汐見崎学園演劇部 恋ぷれ あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!体験版感想

  • 2010/08/31(火) 15:32:15

いつものように著作権はここに

3人しかないバナー
容量は229M。システムとしては基本のものを全て持っています
句読点ウェイトや演出速度の変更、システムボイスもあり(ただしメイン3人のみ)
なお、バックログは多分ホイールなんで注意

#4月9日
妹のここあを連れて汐見崎学園に向かう羽澄準也(主人公)
制服がかわいいと妹を褒めたり抱きつかれたりしつつ、ここあとのことを思い出します。
*彼も妹が心配と転校してきた。

校門で勧誘する連中を振り切りつつ、ここあを守ることを心に決める準也。
しばらく走ってると・・・
なんという和洋折衷な光景(^_^;;;
・・・なにこのひとたち( ̄▽ ̄;)
しかもお茶を振舞ってくれるというから何というか(笑)

ここあを入学式に送り、準也は学校の探索へ。
(みんな始業式なんで)誰もいない教室、が、誰か来ました。
さっそく彼に挨拶するむ準也ですが
バラはやめろバラは(笑)
これはやおいフラグかーーーっっ(笑)
この「麗しき梓真一郎」(自称)は美術部を強く推奨しますが
それはともかく、部活動によって入る寮が決まってるとか(強制なのかい・・・)

で、ここあと合流し、さっきの部の話に。
そこでさっきお茶を淹れてもらった瀬那と鮎香の部ならと再び中庭に。
桜の樹の下でお茶を点てていた瀬那ですが、実は新入生を待っていたこともバラし
「よかったら二人とも、私たちの部に入ってみる気はない?」と。

ここあと準也は「よろしくお願いします」と茶道部(だと思ってた)へ
で、寮に案内される二人ですが、内部を見て「あれ?」
しかし質問する間もなく「きゅいーーーっ!」という謎の鳴き声と共に
脚なんて多分飾りの人(ぇ
忍法ガマ蛙参上(大間違い)
生徒を食うと学園クビとか危ないことを言うゆか先生が「演劇部寮は安泰」・・・あれ?
当然驚くここあと準也。が、「一言も茶道部だと言った覚えはなくてよ」と瀬那、確かにそうです。

そんなわけで再び自己紹介、そして部員が増えねば廃部になるという事情を聞かされる二人。
*選択肢がありますが、どちらでも入部します。

その後、瀬那に寮を案内してもらい、途中で鮎香も戻って4人で行動。
が、部屋割りのところで「兄妹なのですもの。同室になって当然」なんて瀬那が言い出すものだから
兄妹二人仲良く同室になるのでした、めでたしめでたし(ぉ

そして部屋に、あやしいナマモノぬいぐるみに
「じゅんにゃ」とか名づけるここあはともかく、続けて夕食。

瀬那の面倒ぶりとか、鮎香の真面目ぶりを見せ付けられてようやく深夜。
そこで鮎香も実は生徒だとここあから聞かされて就寝。
二段ベツトの上からお兄ちゃんと一緒に生活することを夢見ていたと聞かされつつ眠りへ・・・

#4月10日
上からおきろーとここあに起こされてスタート( ・・)/
朝食後、「休日に早起きする方が悪徳」などと二度寝に入っていた瀬那に連れられて街へ。
途中、和服ばかり着ている瀬那に質問したり、喫茶のレヴェイユに寄ったり
が、この瀬那とかいう人は特濃エスプレッソとか激辛ステーキ薦めますよ( ̄▽ ̄;)

一通り回った後、準也は瀬那に問います。「先輩にとって演劇部ってなんなんですか?」
彼女は答えます、
演劇部って二人しかいないような・・・
「演劇部は私の居場所」と・・・

夜。ベットの天井を見つめながら演劇部に入ってよかったのかと自問する準也
しかしここあの楽しそうな顔を見てそれで十分じゃないかと思うのです。

#4月11日
朝。瀬那から歓迎会を開くことにしたと。
で、歓迎会の準備は彼女たちに任せ、準也とここあは学園見学へ。
まずは屋上のカフェテリアで何か食べようとするのですが、

そこに麗しの真一郎現る(笑)
ドン引きしているここあをかばいつつ彼も含めて学園見物。
さらには麗し(以下略)は歓迎会にも参加したいと図々しいったらありゃしない、
瀬那部長なら大丈夫ヤツは部外者だからと聞いてみると・・・
秋子さん(ぉ
秋子さんかいっ(ぉ
で、ゆか先生の音頭で歓迎会の開始。当然アルコール入り(笑)
*選択肢がありますが、なぜか鮎香とは飲めません。

他の面子が屍(ぁになった後、ゆか先生が連れション(ぉするかと誘いますが
「先生だって女の子でしょうに」と諭すと
しかし唯一えろしーんのない女性キャラだった・・・
って、えろしーん?(ぉ
準也が戸惑っていると「やっぱり初めてはピチピチした同年代がいいんだろう」とがっかりするゆか先生。
そして彼女も去り、準也もまたその場で寝てしまうのです(:^-^)

#4月12日
起きてみるといるのはちくわのみ(みんなを部屋まで運んだらしい、健気・・)。
早速自室に戻って始業式に備えようとしますが、ここあ着替えてるよ着替えてるよ(笑)
朝食時、演劇部を活動するという瀬那の言葉を貰い、
楽しそうに歩くここあが学園に馴染めるかなと不安に思いつつ、学園へ。

席は当然、真一郎の隣(笑)、教師の紹介時以外全く会話もなく休みの時間へ。
するとどこかで見たことある女の子が
そう、鮎香なのです。でもメイドではなく普通の生徒として扱って欲しいと
((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
強ーく言いつけます(:^-^)
*学園内ではメイド禁止(じゃ、最初のアレは・・・)
そして制服姿の鮎香は真一郎すら気付かない(というよりこいつ興味ないものは覚えない)ぐらい。

さて、部活動なんですが、瀬那部長曰く「平和な日々を愉しむとよいわ」と( ̄▽ ̄;)
学園祭で出し物(別に何でもいい)を出すことがノルマというエラくたるんだ部ですが、
「何かをしたかったの、何かを始めたかったの」というここあに、瀬那は演劇をしてみようと。
・・・が、瀬那が練習メニュー作るといった後、あっさり本日の解散宣言(:^-^)

#4月13日
本日は部が休みなので、いきなり放課後となりますが、「きらーん☆」な真一郎を前にどうするかという問題が
結局(選択肢はありますが)ここあ、鮎香も引き連れて4人で街へ。
うまく真一郎を分離した後、準也は鮎香にどういうことなのかとたずねます。

しかし生徒とメイド、どちらも本物と言う鮎香、生徒時は瀬那も彼女に命令できない事。
そして瀬那から準也と行動してと「お願い」されていたと話します。

で、一旦彼女と別れ、寮に戻るとメイドの鮎香が。
その姿と話し方を見つつ、鮎香も思ったより普通の女の子だなと思う準也なのです

#4月14日
昼食時、鮎香がいないため真一郎に昼食どうするか聞くとこいつ弁当作ってくれてますよっ(笑)
しかしここで瀬那が「この子は私のものなの」とやってきて準也を引きずり出します(:^-^)

屋上にいたここあ、鮎香とともに4人で昼食後、いよいよ部活へ。
まずは瀬那部長謹製の「恋ぷれ」と名乗る冊子を貰います。
とっつきやすい現代恋愛劇という恋ぷれのセッティングに燃える瀬那はともかく、

夜、恋愛というのがよくわからないここあは「誰かを好きになったこと・・・ある」と聞きますが、
「俺も・・・ないよ」と準也。「女の子は、いつでも恋愛に憧れているんだから」と言うここあ・・・
それを聞いてどういうものになるかわからないけど、ハッピーエンドになると確信する準也なのです

#4月15日
昼食時、瀬那から自分のことに構わないで学園生活を楽しむようにと言われていることを話す鮎香。
そういう瀬那と鮎香の関係をなかなか理解できないなと思う準也。

そして部。瀬那部長から台本を貰うのですが実はこれ配役ごとに別々。
しかも台本を見せ合うことも禁止という徹底振り、そして最初のテーマに入りますが

「ズバリ、禁断の兄妹愛よ」なんて言ってますよこの部長っ( ̄▽ ̄;)
*ゆか先生は父親、鮎香は母親、瀬那はクラスメイト(ぉぃ)。
夜、上段ベットでうわうわ言いながら台本を読むここあ。
そして残念な思いをさせてはいけないと思う準也なのです。

#4月16日(恋ぷれここあ編初日)
「ここあ、兄を起こす」ということなのでここあが起こしてくれるわけですが
起きないからとキスしようとするので慌てて飛び起きる羽目に(ぉ
で、食堂に行くとゆか先生がエロオヤジ化して鮎香ママをいぢめています(笑)
そんな恋ぷれにとまどう準也に対してあっさり受け入れるここあだったり(^_^;;;

さて教室に行くとなぜか鮎香の席に瀬那が。しかも瀬那は「鮎香」って名乗ってるっ(゚_゚;)
*いいのか別学年で授業まで受けて・・・(汗)
「クラスメイト」に徹する瀬那に振り回されつつ昼休みになり、ここあと共に中庭で昼食。
鮎香(「ママ」、学園には来ていない?)が持ってきた弁当を食べつつ、「お料理上手だったら」と悔やむここあなのです
貧乳と毒料理はステータスです(殴)

放課後、瀬那と一緒に校門まで歩いた後、彼女と別れるのですが
別れ際の「準也くん」だの「準也くんっ呼んじゃったよ〜」だの萌えそうな発言をする瀬那にドキドキ(笑)
その後、夜に台本通りここあと瀬那について話してこの日は終わり。

#4月17日
ここあがサバ折り(ぁしそうなので飛び起きる準也、
さらに食堂に行くとここあに「ひみつ会議」だと追い出されます
*お弁当を作ってたらしい

その後、鮎香ママからお客さんだと言われて迎えてみると、麗しきな人と瀬那。
そしてなぜか準也の部屋で勉強会と相成るわけなのです(笑)
昼食はさすがに食堂ですが、瀬那の「準也くん」という言葉がどうしても気になる準也。

さらには手作りクッキーまで用意して、フラグを立てまくる瀬那(恋ぷれここあ編なのに・・・)
そして彼女を送ることになりますが、そこで「鮎香って、言ってみて」と。
相手は「瀬那」なのに役名の「鮎香」と呼ぶことに上滑りする準也なのです・・・

夜、ここあが「わたしだっていつまでも昔のままのわたしじゃないからね」
そして二段ベットの上から「だいすき」と言ってくれるここあ。対して準也は?
*選択肢があります

#4月18日
手を繋ぎ、いや、腕を組んでここあとデートへ。
海浜公園でさっそくランチタイム。

なにやらカラシノイド(ぇなサンドイッチを食わされたり、
夕焼けを見る2人。しかしそれは「演技」・・・

帰宅後、自室で恋ぶれがもうすぐ終わることを感じる2人
ベツトからはここあの「人を好きになることって、どういうことなのかな」と。
その言葉に素直に感じたまま生きる方がいいかもと思う準也なのです。

#4月19日
空虚な気持ちを抱いたまま準也は学園へ。
瀬那を含めて3人での昼食。そこで瀬那は一緒に(妹の誕生日プレゼント選びに)街に行こうと

しかしそこでここあが「お兄ちゃんは行けません!」と強い拒否。
すると今まで「鮎香」を演じてきた瀬那の雰囲気が一変し、立ち去ってしまうのです・・・

夜、ここあと2人で恋ぷれ終了打ち上げをする準也。
そこでお兄ちゃんのこと、好きという告白がありますが、それは「台本」
しかし「お兄ちゃんのこと、大好きなのは事実だし」「本音」で言うここあ。そして過去の回想。

そして寝ることになるのですが、添い寝に(笑)
さらにはじゅんにゃ役とか言い出したあげく、目を閉じてますよこの妹(^_^;;;
口じゃないからいいんですよね(笑)
*おでこです( ・・)/

#4月20日
着替えなので出て行って欲しいというここあに成長を感じつつ食堂へ。
すると次の恋ぷれ予告をする瀬那が(^_^;;;
そして元の席に戻った(今まで学園休んでた・・・)鮎香と次も参加するという真一郎。

で、放課後に反省会なわけですが
次は俺が犠牲者になりたくないという準也の意見など放置して
鮎香編(本人の反論は封殺(ぁ)と相成るのでした、まる(ぁ

#4月21日

どうみてもだめーぢ喰らったままの鮎香に同情する準也(^_^;;;
で、いよいよ恋ぷれ鮎香編と相成るわけですが・・・
これがメイドいぢめの現場か(ぇ
・・・なぜ新婚なんですか(笑)
*ちなみに準也が先生、鮎香が妻(こちらも先生)、瀬那は生徒、
ここあは近所の奥様(ぁ、ゆか先生が準也と鮎香の娘(ぇ

そんなわけでここあが準也の部屋から移動し、代わりに鮎香がやってきます。
そしてベットの上段で「よろしくお願いします」と

#4月22日(恋ぷれ鮎香編初日)
鮎香が鼻つまんで起こしてくれるところから
*目覚めのチューをしろと台本に書いてあったそうな・・・(^_^;;;
準也側の台本にもキスと。仕方ないので「鼻をつまむ」ことで代用する2人なのです( ̄▽ ̄;)

食堂に行くと娘やってるゆか先生がエロイ事いいますが、
これは鮎香がしゃもじで成敗し、ここあに頼んで幼稚園(笑)に運んでもらうことに(爆)
そして学園へたどり着きますが、さすがに先生は無理なんで「授業中のみ」通常行動OKに。

・・・が、瀬那はしっかり「せんせ」とやってくれますよええ(笑)
寮に戻ると「ネトラレ展開ってのに挑戦するね!」と意味理解してない未亡人ここあ(^_^;;;
挙句にゆか先生まで加わってNTRコンビを結成するわでもう大変(笑)

夜、ゆか先生に再教育(笑)した鮎香が自室に戻ってきますが
ベットにはさんぴーしたい3Pしたいとかまた妖しいこと吹き込まれたここあが(笑)

#4月23日
前日と同じく鼻つまみからですが、本日は腕を組む羽目に(^_^;;;
恥ずかしがりながら学校に行くと今度は鮎香の席に薔薇がいっぱい(笑)
薔薇といえば真一郎、その麗しきアタック(ぉを自分に受けた鮎香は
「先生の苦労がよくわかります・・・」と(^_^;;;

昼。瀬那対策にと(いつの間に?)弁当を作って来と準也は鮎香に告げますが
「先生が作ったお弁当は私のものなの!」とあっけなく没収(笑)
さらに瀬那もやってきて今日も主人公の取り合いが延々と続くのです(^_^;;;
なにこの後付設定(笑)
挙句、ゆか先生が瀬那の娘という設定が突如後付されてもう大変(笑)

夜、明日はデートということを告げられますが
「これのどこが恋ぷれなんだろう」と疑問に思う鮎香。
準也は「俺たちらしく、だよ」と自分たちのペースで行くべきだと答えますが
学校でもメイドでもない「鮎香」を目の前にし、これが本当の鮎香では?と思う準也なのです。

#4月24日
鮎香とのデートへ。どんな邪魔が来るかわからないと2人は気を引き締めます。
まず割り込んできた真一郎を「麗しくない奴!」で追い払い(ただしストーキングを継続)
続けてレヴェイユに行きますが、ウェイトレスは瀬那、お客はゆか&ここあ(笑)
挙句に相席の相手は真一郎というオチまでついてきます(笑)

それでも他の面子を振り切って海岸に着くと、鮎香が穴場に連れて行ってくれるのです。
2人の昼食。そして夕方。「テートの最後にキスするように」というページを破り捨てた準也。
水辺で遊びつつ「鮎香・・・って呼んでもいいかな」と聞く準也
綺麗な夕日だ・・・
「私も・・・準也、って呼ぶから」と答える鮎香、2人は時間を忘れて水遊びをするのです・・・

#4月25日
2人で大掃除(他の面子はなぜか不在)、平和で穏やかな2人の時間が過ぎます。
で、台本には「ラブラブ入浴」と書かれていたわけでどうするかというと
しかし主人公はパンツ一丁(笑)
・・・掃除でした(爆)
まあ、もちろんお約束通りの押し倒しがあったりしますが、それはともかく夕方。
「お休み・・・準也」と思いっきり鼻を摘まれた後、ベットへ。
それっきり鮎香からは何の反応もなく、素っ気無くさっぱりと「恋ぷれ」は終わるのです・・・

#4月26日
ここあとメイドに戻った鮎香に起こされる形で起床。
そして「今日からまた、よろしくお願いします」という鮎香の挨拶に距離が戻ったことを感じる準也。
で、朝食ですが今度は瀬那がヒロインやれと全員一致で決定(笑)
なにこの自業自得ねた
*台本作成は鮎香+ここあ

さて部室。もうマンネリ化したから別パターンをという瀬那ですが
すでに台本できてるとかいう状態では逃げられません(笑)
*瀬那が同級生、ここあが後輩、鮎香が姉、ゆか先生が母親
そしてちくわが父親(笑)

#4月27日(恋ぷれ瀬那編初日)
食堂に行くとちくわにじゃれつかれて困ってるゆか先生、つまり獣相手ですね(待て)
そして学園に行くと再び鮎香の席に瀬那がいますが、視線を放ちまくってますよええ(笑)

昼食。パンを買おうとすると瀬那とかちあってしまいます(^_^;;;
それが縁で一緒に食べることになりますが、「羽澄くん・・・って呼んでもいいんだよね?」と。
さらには準也を「じーっ」と見つたりするのですが、ある程度食べると足早に去ってしまいます(^_^;;;

放課後、ここあが「お姉さま〜」と瀬那のところに。
そこで瀬那がここあの反対を押し切って準也に委員会の仕事を頼み、3人で作業。
準也を「うすのろ」と言うことに対して良心の呵責に悩むここあはともかく、
ちくわより格は下かも(ぉ
・・・ちくわぶ呼ばわりですよええ(笑)

夕方、瀬那に昼食の残りがあると中庭に誘われた準也
そこでつい勢いで2人で一つのペットボトルを飲む羽目になり、瀬那はあわてて退散。
・・・残ったのはペットボトルを手に呆然とする準也だけに(^_^;;;

#4月28日
昼休み、瀬那にちょっと待ってと呼び止められる準也
そのまま中庭に行くとお弁当を作ってきたと瀬那と微妙な距離感をとりつつ昼食。

放課後。瀬那と備品購入のため街へ出ることに
校門で待っているとなんと彼女、自転車でやってきましたよ(笑)
*ただし本人は自転車乗れません(^_^;;;

瀬那を後ろに乗せての自転車(チェーン音が鳴るのはポイント高し)
自分の後ろではしゃぐ瀬那に新たな魅力を感じながら街へ。
そして備品からお米(ぁまで買って帰り道なんですが、これが重い(笑)
*瀬那は押してくれません(爆)

夜、瀬那の魅力にゴロゴロ悶絶する準也(笑)
しかし「演技の中から生まれる恋」というのは正しいかとも考えてしまうのです。

#4月29日
ここあ編、鮎香編と同じくデートの日なのですが、何と今回は準也側から誘えとの台本。
とりあえず電話でデートはOKとなりましたが、どうしても不安がぬぐいきれません。
そして「ご、ごめんね」とやってきたよそ行きの瀬那と校門で待ち合わせ

「期待していいのかな?」と言う瀬那と公園でお弁当。
トマトず苦手という準也ですが「口移しだったら食べてくれる?」とか言い出しますよこの人っ(笑)
そうこう話しているうちに夕方となり、再び校門へ。

終わらせたくないと思った準也は「行こう、デートはまだ、終わりじゃないから」と学園に・・・
夜。2人だけの教室。準也の台本には「告白する」という言葉が残っています。
それを見た準也は瀬那を屋上へ・・・

一歩近づいて、「あなたが好きです」という「台本の言葉」を言おうする準也
「落ち着いて」と優しく緊張をほぐす瀬那。そして・・・告白

彼女を抱きしめ、女の子の身体を感じる準也。
この人だって、普通の可愛い女の子なんだとの思い。さらにキス(台本にある)しようとしますが・・・
最後の線は踏めない、演技だから・・・
・・・「待って」
そのまま逃げるように走り去っていく瀬那、愚か者だとただ自省するだけの準也・・・

#4月30日
落胆したままの準也ですが、相方だった瀬那は元の部長モード。
今までの日常に戻れるのかと自問する準也。

そして部活。反省会が続いてますが、相変わらず準也は上の空。
ここあや瀬那にぼんやりしている様を指摘されてようやく元に。
ちょうど次の恋ぷれの話が出てきていましたが、
次は「男性視点が良い」ということで準也が主役になることになり、相方を指定することに・・・
ゆか先生はいない・・・(¨;)
*これで体験版は終わります(選択はできますがその直後に終了)

続きを読む

田丸優芽抱き枕しーつのれぽ

  • 2010/08/27(金) 13:32:56

この作品の方なのでバナーを置いておきます。

ということでぱらそるばなー
夏こみで真っ先に突撃して来てもらった(購入した)この方。
優芽せんせーがどういう方かは公式サイトでどうぞということになりますが、ちょうどばっちが出ているのはともかく、
メインではなくサブヒロインをだきまくらにするってのは余裕がある証拠なんでしょうか(:^-^)

ということで、表から
しわの取り方がむずかしい・・・
草原・・・なんでしょうが、表からすでに上着はだけて下着というか水着?(:^-^)
実は裏もそうなんですが、足元には小道具とかそういうものはなく
もちろん脱いだ服とかもなし、何というかちょっと寂しいです

おっぱいおっぱいな人らしく胸のボリュームはご覧の具合。
右腕がどう見ても胸強化になってる
・・・でもよくみると右腕を胸の下に入れて「寄せて上げて」してませんか先生?(殴)
そして脱ぐのか隠すのか微妙な位置の左手(:^-^)

裏側。思いっきりハダカ。隠すとかはなく本当に見せてくれます(:^-^)
縦長を写真に撮るのはむずい(汗)
ただポーズに工夫がないような気がするのは気のせいでしょうか(汗)

何か液体がこぼれていますが、左上の小瓶から出たものです
あくまで左上の小瓶からですので逸な想像はいないように(殴)
というかこの小瓶どっから・・・

この液体は割れ目とかを隠すために有効利用されています
あくまで左上の小瓶(以下略)
下側から写してみた
でも隠せるほどの液体を用意できるとはさすがPARA−SOLの技術力はすごいですよね(殴)

女教師のグッズということで夏こみでは真っ先に買いにいった優芽せんせだきまくら。
他のだきまくらになった女教師がメインキャラだったのに対して、
彼女はメインではない(ただしHシーンはある)のに出てきたという珍しい存在です。
*単にROOTSが見境いなかったという説もあるが(殴)

価格は8000円というのはともかく、なんというか「ただ脱がせただけ」感がするんですよねこれ(:^-^)
そもそも羽織っていたはずのシーツがあんまし役に立ってないというか、
根本的にあんまし表裏の差がないってのもその感じを強く持たせますし。
今度通販で届く予定の美沙せんせだきまくらと比較するとまた面白いのではないかと思います。はい(^_^;;;
*追記は柚月せんせの時と同様、比較です

続きを読む

桜花センゴク 〜信長ちゃんの恋して野望!?〜体験版感想

  • 2010/08/26(木) 18:35:55

いつものように著作権はこちらに

地元の人なんで・・・
容量は399M。
*TG10月号版/PUSH10月号版も内容は同じ
違いはTG版に正宗、PUSH版に謙信のHシーンが付属するところです

で起動時にハードウェア設定画面が出てきます
システムとしてはボイスのキャラ割り当てがないのに注意。
それとApricotの基本として、メッセージウインドウがやや小さめになってます。

1582年、本能寺
「おのれ光秀、生まれ変わっても絶対に許さぬぞ!」と絶叫する信長・・・
どうみてもえろ絵ですありがとうございます(爆)
・・・何かすこーし違いますが・・・( ̄▽ ̄;)
*この後OP、それから壱話のテロップが入ります

#第壱話「いきなり本能寺の変!?」
戦(旧字体)獄学園の間違った和風建築な校門に立つ明智光秀(主人公)。
貧乏な彼がタダでこの学園に通えるなんて夢のようだと感慨にむせびつつ学園へ。
*誰が学費を出したかは謎ですが

城みたいな建築物に「ここは本当に学校か?」と呆れますがそれはともかく
女の子に「もし、そこの御仁」と話しかけられてドキドキな光秀は早速彼女に自己紹介。
すると・・・
後ろのひとたちが何というか・・・
・・・捕まってしまいました( ̄▽ ̄;)

で、哀れスマキにされた光秀は中庭へ。そこには女の子がいるのですが
彼女は「ほう・・・ひさしいな、光秀。会いたかったぞ」と知り合い発言(^_^;;;
光秀は幼なじみの「しぃちゃん」かと思いましたが違う、どうすべきか?
サモン光秀ヘッドへ(ぉ
って、おーーいーーーっΣ( ̄_ ̄;)
事態が全く理解できない光秀はすいませんすいませんと謝るばかり
そこでようやく彼女(信長)と秀吉の自己紹介になるわけです(^_^;

が、「やっぱり冗談だったってことですね?」とこの期に及んで理解できない光秀に信長は
「生まれ変わり、姿が変わろうとも、余のことがわからぬはずあるまい!?」
そこで光秀の頭の中に燃える寺がフラッシュバック。そして体が勝手に動き・・・
・・・信長の刀を真剣白羽取りしてしまうのです(゚_゚;)
それを見て思いっきり暗黒顔で斬りかかろうとする信長でしたが

「学園内で風紀を乱すような行為は慎んでいただきたい」と謙信登場
信長(+秀吉)と対峙しますが、その時お互いの珠を見せ合う信長と謙信・・・

で、信長一味(ぁが去った後、謙信は光秀を学園長室へ。
途中66クラスあることや、一般の人はこの学園に通えない事を教えてくれます。
そして学園長室へ入ると(謙信はなぜか来ない)何やらチョンマゲの人が抱きついてきますよっ(笑)

で、逆賊を討ち取って欲しいとか言うちょんまげの人やロリ理事長(ぁの自己紹介ですが
史上初60歳ヒロイン(ぉ
・・・おーいっΣ( ̄_ ̄;)
ダメだ常識が通用しなさ過ぎると呆れ果てる光秀でした・・・(ぁ
それでも光秀は誰が自分を推薦したかこの学園は何なのかと普通の質問を。

すると正親町理事長が彼の両手を握り、光、そして
「いいえ。歓迎しますよ。明智光秀さん?」と
それから学園の(まともな)説明へ。
*転生武将を集めて普通の暮らしに適応させるためだそうな

そして理事長は六道輪廻珠という輪廻転生をつかさどる66個の珠の話ですが
ここで理事長は珠を持つ者が各クラスを支配している現状を話してくれます。
そこまで聞いた光秀はいい加減俺普通の人だからと言おうとしますが・・・

その前に正親町理事長から協力して欲しいと言われ、続けて義昭教頭から
「ぜひ、本能寺の変を起こしてくれたまえっ」とまで( ̄▽ ̄;)

必死こいて言い訳し、「誰かを裏切ったり、罠にはめたりするなんて嫌ですよ」と言う光秀。
それでも理事長は「話をしてもらうだけでもいいんです」と頼み込んできます。
結局「ま、まあ、それくらいなら・・・」と折れてしまう光秀なのです(汗)

そんな訳で理事長室を後にする光秀なんですが、
義昭教頭に任務(つまり打倒信長)に失敗したら退学にもできると言われてもう大変(^_^;
斯波先生に引き連れられて教室に向かうのです・・・(^_^;;;

そして残った義昭ですが、顕如を呼んでなにやら悪巧みを・・・

で、斯波先生とともに廊下を歩いていた光秀ですが、女の子とぶつかりそうに。
その癒し系っぽい女の子たちを観て何とかなるんじゃないかと妄想する光秀なのです
 現 実 逃 避 
さていろいろ想像しつつ教室に入ると・・・

俺は1秒で現実に立ち返った(ぁ
*教頭のありがたーい配慮により、信長と同じ組に編入されたらしい(ぉ
そんなわけで他生徒たちに槍や弓を突きつけられ、笑い者状態で自己紹介(^_^;;;
「(同じクラスになった理由を)正直に全て話せ!」と強迫する信長、そして光秀は
Lovers〜恋に落ちたら(殴)
と言ったものだからさあ大変(笑)
脱兎のごとく逃亡した光秀とそれを追うクラスの面子、しかしそんな中1人残った信長は
「告白などされたのは、初めてじゃ・・・」・・・

一方、逃亡する光秀ですが、逃げている途中さっきの癒しの子(輝元)たちと出くわします。
その輝元に中立地帯がありますと逃げ場を教えてもらった光秀が中庭に出ると何者かが・・・
眼鏡属性だったのか主人公(笑)
・・・おい(笑)
で、この方(千利休)に転生のことを話すと「あなたは正直な目をされていますもの」と。
彼女に「八角形の茶釜」からお茶を貰い、それから教頭や理事長に話をつけてくれるとも
しかし信長に対しては俺が自分でなんとかしてみせますと光秀。

その言葉に利休は「大丈夫、明智さんなら、きっと」と励ましてくれるのです・・・
夜、寮(名前は「本能寺寮」・・・)にやってきた光秀は利休と別れ、いよいよ信長の部屋へ。
鍵もかけない上、やたらに散らかった部屋なんですが、つい倒れこんで胸揉んでしまったのはともかく
実際史実でも仰天してたからなぁ・・・
そういうことだったのですね・・・
まあ、藤吉郎に「本能寺の変ならぬ、本能寺の変態」と言われてもう大変(笑)
信長も起きてきてさらに大変どうしよう状態に、しかし

*ここで一旦夕方に
夕方、屋上で携帯を受ける杉谷善住坊。
何というか・・・ドキュン(汗)
・・・誰だよ(笑)
どう見てもネタキャラですが狙撃用対物火縄ライフルを構えるあたり本気。
*学園では火縄銃しか使ってはいけないそうな
しばらくネタ話をした後、「死んじゃえっ、織田信長!」と狙撃する彼女・・・

再び光秀、屋上に光を発見した彼は「わぁあああ〜!」と信長の腕を掴み、寸前で銃撃をかわすのです。
狙われている・・・
「なぜ余を守った?」と疑う信長。
(自分が撃たれている)光秀は「名前が明智ってだけなんです、クラスのみんなとも仲良くしたいんてす」
・・・よかった、最後まで言えて・・・

#続く!とHシーンのダイジェストが流れて体験版は終わりです。
(TG版とPUSH!版は最初からやり直すとHシーンが出てきます)

#キャラクター
全員戦国武将そのまんまの名前ですが
それではまずいのか時折「ちゃん」がついてます
家康や毛利三姉妹の出番はほとんどないため紹介は次の時で(^_^;;;

*織田信長
尾張組領主で唯我独尊タイプ。というか多分ツンデレ。
とりあえずやたらに刀(銃)も振り回すというアブナい人ですが
元々の誤解をどうするのかが問題ですよとね

*木下藤吉朗
信長のお供で「サル」と呼ばれてます。能天気な元気娘
ついでにやたらにすばやい小動物系。なついたら面白そうです(笑)

*上杉謙信
どこでも正義陣営の人謙信
風紀委員で信長とは正反対の生真面目な人学園のために動いているようです。
しかし理事長室前であっさり帰るあたり何が・・・

*千利休
教頭を説教する生徒( ・・)/
茶道部部長で黒髪ロング+眼鏡という大和撫子な方
困っていた光秀をかくまってアドバイスしたり、義昭教頭を説教したりと実は最強(笑)
ただこれだけのキャラでありながらなぜかサブキャラ・・・(^_^;;;

*正親町方仁(メッセージ枠には「帝」と出ます)
ロリ理事長。60歳(!)、学園のむちゃくちゃさに頭を悩まして光秀を頼った人
光秀を見抜いたり珠の知識があったりさすがに帝だけのことはあるのですが、
果たして学園長室以外の出番があるのでしょうか(^_^;;;

*杉谷善住坊
バイト代を稼ぐため狙撃(!)をしている女子生徒。
性格はイマドキの携帯女そのものですが、顔が出る日はあるのか(笑)

*足利義昭
教頭。なぜか丁髷なのはともかく「テンプレート教頭」そのまんま。あまりに芸が無い
打倒信長ということで色々悪事を企んではいますがなにせ相手がヒロインですから・・・(汗)

*本願寺顕如
悪人にしかならない連中・・・
どう見ても弁慶ですありがとうございますな方(笑)
打倒信長のために義昭と組んでますが、そもそもこの人って学園では何してるの?(^_^;;;

*斯波義銀(下の名前は未公開ですが、年代的にこの人しかいません)
クラス担任(ちなみに男)ですが立ち無しというか、状況を全く打開できない人(^_^;;;
やはり能力者ものの先生キャラってのは教頭かこのタイプしかいないのか・・・

*明智光秀
主人公。そして唯一の常識人。現実逃避が得意(笑)
自分は普通の人だ光秀とは関係ないと必死に説得していますが
時折明らかに光秀的な能力を発揮しているあたり転生キャラでしょうね。

えっと、とりあえず歴史的ツッコミをやるとApricotスタッフが死にますのでパス(ぁ
戦国武将が転生(といいつつ女性化)というのは結構ありがちですし
それが学園ものになっているというのも結構ありがち(そこかしこで戦国ものだとアピールしてますが)
当然のごとく信長がメインとなるわけですが、これの面白いのは主人公に光秀を持ってきたところ。
後はあえて元就ではなく輝元を持ってきたところは興味深いです
(輝元が義昭から副将軍に任命された史実をするのか?)

で、この光秀は他の面子と違って凡人(転生記憶がない)という設定のため
「主人公光秀」が「俺は普通の人だ」「俺は「明智光秀」とは違う」と必死に弁解し、
「明智光秀」に期待したり恨みを持っている周囲の対比がなかなか面白いわけで、
なかなか「主人公光秀」を理解してくれず悪戦苦闘する部分が今回体験版のほとんどになります(^_^;;;

キャラが武将名で出てくるので見た目とイメージとのギャップには苦労しますが
もう開き直って別の人だと考えた方がいいのかも。そうしないと史実との差に苦しみますし(笑)
なんか現実逃避っぽいシーンもありますし、SDやメッセージも相変わらずのセンスなので面白いです。

しかし大きな問題としては「真剣持ち歩き」とか「狙撃のバイト」といった無意味にシリアスな部分が問題。
しかも義昭の扱いを見ればわかりますが「悪役は男にしよう」「ヒロインは悪役にしない」という意図が丸見え。
人気のないキャラ「だけ」性転換せず三文悪役にするというのは戦極姫と何ら変わりません。
極度に扱いの悪い斯波先生もわざとマイナー武将にして批判をそらそうというのがミエミエですし。
「義昭たち「性転換しない武将だけ」をボコって天下泰平」とかいうつまらない終わり方だけはやめて欲しいものです

そういう致命的問題もありますが。次回への引きを強くしようという発想はよいかと
(「ゆにばる!」でもやったけど、こっちは助かるのがわかってるので○)
後は他の武将との関係をどうやっていくかですね。
「珠」の説明にずいぶんとテキストを費やしてましたが、これをどう扱うか
66個もあればもっと武将を増やしてFD作ることも可能ですが、そこまで受けるか。

おまけ:
おのれ種子島っ(ぇ
敗れたり、真剣白羽取り(ぁ

OrangeMemories体験版感想

  • 2010/08/24(火) 19:57:16

いつものように著作権はここに

そういやバナーキャンしないねここ

容量は377M。画面は1280×720のワイド版
システムは標準ですが、キャラ別音声設定が謎、音量ゲージは?(汗)
どこにもバーがない・・・

7年ぶりに星樫町に降り立った更科浩紀(主人公)。
しばらく歩いて御陵学園へ。彼はここに実習生としてやってきたのです。

職員室で木村学園長にあいさ・・・と思ったら、
「ぬわぁ〜に紋切り型の挨拶をしとるんだ!」とおっさん参上( ̄▽ ̄;)
この「ゆあ・ぐれぃと・おっ師匠さん」こと長江先生は学園長を放置して勝手に仕切りますよええ(笑)

で、長江師匠(ぁから紹介されてとりあえず自分の席を宛がわれますが
続けて師匠が学園案内しようとすると華薪先生が案内を買って出ます。
*しかも手を繋いで案内してくれるという豪華ぶり(ぇ

「んふふ〜♪」とニコニコしまくりな真澄先生に期待したり違和感を感じつつ、学園案内。
学食で恐縮しつつお茶を貰っていると「変わってないんだなぁ・・・」と真澄先生
何かひっかかる彼女の言動なんですが、質問しようとしてもうまくごまかされる浩紀だったり(笑)

続けて保健室へ。ヒマそうな薬師先生(立ち絵無し)に自己紹介。
まあ、色々試し甲斐もあるとか機材や薬には事欠かないとかいうキケンな雰囲気に退散しますが(ぁ
そんな中でも「かっこいい・・・」とか空手を習ってると言うと「わっ、すごい」とやたらに馴れ馴れしい真澄先生なのです(^_^;;;
で、そうこうしているうちに屋上へ。

そこで真澄先生は「頭にゴミがついてる」と言って浩紀をしゃがませると
後方からの攻撃( ・・)/
・・・なんか抱きつかれてますよっ(笑)
ここまで来てよーーやく彼女のことを思い出した浩紀、遅い(:^-^)
*「ちょっとさみしかった!」と言われてるし(笑)
そんなわけで、「おかえり!浩紀!」となるわけなのです。

職員室に戻った浩紀と真澄先生。さっそく住居の手配はと長江師匠に聞くと
鍵一組+手書きの地図を渡してくれます(もう手配済み)

真澄先生と別れ、早速師匠お勧め物件にたどり着いた浩紀。
恐ろしいほどにきちっと整理された部屋はともかく、さすがに食料はないため買出しに。
とりあえず笹倉酒店というコンビニに行くと
前方からの攻撃( ・・)/
・・・いきなりの再会ですよここ街中ですよ人見てますよ(笑)
*ちなみに部屋が整理されてたのはこの人のおかげ( ・・)/
案内くらいあたしがしてあげると深春に(またもや手を引かれて)再びの街へ。

神社で深春にこの色男と炊きつけられたり、公園で真澄との過去話を持ち出されたり
そして彼女から惣菜を大量に貰って帰宅してこの日は終わるのです。

#次の日
全体朝礼の挨拶の後、教科書を読んでこの日の仕事は終わり(授業は明日かららしい)
昼になったので学食に行こうとすると「浩紀君、だよね・・・?」という声が。
それと共に寒気を感じる浩紀(彼女に会う時はいつもらしい)
かっこいいかっこいいいわれます(^_^;;;
*この人はさすがに抱きつきません(爆)
しかし再会を喜ぶ間もなく、弘樹が授業をするクラスが違うことを聞いて落ち込むひのと(¨;)
とはいえ「放課後だって会えるよね」と言い残し、彼女は振り返りつつも浩紀と別れます

続けてなにやらちっさい子を発見する浩紀。
「ヒロくんだっ!」と駆け寄る彼女もまた幼なじみなのです(:^-^)
身長148cmでも言われる時代・・・
・・・ただし、ちっこいままですが(ぁ
この心、お昼をご馳走してくれませんかと頼み込んできますが
心優しい浩紀は「じゃ、行こうか」と了承し・・・たのですが、タイミングよく呼び出しを喰らって心は離脱(:^-^)

最後に真澄先生がやってきてやっと学食にありつく浩紀。
そこでひのとや心の話が出てきた後、長江師匠に呼ばれて職員室へ。
「ロリっ子からナイスバデーまで、女の尻を追いかけ放題か」というやっかみはともかく、

「貴様は、学園内でも存分に婦女子といちゃついてよいッ!」

・・・おい師匠(笑)

夕方、来やがりなさいという師匠の召還命令を受けて笹倉酒店へ。
一気飲みは奨励されません(^_^;;;
一気飲みを押し付けられるのはともかく、酔っ払った真澄先生をどうするか。
*選択肢で介抱するしないを選べます
その後自室で「よし!楽しんでいこう!」と決意する浩紀なのです。

#次の日
気合入れていくぞ!と意気揚々学園に向かう浩紀
しかし後方から真澄先生の抱きつき攻撃がっ来るのですよと(笑)

で、2人で学園に。そこで一度も告白を受けたことがないと言う真澄。
なぜかと思う浩紀に彼女は「だって・・・私には」と言いかけますが・・・
・・・そこに「ちぇすとぉ〜〜〜っ!!」という叫びと打撃を携えて
で、どっからハリセンを(笑)
ハリセン装備女が現れるわけなんですよ、ええ(笑)
変態言うわケダモノ言って散々罵った後、「あっかんべぇ〜!」と捨てセリフを(:^-^)
まあ、真澄先生にいたわれたり、花梨(立ち絵無し)とご挨拶して何とか復活する浩紀だったり(^_^;;;

その後、授業がないのでヒマな浩紀は学園を見回りますが、そこで真澄先生、それからひのとと話します。
しかしひのとは「ごめんなさい」となぜか去ってしまい、残った真澄先生と浩紀はただ疑問するばかり。

昼、真澄先生からお昼一緒にと持ちかけられます。
*断ると廊下で選択肢が再び出てきますが、ひのと&萌衣のイベントしか見れません。
そしていよいよ浩紀の初授業。内容は谷崎潤一郎の「細雪」について。
学生αβγが「恐るべしっ!谷崎っ!」と驚愕するのはともかく、なんとか終了

で、真澄先生からの泊り込み宿直のお誘いとなるのですが
*真澄先生寄りの選択肢を全て選んでいればここでつきあう/断るの選択肢が出てきます。
(宿直の選択肢を受けると真澄先生と泊り込み+Hシーン)
断るか、選択肢が出ない場合は三択が出てきます(ただし一つは開発中のため選べない)
*それぞれ深春、萌衣+心のイベント

#次の日
(真澄先生とHした場合、朝のシーンは宿直室から
そうでない場合は前日と同じく真澄先生の後方抱きつきから)
授業中、寒気を感じた浩紀が外を見るとなぜか廊下にひのとが。
昼休みに気になって隣の教室に行くとひのとがお昼どうかと。
*断ると今度は心か萌衣とのお昼を選べる選択肢が出てきます。

午後、廊下を歩いていると真澄先生、心、ひのとの3人がなにやら話中。
浩紀が話かけてみるとひのとが飛び上がって驚きますよええ(^_^;;;
結局何を話したのか不明なまま三人は去っていくのです・・・
告白準備なのかなぁ・・・
帰り道、薬師先生があやしいクスリを薦めてくれますがそれはともかく、
再び選択肢でそれぞれ心/深春/萌衣のイベントになります

そして夜。浩紀ははやれやれと言い残して倒れるように寝てしまうのです・・・
*ここで体験版は終わります

#キャラクター
立ち絵があるのはメイン5人だけ、出番が多い人がいるのに(汗)

*華薪真澄
二つ年上の幼なじみの先生。多分メインヒロイン(で、いいかな?)
普段は結構まともで、妹の暴走を止められるだけの力もありますが
主人公相手だといきなりらぶらぶもーどやってしまう方(笑)
#ちなみにこの人は体験版でHシーンがあります

*八守ひのと
二年生で黒髪ロングのクール系ですが、実際には不器用で恥ずかしがり屋な面も。
実は萌衣を妹みたいに扱っていたり世話好きなところもあります。
ただ彼女が近づくと浩紀が「キーン」と反応するのは変な展開になる怖さがあったり(¨;)

*明石心
三年生。ただしロリ担当(ぉ
小悪魔系で振り回し好きな上怪談好きという方ですが
時折何か空虚なときもあります、果たして(¨;)

*笹倉深春
三つ年上の姉キャラ。酒屋の人なんで当然酒飲み。
いわゆる「姐さん」タイプでS音様仕でさっぱり系
当然主人公いじり系でもあります、だってS音様仕様だし(爆)

*華薪萌衣
一年生で真澄の妹。武器はハリセンでしまぱん装備(ぉ
無闇やたらとつっかかってくるあたりどう見てもツンデレですありがとう(ぇ
・・・なお、驚くとなぜか「ぴぴっ」と言います(笑)

*薬師晶
保険医。多分天然系でのんびりふわふわな方。
ただしアヤシイクスリや実験が大好きというやばい人( ̄▽ ̄;)
自己紹介されても本人が(¨;)
しかし立ち絵がないため自己紹介といっても・・・

*高宮花梨
萌衣の親友。楽しく明るいマスコット系(だけど立ち絵なし)
ただ以外にも萌衣との組み合わせは少ないのが問題かも。

*木村真一
学園長。しかし登場直後に長江師匠に吹っ飛ばされる哀れな人(笑)
多分この作品唯一の常識人(ぁ

*長江遊次郎
「ぐれぃと・おっ師匠さん」笑)、一応先生ですが学園長よりエラい(:^-^)
いろんな意味で豪快、かつネタキャラで無茶人という
「もうあいつ1人いいんじゃないか人」(爆)

*更科浩紀
主人公でプチ教師((C)萌衣)、生徒曰く「植物系」(笑)
幼なじみとの記憶を忘れてますが、割と簡単に思い出すのでまだ許せます
まあ、振り回されてばかりというのは否めませんが・・・


まず、Purple softwareというメーカーのソフトなんですが
背景動かないTVにデモ流れないましてやバスは走らないといきなり肩透かし(^_^;;;
Purple software「delight」とついただけでずいぶんとシステムが弱くなってます
確かに背景そのものは綺麗(床の反射も描き込んでいる)だし、立ち絵も振り返り差分や移動、振動と結構頑張ってはいます。
しかしなまじメーカー名に「Purple」と付くからどうしても「これでPurple?」と観てしまうのは辛いところですよね。

主人公がプチ教師(笑)というちよっと珍しい設定で、
学園内も教室より職員室の方が出番が多いのはいかにも先生主人公らしいのですが
真澄先生はともかく、生徒キャラが誰1人として主人公が受け持ってないのは何かヘン。
*モブ相手に授業してもなぁと思いますし(^_^;;;

ヒロインたちは全員幼なじみ、かつ全員年齢が違うという珍しい構成
(おかげで深春と萌衣は計算上10歳は離れてることに・・・)
さらに1人を除いて好感度最大でいつでもHできそうな状態からスタートしますので
*いや実際Hシーンあるけど(笑)

それとキャラとしてはもう何というか「ぐれぃと・おっ師匠さん」最強(笑)
あまりに万能かつネタキャラ過ぎて主人公が霞むくらい。
この人が「恋愛自由」とか無茶をおっしやっても「師匠だから」で済むほど。
 しかしこれだけのインパクトを持ちながら立ち絵がないのはさすがに開発途中すぎるなと(^_^;;;
他にも薬師先生、花梨、学園長と明らかに立ち絵がないキャラがいたり、
選べない選択肢が出てくるあたり、開発途中だなぁと思うわけなんですよ。

そういう立ち絵問題はともかく、
結構選択肢が複雑(体験版ですら蓄積で分岐する)なので注意しておいてください(^_^;;;
最後に、「全員妹」とかうせまーい作品とは対照的に
姐さん、女教師、巫女、ロリ、ツンデレと幅広い属性を持つコンセプトは素晴らしいと思います、はい。
・・・でもやっぱさあ、Purple本家で作ってもよかったような・・・

おまけ:
はいはいツンデレツンデレ♪
はいはいツンデレツンデレ(ぉ

ラブ・バインド応援バナー集計(8月17日)

  • 2010/08/17(火) 21:36:30


せっかくあるのだから
更新日:8月17日
サイト数:90(+16)

今月はこれ。先月のが種類が多い&捜索に異様に苦しんだので
その反動からかたったの3人という実に楽なわかりやすい集計です(ぁ
後、体験版の感想もどうぞということで



小野原 雫(42サイト(+11)

元祖にはいない姉要素の人

*ゲーム関連日記/tales fanさん(バナーページ)
*湊の日記帳?/MinatoPrincessさん
*部屋の片隅で・・・/よもひろさん
*あかべぇ柱/ぴくぴくさん
*イ〜えるの二次元★寝具情報/イ〜えるさん(バナーページ)
*DMB(D-irty M-ilk B-log)/Udieさん
*MID-ONE-HOME/みどさん(バナーページ)
*小さな小屋/銀河さん(バナーページ)
*逢魔ヶ刻の出会い/雪都あられさん
*終ノ空を目指して/東野青竜さん
*美少女ゲームが好きなのです/宇加津 茄子さん
*みかせんネットワーク/みかせんさん
*ほのぼのとした日々/クララさん
*マリモのブログ/マリモさん
*タヌキの隠れ場/たぬきちさん
*闇芥/忌憑さん
*なおかく。naoぶろぐ/naoさん
*空白の端書/mukisikiさん
*SunsetBloom/リズハさん
*かんめのにかんめ。/歪姫さん
*黒髪ロング推進委員会/あっぷるしーどさん
*(エロい)ゲームするぶろぐ/hosprogさん
*DANGOR THE “B”/NYR99さん
*Psychedelic G2/しきさん(日記8月8日分)
*夢を叶えるために頑張るブログ/へもうきそうさん
*二次元と共に/ハルさん
*つみゆと BLOG/altriaさん
*一歩千金/とけいさん
*夏ねずみの不定期ブログ/夏ねずみさん
*Eternal Test Page/KIさん
*かえる殿とこけし様/ADfrogさん
*オタク回路/toy00さん
*ふはフィギュアのふ/葉月佑さん
*星の夢☆芽愛は娘/芽愛さん
*ワイヤレス・バンジージャンプ/いっせ〜さん
*ゲーム応援ブログ/mglnさん(日記7月30日分)
*〜適当なブログ〜/青りんご水さん
*餓死一歩手前継続中/藍玉蜀黍さん
*□■萌え壁紙□■/moe00moeさん
*狂の出来事!/エステル狂さん
*kiottoのエロゲー日記/キオットさん
*ますっぺの徒然と駄文を書くブログ/ますっぺさん



御厨 千佳(7サイト(+2))

元祖にはいない眼鏡要素の人

*応援!?バナーぺたぺた/夕那さん
*偏食腐男子/にちゃえるさん
*プリスターBLOG/ランカLOVEさん(日記7月13日分)
*CIWSの雑記帳/CIWS Mk.21さん
*オーナーブログ ny/弓樹さん
*個人的憂鬱。ブログ/Julyさん
*【マシュマロ雲】--無毒蠍の一生--/無毒蠍さん



柴崎 望美(37サイト(+3)

元祖にはいない先生要素の人

*うち(爆)
*管理人は別の顔/正佳to管理人 さん
*ROOM NO.9696/nobody32さん
*ゲーム(PC・PS)の紹介集(仮)/mad2007さん
*しゃ〜ないなぁ/TKHSさん
*CLUB-HOUSE/kokoさん
*Break Head/Nブライアンさん
*「――笑え、凡念っ!!!!」/evaneさん
*2次で癒しを/CXにじさん
*超王道!...えっ?美少女ゲーム好きかも…/るるーのるさん
*蒼猫の気ままな生活+/蒼依猫々さん
*朧月の部屋/朧月さん
*Ex-St/エストールさん
*花ちょうふう月/風月さん
*黄昏に消える風/乙巳73さん
*君のいない輪舞曲/T・オイレンシュピーゲルさん
*reunion-reread/Teresa Carre醇ooさん
*ever forever/OneirosHypnosさん
*God who not is anywhere./FriedricFedericoさん
*not of the light and the black/火村音羽さん
*atsuの日記/atsu0301さん
*適当に語ってればいいじゃない!/るーうぃんさん
*おーさかうろうろ/こばやんさん
*アコニット様のお部屋/iam_irigasaさん
*テレカ、漫画、ゲームの徒然/いくVrさん
*るしふぇる@アダルトゲームのあれこれ。/るしふぇるさん
*2次で癒しを/CXにじさん
*グキングのサイト/グキングさん
*はるいちgo/はるいちごさん
*+ネのキングダムver2.1/king+ネ。さん(バナーページ)
*奏でる旋律は魔王への/ひのき馨さん
*絶賛応援中!!/kazu2237さん
*空に舞うさくら/桜舞う空さん
*一番好きな色は紫!!/tawasiさん
*「――笑え、凡念っ!!!!」/evaneさん
*7th heaven/7eyesさん
*とてつもない日本←麻生風/柊那智さん



複数(4サイト)

*雫+望美
*二次の架け橋/朔さん
*黒猫とオタクの時間/のぶさん

*全員
*ろけっとぱっど/六結さん(バナーページ)
*スズカネーション/鈴鐘しおんさん(日記7月21日分)


まず、もう見たら判るでしょうが・・・
意外にも複数貼りってところが少ないんですよね。
ジャンルがちよっと異色&キャラが3人しかいないのが逆に大きいのかも。
(主人公である要にもバナーあったら面白かったのに)

で、ここまで来てついに雫姉さんが望美先生をひっくり返しました(:^-^)
やっぱメインの強さとマスターアップ絵の出番なのかなぁと(殴)