つく×つく感想

  • 2009/11/30(月) 22:05:22

いつものように著作権はここに

これタイトル画面切り取ってますよね
パッケージ内容はマニュアルとディスクしかない簡素なもので容量もフルでたったの755M。
システムは最低限度しか装備されていません。
特徴としては下着の色が黒か白を選べる点ですが
黒にすると白ではない色の下着も一律で黒にされるので白のままでいいかも。
後、HシーンのBGMが4人とも違うというのは珍しいかと。

#ストーリー
聖クレセント記念病院。
小児科に勤める新米ナースマンの上野武(主人公)は今日も奮闘中。
そんな武に真央はいい人決定賞をあげるのでした( ・・)/
賞品はない(ぉ
それを見ていた玲子と明日香が武の取り合いを始め、
さらには川路先生などは「上野君争奪戦でも始まってるのか」という始末・・・
提案者より
・・・いや、本当に始める気ですよこの先生は!(^_^;

そんなわけで他の三人も参戦することに相成る訳です(主人公の意思など放置(笑))
戦いに挑むひとたち
*武のハートを射止めた人が勝ち( ・・)/

OPの後、次の日
いきなし真央に呼ばれた後、告白されてさらにHというすごいことに。いや、それどころか。
告白そのいち
告白そのに
4連続ですよもう大変ですよなんて精力ですか主人公は(笑)

#次の日
真央、玲子、明日香と昨日の感想(:^-^)を含めたご挨拶。
最後に現れた川路先生が気にしない気にしないと肩をぽんぽん。

そこに他の三人が戻ってきて
「わたしの武くん」「あたしのだよー」「いえ、私のです」「それを言うなら私だって」と修羅場状態(:^-^)
この状態をどうもおかしいと思う4人。
な・・・何だと・・・
・・・気づかれましたどうしましょう主人公(笑)

ここで川路先生再び提案( ・・)/
さらにルール追加(ぁ
えええー!?(C)上野武

ここから毎日選択肢が出てきますが、最初の一日は覗きで、次の日からはH
三日目以降は前日に選んだ人が会話してきます(他の人は出てきません)
ちなみに覗きシーン以外はオンリーで選ばないと6日目にバッドEDです

そして6日目(つまり5回Hする)まで行くと選択肢が選んだ人のみになり、
告白→Hと各自の話があって、一枚絵のEDと・・・
・・・ED曲はなく、スタッフロールも一画面に収めて終了。
*一応、キャラ紹介から後は追記部分に回します

続きを読む

シェイプシフター 体験版感想

  • 2009/11/24(火) 12:07:26

いつものように著作権はここに

ばなーはこれでいいのかな?
容量は355M。
まず画面が1024×768と大きいので注意。
システムとしてはテキストウインドウを持たないため行間マージン変更や文字サイズの変更という珍しい項目があります。
ただしバックログは使えない(操作にない?)ので注意。

まずはナーティアからのご挨拶からスタートすると
夜の町の上空で何者かが戦闘中。赤城優真(主人公)は走ります。
ナーティアは「なぜ戻ってきた」と驚きますが、優真は「君の願いを叶えるためだよ」と。

場面は変わって森で話すヒロ君とアイちゃん。アイを励ますヒロ。
ちょうど現れた流れ星に2人は赤ちゃんが欲しいですと願いをかけますが
これ拾ったのかなぁ・・・
・・・流れ星が落ちてきましたよ( ̄▽ ̄;)

また場面は変わって翔鳳学園の教室。優真は耀子に起こされます。
*流れ星の話は彼の夢だった模様
夢のこと、今日のこと、そして何でもすぐに引き受けてしまう優真に
幼馴染ってたいていこういいますよね(笑)
まあそうでしょうねと(:^-^)
とはいえ耀子も優真のそこがいいところとフォローしてはくれますが。
そんな関係を何とかしたいなぁと思う優真、そこにコミカルなBGMと共に浩介参上。
通信携帯ゲームの話やアキバでのアニソンパワーライブについて語る浩介。

それはともかく、彼は「(補習)に対してお前の「神のひと声」が欲しい」と優真に頼みます。
*どうやら優真は願えば叶う力を持っているそうで。
浩介と共に補習に行く羽目になりかかっている事を知り(採点ミスにより)、その不条理に対して
「今日の補習はおかしい!!」と叫ぶわけです

すると(浩介の企み通り)補習は中止。早速浩介は優真を引っ張ってアキバの魔法少女ギルドへGO(笑)
途中山瀬先生に見つかりますが、うまく逃げ延びます

夜、ナーティアがゲソールという人と通信中。
何かを探しているようですが・・・そこにコマが!( ̄▽ ̄;)
コマを投げてきた女戦士に問いかけますが、攻撃を止める気配は無く戦いに。

(視点が優真に戻ります)夜の川原を1人歩く優真、
魔法少女ギルドに誘われたものの、会話を続けられず気まずいまま終えてしまった自分に嫌悪。
耀子のこともあるので急いで帰ろうとするのですが、そこに前述のナーティア対謎戦士のバトルが。

当たり前ですが空中で斬り合う2人に驚く優真。
暢気に観戦していましたが「負けられぬ!」「死ね!」という両者の強い感情が流れ込んできます。
2人の想いを感じ取っていることに気づく優真・・・しかし流れ弾ならぬ流れコマがぶつかり・・・

ナーティアに助け起こされますが、敵さんはまだいるわけで彼女は優真に「逃げるのだ!死ぬぞ!」と
その言葉と状況に死の恐怖を感じ、必死に逃げ出す優真にコマが!(¨;)
かろうじてナーティアに助けられますが、状況は悪くなる一方。そんな優真の心に
「天に不動の銀星を」という言葉が流れ込みます。

再び優真は逃げますが、途中自らを盾にして逃がしてくれたナーティア。そして自分の情けなさを感じ、
そしてそんな自分にも誇りはあることも感じます。
決意した優真は彼女の元に走り、ここから冒頭の場面に。
主人公がこれだけデカく出てくるのは珍しいなぁ
戻ってきた優真に驚くナーティア、しかし彼の言葉と意思を感じ取ったナーティアは優真と共に叫びます。
「天に不動の銀星を、地には光の剣影を、正しく支配する我は王なり!」

ちとアヤシイムービーの後、ナーティアの手には煌剣クラウ・ソラスが・・・
二枚刃で深剃りも安心だ!(待て)
って、主人公自体が剣なのかーーーー!Σ( ̄_ ̄;)

どう見ても取り回し大変そうな巨大剣をぶん回して謎戦士を追い詰め
最後は彼女の背中に羽生やした挙句、剣をぶん回して吹っ飛ばして終わり。
そんなわけで敵も倒してめでたしめで・・・
しかしデカい・・・
・・・どうしようこれ(注:ナーティアも戻す方法知りません)
*一時間後、元に戻れました

さて、元に戻った優真にナーティアは色々と質問します。
質問中、隕石の夢を思い出す優真。さらに彼女は「願ったことが現実になることはないか」と
正直に答える優真に「そなたにはリア・ファールが宿っている」と確信します。

で、彼女は増えすぎた宇宙を間引くというリア・ファールが盗まれたので探していると。
そしてリア・ファールは願いを叶える力があり、優真はそれを宿しているから前述のようなことが出来たというわけ。
いろいろあった説明の最後にナーティアは優真に
正論ではあるんですが・・・
・・・( ̄▽ ̄;)
色々考えた末、ナーティアのユニバースの想いを知った優真は死を選び、ナーティアもキスで答え

・・・が、ナーティアには優真が斬れません(というか剣が折れた)
その上転移装置までぶっ壊れて本部に戻れないというオチ(笑)

見かねた(いや、見物してた)ゲノール管理官に色々突っ込まれますが、とりあえず優真は斬られずに済んだわけでして
結局ナーティアは彼から優真の警護を任じられ、赤城家へと居候することに
机に何か書いてあるんですが・・・
実にわかりやすい両親で助かりました(ぉ

歓迎パーティ後、放置してた耀子から携帯でガミガミ言われて明日からどうしような優真
その上ナーティアとお約束の風呂バッタリ(しかも相手全く恥ずかしがってないし)で気絶。

#次の日
起きてみると隣にナーティアがっ!その上耀子が起こしに来ましたよ!(笑)
寝ている人は「やめろ優真ぁ・・・それ以上は入らぬ」なんて寝言で言ってますよ!(爆)
「死んじゃえー」と叫んで終わります(^_^;;;
こんな肝心な時にリア・ファールは発動せず、ナーティアも空気を読めず
耀子に「死んじゃえっバカ」とフルボッコにされましたとさ(笑)
*体験版は終わり。後は広告が入ります。

#キャラクター
基本的に全員立ち絵はありますが、開発中なのでボイスがあるのはナーティアと耀子のみ
ちなみにまばたきや口パクも実装しています。

*ナーティア・アガトラム
夜の街で戦ってた人。なぜか「姫」と呼ばれたりしていますが今のとこ謎。
凛々しいキャラですが別世界の人なんで世間知らず。そしてりんごマニア(ぁ
いかにも戦うお姫様ですが耀子や他の面子とはどうなるのでしょうか(^_^;;;

*高階耀子
幼馴染。もちろん起こしにきてくれます。
何でも出来る世話焼きなんですが・・・なんかヤンデレしそうな雰囲気が(¨;)

*山瀬里加
振り回されてばっかりのような気が
担任(で、いいのかな?)。優しい先生。
えろげでは珍しい人妻女教師ですが、出番はちゃんとあるのかなぁと(¨;)
*そもそもOHPや雑誌のキャラ紹介にいないし、人妻という時点で攻略不能フラグだし(¨;)

*?
何せセリフがこれだけだから・・・
ナーティアと戦っていたコマを武器にしてた隻眼の女戦士。
ほとんど何もしゃべらなかった上、倒されたので正体不明。
(死体もないし、どう見ても再戦フラグ立ってますが)

*ゲノール・ランヴェネック
実は真ボスというオチはないよね
管理局の人。一応ナーティアの上司ですが彼女を「姫」と呼びます。
理知的ですか結構デバガメ(笑)

*ハパ&ママ
優真の両親。リア・ファールを拾ったのはこの2人のはず。
実に物分りの良いらぶらぶ夫婦です。つーか決断早すぎ(笑)

*前川浩介
友人キャラ。「まともなヲタク」を目指す男でいろいろと優真を誘ってくれます。
なかなか効果を得ないのが問題ですが(笑)

*赤城優真(画像は武器変身シーンのプロセス)
裸なんて見たくない人のために四分割にしました
まず一言、武器に変身するとき素っ裸になるのはやめなさい(笑)
この人が主人公。眼鏡キャラ。完全に顔ありでしょっぱなから登場。
基本何でも断れないタイプで受け身な人ですが、何とかしなきゃ感は人一倍強い、そんな人です

見ればわかりますが、とにかく画面がデカい。1024×768なので半分にしてもこの状態。
その上ウインドウ枠もなく、システムアイコンも収納式なので本当にキャラが大きく見えます
メッセージは五段にもなりますがこれだけ画面が大きくなるとあんまり邪魔にはなりませんね。
(文字サイズや行間マージンも変更できますし)
立ち絵もそれに比例して大きく、拡大縮小や動かし方からして「主人公視点」を大切にしていると思います。
*通常場面で画面半分以上を1人の顔で占めるってのはなかなか見られませんよ(笑)

話としてはいかんせん「第一話」的な感じなんで掴みと基本だけ。
学園にしても最低限の人間だけで、後からヒロインを加えるんだなという形がわかりますし。
ナーティア以外の面子が揃った後どう展開していくかでしょうね。
(他の面子も揃った第二弾以降があるのかな?)

戦闘シーンは基本ブリーチ系のオサレバトルで立ち絵を拡大縮小しつつ動かすタイプですが、
まあ容量的にはこうするしかなかったでしょうね
 それよりも主人公自体が巨大武器になっちまうという無茶なシチュとアヤシイ変身シーンはともかく
(そうなるとヒロインのうち、必殺技使えるのは主人公武器持ってる1人だけ?)
多次元宇宙解釈とかユニバース(宇宙の一段上の構造)、三つのリア・ファールなんて設定が出てきますが
最初から風呂敷を広げすぎてるなという印象が(^_^;;;

日常は割とコミカル(SDイベント画もある)なので、どこまでバトル部分との住み分けができるか。
まあ、今のとこナーティアの世間知らずぶりと耀子のヤンデレしそうな雰囲気が気になりますが・・・

おまけ:
最初から地雷扱いかよ(笑)
さすがage(の分家)だ、判ってらっしゃる(ぇ

幻月のパンドオラ体験版感想

  • 2009/11/20(金) 11:50:00

いつものように著作権はここに

きゅーえっくす
容量は164M。ファイル破損チェックが付属しています。
システムはごく普通、個別ボイス調整とかはありませんが、選択肢戻しはあります。

始まるといきなり「なんじゃこりゃあ〜〜〜ッ!」と叫ぶ相坂文樹(主人公)
これが石油なら大もうけなのにっ(まて
それもそのはず、何も無い床から水柱(紅茶色)が吹き上げているのです!(゚_゚;)
詩乃鈴は驚き、uni部長は落胆する中、さらに湯の柱から女の子(全裸)が!(゚_゚;)(゚_゚;)
「お前は・・・誰」と文樹に問う彼女、パニック状態の文樹・・・

#4月5日
場面は変わって新学期。マンションから出る文樹。妹の詩乃鈴、それから千歩子がやってきます。
この実妹結構な毒舌です
詩乃鈴にちゃかされたり、千歩子に彼女がいないことを突っ込まれたりしつつ学園へ。
ハイパラ(光司)を千歩子に紹介したり、千歩子のエロさに吹いてしまったり。
辛島先生の登場後、始業式へ。「不安の荷物を渡し、期待の荷物を携えて下さい」という甘泉uni会長のご挨拶。

再び教室。ゆとり先生はいきなし光司と千歩子にクラス代表を任せて授業を終えます。
放課後、文樹はゲームやろうぜという光司の勧誘を断って部活勧誘演説へ。
ちょうど甘泉先輩が熱血演説中。
ライトユーザーは真のユーザーに有らず!
何事かと思えば彼女は電芸部の部長だったわけなのです。
彼女の熱意と新たな一面に心打たれた文樹は早速電芸部部室に・・・

ヘンな妄想の後、覗きじゃないぞと言い聞かせつつ歩いてると
詩乃鈴が「何ハレンチなことを計画してるんですか」と後方から攻撃(笑)
 彼女も電芸部に入りたいそうですが、「妹連れて部活コミュニケーションが図れるか」
と勝手に結論出している文樹はお引取り願うべく色々言いますが、無駄(笑)

そして電芸部があるという旧校舎。
びくびくしている詩乃鈴に「女学生の霊がっ!」と驚かせると猫声で大騒ぎ。
ぬこ系だったのね・・・
・・・が、転がった挙句そのまま電芸部に飛び込んでしまいます( ̄▽ ̄;)

さて、uni部長。「この部で何をしたいのか」と(選択肢)
会長権限で部室を確保したそうな( ・・)/
(どちらでも大丈夫)どうやら入部OKのようです。
*ちなみに部員はuni部長と相坂兄妹の3人( ・・)/
それからuni部長から部に対する熱意を聞かされ、さらに彼女の秘蔵品を紹介してくれます。

が、文樹がuni部長の秘蔵品を取ろうと手伝っていたら2人まとめてそのまま床下に転落。
押し倒し(CG無し)からステキな妄想に走る文樹。しかし地下から湧き上がる何かの力にに吹っ飛ばされ・・・

・・・冒頭の状態に。
彼女(真姫)を前に右往左往するばかりの文樹。そこに「一体その娘に何をした」という声が
その声は文樹が持っていたPSP・・・もとい、DNPから。
なんとなくリンクスに似ている(殴)
さらにこのDNPは真姫に命じます。「このケーブルをその男(文樹)の胸にブッ刺しなさい」( ̄▽ ̄;)
逃げる文樹、しかし追っかけてくるケーブル!

・・・文樹が気がつくとそこは教室。しかし夜。空には輪のある白い月
そしてゆとり先生が紹介する女の子。疑問を抱く文樹
背景の暗さに注目
しかしいきなり服を脱ぎ始めますよこの真姫!( ̄▽ ̄;)

閃光の後、出てきたのは真姫ではなくエレディーユ=インガゼルマ。
彼女は文樹に対して言います。妄想力を秘めていると、そして活躍に期待していると。
さらに文樹たちの世界と彼女の世界を結ぶ通路を作ることが目的とも。
で、それを使って何をしようとするかと言えば・・・
魔界にも通販はあるのだろうか(^_^;;;
つまりゲーム欲しいわけですね、わかりました(ぇ

その後、「ワタクシはソナタと・・・交わってみたい」と言い出すエレディーユ・
「ここは教室だ」と慌てふためく文樹。が、エレディーユは制服姿になって「これでいいだろう」状態(笑)
つまりはHシーンなんですが、ここでさっきのDNPを「パンドオラ」という代物に改造したことを伝え
欲望データを集めることを要求します。

H後、元の部室に戻りますがハダカの真姫を抱きしめた状態だったので、uni部長&詩乃鈴にフルボッコにされるるのはお約束ですが(笑)
*なお、噴出した湯水は温泉扱いに。
もうどうにもならないので真姫を押し付けて文樹は逃亡(^_^;;;

そして何がどうなったのか、どこまでが現実なのか。記憶がどこまで弄られているのか。
色々と考えているとまた何者かが背後にっ(笑)
いや警戒するよそんなアヤシイ話し方(笑)
エレディーユ、そしてパンドオラのことを知る初露(中の人はトゥナ)

彼女が言うにはエレディーユは文樹の世界をゲームにしようとしていると。
それを阻止するため欲望を「彼女が指示する順番通りに」集めることを要求します。

で、いきなり登場した皆川裕香。彼女に対してパンドオラを起動。
決断を要求する初露(トゥナ)。「やってやろうじゃないか!」と文樹。
裕香から「隠れ鬼」というソフトをDLし、トゥナから説明を受けてプレイ開始!
いくぜ相棒!(違います
俺たちの戦いはこれからだ!(殴)

*ここで体験版は終わります。
後は真姫の登場イベントが入ります(Hシーンではない)

#キャラクター
名前のある人は立ち絵があります。
メインは3人らしくサブキャラが結構多めなのですが、Hできるキャラは多めのようです。

*鬼切真姫
水柱から現れた謎のつるぺたな女の子。無口で人見知り。
体験版ではほとんど出番がないで主人公たちにどう絡むのか謎。

*相坂詩乃鈴(しのりん)
妹、「兄さん」。本来「詩乃理」だったのが文樹が鳴らした鈴のおかげでこの名前になったとか
基本は澄ました感じの付かず離れずな妹ですが、怖がりだったり猫っかぶりだったり。

*甘泉uni
ダブル泣きボクロが特徴の生徒会長。そして電芸部部長。フィンランド人のハーフ。
頭もよくて人気も高い人ですが、それよりもゲームに対する情熱が物凄い。演説は一聞の価値があります。

*仲吉千歩子
なんという想像力働かせろセリフ(笑)
幼馴染。別名エチホ(ぁと言われるように、エロ好きで真昼間からえろい話をしてくれます(^_^;;;
扱い的にはメインぽくない感じがしますがさて。

*エレディーユ・インガゼルマ
魔界の王でセフェアイック(平たく言えばサキュバス)。
欲望を干渉してゲーム化できる能力を持ち、パンドオラを文樹に押し付けてきます。

*トゥナ
ちんまい小悪魔。「〜デス」というガイジン的な語尾が特徴。通常時は初露の体を借りています。
エレディーユを阻止する目的でやってきたようですが、結局パンドオラ頼りだったり(^_^;;;

*久留宮初露
副会長。しかし体験版ではトゥナが中の人になっているためどんな人間かは不明(汗)

*辛島ゆとり
ちなみに巨乳キャラでもあります
担任。えらく汚れた上着と名前に反して性格は几帳面
結構人を見る目があるようで良いキャラですが、この人にも欲望あるのかなぁ(¨;)
でもただHがあるだけというのもちょっと悲しいし・・・難しいところです(^_^;;;

*皆川裕香
キャラ紹介に入りたい・・・
パンドオラの最初のターゲットになった女の子。ようは「チュートリアル用の敵」のような感じ。
こんな扱いでもちゃんと立ち絵とボイスを用意してるのはHシーン用なのかな?

*佐井光司
友人キャラ。別名ハイパラ。
生真面目な人間で千歩子のエロ話に耐えられずよく吹っ飛びます、哀れ(:^-^)

*相坂文樹
主人公。小説書きを目指しているそうですがゲームも得意。
巻き込まれ方なのやツッコミはともかく、妄想が激しいのは人によってどうかと
(だからエレディーユに選ばれたのてすが・・・)

明らかに入ってないCG(uni部長を押し倒す場面とか)があるのは開発中なのかとか
雰囲気の良いBGMに心引かれたりするのはともかく、ゲーム機とか魔界とか、かなり特殊な状況な上、
時折主人公の妄想も入るので話があっちこっちに飛び回っている印象が強いです。
キャラ自体は個性の強い面子をそろえていますし、何よりゲームに対する強い想いを感じるので余計主人公の妄想さが目立つんですよね。

それと文樹にエレディーユ、トゥナが課せた目的は「欲望を集める」ことですが、
エロゲということを考えると「欲望解消=Hすること」になるわけですよね(笑)(だよねQ−Xさん?)
よって女性陣とHしまくりな感じになっていくのでしようか。それともH無しの解消法とかあるのでしょうか(:^-^)
このあたりのバランスを間違えるとただの抜きゲーになってしまいますが・・・
*まあ、欲望解消はあくまで主人公が具現化した「ゲーム世界」で行うのでヒロイン攻略とは違うはずですが

最後にトゥナは順番通りを要求していますので順番通りならトゥナ、順番を違えるとエレディーユ側となるはずです。
そうなるといずれどっちかと対立することになりますが、その時の展開がどうなるか(片方と戦うの?)
そして登場からして明らかに人間とは違う真姫がどうなるか、他の面子のルートだと魔界についてどう扱われるのか。そこに話のポイントが着そうです。

いちゃぷり! 体験版感想

  • 2009/11/18(水) 12:41:30


いつものように著作権はここに

別ブランド・・・というわけではないらしい
容量は502M。
1024×600というワイド画面で、システムも全て揃っています。
キャラ別音量でオフにするとそのキャラの表情も暗くなるなど細かい演出も。
さらに凄いのは時報機能(!)まであるところです。
他に断面図・射精カウントダウンという項目がありますが、それは後で。

パーティ会場。主人公は犬に追いかけられていた女の子を助けた・・・のですが
こーどもーのころからーしゅらばでもてーたー(帰れ
女の子6人に囲まれてどうするよ俺な過去回想から。

#5月10日
暗い中、「俺はどうすればいいんだろう」と思う神楽坂正樹(主人公)。
なんと彼は目隠しされて拉致られているのです(゚_゚;)

拉致犯(?)らしいメイドさんが言うには「懐かしい場所」とのこと。
高いビルの上の部屋で目隠しを外されるとえらく豪華な部屋

そこには正樹の父親、そして8年ぶりに出会う祖父の姿。
戸惑う正樹に祖父は4人の女の子を紹介します。
従姉妹の天条院桜。柚菜、こゆりの三姉妹とメイドの若月菫子。
つまり冒頭の回想(8年前のパーティ)に出てきた女の子たちです。

そして祖父が言うには
「従姉妹の中から1人選び、結婚して子供を作れ」と( ̄▽ ̄;)
*ここでOPが入ります。

祖父から天条院家の男子の跡継ぎがいないので三姉妹に生んで貰うことになり、
相手に選ばれたのが正樹ということや、この場所がイヴリスタワーであることを教えてもらいます。

姉妹や正樹父(事業で失敗して祖父に勘当された母の婿養子)もOKを出し、正樹自身も引き受けることに。
祖父からは
つまりはハーレムで同棲ですね(ぁ
「一緒に住め」と(^_^;;;
祖父と父が去った後、正樹は三姉妹と話しますが彼女いない歴=年齢な悲しさ、どうもうまくいきません。
それでも服を褒めたりして何とか話を繋いでいく正樹。

夕食。立ったままの菫子がどうも気になる正樹。
メイドだから立場が違うと言いますが三姉妹も苦笑状態だし気になってしょうがない。
 ならばと「正樹様に従うこと」と言われているのを逆用して菫子に
「今日から俺たちと一緒に食事をすること」と命令。
みんなで食事はいいものです
これでみんな揃って食事できるようになり、めでたしめでたし。

夜。宛がわれた自分の部屋に届いた荷物を菫子と共に整理。
すると
なんという自己宣伝(殴
・・・おい(笑)

リビングに戻ると柚菜、桜、こゆりとそれぞれの性格で結婚してもいいと言われ、困る正樹。
しかし彼女いない男の悲しさ。正樹は三姉妹のところに動くことができません。
仕方ないので風呂に行くと三姉妹が入浴中。もちろん覗きます(笑)
が、見つかって逃げようとした挙句ずっこけて頭打って気絶( ̄▽ ̄;)

気がついてみると・・・裸で三姉妹に見られていましたとさ(^_^;
桜曰く「今度は、私たちが正樹さんのま裸を見てもいいですよね」と(笑)
挙句に三姉妹+菫子に自慰シーンを一部始終見物される羽目に(爆)

#5月11日
菫子に起こしてもらってスタート。朝食後三姉妹と共に学園へ。
禁止になりましたどうしませう(ぉ
学園そのものまでタワー内にあるという凄さや豪華さはともかく、校門をくぐろうとすると・・・

妹の椿姫登場。彼女も拉致されてそうですが、それよりも
挑戦者あらわる(ぇ゜
思いっきり言ってますよこの妹は!(笑)
早速結婚フラグ折りを開始しようとする椿姫をなだめ、5人が学園内へ。
担任(声だけ(i_i))に紹介され、柚菜の隣の席で授業開始。

放課後、1人公園で懐かしさに浸っていると
つまりロリ大人ですね
なんかちっこいのがやってきました(^_^;
お姉さん風を吹かしまくるこの人は双葉という看護師さんだということのみ判明。

帰宅後。前夜のことがあるので気まずいままの正樹ですが、
三姉妹との会話で実は洋菓子屋でバイトをしていたことが判明しますが
大岡裁きを、大岡裁きを(ぉ
そのうち正樹を誰の部屋に連れて行くかで引っ張り合い(¨;)
このピンチは菫子の助言でうまいこと隙を見て自室に逃げ込むことに成功。
やってきた菫子に「女の子の部屋に行く勇気が出ない」と悩みを打ち明ける正樹。

すると・・・菫子は「勇気を差し上げます」と(Hシーン)

H後、正樹は菫子に「なんで俺のことが好きなの」と聞くと
実はあのパーティにいたということを教えてくれます
(確かに冒頭の回想CGにいますね)
さらに、正樹に仕えることが当時からすでに決まっていたことも。
三姉妹より先にフラグ立てましたね
そして正樹は菫子のことを思いつつ、眠りに・・・
*体験版はここで終わり。後は各自のHシーンが入っています。

#キャラクター
ボイスがあるのは女性キャラのみ
サブキャラには立ち絵、名前はなし(担任の女教師が出てきますが、声だけ(;TДT))

*天条院桜
長女。主人公より一つ年上のおっとり天然なお嬢様。
まとめ役なはずなんですが結構悪乗りしたり独占欲したりする場面も。

*天条院柚菜
次女で同級生。本当に判りやすいぐらいのツンデレお嬢様。説明終わり(殴)
私服では何とサーベル着用(汗)

*天条院こゆり
一番ちっさい人ですが妹とロリナースいるからなぁ
三女。ちんまいツインテ少女で「お兄様」
内気で人見知りするタイプ。よって姉2人がどたばたするとどうしても印象が薄くなりがち(:^-^)

*若月菫子
正樹と三姉妹の家事一切を担当する万能なメイドさん。
一応正樹の専属でメイドという立場をわきまえていますが、三姉妹とは家族に近い関係に見えます。
体験版では最初にHするキャラの都合上、結構優遇されてますが三姉妹にはHのことをどう話すのでしょうか(:^-^)

*神楽坂椿姫
もちろん実妹です( ・・)/
妹。もちろん「お兄ちゃん」。
よく出来た妹で三姉妹とも普通に仲良くなれますが、結婚には反対。
よって最初からフラグ折りに励んでます(:^-^)

*岬双葉
謎のロリ年上キャラ。正樹を「まーくん」と呼び看護師と自称していますが正体は謎。
ただ冒頭の過去画像には加わっているので結構な身の上だと思うのですが

*祖父
今回の首謀者。立ち絵ではアゴから上が切れてしまうほどの手抜き長身。
好きにやれという感じなんですが、立ちはだかることはあるのでしょうか(:^-^)

*神楽坂正樹
主人公。本来は二次元人(ぉ
この手主人公の基本らしく恋愛未経験なのにエロ好き。
お菓子作りが得意という意外な一面も

とりあえずの印象は「豪華な抜きゲー」なのでしょうか。
ワイド画面、背景、動く立ち絵と「マジスキ」と同等の仕様を持っています(時報ボイスまであります)
その上にアニメやら断面図やらカウントダウンまであるのだからカタログスペックだけは物凄い。

とはいえアニメは全Hシーンで採用してはいませんし、断面図もオマケ程度の表現。
それと発射カウントダウンはアダルトビデオで見かける手法なのですがかえってやりにくい印象が。
(ここで抜け!と命令されてる感じなんですよね・・・しかも発射を連発するし)

話的には導入はやたらにご都合というか、一回会っただけの主人公に惚れるってどんだけエロゲだよと思うのですが、
それより高さ25kmの化け物タワーだの超多重結晶構造体だのと妙に凝った世界設定が気になったり。
そのあたりは双葉が何か握ってそうですが、ヘンなSF展開オチになりそうな不安も(¨;)

最後にキャラはまあありがちなタイプなんですが、
大人キャラいないのが残念だなぁと
(まあ、そもそもムーンストーンって大人攻略キャラ出したことないんですが・・・)

おまけ:
ウインドウを透けさせて確認してみました(殴)
 ぱ ん つ は い て な い (消し飛べ

メルクリア体験版(第一弾)感想

  • 2009/11/10(火) 16:53:27

いつものように著作権はここに

ソフパル傘下なんですね
システムはゲーム中とは別にサポートツールでも設定可能。
一通りの項目を持ち、環境依存の回避設定や省メモリ動作もできます

10月の朝、永津樹渡(主人公)は日未子、亜泉、清修と共に登校中。
渡がヴェネツィアの話をしてると、日未子は「みんな水難の相が出ている」と。
すると4人の前に水たまり・・・が、その水たまりが輝き・・・
無人島に2人っきりというシチュって・・・
なんか水着の女の子(フィオレリーア)がいる海岸に・・・(゚_゚;)
彼女はこの地を「インブルーリア」と。
*時々異世界から飛ばされてくるらしい(ぁ

水着が外れて拾うというえろいイベントの後、彼女から杖まで出して魔法の世界だと教えてくれます
が、突然の頭痛。そして意識を失い・・・
*ここでOPが入ります

#フェニックスの月・31日(火)
渡が気づいてみるとフィオレリーア(略してリア)の顔が。膝枕中なのですが・・・
したぼく化?(ぇ
・・・おい待て(法律らしい)(笑)
そして彼女は「よかったら、わたしと友達になって下さい」と、もちろん渡もOK。
最後にここでようやく1人飛ばされた事に気づいた渡は王都アトレティカに案内してもらうことに。
途中ロッドにホウキみたく乗ったり、水上を魔法で歩いたり、世界を説明してもらったり。

アトレティカ。ヴェネツィアをまんま魔法的にして大きくした感じ(イタリア語だし)
そこの王立魔法学園アカデメィアへ到着(ただし夏休み中で学生はいませんが)
とりあえず元に戻る方法を考えるべく、学園長へご挨拶しようとすると何と下着姿の日未子が泣きついて!(^_^;
彼女をなだめつつ、学園長室に入ると・・・
メイドはどこの世界でも基本です( ・・)/
さらには亜泉まで(:^-^)
で、なにゆえこの2人がメイド服を着ているのかというと
(;´Д`)ハァハァ(ぇ
こういう趣味の人だかららしいです(ぉ
*ちなみに日未子&亜泉は水路に吹っ飛ばされる→学園長に発見されて以下略

さて、このかわいい娘好きな学園長によると「(現在のところ)帰る方法はないと」。
彼女が3人が戻るための古代魔法を調査している間
寮住まい三食付・バイト場所確保済み
まあ、確かにそうなんですよね。
学園長から日未子には魔法占い、亜泉には声を伝える魔法
そして渡には基礎学習を薦め、編入手続きを進めていきます。

後、同じく飛ばされてたはずの(放置してもいいような気もするが(ぉ)清修を探して中庭に
しかし運が悪いのか女の子(名前・絵なし)と衝突するわチカンヘンタイと叫ばれるわ
挙句の果てにSな人(エルネスティナ)に鎖で縛られ踏みつけられトドメに「もうしないと誓え」と
足フェチにはたまらないですね( ・・)/
・・・ドMの皆様、いかがでしょうか(帰れ
必死の抗命により何とかチカンじゃないと認めてもらい、このエルナに清修の所に案内してもらいます。
神と仏の違いを説明していた清修からこの世界の神について聞いていると再び頭痛が(・・;)

再び気がついてみると看病していたらしい泣きじゃぐる日未子が
彼女ををなだめたり、スープを「あーんして」で飲ませてもらったり。
亜泉がやってきた後、入れ替わるように「ありがと」と言い残して日未子はリアのところへ去ります。
その亜泉。めいどらしく「なにがごめいれいをごしゅじんさま」と
しかも服を脱がしてきます(体を拭いてあげようとしているらしい)

ここのタイミングでドア開きます、これは修羅場か!と思ったらなんと妖精。
彼女。ティアラといってクラリィ学園長が亜泉のお供につけてくれたとのこと。
無口ロリだよほらほら〜(黙れ
・・・やたらに耳年増なティアラに茶化されていると日未子がリアを連れて再登場。お風呂だと。
*なんとこのアトレティカでは風呂は男女混浴なんだそうです(^_^;

ここで日未子は「あたしたちを見なさい」と(つまり羞恥心克服?)(:^-^)
そんな中、元の世界を考える3人。そしてこの日は終わります。

#マーメイドの月1日(水)
朝起きてみるとやっぱり寮の部屋。元の世界ではありません。
そう思っているとなんと
地下から現れるヒロイン( ・・)/
床下からリア登場(自分の部屋と地下道で繋がってるらしい)
こうやって来た彼女から始業式に出ないで欲しいという妙なお願い、そして自分は今日行けないと。

ティアラの案内で異世界4人組は食堂で朝食ですが、この時ティアラが妖精女王だということが判明。
*つーか、女王を付き人にしてるんかい亜泉は!(笑)

ヴェネツィアそのものの寮の外、サン・ミッシェルっぽい学園外観。
続けて途中出てきたドリル女(パメラ)から獣だの原始人だの言われつつ教室に
*異世界組の他の3人とは別クラスで、リアのみがクラスメイトだそうです。
で、リンヴェルドに出合った後、担任のクラリィ学園長が来てHR

当然のことながら渡は転校生扱いなので自己紹介。
その後、タクトを貰ってリアの隣の席を指定され、続けてコロッセオで行われる始業式。

クラリィ学園長から謝花祭や学園祭があることを話された後
インブルーリア王国第一王女
だから始業式に来て欲しくなかったわけですよね
つまり、リア。

終了後(始業式なんで授業はなし)。他の面子と別れ1人学園を歩く渡。
図書塔の前で日未子(草むしり中)と再会。
覚えたての魔法で早速水の上を歩こうとしますが

・・・川に落ちる→濡れる→透けるコンボです(:^-^)
しかもドリル、もといパメラから好き放題にバカにされるわ
クラリィ理事長に捕獲されてメイド化されるわと散々(:^-^)

今度は亜泉がやってきて、本運びのため図書塔へ。そこで彼女は風魔法の本を読みます。
眼鏡かけるとは思わなかったので特別にイベント絵で
がんばれと励ます渡に亜泉は「じぶんのこえで、つたえたいことがあるから」と。・・・

そして再び広場へ戻ると再び女の子と衝突(笑)
よってここで再びドS女の登場と相成るわけです(ぉ
同じパターンで無実を証明し、エルナにリアの事を聞かせてもらいます。

夕方、リアと再会。お姫様だと知って避けないかと不安になるリアに
自分の友達だと思うと誇らしくなったと励ます渡。
友達ってそういうものですよ
日未子たちもリアと友達なことを喜び、寮へ戻る渡たち。
お風呂の後、ティアラ貰った時計を眺めつつこの日は終わるのでした・・・
*ここで体験版は終わります。

#キャラクター
名前があるのは立ち絵があるキャラのみ
生徒はかなり数が多くて、英字から数字、挙句にαβ系列までいます。
*なお、名前の中にサッカーっぽいのがいますが気にしたら負けです(爆)

*フィオレリーア・インブルーア(リア)
インブルーリア第一王女で二年生。異世界で渡が最初に出合った人
学園のアイドル的存在ですが王女という自分の立場があってなかなか友達が出来なかったとか
その割にごく呆気なく渡と友達になれるのは結構謎。

*鷹森日未子
ツンデレ系の世話焼き家事万能幼馴染。
でも結構な泣き虫、かつパニクりやすいのでいつもいぢられ役です(:^-^)
まじめで努力家ですが占いが得意ですが、占いというのが何かありそうです。

*鶴城亜泉
後輩というより妹系なちんまくてショートな幼馴染。ただし喋れません(声優さん大変だろうな)
スケッチブックに書くという手段なので結構なツッコミ能力を持ちます
喋れないという特質上、話の展開が簡単に判るのですが直球にするのか変化球にするのか。

*エルネスティナ・マドリー(エルナ)
がんだむはんまぁ(ぉ
ドSなお姐様先輩キャラ。いきなり渡を鎖で締め上げるという無茶な事をやってくれます。
出番が渡とのやりとりのみなので、ただのドS女にしか見えないのが(:^-^)
・・・ちなみにTG12月号付録の文庫版で唯一出番なし、悲惨(¨;)

*クラリィ・ジェンティーレ
学園長件主人公クラス担任。古代魔法の研究者。
世話好きで有能でできる人なのですが、かわいい子を見るとただのヘンタイ女へ。
というか、普通のキャラにできなかったのか?Σ( ̄0 ̄;)

*ティアラ
実際はこのくらいの大きさです
亜泉のサポートとしてクラリィ学園長がつけてくれた妖精さん
実は妖精女王(!)ですが、ただの耳年増です、はい(爆)

*パメラ・トーラオ・バッジオ
又の名をうずしお髪女(ぉ
クロワッサンドリルな高飛車女。もちろん成績優秀。
何かと日未子をバカにしますが、実は結構気に入ってるような感じも。ツンデレだし(笑)

*倉間清修
何宗だろう・・・
友人キャラ。エロゲでは極めて珍しい仏門系。
エロバカキャラの顔と仏教徒としてのクール人間の顔を持ちます。

*リンヴェルド・インプルーリア
先輩。体験版では出番は一瞬でしたが、
名前からしてリアの兄なので彼女ルートになるとどう動くのか。

*永津樹渡
主人公。作品中では一貫して「ワタル」。
恋愛に奥手でフラグ立てまくりな標準的えろげ主人公といった感じ。
異世界に驚いてばかりという感じなのでいまいち印象は薄めでしょうか。

見てわかるでしょうが、背景が非常に綺麗です
都がヴェネツィアやどこかの世界遺産そっくりなのはともかく、
「水」を意識した世界や、その夕焼けはどこか絵のような印象を受けます。
そのおかげで立ち絵が妙に浮いている(背景との違和感がある)のは何とも皮肉ですが。

その世界観に合わせるように魔法とか言葉もイタリア系・・・なわりにドリルとかホームルームなんて英語も出てきますがこれは大目に見るとかないのかも(^_^;
それはともかく、主人公以外にヒロイン2人+親友キャラまで飛ばしたのは珍しいですよね。
そして飛ばされた4人に対してメルクリア側の面子がみんな基本親切に接してくれる(多少変人もいますが)のも話を楽しく、柔らかく、水のように綺麗に見せてくれます。
 そのキャラとしてはメインが比較的まともで、サブにヘンな人を集めてるなという印象があるのが少し気になりますが・・・

後は「元の世界に戻れるか」はともかく、
「元の世界に戻れるようになったら主人公達はどうするのか」は重大です。
この手の話だと主人公が戻るか戻らないか、そしてヒロインを連れて行くか行かないかの葛藤が大きな要素になりますから、4人のヒロインと主人公がどう動くかでしょう。

最後に、普通の異世界ものでは「別言語作るの難しいや」等で敢えて放置している
「異世界なのに日本語が通じるのはなぜか?」を主人公が疑問に思ってる点がひっかかります。
どうもメルクリアはただの異世界ではなく、何か地球世界と繋がっているオチがありそうなんですよね。
*「実は遥か未来の地球だった」というオチだったらどうしよう(笑)