〜パンツを見せること、それが……〜大宇宙の誇り・先行体験版感想

  • 2009/03/30(月) 18:50:38


ほいーるっ

いつものように著作権はここです。なんかキャンペーンもやってるのでトラック貼ります

容量は211M。
既読と未読のメッセージ速度が別々に変えられるのは新しいかも。

 ある夏、マモル(主人公)はいじめられている女の子の悲鳴を聞きます。
その子を助けようといじめっ子たちの前に立ちはだる少年マモル。しかしその時!

なんか降ってきたー!( ̄▽ ̄;)

・・・これが彼の過去の思い出でした・・・

 さて、気がつくと授業中。(寝ていたので)ヤバイところを葛城に救ってもらいます。
ファーストフード店で葛城に奢りつつマモルの夢(冒頭の出来事)の話。
で、この馬鹿友人が言うには「お前には勇気が足りない」ということで、手近な女の子を見つけたわけですが

なんだそのしっぽりとかくわえろとかは(笑)

なんか馬鹿がいます、どうしましょう(^_^;;;
どうしようもないのでマモルはこの馬鹿を引きずって店を脱出します。
が、そこに前の女の子(マリア)が突如現れ、お約束パターンで衝突!(ぉ
さらにマモルが謝る間も惜しむかのように彼女達はマモルを拉致してしまいます(¨;)

 マモルが次に気づいた時は謎の空間。今度はリレットに衝突します(なぜかぱんつ履いてません)

ぶつかりやすい仕掛けだ(^_^;

それはさておき、状況が掴めぬままシルバーという人から「ここは宇宙船の中」と言われてマモル仰天。
続けてフローラ、エレナ、ミリアと連続で登場してもう大変。
 とりあえずシルバーさんによると、この面子はM78星雲にあるアークアデア星の人だそうで。
*ちなみにマモルの家の地下に宇宙船を収納しているとのことΣ( ̄0 ̄;)
地球人にしか見えませんが、転送装置や復元装置といったシロモノを使うので多分宇宙人とマモルも納得。

続けてこの連中が地球へ来た目的ですが、マモルが持っているという聖玉を探すため。
が、マモルを裸にひん剥いても聖玉は出てきません。
つまり・・・

冒頭の隕石が聖玉だったのね(^_^;

どうするんだこれ?( ̄▽ ̄;)
 「ならば斬って取り出せばいいじゃん」とばかりにサーベル振り回してマモルを追っかけまわすリレット(・・;)
命からがら逃げるマモル。しかし転びついでにエレナのぱんつをずらしてしまうというお約束。
そのとき、エレナの悲鳴とともに爆発・・・

なんか尻に叱れてますがただの主人公です、気にしない(ぉ

な、なんか出てきましたよ( ̄▽ ̄;)
このレインとかいう封印されていた悪魔、今までの恨みだとばかり攻撃を仕掛けてきます。
どうするんだどうするんだという時、マモルが捨て身の突撃!
なんとかレインを再封印して事なきを得ますが、代償として家が宇宙船と合体(・・;)

この家、ご近所には好評( ・・)/

そんなわけで家も融合してしまったこともあり、皇女様ご一行と暮らすことになりますたとさ(^_^;;;


#キャラクター
馬鹿友人以外は全部宇宙人。
立ち絵があるのは今回紹介したひとたちのみかと思われます。

*フローラ・ド・アークアデア

実は女教師キャラでした

アークアデア皇国第一皇女。おっとり天然系お姉さん。
何かというとやっぱり「あらあら」です。
学園では保健の先生として登場。

*マリア・ド・アークアデア

すげえわかりやすいツンデレだ(笑)

第二皇女、わかりやすいツンデレキャラで出会いも衝突からの人。
ツンデレのため妹よりぺたです(ぉ

*ミリア・ド・アークアデア

タイトル画面はこの人です

第三皇女。人見知りの強い引っ込み思案の女の子。
でも努力家で本質は芯の強い娘です。

*エレナ・ド・アークアデア

もちろんつるぺた(ぉ

第四皇女。まあ見た目通りのちんまい毒舌キャラ。
ドレスが封印を兼ねるため一番突飛ですが、学園ではこのようにツインテとなります。

*リレット・オルトフォン

実は幼馴染オチありそうだなぁ・・・

皇女たちに仕える多少どぢなメイドさん。主人公と昔であったような物言いをしていましたが
・・・冒頭の女の子というオチでもあるのでしょうか(笑)
平民のため、なんとノーパン(!)

*レイン
シルバーに封印された宇宙最強の悪魔。どう見てもサキュバス系(ちなみに処女)
ただしエレナに封印されているというヤパい設定のため、二人をどう分離させるか。

*シルバー・オルトフォン
見るからに執事な人。リレットの父親。
ほぽ最強キャラで四姉妹に代わっていろいろ説明してくれますが、寒いギャグを交えるのが問題。
・・・娘に扇風機用意させて「ワレワレは宇宙人だ」とか( ̄▽ ̄;)

*葛城志郎
友人。正義部(!)部長
隕石直撃したマモルに何かと世話を焼く(というかうっとおしい)人ですが、大抵蹴飛ばされて終わります(^_^;;;

*小日向マモル
主人公。幼い頃に隕石(実は聖玉)が直撃した後は人に避けられがちに。
基本はひ弱なツッコミ役。ただし宇宙最強悪魔に徒手空拳で体当たりかます勇気は認めてもよいかと。

 まず、ぱんつが重要で、貴族の象徴とも言える存在なのにそれがイマイチ伝わってこないのが第一の難点。
それと体験版部分だけではヒロインにぶつかってはドタバタばかりで流れがよくわからないのがもうひとつの難点ですが・・・
 実は、付属する6人のHシーン部分をやるとなんとなくこの作品の流れがわかります。
要するに「マモルを興奮させると聖玉が分離する→ならえろいことして興奮させよう」という流れです。
だから多分ヒロインがとっかえひっかえで誘惑する感じになると思われますし、
学園話になった後は(アークアデア人だとバレないように)フォローに回るマモルが大変そうです(^_^;;;
*なお、レイン以外の5人は各自、日記をつけていて一日の終わりに回想します。

 キャラとしては6人いる女性陣がテンプレ気味なところ、友人キャラが異常にウザいところはマイナス。
おまけに終始妙に寒いギャグが入るので困ってしまいます(^_^;
桜さんが「ここ最近私がプレイした体験版の中で一番評価低い」と書かれた理由もなんとなくわかりますし。
後は聖玉が外れた後、マモルを四皇女がどうするかですね。

おまけ:

平民はサン・キュロットならぬサン・パンツ?( ̄▽ ̄;)

下着メーカー大変そうだな、この星(殴)

ツンな彼女デレな彼女、体験版4話感想

  • 2009/03/26(木) 21:39:18


ぴーすそふと( ・・)/
今回ももちろんここに著作権があります。
まずはこの感想の前に・・・
  をどうぞ。二ヶ月以上空いたのでみんな忘れかけてるでしょうし(殴)
で、4話の容量は348M。3話と5話の間なので4話の期間は20、21日となります。

で、タイトル画面。
今のとこ4月24日発売予定です( ・・)/
・・・・・・・・・・・・おーーーーいっΣ( ̄_ ̄;)
*公開は3月23日だぞ(笑)

4話〜
#6月20日
昨夜の事が気になった浩紀は南月家に行きますが、つぐみはそっちに行ってるとのこと。
*3話のつぐみの告白は悠真がやってきて中断(¨;)

結局つぐみには会えず、美里を引き連れて登校。すると凪登場
写真を渡してくれます。
ただ、同好会が2人(凪と浩紀)しかいないと聞くと美里びっくり(^_^;;;
相変わらず浩紀のことになると突撃するなぁ(¨;)
・・・そこまでするのかあなたは(^_^;;;
それを含めて美里をいろいろと気遣ってくれる凪先輩。本当にいい人です。

昼休み。美里と莉奈、それとアカネでなにやら浩紀隣争奪戦を始めますが、
これは莉奈の機転でアカネを排除(ぉ。明日美里とアルモニーに行くことに・・・

午後、美里とメールのやりとりをしていると先生(梢愛先生にあらず)に見つかり、
古典的パターンで廊下に立たされてしまいます(^_^;;;
すると都合よく廊下を歩く凪先輩発見。追尾して屋上に。
話してみると凪先輩はホテル暮らししていることがバレてしまったとのこと。
*許婚の家で暮らせとのことらしい
悲しい運命の人・・・(この時は、この時はね)
 凪先輩はついに「許婚の家に行って逆に嫌われてしまえばいい」と特攻する覚悟を決めます(/_;)

放課後、いつものように生徒会に行こうとするとつぐみ登場。
しかしそっけなくというかツンデレっぽく言いたいことだけ言うと逃亡(^_^;;;
この後、生徒会室で紫藤姉妹と作業。相変わらず気を回してくれる遥とそっけない凛彩
ほんとホイホイふらぐ立て過ぎ・・・
・・・わー言われてしまいましたよどうしましょう(棒読み
別れ際、どうにかしないといけないと思った浩紀と姉妹を自宅に誘います。

 その後、校門の前にいた凪先輩を誘い、街へ。
浩紀が半ば強引に説得してプリクラを2人で撮ることに
先輩禁止!(それ違う)
*浩紀って、ちゃんと顔が描いてあるんですね
許婚の家に行くなら浩紀の家にと言い出しますが、さすがにそれは無理のようで・・・

#6月21日
なぜかつぐみも加わっての朝食。その時浩紀の父親からの手紙をつぐみが読んでしまいます。
その内容とは・・・
息子も息子なら父親も父親か・・・
・・・ な ん だ そ れ は Σ( ̄_ ̄;)
その時、ちょうど訪問客。といってもただの紫藤姉妹ですが
(先日浩紀が約束してましたね)
これはどういうことかとつぐみに突っ込まれますが、それをかわす暇なく次の訪問者(^_^;;;
とりあえず4人を上がらせて浩紀1人で対応すると
昨日までの重い運命が骨折り損・・・
・・・あーそういうことでしたかそれは大変ですね(棒読み)
(でも、前日の夜はどこに泊まったんだろうこの人?)
当然のごとく頭に来た凛彩は遥を連れて出て行きます(¨;)
(選択肢が出ますが、凛彩を追いかけても「聞 き た く な い」で追い払われます)
さて、美里とつぐみを交えて凪先輩の話ですが、結局浩紀の家に住み着くことに。
ただしつぐみはどうしても納得できず、怒って去ってしまいますが・・・

午後、凪先輩の引越しは終了しますが、わだかまりは抜けません。
莉奈の誘い(というか凛彩への誘いとブッキングしてる・・・)にもついて行ってはくれず、やむなく美里とアルモニーへ。
で、莉奈からジャンケン必勝法(?)を伝授。さっそく美里とデート権をめぐっての対決!
*負けるとデートですが、これという大きなものはありません。

家に戻り、凪先輩の料理(すげえ美味い)を頂いた後、勝手に泊まると言い出したつぐみと美里。
2人をリビングに寝かしつけ、ようやく一日が終わ・・・りません(^_^;;;

深夜。浩紀の部屋。
浩紀の部屋で寝てた理由って5話で説明されてない・・・
・・・・・・・・・・・ああ修羅場(笑)

#ここで体験版はおしまい。

今回の4話は凪先輩の当番ですが、許婚に関してはさすが浩紀には落ち度はないですね
確認しようにも首謀者の浩紀父は外国で音信不通。凪父は説得以前の問題。
しかし同じ日にイベントを重ねたり、それを忘れかけたりと相変わらず浩紀の行動のまずさが何とも
それと、5話を先にやってるからわかるのですが、4話最後の修羅場が実はあまり意味を成してないんですよね(¨;)

後は誤字がやたらに目立つのもマイナスですが、何より
3話どころか5話(1月21日発売のTG付属)から実に二ヶ月も空いた理由がさっぱりわかりません(^_^;;;
というか、デバック募集なんかやってるのはこの誤字の多さもあるのではないかと思います。

おまけ:
答え:つぐみ、凪、美里、凛彩、アカネ
「まるで(結婚の約束の)バーゲンセールだ」(C)ベジータ)

花と乙女に祝福を・体験版感想

  • 2009/03/23(月) 21:18:37

いつものようにここに著作権があります
あんさんぶる♪
容量は169M。
えーっと、最初に出てくるシーンが
いきなり最初がこれですので・・・
「鏡で説明する女装のやり方」
・・・そこ、即時終了してフォルダをゴミ箱にぶち込まないで下さいΣ( ̄0 ̄;)

そんな前置きはともかく、5月6日からスタート。女装して「月丘晶子」と名乗った主人公(月丘彰)は聖ルピナス学園へ。
まあ要するにお嬢様学校なわけです。ええ。
中の人がまきいづみのため迷ってしまった晶子は手近な人に道を聞きます。
黒髪ロングの青山式(殴)
続けて別の人(薫)が出てきますが結局晶子は別れて教室へ。
さっそく(妹の)友達参上。都の方は抱きついて登校を祝ってくれます。、
先生が登場して授業になった後、一旦回想へ。
体が言うことを聞かなくても学校に行きたいという晶子の強い思いがわかる回想なんですが・・・
なんという素晴らしきアイデア(殴)
・・・・・・・・・・・・なんという母親だ!(^_^;;;
*父親も同じ意見。思いつきって偉大(笑)
元に戻ってボロを隠しながら昼食を乗り切りますか、「体育」という次の試練が晶子を襲います(笑)

放課後は都と共に園芸部へ。
(彰には知識が無くて、晶子には知識がある)花の話でやばいことに。
逃げ帰る途中で聖佳に冷たくあしらわれた女の子(一年生、絵無し)とぶつかった晶子は聖佳に正論を叩き付けますが
*そりゃ、三年生の部長たちに反省文書けと命令してこいだの、そこに「仕事がないから帰って」と追い打ちかけては・・・
いあ、あなた存在感だけで誰も文句言えません・・・
いあ、あなたに文句いえる人なんて部外者の彰=晶子だけですって(^_^;;;

寮に戻ると合鍵でやってきた都に押し倒されます(¨;)
*実は恋愛関係だったのか晶子と都(^_^;;;
しかし、そんないいイベントは最後までやってくれないわけでして・・・
問い詰められます叱られます(¨;)
・・・あ゛、バレたΣ( ̄_ ̄;)
問い詰めもーど炸裂なわけでして・・・
結局晶子に電話してまた説教モードを喰らう羽目に( ̄▽ ̄;)
さすがにこれで終わったら話にならないので、都がなんとか説得して次の日以降も学園に通えることになりましたとさ(^_^;;;

#5月7日
朝っぱらから哀れ都からの嫌いオーラを浴びまくる晶子(^_^;;;
そんな中、昼休憩に聖佳がやってきて生徒会室に来るように言われます。
放課後、ツンツンオーラの都に代わって志鶴と共に生徒会室へ。
待っていた聖佳と薫から立藤の会の実行委員になって欲しいとのこと。
それにサインしちゃダメーΣ( ̄_ ̄;)
・・・なにこの孔明の罠状況(ぉ

そんなわけで(他に人がいないので)晶子は実行委員「長」になってしまうわけです
*何気に付き添いの志鶴も実行委員に
でもって都への仲直りアイテムまで貰えるというおまけつき。
寮に戻り、早速都への仲直りアイテムを使って嫌いオーラからツンデレ化させることに成功(ぉ

#5月8日
都とも仲直りして新たな一日のスタート。
しかし突然生徒集会。何かと思えば昨日の立藤の会の委員になったこと。
が、その立藤の会の実行委員長ってのは
あーあ収拾どうするんだよ(ぉ
・・・・・・・・・おーーーーーーーーいっ( ̄▽ ̄;)
*ここで体験版は終わり(^_^;;;

#キャラクター
もっとキャラはいるようですが、体験版ではこれだけ。
立ち絵そのものは動きませんがそこそこ表情は豊富です。

*月丘彰(晶子)
 主人公、ちゃんとボイスはあります。
入院した双子の妹の代わりに学園にやってきたシスコン
ひ弱でやや腰が引けた印象ですが、委員となってからどう成長できるか。

*月丘晶子
 妹、呼び方は「兄さん」。声は兄と同じなので2人の回想シーンだと不思議なシチュに(^_^;;;
病弱で出席日数が稼げないため、母の思いつきで兄が入れ替わったわけです
兄と違ってかなり意思が強かったり。


*名木城都(なぎしろ みやこ)
わかりやすい性格です( ・・)/
 晶子の親友で風音式ツンデレ入った幼馴染系。彰の素の姿も実は知っていたり。
上記のように面子の中では晶子=彰というのが唯一バレている人でもあります

*鹿島志鶴
きょにゅうです(ぉ
 友達その2。見た目通りのおっとりしたお嬢様。
生徒会までついていってくれたり、委員を引き受けてくれたり・・・
実にいい人なのですが、他と比較すると何か印象が薄い気が。

*宝生聖佳(ほうしょう せいか)
生徒会長。大財閥のお嬢様。クールキャラと三点セットの人。
もちろん絶大な人気というか、畏怖を学園にとどろかせ
・・・なのですが、実は自覚無しの天然キャラだったり。

*佐上薫
副会長。わりと常識人っぽいのですが
目指せ主人公なのかも(ぇ
・・・なにこの方向性違う人(ぉ
上記しともかく、面白いこと好きっぽい人のようです。

*先生
立ち絵サイズからすると実はロリ大人?
担任さん。生徒会が異常に強いので出番は出席時ぐらい。
でも名前ぐらいつけてあげましょうあんさんぶる(^_^;;;

バーゲンセール並みに出ている「お嬢様学園潜入もの」
「ごきげんよう」「〜様」、豪華で彩りがある背景、やたらに生徒会が強いパターンもいつもの通り。
そんな中、今回の主人公は女装キャラですがあくまで「妹の代理」で、主人公もボイスがあるのが特徴。

 設定として、立藤の会が文化祭ではなく茶話会という点、個性を出そうとしているところがわかります。
ただし、聖佳さまの罠で次期生徒会長になっちまいました状態ですので、どういう形で彰が晶子に引き継ぐかがポイントですね。
もちろんバレた時の展開もまたこの手のものの基本ですが、さてどうなるか。

おまけ:
こんなことだから生徒会が2人しかいなくなるんです(¨;)
・・・おそるべし佐上薫(ぁ

内容が半分になったCANVAS3体験版

  • 2009/03/13(金) 22:49:24

前と同じく著作権はここです。
本家ロゴ(ぇ分家ろご(ぁ

今回はCANVAS3の発売もすぐなので気になったところを上げてみます。
なぜかというとTECHGIAN4月号付録とOHPから拾える体験版の「違い」が気になったので。
TG版の感想はこちらで

ではまずDL版の追加点。
・DL版はセーブ/ロード、システム変更等ができる(以下はDL版で追加された部分)
・画面がスクロールする
・各キャラのテキストに色が加わっている
・上にカーソルを動かすと現在日時と場所、今流れている曲が表示。
右上に注目
・各ヒロインにテーマ曲が加わった。
・不良や母にも声が入った
・12月12日の後にOPが入る
・微妙にテキストが違う
・菜々美先生にも振り向き立ち絵がついた。
正面よりいい絵だと思います
(多分、恋華もあるはず)
・立ち絵の拡縮、移動等が増えている
遊佐先輩が多いのは立場上でしょうね
ここまではいいのですが・・・

外れた部分が問題でして
初日(12月11日)が丸ごとなく、12日から
それどころか12月13日もなく、いきなり14日に。
*よってDL版は12日と14日しかなく、TG版の半分強という妙な事に。

まず、最初の父親との会話部分丸ごとないため
「桜花展で金賞を取れば学が芸術家になることを全面的に支援してくれる
しかし取れねば芸術家への道をあきらめる」
という父と学の賭けがあいまいに。
雑誌紹介だとこの部分がストーリー紹介に入るのでいらないと判断したのでしょうか?

それからこれも
七つ集めるとどんな願いでも(大間違い
鳴らない鐘の奇跡(鳴らない鐘を恋人同士で聴けば結ばれる)
朝霧の滝(朝霧の中で虹の光を見れば死んだ人は再会できる)
煉瓦倉庫ワインのコルク(星型の焼印があればちよっとした幸せが)
(他は朝霧の滝・ホワイトクリスマス・光り溢れる鍾乳洞・楓並木の相合傘
椿山展望台の流れ星)

後、13日もないので
・恋華と登校→遊佐の車に乗せてもらう(イベントCG)
・涼と登校→利奈と合流
・遊佐先輩の身の上話(イベントCG)
(彼女のみ13日の部活動ではキャラ選択の後にもう一回選択がある)
二段選択肢は唯一
・ストーブ料理
これらが丸ごとないことに、その上
・菜々美先生が福引で肉を当てたこと
アマゾン特典CDの紹介の「福引で当てた肉」はこの部分ですので、外した意味がわかりません(^_^;;;

ちなみに13日には上記のように遊佐先輩のイベント絵が3枚入ってるのですが、これは別の日付で使うのでしょうか。;
*具体的に言うとOHPギャラリーのev05、ev07、ev10

 体験版のVerが上がると修正はともかくシステムを初めとした内容的には充実するのに、なぜかこのCANVAS3に関しては内容は半分に。
重要な設定やCGまで入ってる部分をこれだけ削るとなると、とても雑誌付録用のために追加されたとは思えません。
となると、シナリオの組み換えをやったとしか思えないのですが・・・
本編でこの削除された部分がどこに入ってくるかですね(回想で補うのかな?)

おまけ:
学園が変わってもヤツらからは逃げられぬのか(ぉ
・・・どうやらここもヤツらの庭のようで(ぉ

桜吹雪〜千年の恋をしました体験版感想

  • 2009/03/13(金) 14:04:30


いつものように

銀弾でいいのかな?
著作権はここになりますね。
今回のは容量は242Mでフルボイス。
ただしバックログを実装してないのが痛いところです。

99%が女子という花宮学院へ特特生として編入された柊一成(主人公)。
むやみやたらに桜が咲く美しい学院に入ろうとすると・・・
ヒイロ?(ぉ
・・・((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
*主人公により電波認定(殴)
この直後、いきなり一ヶ月ほど時間が飛び、休憩時間、雲雀と会話する場面。
いろいろと説明してくれますがこの最後に
この後ちうです( ̄▽ ̄;)
おーい、男キャラとのフラグって何か違うぞっ(^_^;;;
場面転換代わりに雪花登場シーンが入り、昼休み、一成のクラスに彼女がやってきます
せっかく一成のためにお弁当を作って来てくれたのになんとも困った主人公です(ぁ
 その頃一成は屋上で傷心中。雲雀と何があったかは追求してはいけません(笑)
二千年夜叉桜がある屋上から渡り廊下を歩いていると・・・
天ヶ埼美琴んがやったよなぁ(違う)
なんか幼女が飛び降りてきますた!Σ( ̄0 ̄;)
慌てて捕獲、続けて追いかけてきた女子生徒3人には啖呵を切って(注:しゃべったのは落下幼女)追い払います。
で、彼女。(選択肢あり)一成が転校初日に夜叉桜の下で出合った人だそうですが・・・

翌日、昨日から一成の悪行(ぉがうわさになっているためクラスメイトからはつめたーい目。
そんな中。昼休みに花園会(要するに生徒会)から入部か委員になれとのお達しが。
さらには紅紗がやってきて
なんつー表現だ(^_^;;;
・・・・・・・・・・・・・・・( ̄▽ ̄;)
*もちろん雪花先輩が見てしまったのはえろげのお約束(殴)

一月前の紅紗との初対面シーンを挟み、夕方。
忘れ物を取りに戻った一成の前に女の子を抱えた謎の黒い影が!(しかし立ち絵はない!(ぁ)
怪人を追いながら高所での攻防戦!(しかしCGもない!(ぇ)
苦戦する一成の前に最初出てきた刀の人(向日葵)が駆けつけて戦闘になりますが、
そ、その突っ込みはーΣ( ̄_ ̄;)
・・・結局取り逃がし。
*ここでようやく最初に登場した電波こと向日葵の自己紹介( ・・)/

またも場面が変わり、花仙祭実行委員になった一成。
謎の夢の後。朝起きてみると雪花が・・・添い寝してましたΣ( ̄0 ̄;)
ごはんもつくってくれます
放課後。委員会のお仕事。ただしいるのは一成と紅紗のみ(^_^;;;
それでも頑張る主人公は資料探しに図書室へ。

するとなんか怖そうな人(紫苑)登場。資料欲しさに図書委員(立ち絵なし)や一成をヒビらせるわ
とどめにゴルディオンハンマーまで持ち出して扉の鍵を壊そうとします(¨;)
*この間主人公によりデビル認定(ぁ
たまらず紫苑から逃走しようとした一成。そこに別の人(杏子)参上。
人間的に正反対な2人ですが、委員の一成でない紫苑がなぜ資料を欲するのかというと
しかも二回言うんだぜ・・・
・・・こらまてー!( ̄▽ ̄;)
挙句、紅紗に「実行委員にしなさい」と詰め寄る傍若無人ぶり。
*舞黒は瞬間で「承認」(ぇ

そして僅か1行で実行委員会は2人増えて5人
一成、そして舞黒とデビルと殺人電波と姉で花仙祭をがんばろー!
というところで体験版終了。


#キャラクター
立ち絵と名前があるのは6人+主人公のみ。後はその他大勢扱いです。
なお、学院なのに授業シーンはゼロ( ̄▽ ̄;)

*桜森紅紗(さくらもり あかしゃ)
紅紗たんでも可(ぉ
いわゆる舞黒(マイクロ)な「ロリ先輩」。ただし声は低め。
無表情かつ無感情ですが、言うことは強烈というか黒い(笑)
花仙祭実行委員長として好き勝手手腕を振るいます

*天蕗雪花(あまぶき せつか)
典型的なべた姉( ・・)/
物腰の柔らかなというか、ちと天然な姉先輩。
超人パワー乙女力は7800万(ぇ
一成の姉代わりで彼を「いっちゃん」と呼び、一成は「姉さん」と呼びます。

*麒麟寺向日葵(オプション画面では麒麟「児」)
辛らつなつっこみだ(^_^;;;
刀の人。体育会系の努力と根性の人。
まっすぐな性格ですが・・・上記です(爆)

*宮乃紫苑
ツンデレになれるのかこいつは(^_^;;;
高飛車というか私様キャラ。傍若無人を地で行く人(^_^;;;
わざわざ資料分捕りにハンマー持ち出すあたり、桜森と何か関係があるのかと。

*桜森杏子
効果音は主人公が出してます(ぇ
花園会花姫(要は生徒会会長)。極めてできたツインテで紫苑とは正反対のキャラ。
体験版での出番は対紫苑のみなのが残念です。

*初音雲雀
友人キャラ。一成と同じく特特生(年3人のみ)
物凄く頭がいいというか、達観しているというか哲学しているというかそんな人
無駄にフラグ立て過ぎてるような気もしますが(笑)

*柊一成(ひいらぎいっせい
主人公。振り回されるタイプ。とはいえかなり達観した考えを持っている人でもあります
自分が特々生だということ、男だということ、庶民だということがマイナスに働いている印象ですが。

まず印象は
 「サクラノ詩の設定換え版?」と思うほど、文章とか雰囲気がかなり近いです。
桜だらけでシックな学院とか、巨大な桜が鍵を握ってるところも似ています。
しかしキャラ配置や場面設定はサクラよりもより尖ってて(悪く言えば中二的に)
やたらに説明回しが多いので合わない人には地雷でしょう。

 キャラとしては個性の強いヒロインが主人公を振り回す形ですが、
雲雀の出番が異常に多くかつ彼は馬鹿友タイプではないのでこれまた人を選ぶかも。
 流れ的には序盤を見せるよりも各ヒロインのイベントを飛び飛びに見せるタイプ。
何度も何度も場面転換させられますが、製品版ではどう繋いでいくかですね。

前作(月と魔法と太陽と)より背景が驚異的に進化、というかキャラデザも違うので本当に同じメーカーかと思うぐらいです。
ピアノを使ったり効果音に和風を用いたりと雰囲気もよく、力の入り具合をうかがわせます。
後は舞台がお嬢様学院という閉じた世界なんで「中二病設定で悪いか!」状態なのをどう判断するかです(笑)

おまけ:
デカラビアがもでるだったような(^_^;;;
・・・そこの幼女。おまいはいつの時代の人間だ( ̄▽ ̄;)