絶対★妹原理主義!!体験版(瑞ルート)感想

  • 2010/09/27(月) 18:12:34

今回も著作権はここに。

メインヒロインでいいのかな?
こちらは247M。ちなみに塗りに関しては最初から修正済み。
そして通常版の体験版感想はここ

#(通常体験版最終日から)一週間後
足の怪我が治った拓馬はバイトに復帰しますが、体力の衰えは想像以上(汗)
しかもゆかなにはもうしばらく休んだら言われる有様
そんな中、公園で瑞に対面。色仕掛けはやめろよと言う拓馬ですが瑞は止める気はさらさらなし。
前に手コキされたことを思い出しますが、思い出すな俺誘惑は跳ね除けろと否定

しかし瑞は「兄さん、ちゃんとオナニーしてる?」と。しかも証拠見せろと言ってきますよええ(^_^;
追い詰められた拓馬は発想をひっくり返し・・・
兄さんそれ死亡フラグ
・・・これなら無理だろうと思いましたが、
「なんだ、それくらいならいいわよ」Σ( ̄0 ̄;)
*結局トイレでの見せ合い自慰タイムになりましたとさ、まる(ぁ

で、自分でやってしまった後悔の念を持ちつつ帰宅。
茜音に罵られたり奏にただこねられたりした後、道場へ
勝てないのはなぜかと拓馬は思うのですが、瑞は心まで読めるレベルだからなんですよね
そして瑞は「私はいま、何を考えていると思う?」と押し倒してきますよええ(笑)

さらにフェラになるのですが、ここで「俺を堕とすためとはいえ無理にしなくても」と言う拓馬に
「兄さんのことが好きだから」と本気の目で訴えるのです。

瑞と公園を歩くゆかな。暑いのでカキ氷のシロップは何が一番美味しいかと瑞に聞くと
「兄さん」(汗) 続けて瑞は兄さんが私を認めてくれないとゆかなに相談します
大抵のことはやった瑞なのでゆかなは考えました
童話作戦( ・・)/
なにそれ(笑)
*お兄ちゃんが喜ぶ妹像を実行しろということらしい( ・・)/

・・・ただし、
節子さんそれ違うっ(^_^;;;
「態度を変えてもっと激しく責めろ」と理解してますよ節子さんそれ違うっ!

一方、拓馬はこのままじゃダメだとのたうちまわってましたが
偶然空いた穴から瑞の着替えをついつい覗いてしまう兄なのです(笑)
そして穴を塞げないまま午後の鍛錬。
スタートレッ○?(ぁ
なんか宇宙人と戦おうとしているアホの子が(ぁ

夜。綺にお茶を貰ってゆったりな拓馬。
奏が上記の画面みたいなことばかりなんでどうしたらと思いますが、それよりも瑞です。
隣室で瑞がごとごと。さっきの穴は健在。そんなわけで「防犯上必要な行為」と言い訳(笑)

が、瑞の監視中(ぁに綺がやってきてさあ大変!
なんとか綺は追い返しますが、瑞には思いっきりバレてしまいますさあどうする(笑)
問い詰められた挙句また朝のトイレのパターンかと思うのですが
ドS妹覚醒(ぁ
もう好き放題状態ですよええ(^_^;
女の子に縁がないからって、妹に性欲ぶつけるなんて変態とか、挙句
「これっぽっちも好意なんてないから、勘違いしないでね」ともう拓馬ボロボロ(¨;)
※注:瑞は「兄さんこんなに喜んでくれてる、責めるって有効なのね」と思ってます

そして兄さんは自分の非力さを思い知るでしょとぶん投げられた挙句、
踏みつけプレイですマゾ男君認定ですよ「奴隷の世界にようこそ」ですよええ(^_^;
哀れ、反論しようにも搾り取られてそんな気力もなくなってしまった兄なのです(¨;)

#次の日
ゆかなにメイド喫茶に案内された拓馬(実はゆかなが瑞のためにと呼んだ)
が、こんな退廃的な場所があるから風紀が乱れると規制派議員かあんたは状態(^_^;
席についてもぐたぐたと規制派議員化してゆかなを困らせますが・・・
仮名を使っている人
・・・まりんちゃん現る(笑)

席を立つわ指さすは悔しがるわ性欲の対象だわ叫ぶ拓馬。
呆れたゆかなが自重しろと一喝しますが、そこにちょうどやってきた瑞に拓馬は
「こんなところ早く辞めなさい」と風俗みたいなところはダメだと説得しますが
対する瑞は「帰って」と激怒。そしてなぜ怒ったのかわからない拓馬・・・

帰り道、不埒な客から守るため送り迎えとか言い出すシスコン(ぁ
よって帰宅してからも瑞がいつ帰ってくるか気が気ではありません。
そんなわけで、瑞の説得と相成るわけですが、当然彼女は拒否。
苛立った拓馬は

「まだまだお前は子供っぽいんだから、
黙って俺の言うことを聞いていればいいんだ!」

あちゃ〜((C)奏)
とうとう瑞は「兄さんなんて、大嫌い!」
*この直後拓馬死亡(ぁ

#次の日
朝、配達所に拓馬が来ないのでゆかながイライラしていると
綺に連れられて拓馬がやってきたのですが実質廃人(^_^;
べじーた?(ぉ
こんなザマな拓馬ですが・・・
「下手な仕事したらますます瑞に嫌われるわよ」というゆかなの言葉で復活。
しかし瑞には嫌われっぱなし(というか無視状態)。

さすがにあんまり過ぎるので綺が瑞に仲直りを勧めますが、
1人の女の子として認めてくれるまではダメだと、ここで退くわけにはいかないと・・・

#次の日
メイド喫茶にやってきた拓馬ですが、目が怖いです血走ってますゆかな引いてます(^_^;
もはやゆかなに頭を下げて瑞との取次ぎを頼む拓馬。
「どこまで情けない兄なのあんた」とゆかなは呆れ果てますが、それでも取り次ぐことに。

で、ここで今までのHシーンの話をゆかなが知るわけでもう唖然(笑)
とはいえゆかなは「これは初恋」だと理解したわけなんですよと。

そして帰り道「帰ったら、ちゃんと謝ろう」と自分の勘違いに気付いた瑞。
どういう顔して会えばいいのかと思う拓馬。そこに当の瑞が戻ってきます。
「ただいま兄さん」「おっ、おかえり瑞!」
ようやく仲直りでめでたしめでたし・・・
アホだろ主人公・・・
・・・ダメだこいつ何とかしないと( ̄▽ ̄;)

#次の日
配達所に行って昨夜の顛末を話す拓馬ですが
ゆかなは「はあ〜〜」( ̄0 ̄;)

一方の瑞もちゃんと謝れず「はあ〜」状態。
そんな中、仲間のメイド(立ち絵なし)から遊びに誘われるのですが
メイドA&Bに拓馬を彼氏扱いされて慌てる瑞なのです(^_^;;;

夜。瑞がメイド仲間と遊びに行くという話を奏から聞きますが
茜音が「もしかして合コンかしらね?」と焚きつけるから飛び出していっちゃいましたよ(笑)

その頃、瑞は酔っ払ってメイド仲間に運ばれた上、ベンチでお休み(汗)
が、そこに男A〜Dが現れてさあ大変、逃げようにも瑞が寝てるから動けません(¨;)
危うしというところに拓馬参上。片端からザコ男どもをぶっ倒すのですが

寝たまま殺気を感じて相手を投げ飛ばす瑞の無茶苦茶さ・・・( ̄▽ ̄;)
「まったく、とんでもないなお前は」(C)拓馬)(^_^;;;
それはともかく、彼女たちが瑞を元気づけようとしていたことを知ってメイド喫茶を少し見直す拓馬。

メイドさんと別れ、ベンチで寝たままの瑞と2人。
*そこで瑞の過去の思い出が出てくるわけなのです。
で、起きた瑞は「心配してくれたんだ、私のこと・・・」と。そして普通に話している2人。

今ならばと拓馬は今までのことをしどろもどろに謝ると
「許してあげる」・・・
「そ、そうか、ありがとな」と言うので精一杯な拓馬。そして瑞は
ようやく話が進むかな?
「なんでもない」と。
で、2人での帰り道。恋人同士みたいななんてつい思ってしまう拓馬なのでした、まる(笑)

*これで体験版は終わり、後に宣伝が付属します。

#キャラクター

*建部瑞
長女。「兄さん」。武道の天才ですがマイペースな性格。
メイド喫茶で働いてるうちに妹萌えを知って兄を誘惑する人に(笑)
本人ルートでわかりますが、実はかなりズレているというか、世間知らず。

*メイドA&B(Aの方は「かんな」という源氏名があります)
瑞のメイド仲間。彼女たちも何かと瑞の心配をしてくれるありがたい人
癖の強いゆかなより役に立ちそうな気がしますが、立ち絵すらない・・・

*おじさん
ゆかなの父。多分筋肉オヤジですがネタ要員以外の出番はあるのでしょうか(^_^;;;

瑞ルートの体験版なので当然瑞メインですが
通常版の最後の状態からどうやってここに持ってきたか結構謎です
他3人の妹は兄に全く手を出さなくなってますので何かしらの大きな選択が入ると思われますがさて。

それはともかく、最初は通常版と同じくあの手この手で瑞が拓馬を篭絡する話ですが
一旦拓馬をマゾ奴隷化させたようにしたと思ったら突然喫茶店シーンへと急展開には「は?」(^_^;;;
そこから拓馬の過保護なまでのシスコンぶりが瑞を怒らせてしまう状態へ。

ただしこの黙って俺の言うことを〜は鈍感の成す業ではなく、彼の妹を大切に想い過ぎる心が生んだもの。
空気読めないシスコンではありますが、この一本気さはヘタレとの違いを明確を見せてくれます。
そこから最後のあたりでようやく「兄」らしい部分を見せて終わりとなりますが、
最後の部分で「モブキャラ視点」という実に珍しい状態になるのは驚きました。

後はここからどうなっていくかですが、他の三人の妹もこんな感じなのでしょうか?
(拓馬の一本気なシスコンぶりで一旦決裂→外部要因で仲直り)
実はHシーンが本番まで行ってませんし、まだまだ一波乱ありそうですね

おまけ:
注:奏です
 誰 だ お 前 は (笑)

絶対★妹原理主義!!体験版(通常版)感想

  • 2010/09/27(月) 17:45:49

いつものように著作権はここに

妹じゃないので原理主義ではない
容量は376M。システムはボイス割り当てや既読部分の色変更など、
ちなみに修正版では塗りの明るさとかの変更と誤字の訂正がなされています。

いきなりですが、妹4人に責めまくられる建部拓馬(主人公)
どうしてこんなことになってしまったんだ・・・
*話は二日前に戻ります

朝の四時半。1人早起きした拓馬。冷蔵庫にあった綺の作ったオニギリに感謝しつつ、
さっそく台所に立って妹達の朝食を作った後、バイト先へ。

筋肉おじさん(立ち絵もボイスもなし)と漢の会話をしているとゆかながイヤンな顔。
さらに拓馬がさっきの朝食の話をすると「それやりすぎ」とため息モード(^_^;;;
実に正論だ
その上、認定されましたよどうしましょう(笑)
*病気扱いされますた(汗)

配達(走って配ります)の後、ゆかなから明後日休んでいいと告げられます。
その日はちょうど瑞が戻ってくる日なわけで、彼女の親切さに感謝する拓馬なのです。

その後、鍛錬に励みつつも修行に行った瑞のことを思い出す拓馬。
見違えるようになって帰ってくるわと出て行った瑞の無事を祈りつつ、
・・・鍛錬以上に朝食作り(というか食材陵辱(ぁ)に励んでいると綺が

「お兄ちゃんが壊れることもなかったのに」なんて言ってますよっ( ̄▽ ̄;)
スゴイこと言われたのであわてて綺を大切に思ってるんだとフォロー。が
おーい帰ってこーい
おーい戻ってこーいっ((C)建部拓馬)

で、綺に台所ほを任せて茜音と奏を起こしに、まずは茜音ですが
部屋に入ると「おはようハドリアヌス」と兄よりペットを優先するわ
シェイクスピアときたか
なんだか来世を語り始めるわでヘソほ曲げたままです(^_^;;;
寿司で釣ってみたり土下座したりして何とか朝食へ。

そして最後に奏を起こそうと部屋に入ると
出し惜しみは基本です(ぉ
ひどい寝相だ(笑)
*普通にやっても起きないため、目覚ましをセットして退出
そして詩的に言われつつ茜音のシャワーを手伝い、奏の必殺技をいなし、
よーやくのことで妹3人との朝食(^_^;;;

奏と茜音がいい争ったり、綺が殺意の波動に目覚めかけたりするいつも(ぇの光景の後
ふてくされている奏へのフォローを忘れない拓馬。さすが兄です。

#そんなある日(あれ、次の日とかじゃない・・・)
ゆかなに拓馬はメイドさんを見たと話しますが
常識人のゆかなは「あんた疲れてるのよ」と言った上、綺を呼び出す完璧さ(ぉ
帰り道にゆかなとの事を綺から問われますが、これはあっさり否定(^_^;;;

(#ゆかな視点)隠れていた瑞を呼び出したゆかな。
なんとメイド服姿(大正浪漫系かな?)の瑞はゆかなに
道場の立場って何だろうフラグ
引導ってΣ( ̄0 ̄;)

#次の日
誰かがやってきたので奏に応対させるとマジやばいってこれ!と驚愕状態(汗)
彼女曰く道場破りで、しかも本物だと大慌て。何事かと拓馬が道場に行くと・・・
・・・瑞現る( ̄▽ ̄;)
しかも格好はメイド服、「髪伸びすぎだろ!」というオシマイな突っ込みはともかく
*ちなみにメイド服は29000円(ぁ
さらに修行に言ってたのは嘘で、メイド喫茶でバイトしたかっただけと言う瑞(^_^;;;

挙句「私、道場潰してメイド喫茶始めることにしたの」
さらに奏や茜音も道場いらない派(そりゃ門下生ゼロでは・・・)
「一緒に最強の男になるって誓ったじゃないか!」な拓馬魂の説得も実らず、兄妹で戦うことに(汗)
*当然敗北(ぁ

夜、拓馬に綺は夕食を届けてくれますが
落ち込みがひどい拓馬は「1人にしてくれ」と(^_^;;;

(#再びゆかな視点)
食卓に戻ってきた綺が拓馬の落ち込みぶりを報告すると四姉妹はそれぞれの反応を。
その中で考え込んでいる瑞にゆかなは「気になるんでしょ、拓馬のこと」と励まします。
すると瑞は「私は兄さんにもっと違う部分も愛して欲しい」と真顔。

再び拓馬、投げ飛ばされた時に瑞に見とれてしまった自分を恥じますが
そこに瑞がやってきましたよええ(笑)
必死こいて妹を意識するなんてありえない特殊な人じゃないと言い訳する拓馬。
しかしそんな拓馬に「私、本当に可愛くないの?」と直撃を食らわせる瑞。

焦ったままの拓馬は今日は終わりだと布団かぶって寝ようとしますが・・・
思いっきり挑発下着で添い寝しようとしますよこの妹っ(^_^;
兄貞操の危機っ
*しかも綺が見てしまったというフラグ付きで( ̄▽ ̄;)
「私が妹じゃなくて、1人の女のコだって、体にしっかり刻み付けてあげる」と手コキHへ

で、「明日の朝飯・・・綺に頼んでおいて・・・くれ・・・」と瑞に告げて哀れ搾られてしまった拓馬。
部屋から出た瑞はその言葉に自分たちを大事にしてくれることを再認識するのですが
綺に「兄さんが、綺のご飯を食べたいって」と伝えて舞い上がってしまう副作用が(笑)
*彼女には「ご飯」の部分が聞こえてなかったらしい

#次の日
何事もなかったような部屋を見て昨日の手コキは夢だと自己認識した拓馬
早速配達所に行きますがあなた休みと突っ込まれてあらら状態(^_^;
さらに兄さんの代理と瑞がいたりするんですよさあ大変(笑)

新聞配達と組み手をやりますが当然瑞に圧倒され
続けて朝食も綺が用意しているので出番なくなると彼女に釘を刺そうとしますが・・・
キスときましたか
いきなりキスされますよええ(笑)
お兄ちゃんに喜んでもらえるならなんでもしちゃうと言う綺に何を言えばいいのか困る拓馬。
しかも隣にはキスを観ていた瑞が不満そうな顔で立ってます(笑)

「休んでていいよと」と言う瑞&綺から興奮状態のナニを抱えたまま逃げる拓馬。
しかし彼にはどうしたらいいのかと考えているヒマなどありません。なぜなら
奏ちゃんスイシーダ
・・・妹が降ってきたからです(爆)
こいつに知られるわけにはいかないと慌てて風呂に逃げ込む拓馬
が、彼にはまだ妹はいるわけで着替え中の茜音に出くわします( ・・)/
まずいぞどうすると茜音の髪洗いを拒否し、思いっきり嫌われる始末・・・(汗)

妹4人(ゆかなもいるけど画面に出てこない・・・)との朝食後
ゆかなは帰り、続けて瑞・奏・茜音が外出したため綺と2人きり( ・・)/

つまり「綺のターン」となるわけで、まずは肩揉み攻撃から。
ヤバいと感じた拓馬は道場に逃げようとしますが、ここで綺に水がかかってしまいさらに窮地に(笑)
それでも道場で鍛錬して煩悩を振り払った拓馬ですが・・・
装備変更( ・・)/
敵は裸エプロンを装備してきやがりましたよ(笑)
*しかも自慰ショーまで披露してくれます
さらには綺に押し倒されて無理やりフェラされる兄調教タイムへ( ̄▽ ̄;)

#その頃の瑞。不機嫌な茜音に「兄さんは茜音の事を大切にしているのよ?」と言うのですが、
自分が養子だから遠慮してるだけに思えると茜音
*つまり茜音は実妹じゃないんですね
そんな茜音に瑞は一人前の女として扱ってもらえるようにと何か入れ知恵を初めてますよっ(笑)

で、その茜音が拓馬の部屋にやってきますが、何か様子が変。
普通にごめんなさい謝ってくれるまではよかったのですが、結局一緒に風呂に入ろうということになってしまいます。

このままではまた興奮してしまうどうするんだと思う拓馬ですが
そこに奏がやってきて手合わせしてくんなきゃ30秒で用意しなということになり、道場へ。
途中瑞の着替えを観てしまうのはともかく、プロレスは最強の格闘技だと言い張る奏をぶん投げますが
・・・こいつ下着着てませんので投げたら胸が丸見えに(笑)

そんなわけで奏に敗北するわ瑞に見抜かれるわで散々なまま茜音とお風呂へ。
必死に落ち着ける努力も空しく妹の体で欲情しちやったのと見ぬかれて
挙句ロリコンの変態さん呼ばわりされるわペット決定になるわでもう(笑)
*太ももコキという珍しいシチュH

夜、ナニゆえ妹とあんなことになったのかと後悔する拓馬。
しかし瑞がいますよ綺もやってきましたよダブル添い寝ですよええ(笑)

#その頃、茜音が奏に変態お兄様を退治すべく必勝の策を吹き込み
奏は「任せろ!明日はあいつの命日だ!」となるわけです( ・・)/

#次の日
茜音が起こしにやってくると瑞&綺が拓馬に添い寝中
「このケダモノ〜!」と激怒、さらに瑞&綺の言葉を聞いて
フェロセントリスト( ・・)/
とりあえずもちつけΣ( ̄0 ̄;)
こんな惨状でも拓馬は配達に行こうとしますが、瑞にぶん投げられて全治一週間(汗)
仕事も家事もできない拓馬にできることは奏の勉強を観るぐらい。

それでも(足首捻挫中)奏の稽古相手をしてやる拓馬。
彼女をあっさり投げますがこいつまた下着つけてません(笑)
そしてマゾ勃起お兄ちゃんになって欲しいだのマジ変態だの言われるのでした(手コキH)

その後、1人になった拓馬は今までのことを後悔し
どんどんダメな方向に堕ちいてる自分を何とかできないかと腹筋しようとすると綺が止めに(^_^;
さらに奏がアイス加えたまま扇風機でパタパタ。

自室に戻った拓馬は再びどうしてこうなったかと考えます
で、溜まっていたリビドーの仕業と結論した彼はエロ本に頼ろうとしますが・・・
・・・背後には瑞、いや妹全員が(笑)

四姉妹に問い詰められて逃げ場がなくなった拓馬は
「失われた時を求めて・・・ダッシュ!」→呆気なく捕獲
そして下半身丸出しのまま縛られてエロ本調査タイム( ・・)/
つまり性処理ですねわかります
やれ巨乳ものばかりだとか経験が圧倒的に足りないだの鍛え方足りないだのもう悲惨兄状態(笑)
もうやめてと言っても聞き入れてもらえずエロ本も失った拓馬は

そんなわけで、4人の妹に搾り取られましたとさ、めでたしめでしたし、まる(ぁ
*つまり冒頭に戻ったわけですね

で、妹4人に色々言れる中、瑞は「道場をどうしようとも、私たちに任せて欲しい」と。
そこに奏が「ゲームか本屋だってば!」、茜音は「駐車場にしときなさい」とまあ好き勝手。
結局瑞が
兄争奪戦開始( ・・)/
つまり勝負しろということですね
*当然ですが、道場は潰れます(爆)

そして眼前にはメイド服(4人ともデザインが違う所が細かい)に着替えた妹たち
メイド服勢ぞろい( ・・)/
さあどうする拓馬!(笑)
*体験版はこれで終わりです。特典の宣伝がついてます

#キャラクター
女性のみフルボイスですが、そもそも男は存在価値がほぼゼロだからいいかも。
なお、卑語に関してはピー音ではなく、言葉の一部を発音しない方式です。

*建部綺
次女。「お兄ちゃん」兄妹思いで家庭的な主婦妹ですが
妄想走るとどっか逝ってしまいます(^_^;;;

*建部奏
三女。「兄貴」。要するにアホの子(ぉ武闘というよりもプロレス系。
「兄の一部」というパジャマを着て、燃えると目に炎が出現します(笑)
元気系で行動先走り人間ですが、茜音の影響受けて二枚舌化したりも。

*建部茜音
四女。「お兄様」。クールなツインテで多分ツンデレだと思うのですが
言動が電波越えて「詩人」レベルなのが特徴。
*なお、彼女のみ義妹です(上三人は多分実妹)

*永峰ゆかな
幼馴染。主人公を心配するよい幼馴染。そして常識人。
チケットを貰えたり、時折彼女視点にもなるという方ですが、いかんせん妹じゃないためサブ(ぁ
・・・が、瑞にメイド喫茶で働くよう吹き込んだのは彼女なんですよ・・・( ̄▽ ̄;)

*建部拓馬
主人公。建部流の師範。でも瑞より弱い上に門下生ゼロ(^_^;
責任感も強くて妹思いで決してヘタレではないのですが
相手が悪すぎた上4人ではどうしようもなかった(笑)

まずOHPのキャラ紹介に
「ひたすら酷い目に会うので応援してあげてください」
とまで書かれる主人公・拓馬。
実際妹たちにあの手この手で篭絡されて最後にはザーメンタンクにされます(待て)

その主人公たる拓馬が道場主という非常に珍しい立場ですが
ただこの道場、いくらサブキャラを出したくないからとはいえ門下生ゼロという惨状。
よって一家の収入は拓馬の新聞配達のバイトだけ(!)。よく食べていけるなぁ(^_^;;;

他にも学校行ってる気配が全くない(=家から出ない)奏&茜音のように、
舞台設定が妹との生活のために構築しているため、そのあたり傍から見ると無茶。

さらにシステムというか流れ的には問題があって
結構頻繁にヒロイン視点になるんですが、画面に何の変化もないから戸惑うことが多かったり
あるいはあっさり次の日(日付はなし)に飛ぶので話の繋がりが妙なことになったり。

そんな彼と妹4人の話ですが、これが「兄が妹を攻略する話」ではなく「妹が兄を攻略する話」です。
四姉妹がそれぞれの発想と性格で兄攻略に励むわけで、拓馬がいくら理論武装して妹との関係を否定しようが、
結局は押し切られて搾られるというオチ・・・
・・・というか、妹相手に脊髄反射で興奮する彼のナニが問題なんですが(爆)

とはいえ、拓馬がそこら中にうじゃうじゃいる「ヘタレ主人公」ではなく、
兄としての責任感と強さを持ち、かつ妹と道場を守ることが使命と感じているところはポイント高いです
そういう兄だからこそ妹4人はモノにしたいと攻略してくるんですよね。
*残念なのはその拓馬の強さがヤムチャレベルでということですが・・・(ぁ

体験版がある瑞ルートはともかく、他の3人のルートになるとどうなるか。
結構ヤンデレしている綺あたりはえらい方向に進みそうですが(汗)
そしてイロイロなところでアドバイスやフォローに奮闘するゆかなに春は来るのか(殴)

おまけ:
でも服装はプロレスじゃない・・・
・・・なんだろうか詳しい人解答求む(ぁ

超限勇希ムゲンフィニティ体験版感想

  • 2010/09/21(火) 15:38:21

いつものように著作権はここに

このロボ乗り込み式だった・・・
容量は457M。画面は1024×600のワイド版
システムは基本を持ちますが、音量調節がスライドではなく5段階切り替えなので注意。
後、システムアイコンは下側に格納される珍しい方式なのでこれも注意

いきなりですが・・・
諦めの悪い人はリアルでは嫌われます
・・・最終決戦です( ̄▽ ̄;)
「弱きものが生き残る資格などないのだっ!」と正論をぶつ大帝に
「優しさというもう一つの力を、彼らは持っている!」という冬麻。

その頃セラフィに救われたたまきは「なぜお前はそうまでして戦う」と聞きますが
「友だちを、身近な人を守りたい、それだけ」と彼女に冬麻の所に連れて行ってもらいます

オーダイン大帝の前に大苦戦の冬麻、そしてグルガオン。
こうなったら大帝を道連れにと自爆しようとしますが、
ギリギリでたまきが間に合い、必殺のラグナロック・トリシェラーで大帝を滅ぼすのです
つーか修理せず宇宙に行ったような・・・
そして冬麻はたまきに地球を託し、グルガオンと共に旅立つのです
*ここでED曲と共にスタッフロール入ります( ・・)/

#8年後(多分)
電車の中で気が付いた男。今まで何をしていたのか覚えていま・・・
多分メインヒロイン(ぉ
・・・蹴られました(爆)
幼馴染のさおりに蹴られるわ説教されるわの一郎太ですが
何か面白いことはないかと思いつつ学園に行くと真柴が女の子に囲まれているのでさっそくちょっかい(笑)
しばらくコントしているとここで美人で物腰柔らかなこころ会長登場。

真柴がいなくなった後、こころが近づいてきて・・・
拡大立ち絵を基本にするしかないかも
上記のことまで覚えてくれてたのかと一郎太有頂天(ぉ

で、教室に着くとクラスメイトたちに地球防衛部のことを話し、早速勧誘(笑)
*地球を守る部活だそうな(現在の部員:一郎太とさおり)
勝手に発起人にされたさおりにボコられた後、転校生の話題で持ちきりな教室内へ。
転校生が別に男だろうが女だろうが関係ない、面白いかだと思う一郎太。

そこに大樹先生がやってきて、さっそく転校生を紹介。
時久環というショタなこの方は早速女子に大人気ですが、一郎太は
「俺は普通の人間には用はないんだ、
宇宙人か、せめて伝説の勇者くらいを連れてきて欲しい」
・・・(^_^;;;

そしてお昼、大人気環がモブに囲まれて困っているわけですが
ここは俺(またはさおり)の出番とさおりと共に環を連れ出します。
他の連中も悪気は無いわかってやってくれと言う一郎太に環は「優しいね、国東くん」と
落ち着け相手はショタだ
おちつけ(笑)
しかし結局「今日からお前は俺のマブダチだーーつ!」と環を抱きしめるなるわけです(ぉ
そこにこころがやってきたので環が自己紹介するのですが、なぜか一瞬こころは戸惑う様

が、それは一瞬で、すぐに次の話題に。彼女曰く夜な夜な不審人物がいるとのこと。
ひだりの人が(汗)
その話題は教室に戻っても続き、一郎太は興味津々でモブクラスメイトから話を聞き
よせばいいのに幽霊の正体を暴こうと夜の学園に・・・
すると廊下で「そこにいるのは誰だい?」という声が、こころ(剣道着姿)です。
で、「私もついていってあげよう」となるわけですが、何かの音を感じて会話中止。

そして二人の前にがしゃんがしゃんと重たい音が響かせてやってきて
かっこ・・いいのか?(^_^;;;
「タカ・・・ラ、ヨコ・・・セ」と剣を突きつけてくるのですっ( ̄▽ ̄;)
こいつにあっさり弾き飛ばされる一郎太をかばいつつ、こころはデカブツに挑みますが
いかんせん木刀ではどうにもならない、さあどうするっ(汗)

そこに現れたのは仮面の人。
声でバレバレすぐる(^_^;;;
彼女が何者かは放置して、とにかく逃げるこころと一郎太。
2人は警察に電話しようとしますが、そこになんかデッカイヤツがっ・・・
*ここで次回予告が入ります。

※注:ここからは環視点に
放課後、一郎太やさおりと話す環ですが、いいクラスだなと思うわけなのです。
そんな一郎太から幽霊探索の話を持ちかけられるのですが、ここはパス。

2人と別れ、手続きのために事務室に向かい、街に出る環。
*選択肢で大樹先生かこころのイベントがあります
腹ごしらえと神社の境内でたい焼きを食べようとすると犬(?)が「なー」と鳴き付いてきます。
さっそくたい焼きをあげるんですが、襲い掛かる犬軍団に大ピンチっ、

そこに「何やっとんやお前らーっ!」と現れたのは関西弁キャラ(ぁ
さいたまさいたまさたいまー!(ぉ
ハンカチを貸してくれた彼女もお腹が減っているようなので一緒にお食事することに。
「おおきに」と感謝され、「この借りはいつか必ず返すからなっ!」と別れましたが
ハンカチを返すのと名前を聞くのを忘れてしまった環なのです(^_^;;;

その後、電車に乗って下宿先のマンションへ向かう環。
おばあちゃんの知り合いとはいえ出会ったことがないという人と同居なんだそうですが
「おまたせっ♪」と出てきた人は
とりあえずおちつけ主人公(笑)
・・・なんだ、先生か(殴)
*この直後バスタオル取れて環鼻血ブー(^_^;;;
介抱されて謝る環に大樹先生は「お帰りなさい、環くん」と言ってくれるのです。
で、家具フルセットで本まである部屋を貰い、ついでにえろ本まで手当てしてくれる大樹先生でした、まる(ぉ

そして大樹先生との夕食へ。笑顔が優しい人に悪い人はいないと思う環。
しかも食後にコーヒーまで出してくれる素晴らしい「片付けられない女」でした(ぁ

夜、携帯を忘れていたことに気付いた環
「少なくとも半年間、君はいかなる場所でも、連絡がとれる状態に無ければならない」
という環に課せられた条件を思い出し、学園に向かう環・・・

夜の学園ですが、幸いこころが案内してくれたので何とかOK
見回りがあるという彼女と別れ、携帯を確保して校舎の外へ。
するとプールの方から水音が(選択肢がありますが、どれでも結果は同じ)

意を決してプールに行くと・・・なんとハダカの女の子がっ(^_^;;;
立ち絵もハダカなこの女の子に「べ、別に君のハダカに見とれてたとかじゃないんだよ!」と言い訳するんですが
帰って来たのは「こんばんわ」という声。そして
ハダカで泳ぐ露出狂(殴)
「待ってたよ、タマちゃん」と抱きついてきますよ!(笑)
久しぶりとか言われても何が何だか状態の環ですが、裸体娘は「地球はさ、狙われているんだ」

そして背後には巨大なメカが、8年前、冬麻が戦った敵なのか
でも8年前の力は残ってないという環に彼女は「大丈夫だよ」、そして
「おいでっ!インフィニティ!」

次の瞬間、環はインフィニティのコクピットへ・・・
「キミのためのロボット」というインフィニティですが、当の環は「僕には、そんな資格はない」
みんなの期待を裏切った自分にこのロボを動かす資格はない

しかし彼女は言います「裏切っちやったんなら、今度は応えればいい」。
そして下を見るとこころと一郎太の姿、そして冬麻から貰った勇気のメダル。
「僕が何も出来ないせいで、誰かが傷ついて、
泣いて、悲しむなんて、絶対にイヤだ!」

そして戦闘シーンへ( ・・)/
*適当に撃ってるだけで勝てます

勝利後、プールサイドで気がついた環。
彼女は一体何者なのかを考えつつ、空を見上げるのです・・・
*この後デモが入って体験版は終わり、花音のHシーンが付属します

#キャラクター
フルボイス。主人公が1人の時は本人の立ち絵を出して会話し、
Hシーンは主人公もしゃべるという珍しい仕様です

*音霧花音
夜のプールでハダカで泳いでたよく考えたらアブナイ人(殴)
おかげで体験版ではハダカの立ち絵しかないという恐ろしい方(爆)
環を「タマちゃん」と呼び、インフィニティを召還(?)できる方ですが、なぜ環を知ってるのかは不明

*葉賀音こころ
生徒会長。クールというより物腰柔らかな人。
剣道もやっている人でしっかり者。
*ちなみにグルガオンに葉賀音鉄幹という司令がいましたが、彼女との関係は?

*メグ・メル・ジャーシンカ・テレスドン
関西弁チャイナ服という無茶な方。基本的にノリツッコミ系かと。
ツノとかしっぽとか人外装備を備えていますが、体験版では最初の出会いだけなのが残念。

*國見大樹
担任。長身で目が髪で隠れているというえろげの主人公みたいな人。
環と同居を引き受けたりする包容力のある方、ただし片付けられない症候群(ぁ
まあ、目が隠れた立ち絵を受け入れらるかですね(たまに目は出ますが)
仮面の人をやっていることがバレバレですが、身体能力の高さといい、実体は何者なんでしょうか?(汗)

*鷹月さおり
一郎太の幼馴染のツインテ眼鏡っ娘、チョップが得意(ぉ
最初は完全にヒロインでしたが、視点が環に変わると一気に出番が(^_^;;;

*国東一郎太
熱血バカ(笑) なぜか歯が光る(ぉ
一時的に主人公扱いになってましたが、こいつ視点で話作っても面白いかと(笑)
*ショタに洗脳されつつありますし(ぇ

*真柴
副会長。モテるけど何となくイヤなタイプ。
環はいい人言ってますが、果たして底はどうなのかなぁと

*大狼冬麻(本名:トーマ・フェンリル)
前番組の主役(ぉ スパロボみたいな服を着た熱血系主人公(声:小次狼
最終回で旅立っていきましたが、戻ってきたときどうなるのか。

*時久環
主人公。ボイス有りますが完全に女の子声。しかも身長148cm(ぁ
見た目通りのショタっ子で何かあると断りきれないタイプ。
なにやら前の学校で色々あったようですが、さて(^_^;;;

いきなりグルガオン最終回から始まり、スタッフロールまであるという凄い仕様なのはともかく
この部分は導入部としても、最初の部分で「あれ?」と思った人は全員でしょう。
なにせOHPで主人公とあるはずの環ではなく、OHPにいない一郎太視点。
しかもこれまたOHPにいないさおりとのやり取りから始まるからびっくり(^_^;;;

途中でちゃんと環視点に戻りますが、この騒動からどう次の日に持っていくかですよね
花音とメグ・メルは自己紹介すらしていないので、再会した時が見物ですが。
*あなた快盗でしょうな姿をしている大樹先生はグルガオン時にも出てきてましたが
・・・環は覚えてないのかなぁ(^_^;;;

キャラとしては主人公の環は完全なショタでボイスも女性なので男らしさはないですね
*さらにもって環はHシーンでもしゃべりますが、どうなんでしょうか(汗)
こんな熱血系には向かない姿と声で、実際問題一郎太の方が主人公向きじゃないかと思ったり(笑)

システムとしてはメッセージウインドウがキャラ立ち絵の下に来るという珍しい仕様で
そのおかげで前のセリフ残ることもあり、「会話している」という感じを出しているのではないかと
とはいえセリフウインドウのおかげで立ち絵は3人だけですので、妙に空いた感じ
とどめに1人だと異常にスカスカになるんですよね(汗)
立ち絵以外に人がいないからラッシュ時の電車なのに誰もいないという妙なことになっていたりしますし。

そして最大の問題は「戦闘シーンがダメすぎる」
動かないんだぜ・・・
動かない敵にこれまた動きのない攻撃とか一体いつの時代のRPGですかと。
冒頭のグルガオン最終回にしても一枚絵と多少の効果だけでもう少し何とかならなかったのかと。
雰囲気とかセリフとかのノリはスパロボっぽくてよいのですから、このあたりの演出が残念です(汗)
*無理に9月に出すことがかえって各部に無理抱えてるような気します

まあ、色々と伏線を仕込んでいるのがわかるので、本編でどうなっていくか
できれば花音以外のヒロインにもそれぞれ専用の強化形態があればいいのですが
・・・メカデザが持たないか(殴)

おまけ:
愛てんてーは「めーめー」だったか(ぁ
・・・(C)竜胆愛(帰れ

篠岡美沙抱き枕シーツのれぽ

  • 2010/09/16(木) 14:24:50

今回もバナーを置いておきますが

性格とは違う感じの絵ですよね
「メインヒロイン全員抱き枕化」というのは意外に少ないんですよね。
ましろ色シンフォニーが他にありますが、攻略キャラ4人という少なさが大きいのかなと。
この手のものはどうしてもイベント合わせなんで、複数同時発売しないとソフトからえらく長くなる問題がありますし、全員揃わせるのは大変なんですね。
そんなわけで、発売一年近くかかって登場することになった美沙せんせ抱き枕です

表。ミニスカートと黒ストという組み合わせですが
この人って普段パンツルックだったような
美沙せんせは普段パンツルックなんで結構貴重な組み合わせなんですよと。
*ちなみに今まで導入した抱き枕と違い、
シワ防止の型紙が入ってたり、材質や洗い方が付属しているなど親切かつ丁寧です。

寄せて上げるのは基本なのか(ぁ
アップにしてみると寄せて上げる状態なのもあって胸が胸が(^_^;
この人は下着はピンクなんですよねと。

黒ストは基本の萌えだなぁ・・・
下の方に動くとおへそとか脱ぎかけの黒ストとかが誘ってくれるのですよええ(笑)
ここには写りきれませんでしたが、ストッキングの足の部分もしっかり描かれてます。

裏面。
もう少し写りがよければ(¨;)
ちゃんと脱いだ下着があるわけです。
リボンも外してあるため、本当にはだけた感じで、シーツの皺もきちんと変化しています

で、表の余裕ありそうな表情から一転して・・・
泣き顔ですよ
涙とか出ているんですよ(¨;)
どういう状況か考えたらイロイロ出てきそうでもう(^_^;

指は入ってません(殴)
引いてみるとこんな感じ。ちなみになにやら液描写もありますが、
そしてよく見ればわかる通り、指は入ってません(死

価格は一万円を越えますが、表裏の差別化とか、衣服とか表情とかとてもいいものです。
黒スト姿にしたこともあって表でも充分萌えられると思います。
出来は柚月せんせや優芽せんせのよりずっと上ですし、型紙を入れる親切さもあるので持っていて全く損はないと思います。

そうなると付録(殴)がついてきているというのはやっぱ厳しいなぁと(¨;)
*実際問題女教師+ロリの組み合わせって、属性的に重ならない(多分)ので、
どっちかが付録(殴)化せざるを得ないんですよね・・・
(追記にそっちの方の写真を載せてあります)

・・・そこの美沙せんせだけでは売れ残るといったヤツ、表に出ろ(ぉ

続きを読む

星空へ架かる橋体験版(3、4話)感想

  • 2010/09/15(水) 20:30:34

前回と同じく著作権はここに

とりあえずメインの人で
今回の容量は314M。そして前回の感想はここに
画面はシステム設定すれば再起動時にそのままになるようになりましたが、
選択肢戻しは使えないので注意(ただのクリックになる)

誰かが来ることを密かに期待しつつ、境内を掃除する円佳、
そこにゴールと言いつつ駆け上がってきたのは・・・

#第3話「おいでませ、山比古町!」
おにいちゃんと一馬は歩に起こされるわけなんですが、弟では役不足とみた千歌は
起きなさいとばかりに布団ごとひっくり返します(^_^;

昨日(1&2話参照)の回想の後、千歌が呼んだという案内の人登場。
その当人です( ・・)/
・・・お風呂を覗かれた人でした(笑)
そんなわけでつむぎを加えて3人で通学。
途中、つむぎは何かあったら頼って欲しい、そして何かできることがあれぱ何かして欲しいと。
続けて「おっはよー」と初が登場し、彼女が放課後の町案内をすることに。

で、学園に行くと伊吹がプンプンしてますが当たり前(ぇなのでともかく
大吾からつむぎの話を聞かされますが、つむぎの妹とは?と興味を抱く一馬。

放課後。伊吹と大吾も連れてつむぎと待ち合わせますが
初から伊吹がつむぎに憧れていると聞いてなるほどと思う一馬なのです。
で、伊吹が歩と対面して「血が繋がってるの?」と驚いている中、一馬の方は歩についてきた女の子を発見。
初対面でこれかいΣ( ̄_ ̄;)
なにこの面食い女(笑)
このつむぎの妹のかさねを加えた大所帯で町中へ。
住宅街や商店街を巡り、酒屋に友達がいると言う(今は不在)つむぎ。

初が大量に買ってきたうめえ棒(チーズ味)をほおばつつ駅へ。
駅前に全然人がいないことに驚く一馬ですが、他の面子は駅に数万も人が来るという話に仰天。
その後、木霊神社に向かいますが、途中、巫女舞を担当する人が円佳という女子だということを知らされます。

神社への石段前で一旦休憩しますが、その時に伊吹の面倒見の良さを垣間見る一馬
そうしていると初が「カズくんは疲れた?」と。全然と答える一馬に
階段競争( ・・)/
「競争しよ♪」と言ってますよこの初って方はっ(^_^;
伊吹や大吾がやれやれと見送ってますが、そんな中でもつむぎは
「友情の花が開くのかしら、それとも開くのは恋の花かしら?」と(笑)
*伊吹と大吾も猛追開始(ぉ

一馬が主人公の意地で初を追い抜き、見事一着で境内に「ゴーール!!」
(つまり冒頭に繋がります)
すると社殿の方に巫女(円佳)。言葉が見つからず、ただ見つめ合う二人。
出会い・・・
しばらく沈黙が続きますが、そこに二着の初が駆け込んできました( ・・)/

円佳に挨拶し、一馬を紹介する初。
しかし「ほしの・・・かず・・・ま・・・」と名前を知った途端、逃げるように本殿に消えていくのです。
他の面子も揃って参拝した後、神社を後にする面子

最後に「マウン10」(ぉへ行くのですが
かさねに「都会でもいっぱい女の子を泣かせてきたんですよね?」と突っ込まれた挙句
問い詰めモードですねわかります
このように尋問と相成るのです(爆)
*選択肢で言い訳できますが、なぜかセーブや戻しもできな上、どちらでも結果は同じ
結局、歩の「お兄ちゃんの言うこと、信じてもらえませんか?」で事なきを得ますが・・・(^_^;

その後、謎の女の子を物陰で発見→気付かれて逃げられるなんてことはありましたが
町案内を楽しく終わせることができたわけなんですよと。
*ただし、食べ過ぎたおかげで夕食残して千歌姐さんに叱られますが・・・
#次回予告が入ります

#第四話
突然ひどいタイトルにΣ( ̄_ ̄;)
・・・まてオイ!(笑)

#次の日
学園(本日は兄弟2人きり)に行くと大吾たちにやっかまれたり
南国原先生に釘を刺されたりと相変わらずな一馬
で、昼休み。初と大吾に誘われるわけですが
*選択肢。初を選ぶと伊吹を加えた4人で一馬の家や本八和良町の話になります。

大吾とテラスへ。その大吾が購買で戦っている間、一馬は席確保に励むのですが
するとポニテの上級生らしき人が「座って」と。
無口で必要な事しか言わない彼女(陽菜)にとにかくも自己紹介する一馬。
先輩キャラだそうで
誰相手でも同じ反応なのかいという突っ込みはともかく
周囲からは命知らずだの馴れ馴れしいだのという声が(^_^;
弁当を食べ終わった彼女が立ち上がりますが、そこで一馬はつい「背、高いですね!」

それに対して威圧感と眼光、そして「あまり調子に乗らないで」という彼女・・・
*ちなみにどっちの選択肢選んでも謎のSDに監視されています( ・・)/

放課後、どうしてこうなったんだと参った状態の一馬なんですが、
廊下に出ると謎のSDに監視されてることに気付き、追撃!
しかし曲がり角にちょうどいた円佳に衝突・・・ではなく、彼女の両肩を掴んだ状態で停・・・
おちつけおちつけ(^_^;
・・・あ゛、ぱにくった( ̄▽ ̄;)
悲鳴と共にぶん投げられた(らしい)一馬。
そこにつむぎと陽菜登場。「ほうとうにほんとう?」と突っ込む陽菜ですが
大吾が一馬を運ぼうとすると彼女は去り。つむぎと共に保健室へ。
・・・その頃、何か怪しい人が・・・(^_^;

保健室で湿布を貰って初、伊吹と合流して下校しようとする一馬。
が、突如大吾が何者かに狙撃されます( ̄▽ ̄;)
続けて「今のは警告だぞ、星野一馬!」という謎の声。た、誰だ!
でもスパイしていた(ぇ
・・・なにこいつ(笑)
さらに「今この場で叩き直してくれるわ!」とコイン攻撃!
しかも誤解だといくら言っても聞き入れてくれませんこいつΣ( ̄_ ̄;)
さすがにコイン乱射には勝てなかった一馬はとうとう敗北(汗)

そしてこよりという人は高笑いと共に消えていくのです(ぁ
つむぎに介抱される一馬に彼女はこよりは自分の妹で、誤解しないで欲しいと

帰宅。そして歩とお風呂へ。
歩は「お兄ちゃんにも何かしてあけたいなって思ったんだ」と背中を流してくれます
そして・・・
もうメインヒロインでいいよ(笑)
*ウインドウ消すと乳首見えます(殴)
#これで体験版は終わり、この後伊吹とのHシーンが付属します。

#キャラクター
南国原先生に立ち絵が入ったのが第一弾との違い。
果たして西&東海林に立ち絵は入るのか見物です(ぉ

*藤堂つむぎ
藤堂三姉妹長女で仲居見習い
いわゆる「先輩姉キャラ」で万能ですがゆったりと包容力のある人
立ち絵を横向きにして胸を異常に強調させているのが特徴(ぁ

*酒井陽菜
クールでかっこいいい系の無口な先輩キャラ。つむぎとは親友
175cmの長身キャラですが、その長身にコンプレックスを抱く人でもあります
ただ、出番が恐ろしく少ない(テラスに行かないともっと少ない)ので・・・(汗)

*藤堂こより
三姉妹次女。無駄に元気で正義感が強く、やたらに一馬を目の敵に。
でも監視とか銭投げはやめようね、うん(ぇ

*神本円佳
後輩で巫女をやっている方。物静かな人ですが時折パニくります(笑)
一馬と何かあったような行動を取りますが、やっぱいつもの誤解?

*藤堂かさね
三姉妹三女。いわゆる情報屋タイプで耳年増。
子悪魔系ですがショタな歩と仲良いのでそのうちセットで動くのかも。

前の体験版から続く「初を押し倒してキスしたのは事故だ誤解だ判ってくれ」ですが
これが収束するどころかますますこじれてしまう内容。
特にメイン以外のモブの連中からはひどく、ほとんど針のむしろ(汗)
しまいには直接攻撃まで喰らって土下座する有様で、どうしたらいいんでしょうこれは(^_^;


OHPにいるヒロインは全員登場しましたが、つむぎを除いては噂話を曲解(あるいは敵視)しているレベル。
正に「一度ついた悪いイメージを払拭することの大変さ」がよくわかる話です。
*実際ちゃんと事情を理解してくれてるのはつむぎと歩だけですから(¨;)
とはいえ一馬に関しても陽菜に「調子に乗るな」と言われるように問題点を抱えたままなんですが。

それと3話で町の案内が出てきますが、ここで「都会と田舎のギップ」が結構出てくるのは興味深いかなと
・・・まあ実際の田舎はもっとヒドい有様になっているのですが(^_^;

そういうわけもあって歩のメインヒロイン度が更にアップ。
乳首(男キャラなのに)まで出てきますが、「もう弟だけでいいよ」にならないことを祈りたいものです。
流れそのものは前の時と変わってないので、前の体験版でダメなら今回もダメ押しになるとは思いますが。

あ゛、バイノーラルは・・・どうなんでしょう・・・なんか名前倒れなような・・・(¨;)
*HシーンにBGMか入らないという問題点に気付きましたし

おまけ:
似ているといえば似ているか
似ているといえば似ているというか、1人だけキャラ浮きすぎ・・・