ツンな彼女デレな彼女、体験版5話感想

  • 2009/01/27(火) 20:31:30

ぴーすそふと( ・・)/
注意:これは5話の感想です

まずは今までのおさらいとして


#3話感想  #4話感想
各感想で話を掴んでみてくださいませ(:^-^)

そして5話( ・・)/
この5話はTG3月号付属で、容量は143M(OPムービー無し)
今までのを見ると2日ごとに1話という構成のようですね。

#6月22日
いつものように美里に起こされます。
当然ながら4話でやってきていた凪も起きてきて対面。
でも結局写真同好会は辞めることに(汗)
 日曜なので昼間は美里に頼まれたお買い物(と、アルデンテのワッフル)
悠真と共に買い物後、商店街で凛彩が登場。相変わらずのツンぶりです(:^-^)

ワッフルを頼まれていたためアルデンテに。なんと遥がウェイトレスをしています。
しかし制服がない・・・(汗)
(というかこのアルデンテ自体が紫藤姉妹の家)
なお、ワッフル担当が遥、ケーキ担当が凛彩で、名物はワッフルとのこと(^_^;;;

帰宅後、美里&凪と共に食事。
遥謹製ワッフルは好評ですが、凛彩謹製ケーキは・・・
いや、それはダメだろう・・・( ̄▽ ̄;)
・・・Σ( ̄_ ̄;)
ケーキの中に煎餅入れるな紫藤凛彩( ̄▽ ̄;)

それで話は凪の初恋の人の話となりますが・・・
この人は一体・・・?
浩紀と美里はカメラマニアの悠真と断定しましたが・・・
・・・どう考えてもこれ浩紀(主人公)へのフラグですよね(ぉ

深夜、浩紀は美里の部屋へ。ウニとの戦いが待っていました(笑)
ここで次夜に2人でデート天体観測しようとの話に。

#6月23日
学園へ。途中アカネが登場→浩紀の取り合いですがいつものパターンなのでパス。
廊下で梢愛先生が記憶吹っ飛んだと悩んでますが
アカネとシズルに記憶消されてるのね(;TДT)
・・・アカネ&シズルの超展開の犠牲者ですね、わかります(;TДT)

さて、悠真に先日の話を伝えますが、忙しい彼は凪に会うことを先送りしてしまいます。
凪もいる昼食後、なんとジャンケンに勝ってしまったためアルモニーへ。
 そのアルモニーではついに莉奈(A)と莉奈(B)が同時登場。
今まで時折出てきたおとなしい莉奈(B)とは莉奈の双子の妹、月奈(るな)だったわけです。
さらにもってこの月奈、いきなりの
あーあーどうするんだよ(棒読み)
わーもっとややこしくなってきましたよどうしましょう(棒読み)
しかも月奈は火種を残したまま去ってしまったためつぐみは怒ったまま(汗)

そして深夜、美里と天体観測へ。
しかしその間につぐみだのアカネだのシズルだのがわらわらと宇津木家に(^_^;;;
そんな事を知らない2人、いや美里は灯台で・・・
さあここからどうなるっ
・・・ここで体験版は終わります。
この勝負の行方は製品版となるようですが、多分美里が勝つでしょう(笑)
そして凪の言う初恋の人は99%浩紀かと(そのことを主役が忘れてましたといういつものパターン)
結局7人にフラグを立ててしまった浩紀の運命やいかに・・・( ̄▽ ̄;)

*眞鍋月奈(るな)
おとなしい方の莉奈の正式名称、実はオプションの声の項目で名前はあるんですよね。
キャラとしてはいいかと思うのですが、この収拾つかない状態ではただの火種要員でしかないところが辛いです。

*ウニ
うにーっ(ぉ
美里が飼ってるハムスター、でも名前はウニ(笑)
浩紀に対して敵意を持ち、攻撃を仕掛けてきます(ぉ

*ギア
OHPでは紹介されていますが体験版では唯一未登場。
アカネの婚約者=ライバルですが、主役たる浩紀のデキが悪いので使い方が難しそうです。

これで体験版はラストですが、
・主人公がむやみやたらにフラグ立て過ぎて収拾がつかない
・ヒロインをむやみに増やしすぎて(以下同文)
が目立ちますね。多数ヒロインものは他にもありますが主人公にあまり魅力を感じないのが痛い。
(3話から比べると少しはマシにはなりましたが、それでもダメレベルですし)
キャラにしてもあれやこれやと詰め込んだ挙句、サブのはずの遥や梢愛先生の方がメインより魅力や人気があるというのはやはり問題。
個別個別のヒロインはそこそこ魅力的ですが、連携が悪いんですよね。
*はっきり言うと超展開要員や双子妹を消して梢愛先生と遥を昇格させた方がいい
そもそもここは前作で
「ヒロイン8人のはずが、実際にはその半分も攻略できなかった」という大失態を演じていますからなおのこと・・・

挙句に5話収録のテックジャイアンが発売されてからいまだに4話が公開されてませんし(¨;)
*PUSH!収録の3話が出た時はちゃんと1、2話を間に合わせたのに、ですよ(^_^;;;

((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

・・・最後に置いておきます(何)

ココロ☆保健室感想

  • 2009/01/26(月) 20:00:15

フルプライスものとしては今年初のコンプで感想です
そして体験版同様、著作権はここにあります。

しんぷるばなー

なお、容量は1.13G。付属のマニュアルは本当に説明だけという簡素なもの。
*特典として小冊子が別に付属しますが、パッケより一回り大きいのが難。
マニュアルにはキャラ紹介すら載ってません(・・;)

 えっと、スタートから体験版にはなかった、そして存在自体なかった人とのHシーンです(゚_゚;)
他には学園長から「任務」について説明があった後にムービーが入ってたり、
一般生徒に立ち絵(でも声無し)がついたところが体験版と違います。
体験版部分を過ぎて5日目前後からから各ヒロインと恒之との関係が深まるイベントが入ってきます。
日曜(7日目)に街中で各ヒロインと次から次へと出合った後・・・
さあ皆の衆(ぉ
・・・ルートはお前らが決めるのかよ!( ̄▽ ̄;)
*各自一斉にメールを出して主人公に誰か決める方式。
ちなみに後腐れとかヤンデレ化とかはありません(爆)
此花姉妹はセット扱いかい(^_^;;;
選択肢はこれ一回だけ、後はHシーンの差分だけです。
(此花姉妹はもう一回選択肢があってそこで分岐しますが)

ここからはねたばれなんで追記側へ〜

続きを読む

女教師と大人キャラ、2007〜2003

  • 2009/01/18(日) 20:24:51


・・・前回(2008年度)でご覧の有様だよ状態でしたが
では「それ以前はどうなのか?」「元々少数ではないのか?」という疑問が出てきます。
ならば比較してみることに。

 データは面倒なんで継続性を買って同じげっちゅ屋。正確性はやや疑問ですが「同じ集計の比較」は正確性をカバーできるかと。
後、ここだと検索もできるし、各ソフトへのリンクでキャラ紹介も見れますしね。
*雑誌チェックまではやってないので、間違いとかあったらご指摘下さい(¨;)
・・・というか5年程度で作品全部覚えてない私の記憶力の無さどうにかしないと(・・;)



#2007年
順位
女教師・大人がいる作品
陵辱もの、RPGもの以外
うちサブヒロイン
大人攻略キャラ +女教師
1〜10


(リトバス、君ある)


(聖かな、恋姫)
11〜20


(らぶデス2)


(王賊、すくメイ)

1+2
(あねいも2
真燐月、ダメ恋)
21〜30


(Clear、Chuアイドる、ほしフル)


(Xスクランブル、月神楽
エタファン)

0+2
(だぶる先生、明日君)
31〜40


(√aaa)


(借金姉妹 催眠術2)

1+0
(アリスぱれーど)
41〜50

(きみはぐ、炎の孕ませ
幼甘、はぴ☆マ)


(人工少女3)


(つくして)

3+2
(EVE、つなバン、パトベセル
うな恋、ステステ)
総計
40
30
19
11(5+6)

2008年よりは数が多くなってますね。特に下の方が(:^-^)

#2006年
順位
女教師・大人がいる作品
陵辱もの、RPGもの以外
うちサブヒロイン
大人攻略キャラ +女教師
1〜10


(ef、CircusCD、サマデイ)


(戦国ランス)

0+1
(こんにゃく)
11〜20


(PiaGO、こんぼく、かにしの)


(IZUMO、プリズム、メンア4)

1+0
(バルド)
21〜30


(フルアニ、H2O、青空)


(ダンクル)

3+0
(よくばり、プリワル、妻しぼり)
31〜40


(ななついろ)


(峰たゆ、淫妖2)


(アヤカシH)

3+3
(ボンジョルノ、妻ボイン、人妻喫茶
ウィズアニ、あると、CANVAS2)
41〜50

(AR)


(Tony、スピたん、Sexyビーチ
ジャンヌ)


(Fete)

2+2
(彼女流、ピアニシモ
Schoolぷろ、グリンス)
総計
39
28
14
15(9+6)

何だか充実してまいりましたが
・・・過去に充実しているってのは複雑です

#2005年
順位
女教師・大人がいる作品
陵辱もの、RPGもの以外
うちサブヒロイン
大人攻略キャラ +女教師
1〜10


(智代、スクデイ)


(TH2、Fate)

2+3
(あけるり、チクタク
つよきす、_夏、秋色)
11〜20
10


(ぱちチャ、C++、夏神楽)

2+3
(七人のオンライン、マジウィ
らぶデス、家庭教師、きしめん)
21〜30


(炎孕)


(冥姫、カスタム、ジブリール)


(デュエル)

2+2
(姉汁、パルフェ
みらろま、CLE)
31〜40


(Gift)


(TtT、TH2デスク、
牝奴隷、脅迫2、でぽ、MiH)


(FESTA)

2+0
(塵骸、パルフェ)
41〜50

(お嬢様、姉孕、幼彼女)


(ダンシング、鎖、夜刀姫
英雄、IZUMO0、スイートナイツ)

1+0
(兄嫁)
 
総計
43
17
17(9+8)

*30位と40位のパルフェは別扱いというか、デスクトップまで入ってるんで・・・
そしてこの時期だとトップ10にもあったんですね。

#2004年
順位
女教師・大人がいる作品
陵辱もの、RPGもの以外
うちサブヒロイン
大人攻略キャラ +女教師
1〜10


(君永遠)


(IZUMO2)

2+1
(SoulLink、姉しよ2
下級生2)
11〜20


(くじら、ラムネ)


(王賊、すくメイ、アルルゥ)

3+0
(空色、姉ボイン、ホワイト)
21〜30


(D.C.SV、D.C.PC)


(アリス7)

1+3
(家族計画
CANVAS2、フロラリ、燐月)
31〜40


(そらみず)


(ランス、巣作り、戦乙女)


(まじプリ)

1+3
(アンサンブル
boin、ナース、CANVAS2FD)
41〜50

(メイプル、ショコラ、DMF)


(桜待坂、空帝、ジブリール)

3+2
(憂、夏大根(2本)
こんねこ、ひなた)
 
総計
41
28
10
19(10+9)

*夏大根二つとか・・・集計方法システム間違えたかも(¨;)

#2003年
順位
女教師・大人がいる作品
陵辱もの、RPGもの以外
うちサブヒロイン
大人攻略キャラ +女教師
1〜10


(君永遠、ひらたい、クロハ)


(大番長)

1+1
(はにはに、天いな)
11〜20


(ねこねこ、ななこの、
モエかん、オレポケ)


(アセリア、カスタム)

1+1
(SEXF、妻みぐい)
21〜30


(結い橋、夏色、
クロチャン、うち妹、3LDK、メイプル)


(幻燐、Toon、人妻奴隷)

1+0
(姉しよ)
31〜40


(アンジェ、空箱、ホワプリ、召しませ)


(ナチュアナ、ベイグラ、痴漢)

3+0
(ドキしす、こなかな、月陽炎)
41〜50

(星ぷら、D.C、ひらたい)


(夏神楽、催眠)、Sexy

3+1
(夏色、
こみパ、シュガー、夢鬼)
 
総計
30
18
12(9+3)



ここまでしかさかのぼれないので後はパス(^_^;;;
というか、サイトがなくなってたり調べきれないものが多くなってくるんですよね(言い訳)
この順位には「複数登場(両方出てくる)」「FD」「バージョン違い」「ゲームですらない」ものも混ざっていますが、
そこらあたりまで分類しておくべきだったかと前の記事を観て今更思います。

これを総計すると
年度
2008
2007
2006
2005
2004
2003
大人キャラ+女教師

(4+2)

11
(5+6)

15
(9+6)

17
(9+8)

19
(10+9)

12
(9+3)

2002年以前がどうなっているかはちょっと判りませんが、こう見ると三割〜四割程度。
多くはないですが、確実にあるレベルだと思います。
しかし、やはり2008年の低下度が一目瞭然で、2007年も売り上げ上位から無くなっているので、2007年あたりに何かありそうです。
 6年もさかのぼれば一発屋はともかく、何本もソフトを出しているところだと各作品の傾向が読めてくると思いますので・・・

 次回は前半/後半での比較とか、「大人キャラを出した次はどうなったか」あたりを見ていきたいと思います。

2008年の女教師や大人キャラを語ってみた

  • 2009/01/12(月) 12:46:39

総括とか10大ニュースとかいう普通の方向から見たものは他サイトに任せます。
今回は自分なりの個性と方向性でいきます。
とりあえず、まずは売れ行きから状況を把握してみます。
 順位の上下変動はともかく、売り上げ本数とか行っても、正確なデータなんて存在しませんから評価はできないんですよね。
「出荷数10万本とOHPに書いてあったから10万本売れた」訳ではないのですし(:^-^)
それに時間が詰ってこんな時期になったので私は別の見方をすることにします、つまり%たいとる%ですね。
とりあえずデータはげっちゅ屋ソフマップの順位を参考にし、それにあわせてに表を作ってみました。
(つっこみあれば頼みます(・・;))
たいとるの趣旨としてヒロインが異常に多数とか、陵辱ものは除きますので
そうなると下の表のように左から右へと数が減っていきます
*表の「サブヒロイン」とはOHPの紹介に載っている人です
*()は除外作品


順位
女教師・大人がいる作品
陵辱もの、RPGもの以外
うちサブヒロイン

大人攻略キャラ
+女教師
1〜10


(FA、リトバス)


(闘神?、恋姫、ハルカ)
11〜20


(プリラバ、ef)

2+0
(さくらッセ、春色桜瀬)
21〜30


(しゅぷれ、水平線)


(ウィザーズ、メキド)
31〜40


(CHAOS、それ散る、聖かなSP、君永遠)


(ダンクル2、戦女神、戦乙女)

(FairlyLife)

1+1
(彼女×3、借金姉妹2)
41〜50


(学園☆新選組、らぶデス3、3D少女)


(ETERNAL、裏催眠2)

1+1
(あねいも2、どっぷり)

*ソフマップのは順位の中にFateやCLANNAD、一般げーが入ってますがデータのキモには影響ないのでパス。

・・・なんですかこのご覧の有様だよ(C)アイ3」orz
大人キャラですら16、17位にやっと入るぐらい。
(しかもこのさくらッセと春色に出てくるのは立ち絵なしの男教師)
女教師に至っては50本中2本、しかも上位30位までになし(34位と46位なので)
その2本借金姉妹2は陵辱ものだったものを純愛化したもの、
もう一本のどっぷり中出し学園戦争は扱い的には限りなく抜きゲに近い。
まあ、データは二つだけなんでもう少し別のデータを見れば救いも出てくる・・・かも知れませんが、簡単にやってもこれですから(・・;)
さらに追い討ちをかけるかのように、去年は抜きゲ、陵辱ゲから路線転換した

・アトリエかぐや
・Selen
・Black Cyc(White Cyc)
それぞれの新作(かぐやはもう二作目)を見れば一目瞭然
今まで大人・女教師で稼いでたメーカーが普通の萌えものを作り出すと見捨てる状態。
*借金姉妹2のセレンも路線第二弾ではあっさり見捨ててますしね。

逆に、ぱじゃまソフトの分家である抜きげ、シチュゲ用に特化した
ぱじゃまエクスタシーがいきなり女教師をメインに持ってきたあたりどんな見方をされているかがわかりますよね(・・;)

それでも去年は「公式人気投票一位の女教師」が現れたことが大きな救いではあります。
パンツルックの人です
結城乙女(ユニティマリアージュ
ただし、次回作では女教師そのものがいなくなりましたが・・・(・・;)

後、未発売ながら
本気出すとつよひかも(^_^;
小笠原梢愛(ツンな彼女デレな彼女)も一位。
ただしサブキャラですが(・・;)

この2人が「女教師でも人気を取るのは不可能ではない」証明になったのではないでしようか?
それでも次々と各メーカーの新作では女教師/大人キャラが消されていく有様ですが・・・
たまに出るにしてもダメな人(「やみツキ!」「ミンナノウタ」)か
あるいは「Garden」「ないしょ思春期」のようにロリ大人キャラ。
なかなか人気を獲得しようという積極的な発想が見られないのが残念です。

この原因としてはやはり売り上げ上位作品を出すメーカー
(TYPE-MOON、key、Leaf、オーガスト、CIRCUS)
このあたりが大人キャラを見捨てる様を他メーカーが追随していることがあげられるでしょう。
*特に今まで普通に出していたオーガストが外した(しかも外したソフトが売れた)ことは致命傷。

#そして2009年へ
現在のところ期待できるのは
さくらさくら/ハイクオソフト
CANVAS3/FC01
恋歌ロマンチカ/チュアブルソフト
姉ったい注意報/ナタ・デ・ココ
このくらいしかありません(PurpleやSkyFishの新作がどう出るかわかりませんが)
他では低価格・陵辱系がいくつかありますが、まともな作品で大人キャラが出てくるってのは夢物語なんでしょうか・・・

・・・ちなみにさくらさくらは「女教師メインヒロイン」という稀有の設定ですが、いつ出るんだおーい( ̄▽ ̄;)

ココロ☆保健室体験版感想

  • 2009/01/09(金) 15:57:33


そんなわけで、今回も著作権はここですので。
しんぷるばなー
*TG2月号にも体験版が付属していますが、自己紹介メインなので省きます(^_^;i

容量は134M(DL時は何と101Mしかない)とちいさめ。
ただし、体験版では通常のセーブはできない(クイック1箇所のみ)なので注意(重要)
たいとるがめん( ・・)/
話は恒之(主人公)が「自力で」起きるところから。
しかし誰も起こしてはくれません(爆)、誰も起こしに行きません(笑)
転校生である彼は2−Dに転入してきたのですが、学園長からは「先生」。
なせか?実はこの改進堂学園とは・・・
こういう学園実際にあったりする・・・
・・・児童自立支援施設が舞台だったんですね
そして恒之の正体はカウンセラー(24歳)だったのです( ・・)/
*他にもカウンセラーが生徒に紛れてるそうな(:^-^)
彼の論文に感銘を受けた学園長の許可を得て、潜入することに。ただし「生徒にバレたら退学」

さて、昼休みになるとさっそくフラグです(爆)
小鳥に一通り案内して貰った後、廊下で咲耶先生と対面っす(ぁ
時にはぱんつも見せてくれます(殴)
さらに放課後にも保健室。咲耶先生と話してこの日は終り。
寮では何もせず、実にあっさりと(:^-^)

#二日目(主人公が最初に言うだけなので、注意しないと忘れます)
寮から出て学園に行こうとすると・・・
えーっと(汗)
・・・・はあ?( ̄▽ ̄;)
この人は上記のセリフを否定して去りますが、さらに登校中に
咲耶妹( ・・)/
なんか姉とずいぶん違うっす(:^-^)

この後、トモダチ宣言を貰った小鳥にある人を紹介してもらいます。
その人とは
全角文字はやめようよ(^_^;
・・・英語かよ!(^_^;
*でも恒之が英語で返すとうろたえます。
アリス先輩を含めた三人で食べ、戻る途中で再び例の人(菜巳)登場。でもそっけないです(^_^;
 放課後、咲耶先生に二日目のことを話すと、今までフラグを立てた4人の力になって欲しいとのこと。
いつもの体育会系の話し方ではなく、真剣な言い方で。

#三日目
小鳥のカオスな夢話を聞いたりしつつ学園へ。
授業前に小鳥がものの10分で宿題を片付けたりしますが、それよりも
男子トイレ前(^_^;
いいのかおい!と思いますが、追求はしないことにします(^_^;
*アリス視点のCGあり

#四日目
本日はアリス先輩と通学。彼女は「体感幻覚」らしいとのこと。
しかし昨日の話になるといきなり泣いてしまうわそれを菜巳に見られるわで大変(汗)
 放課後は小鳥に連れられて街へ。
古本屋とかアリス先輩のバイトする惣菜屋を巡ります。
途中で菜巳が出てくるのはまあお約束ですが(笑)
惣菜屋バイトってのは珍しいと思う( ・・)/
帰り道、小鳥と携帯のアドレスを交換しあうフラグを立ててこの日は終わり。
そしてここでいきなり体験版は終了。
#おまけとして小鳥のHシーンが付属します。

#キャラクター
ボイスは女性キャラのみで、立ち絵があるのはヒロイン+学園長の6人のみです。

*天野小鳥
ぴちぴちちゃぷちゃぷ(違う
最初に出会う方。ハイテンションな元気人でアホの子っぽいですが・・・
・・・とんでもない集中力と勉強力の持ち主だったりします。
なお、むやみに鼻がよい( ・・)/

*此花咲耶
なかなか珍しいタイプですね
保健医。実は恒之の一年先輩・・・つまり25歳ですね(撲殺)
「とても小さい」ロリキャラらしいのですが、腕組みする立ち絵と性格のおかげで全くそう見えません。
語尾に「〜っす」がつく体育会系の話し方が特徴。

*此花詠美
こんな話し方です
咲耶先生の妹で1年生。上がり症でたどたどしい話し方が特徴。
基本は素直な性格です。というか姉と似てないのにどうして姉妹だとわかった恒之(爆)

*白山・アイリス・紡
通称アリス。古風な美人先輩キャラ。
非常に丁寧なものごしで話すお嬢様な人。
惣菜屋にて割烹着でバイト中。

*伊勢谷菜巳
いかにもツンツン( ・・)/
ツインテの上級生。恒之に対してはそっけない態度ですがさてツンデレなのか?
なにげに恒之のことを知っている雰囲気なのですが・・・
ぬこ好き( ・・)/

*塩土辰郎
改進堂学園の学園長にして高名な心理学者。でも顔が心理的じゃない(帰れ
何気に現れては恒之のアシストをしてくれるありがたい方。

*松尾恒之
主人公。24歳のカウンセラー。でも童顔。
学園では二年生として行動します。
年上かつ職業上、非常に物腰が柔らかな話し方です。

 主人公がカウンセラーなのでときたま心理用語が出てきますが、難しいものではありません。
そもそもえろげのヒロインって必ずどこかに問題抱えているので、主人公がカウンセラーといってもやってることは同じですし。
 とはいえ、実際にやってみると結構淡々と話が進みます。
一日の切り替えががなくてただ「二日目」「三日目」と主人公が言うだけで、夜や起床時に何も起こらない。
そして寮生活なのに寮場面がゼロというのは何とも(^_^;
後、学園では同級生が小鳥だけでサブがいないのでなんかこう物足りなさがありますね。

絵的には典型的少女コミックみたいな独特の絵柄ですが、演出や背景がいかにも貧弱。
・・・あれ?
場所が変わっても背景が同じだったり
立ち絵パターンも表情代えだけなので派手なえろげをやった人には不満かと思います(^_^;
とはいえ主人公が結構まとも(鈍感なのは仕方ないか)でお約束なイベントを外しているのは違うものを見せたい雰囲気を感じますが。
後は「各自問題抱えてるヒロイン」「正体バレたらクビな主人公」という縛りがどこで出てくるかでしょう。
この縛りは思いっきり欝展開要素なので( ̄▽ ̄;)