛ばす雰囲気を感じますね。
対立とか戦争とかいう無駄に重い方向に向かわずに上手く話をまとめられればよいのですが。
特に帝国側所属ヒロイン(イリヤ、マチカ)以外の三人とくっついた場合の話の畳み方、それからイリヤの使い方でしょう。、
後はやはり「姫将軍」ですね。
アメリアで固定なのか、それともルートによって別の人を姫将軍にするのか。
まあ・・・通りすがりのモブキャラだったというオチだけはないとは思いますが(笑)

最後に、重要なことを。
タイトルには「孤高娘」、ジャンルには「孤高娘学園ドタバタADV」とありますのでいかにもツンデレものかと思うでしょうが
実際のところいわゆるツンデレというのはイリヤ一人です。
他の四人は天然系アイドル、高飛車、妹系後輩、姉系女教師なんでツンデレ狙いの人は気をつけて下さい(笑)
ちなみに中の人はまきいづみさんではありません(爆)

さくらさくらトラアイアル版感想

  • 2008/05/09(金) 17:20:42


ばなーでも(^_^;
もちろん、↑に著作権があります

ドリパで購入したトライアル版です。
ディスクに入っているのは体験版、他にはキャラソンの視聴版とデモムービーです
なお、デモムービーはOHPにあるものと同じです。
「アイテム」が「レコード」になってます

そういうわけで、前に書いたTG&PUSH!付属体験版との差を述べます。
容量は577Mと一挙に倍以上に増えていますが、システムが変わっていて・・・
・・・というか、セーブ/ロード不能(下記のウィンドウが出てきてフリーズ)(・・;)
これですね(:^-^)
*吉里吉里とレッツノートのビデオカードとの相性が悪いのかも知れませんが
他には立ち上げ時にアイキャッチが入ったり。
各キャラあります
そして今回のには全員に声が入っています(立ち絵のある人はすべて口パクをします)
もちろんシルエットのひとたちやのっぺらぼうのひとたちまで。
とはいえ高田さん(アルマジロ)=榊原ゆいさんってのは贅沢だろうと(笑)

ただ内容的には前のより追加があるとはいえストーリーそのものは同じ
演出としてセリフウィンドウが追加されたぐらいでしょうか。
なおくんぴーんちっ(ぉ
最後にOPが入りますが、これはOHPで拾えるものと同じ。
実際、あんまり差がないので・・・
とりあえず土下座して謝るしかありません(:^-^)
土下座三連星(ぉ
そんな中、最大の追加はこの画面
BGMはPSG音源仕様( ・・)/
主人公を動かして移動先を決めます(高速移動可)
アクションゲームを思わせる珍しいタイプの移動画面で、レトロなBGMを含めてなかなかツボを心得てます。
ただ、実際問題としては煩雑だなと(特に階をまたぐ時)
ちなみに桐島さくらは月見荘住みではないので、多分学園内にもこのタイプのマップを実装していると思います。
でも、月見荘より遥かに広い学園内でこのマップシステムだとどうなるのでしょうか?

それからタイトル画面から入れる「RECORD」。
全部で100・・・か?
これは主人公が入手したアイテムや、携帯の画像とかが登録されます。
全部入手するとなにやら特典イベントがあるらしい(雑誌記事より)ですが、果たして。
*上記のマップ画面でアイテムを入手していくのでしょうね。

デモより
さて・・・差の無さでネタもないので、考察とか不安をば。
まず月見荘。住んでいるのは徹、晶、直樹と、寮母の菜々子先生の四人だけ。やっぱりこの寮、存在意義がわかりません(笑)
(隣の寮はどう見ても数百人は住んでいるのに・・・)
後、これでしょうか。
直樹が唯一まともに見えた時
徹は「寮の空き部屋がない」と言われて月見荘にまわされたのに、
同日転校(つまり空き部屋はないはず)なのにVIP扱いされている吉岡正志君の存在意義ですね。
(「能力や寄付金の貢献度で生徒を特別扱いって教育者としてどうよ」と直樹も言ってますし)
直樹は二部主人公で相手は晶orくるみなのでうっとおしくてもまあ別にですが・・・
一番怖いのは
主役っぽい顔立ちですよね
「徹が選ばなかった側のヒロインと、二部以降、正志がくっつく」という展開でしょう。
まあ、私の杞憂であってまさかハイクオはそこまで空気読めない会社じゃないとは思いますが・・・(:^-^)

ここにいない人が運命を握るというのか・・・


春色桜瀬 体験版v1感想

  • 2008/05/05(月) 21:55:08

ドリームパーティで購入時に貰ったものです。

春色さくらっせ版ばなー
画像についてはもちろんここに著作権があります(^_^;;;

たいとる画面( ・・)/
体験版は自動解凍タイプで展開すると372M。
同梱のcmvsConfig.exeで設定し、アイコンではなくcmvs.exeで起動する方式。
ESCキー(中ポタンのあるマウスなら中ボタン)で設定画面呼び出し。この中には画像取り込み機能まであります。
ただしセーブは10箇所+クイック1箇所しかないので注意。

そのシステムですが、選択肢戻しも含めて基本は全部あります。
画面については後ろ向き立ち絵ももちろんあり。
立ち絵の拡大・縮小、歩く時の上下動も明日君と同じくやってくれます。
日付が変わるときには桜の花びらが舞う演出も。

恐るべきはこれ
これが動く!
このバス、実際に動いてきて、ドアを開ける、閉める、走って去る所までやってくれます。
もちろん乗ると背景もしっかり動きます。
他には街ではパープルのタイトルロゴデモが流れていましたが、本編では明日君を流すのでしょうか。

さて、今回の体験版部分は春休み最後の4月6日から12日夜まで。
ドリパ大阪行きの人もいらっしゃるので、ここからは追記側に分離します(^_^;;;

続きを読む

ボイン姉妹の個人授業・感想

  • 2008/05/02(金) 15:57:04

ふりるばなー
ここの記事の画像は↑に著作権がありますので、ご注意を


たいとる画面〜
いきなりですが、このソフトはインストールしても普通に起動できないので注意。
アイコンも出ませんしプログラムにも登録されません。 
ビジュアルアーツものの仕様だそうですが、ノートにはきついですね(回避策あるけど)

前置きはともかく、感想いきます
プロローグは2月13日からスタート。
秋月薫(主人公)が大学に合格し、彼女の夏川深雪と結ばれ・・・
この後Hシーン( ・・)/
・・・てません、夢でした(爆)
試験に落ちた彼は深雪に「勉強、頑張ってね、ずっと応援してるから」と振られます(^_^;;;
その上住んでいたアパートからも追い出されます( ̄▽ ̄;)
行く当てもなく公園をさまよっていた薫は梓に見付かり、実家に連れ戻されます。
この後は家から予備校に通い、四姉妹それぞれの紹介的イベント。
*二月からスタートなのに、四つイベント見ただけであっさり10月に(爆)

その間に件の彼女は別の男を作ってたことがわかり、薫が一気に欝に。模試も悲惨な状態
(つーかヘタレすぎるだろう薫(^_^;)
見かねた梓は家族会議を開いて「薫の童貞思考を卒業させよう」と個人授業の話を言い出します。
長姉に対して妹3人もなんだかんだといいつつ賛成。
OPの後、ここからが本編、朝の選択で四姉妹を選び、
一番下を選び続けてもバッドになるだけです
薫が運転する車内で選択肢。
これは授業パートに影響します(間違いを選びすぎると個人授業すらなくなる)

夜に個人授業パート。
灰色部分は選択終了した部分です
最初は一つか二つですが、好感度が上がれば選択肢も増えます。
そしてある程度まで授業が進んでいると土日にイベントが入る構成。この繰り返しです。
ある程度日(12月6日頃)が進むか、好感度が上がるとLastspurt→合格発表→各自EDになります。

*キャラクター(カッコ内はCG/個人授業数、このほかに土日イベントが各自あります)

#秋月梓(22/13)
ぱんつばんつっ(^_^;
秋月四姉妹長女。爆乳。経験者で首謀者なので妹よりもCG、授業とも一番多いです
(実質のメインヒロインですしね)
大人の女性で一家の大黒柱。でもわがまま。
なんとか梓の役に立とうとする薫を導いてくれる人(プロローグで「家族」というのを強調しますしね) 「足コキ」とか「すごいフェラチオ」 という教えてあげるタイプが多く、本番(いわゆる挿入)も複数あります。
ただし一番選択肢が多い分、本番まで持っていくには時間がかかりますが・・・

#秋月香澄(16/8)
だからぱんつぱんつΣ( ̄0 ̄;)
次女。巨乳。国語教師。一番生真面目で「教えよう」という意思の強い人。
ただし「おばさん」と言われると怖い人になります(^_^;
選択肢はそんなに多くありませんが、「下着コキ」なんてまにあっくなものも
香澄自身を使った授業はすごくエロいと思います

#秋月優佳莉(15/10)
すぱっつすぱっつぅ(殴)
三女。美乳。元気系の大学生。
一つしか離れてないので友達感覚で付き合える人。
そして四姉妹で一番薫にレベルが近いので、一番薫がまともに見えます。
*ちなみに3Pイベントでは香澄&優佳莉の組み合わせが一番面白いと思います(笑) 
四姉妹唯一後ろがもらえるのも特徴。

#秋月沙紀(15/7)
読んでます
末娘。貧乳。妹キャラ。
見た目通りのルリルリ系天才少女。
次女、三女が慌てる中、「お兄様の性欲解消のため」とあっさり引き受ける恐るべき冷静さです。
授業では薫が「変態マゾ」と化すのは笑えます。

#夏川深雪(1/1)
元彼女。Hシーンはありますが夢オチ。
というか薫、引きずりすぎ(^_^;;;

#秋月薫
主人公。そこそこ能力はありますが授業という受身のイベントのおかげでヘタレぶりが目立ちます。 
どの姉妹を相手にするかによって性格が異なるのは授業ありきの弊害でしょうね。
おかげで日によって違う姉妹を選ぶと日替わりで性格が替わる妙なことに(^_^;

#総括〜両立できなかった家族と授業
四姉妹勢ぞろい
四姉妹がはっきりとエロ方面に個性付けされててそれぞれ特徴を生かしたHシーン。
CGは68枚ですが、差分が多い(20を超えるのも)のでバリエーションは豊富です。
もちろん、3P(姉妹全ての組み合わせで7通り、土日イベントに入ります)もあればハーレムEDもあります。
(さすがに4Pまではありませんが(笑)
前戯ばかり多くて本番まで時間がかかる(沙紀に至ってはED時だけ)という問題もありますが、「授業」というコンセプトにはあっていると思います。

ただ、やはり作業感、受身感は仕方ないかも。
そもそも基本的に「車で送る→個人授業」の繰り返しですし、3Pの時以外は薫と姉妹誰かとの一対一。
つまり、四姉妹の横のつながりが全くないんですよね。家族らしさが出るのはプロローグ部分だけですし。

特にこの二人の掛け合いは面白いのに・・・



それからEDへの流れも問題。個人授業の選択肢が埋まっていくので「進んでいる」ことはわかめのですが
かなり唐突にLastspurt→合格発表と来るのはいただけません
(ED部分以外は誰でも同じだし)
そのEDはご褒美Hだけでエピローグとかないのはこのソフトがやっぱり「抜きゲー」だからでしょうね(:^-^) 
四姉妹との「普通のイベント」もほとんどないですが、それは「抜きげー」に対する贅沢な注文なのかも知れません・・・

・・・後、かーなーり不満なんですが、

なんで下着には凝らないのでしょうか 

黒とかしましまとかヒモとかあるでしょうに・・・( ̄▽ ̄;)