はじめてのOHPサクラ側更新、そして

  • 2008/07/29(火) 21:37:17


雑誌では去年の秋から情報が出てましたが、
サイトの方が変わったのは初めて(多分3年ぶりの更新)なので、記事をぱ。

ちなみに、このOHPのサクラノ詩紹介URLから「01」を削れば元のサクラノ詩のサイトが出てきます
*いつまで存在してるかわからないので早めの保存を推奨します(笑)

さて、まず最初に気づいた人はいるでしょうか。

もとのたいとるろご( ・・)/
これが・・・↓
あたらしいたいとるろご( ・・)/
ほら、この新タイトル、赤いんですよね( ・・)/

#ストーリー
元サイトと全く同一なので放置(殴)

#キャラ
やたらに増えているように見えますが・・・
√aaaのサクラ部分(はまじ&雪路シナリオ)を見れば伏線は敷いてあります。
起動して見るのがめんどい人はうちの記事参照(^_^;;;

*明石亘(新キャラ)
√aaaの記事で「美術部部長は不明」と書きましたが、その正体不明の部長が彼。
よって自動的に三年生(=直哉、稟、真琴、圭)より年上のため、無理やり「四年生」として登場。
というか、無理して「俺様(直哉)」より上の「私様(真琴)」よりさらに上そうなキャラを出してどうするのかよくわかりませんが・・・
ただ電撃姫2007年11月号付録の真琴の謎のセリフ

「ほほう・・・私を殺すとはいい度胸ね・・・ためしてみたらどうよ」
は、この明石前部長に向けて言ったのではないかと推論できるのですが、どうでしょうか?

*若田清二郎(新キャラ)
√aaaでは名前だけ出てきた美術部顧問。
同じ教師キャラの藍とどう絡むかですね。
(天文部が出てきているので、藍先生を天文部顧問にしてバランス取るのではないかと)
後、わかりにくいですが彼は「男だけどなきぼくろ」があります(笑)

*滝沢・トーマス・ネーゲル・ジュンペー(新キャラ)
・・・・・・・・・・・・えーっと、何このイロモノガイジン(殴)
つーか、しゅぷの長谷川(中略)ジャココといい、無駄に名前を長くするのはやめましょうよ( ̄▽ ̄;)

*タカムラ監督(新キャラ)
エロゲでよくいる「アヤシいマスコットキャラ」。それ以上はコメントしたくないです(笑)

*弘瀬琢磨
琢磨(H2O時代)
ご存知H2Oシリーズ主人公。変更点は圭同様に髪の色が変えられたこと(黒→青)
H2O/√aaaで彼が弓張学園にいることはわかっているので、サクラでも正式に登場というわけですね。

*夏目圭
髪の色が√aaa時から変更されています(ドリパのデモでもそうでしたね)

*草薙直哉
変更な・・・って、「主人公の一人」とは何でしょうか?
現在いる6人の男性キャラのうち、彼以外に主役が務まりそうなのは琢磨だけですが・・・

*八雲雪路
√aaaではまだ入学前でしたが、今回弓張学園生に。制服も弓張版になっています
その時の印象(笑)からか、天文部所属になったようです

*八雲はまじ
お前は女性キャラじゃないだろうが!(笑)

*明石梓実/梓緒(新キャラ)
左側が妹の梓実、右側が姉の梓緒。
今の段階だと妹がツンデレで、姉がおっとりだということぐらいしかわかりません(^_^;;;

*その他の女性キャラ
・元からいた6ヒロインのうち、藍先生だけが描き換え版
(稟や里奈はドリパ版では描き替えられてたのに)
・ノノ未だけがなぜか夏服。

総計18人とややこしいので学年別に分離するとこうなるはず。不明が何人かいるの情報不足ですみません(汗)

教師:藍、清二郎
3年生:直哉、稟、真琴、琢磨、圭、亘(4年生だが、事実上の留年)
2年生:ノノ未、雫
1年生:里奈、優美、雪路
?:梓緒、梓実、櫻、ジュンペー、はまじ(聖ルーアンのまま?)

で、直哉の紹介のところの「主人公の一人」ですが、現在いるキャラから推定するに・・・
「美術部側(直哉)」と「天文部側(琢磨)」で分担するしか想像がつきません(^_^;;;
*明石姉妹を天文部にまわせばキャラのバランスは取れますし。
複数主人公は視点を増やす効果はありますが、サクラのような見た目普通の話にこれを適応するのはあんまし推奨できないかと。
*「終ノ空」じゃないんだから(^_^;;;

まあ何にせよ、
「男キャラが話の設定のほとんどを握ってしまって、ヒロインが割を食う」にはならないで欲しいものです。
ただでさえキャラが多い(女性12人(はまじ含む)って近頃のエロゲでは非常識な程の多さですし)のですし。

今回、雑誌的にはコンプティークが初報になりそうですが、そこに何が載っているかですね。

続きを読む

しゅぷれ〜むキャンディ体験版感想

  • 2008/07/25(金) 20:18:07

毎度のことですが
バナーは昔からかわらないなぁ・・・
↑に著作権があるのでご注意を・・

たいとるがめん( ・・)/
容量はTG版が175M、PUSH!版が160Mです。
TG版のみ10/23(ジャコ登場)の部分が入ってますので容量が大きいです
ただ、音声は入ってないのでそのあたりご容赦を(:^-^)

スタートすると「二つの世界」的な詩文が入り、そして
「人間を嫌いになれ」という「彼」のえらく意味深なセリフから始まります。
主人公:紅渡斗南優は「人間嫌いの病」から魔法遣いにあこがれた少年・・・
まぢかるおとは(ぉ
・・・ちょっとまったー貴様は誰だ!Σ( ̄0 ̄;)
えっと、話を戻しますと彼は昔、学校でうさぎの飼育係をしていました。
そんな中にいた雪丸シラユキというウサギと仲良く。

が、ふとしたことでシラユキはマナという女の子の手を噛んでしまい、
その彼氏のシン君がシラユキを踏み殺してしまいました・・・
優は「彼」の「シラユキを殺したシンを殺すのは当然だ」という考えからシンをボコ殴りに・・・
うさぎではなく人ならこれは正論かも
その後、カウンセリングを受けたりしますが、優の中の「彼」には全く無力。
それどころかどんどんと「彼」は優を蝕んでいきます。
そんな優に父親は論理的な「彼」に対抗すべく、ラヴィアンローズ(要するに妄想)することで回避しろと教えます。
幸いこれで「彼」は引っ込み、優も「人間嫌い」を抱えたままではありますが、何とか学生生活を送り、そしてある人との出会いから物語が始まります

・10/6
ここからスタート。ですが
舞台となる学園の女子側(男子側とは有刺鉄線で区切られている)を覗く想部部長や部員の物凄さばかりが( ̄▽ ̄;)
放課後、幼馴染の向日葵に避けられて落ち込んでいた優はこの話の鍵と言うべき「しゅぷれ〜むキャンディ」を拾います。

・10/7
えーっと( ̄▽ ̄;)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おい( ̄▽ ̄;)
馬鹿夫婦はともかく、「花園」と呼ばれる女子側に行くには子供になるしかないとのこと
(子供は入って女の子と遊べる)
そんなことは無理だと諦めた優でしたが、なんとなくキャンディ(赤)を舐めてみると・・・身体に異常が。
犬に追いかけられた後ろ向きな出会いではありますが、ここで羽衣と対面することができました。
ほら、立って
帰り道、優は自分の子供への変化、そしてキャンディ(青)を舐めると元に戻ることを確認。
そう、「これで人を好きになることも、恋をすることもできる!」となるわけです(:^-^)

・10/8
いよいよ女子校側へ突入っ
まず出合ったのはなぞのウサミミうのーん(ぇ
うのーん(ぉ
その後、羽衣や弓音とも出会いますが
・・・が、弓音の問い詰め技の前に優、初日にして正体を暴されます(笑)
*他の人にはバレてません(:^-^)
あげくに家に戻ると時未が突撃してきます(^_^;;;
妹キャラです( ・・)/

・10/9
弓音に攻められ、悠莉と遊ぶことに。
彼女の特殊な思考や状況を知る弓音から、悠莉と仲良くなってくれと頼まれます。
ここで弓音から悠莉の身の上を聞くことに。
普通に見れる人もいるってことですね
帰り道、何かと優に世話を焼く弓音と、何かと「男=キモイ」のループに入る優とのやりとりが・・・
*PUSH!版はここで終了です

・10/23(TG版のみ)
やっぱりキャンディーに頼るのはよくないと思った優は学園潜入をやめ、元の生活に
・・・が、何者かの「覚醒せよ」の言葉が「彼」を再び・・・
それに呼応するかのように優(と「彼」の前に)謎の少女(ジャコ)が現れ・・・
占い料1000円(追加料金あり)
何かあやしいことはじめてますよ旦那様!(殴)
*お魔くじという占い機らしいです(^_^;;;
夜、いきなりジャコが優暗殺にやって着ますが、非常に「どぢ」なため大失敗。
しかしこの暗殺者さんから聞いた言葉は・・・
バッドEDもあるのか?(:^-^)
・・・ええっ(゚_゚;)
・・・ここでTG体験版は終了

*キャラ
OHPのキャラ紹介のうち、七星朱里以外が体験版に登場します

#湊向日葵
避けられてる・・・(汗)
幼馴染ですが現在避けられ中
体験版では優は避けられっぱなしなのでいまいち不遇です

#天乃羽衣
男の子たちは「はーねーちゃん」と呼びます。
*悠莉は「羽っ子」と呼びます(^_^;;;
子供達のお姉さん役でアイドル的存在。

#佐久間弓音
常にカメラ付き携帯をもち、撮影している人。枕では珍しい巨乳の姉キャラです。
優の正体をあっさり暴き出す頭脳と言動の持ち主で、他キャラの説明をする解説者キャラでもあります。

#露雪悠莉
巨大うさ耳が特徴の人、うのーん(ぁ
しかし男の子たちからは「妖怪」と呼ばれてます
「人が嫌いな生物が好き」という極めて特異な思考の持ち主。

#藍原時未
「ウヘーーーー」が口癖のロリキャラ。自称は「みー」
優のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ妹キャラ。

#長谷川・アイザック・泉・メルセデス・ジャココ
やたらに長ったらしい名前ですが気にしてはいけません。
未来から優を暗殺しにきたというターミネーターみたいな方。
とはいえ結構ドジっ子ですが

#斗南優&「彼」
普通にイケメン系と可愛い系
「人間嫌いの病」を持ち、「彼」という別の人格(?)が語りかける人、ショタ系ですね。
まあ見た目は「かわいい男の子」ですが。
「彼」は優の別人格とも言える存在。なにやらジャコと因縁がありそうですが・・・
「はうぁっ」が口癖( ・・)/

#想部部長
見た目はイケメンですが、とにかくイロんな意味でぶっ飛んでる人です、ええ、もはやΣ( ̄0 ̄;)

#父(修)&母(百合子)
上記の通りなんつーか、妖しさ満点ヲタク夫婦(:^-^)
しかもバカップル(笑)

見た目と日常はコミカルですが、プロローグのように根底は非常に重く複雑。
キャラに関してもアクが強く重たい設定持ちが多いので人によってはついていけないかも。
いや、キモさとはほぼ100%外見で決まるのですが・・・
主人公の優にしても自分自身を「キモい」と強烈にマイナス評価しているので、「ヘタレ」と言われても仕方ないと思います。
*10/9の弓音とのやりとりはもう何というか(^_^;;;
・・・ただ実際、「キモい」と言われているのは想部の連中だけに見えます
(双眼鏡で女子側を覗き見すりゃキモいと言われますって)
ひどいこと言えば
「キモい根源の想部辞めて普通に付き合えばいいんじゃないの?」ですしね(:^-^)

話的に言うと主人公を子供化してヒロイン(弓音・ジャコ除く)と仲良くするのはいいけど、
この後ろ向き評価人間優がどうやって元の姿で付き合っていくのかライターの腕の見せ所ですね。

システム的にはH2Oと同じエンジンを使っていますが、これというすごい表現があるわけではありません。
というか√aaa(の中のサクラノ詩舞台編)の背景やH2Oの曲が流用されているのは狙っているのか間に合わなかったのか・・・(^_^;;;

プリマ☆ステラ感想

  • 2008/07/14(月) 21:06:03


かぐやばなー
この記事の画像とかの著作権は↑にあります、はい。


たいとるがめんはこんぷしてもかわりません(^_^;
まずこれをプレイする前に重要な忠告を
「このゲームに、貧乳キャラはいません」(ぉ

ディスクレス。容量はフルだと3.74G。
ちなみに体験版部分(つまり、1話)にも文章やCGの追加があったり。

ルートとしてはおおまかにいって3話が静歌、4話が久住、5話が巴&雅
選択肢制ですが、正解音や選択肢戻しもあるので間違えることはないはず。
・・・ときたま「どちらも正解」という選択肢があるので注意ですが。

ちなみに、二周目からは共通ルートをすっ飛ばして6話以降の個別ルートだけプレイ可能。
ただし、ここからはじめると(5話最後に出てくる関係で)6話予告部分は見れませんが
個別の6話はヒロインに告白する話で、7話以降はなんと陶山学園(つまり晃輔が元いた学園)に舞台を戻して話が進みます。
*つーか、ヒロインが堂々乗り込んできます(さすがに一人だけですが)
だから実は「共通部分のエトワール編」と「個別部分の陶山編」の二部構成だったんですよね。
対照的( ・・)/
この二部構成のおかげでしょうか、エトワール側はともかく、陶山学園、街、それから晃輔の部屋にもちゃんと背景CGがあるのは意外でしてたし、
だから「お嬢様学園に乗り込んできた主人公に対する他生徒の反応」
「普通の学園に乗り込んできたヒロインに対する他生徒の反応」の対比は面白く、興味深いです。

ただ、この両方の全ての背景に「人」が描かれていないので少し寂しいですが・・・(:^-^)
さらにはリボンつけて入浴する方々ばかりですが・・・(爆)

では、各キャラの話をば・・・(ここからねたばれに入ります)

続きを読む