JINKI EXTEND Re:VISION体験版感想

  • 2010/10/31(日) 22:59:36

いつものように著作権はここに

なんかオリキャラらしい・・・
容量は389M。画面は1024×600で仮想フルスクリーン設定も可。
システムは戯画のいつもの安心システムですが、
起動時に他の戯画ソフトのシステム設定をインポートできる機能を持ちます
*ちなみに「SECOND IMPACT」(フォルダは「体験版2」)とありますが、最初からなので大丈夫です。

#私は原作を全く知らないので知ってる人からすると妙な部分もあるでしょうがご容赦を

でっかい荷物をヘリ×3で運んでいた南とルイ。
しかしそこにバーゴイルからの攻撃がっ(汗)
南はバーゴイルに獲られるぐらいならと荷物を市街地に落っことしてその場しのぎ
*ここでロストライフ現象(街と人が突然消滅する)の説明が

手を繋ぐ少年と少女、「この子は、誰・・・私は・・・は誰?と疑問する赤緒・・・
とりあえず起こせ(笑)
・・・よく寝てやがます( ̄▽ ̄;)
呆れ顔の氷野顕(主人公)や泉、勝世、マキといった面々が好き放題言いつつも赤緒はやっぱりむにゅー(ぁ
このまま放置できないため顕が起こすわけですが、神社の仕事をしていたから眠かったそうで、赤緒の身の上話がでてきます
*三年前に神社に引き取られたけど、記憶喪失だったそうな

それからさっきの夢の話を他の面子にする赤緒。
意味深だねと赤緒ちんの願望が出たんじゃないとの解説に
子持ちヒロインという衝撃の設定(殴)
最初から子持ち設定だったのかメインヒロイン!(大間違い
*そして主人公早くも鬱モード(爆)

顕は突っ込みで復活しますが、記憶がないことを不安に思う赤緒に勝世は
「楽しい思い出なら、これから作っていけばいいじゃん。俺と」(笑)
寝取りは許さんぞとばかりに怒り狂った顕は勝世制裁に乗り出しますが
なにその攻略フラグ(笑)
担任の八城先生にぶつかってしまうわスカートに突っ込むわえろ主人公モードへ(笑)
見事粉砕された主人公を放置・・・してもいいのですがイベントのため保健室にれっつごー(ぁ

保健室。顕が気付くと看病している赤緒、それと容態を確認してくれるなずな先生が。
保健の先生の基本(ぇ
見事に見抜かれています( ・・)/
そんななずな先生に顕はご休憩なんてそんなことヤバイよと勝手に大慌て(笑)
赤緒を引っ張って逃亡しようとしますが、なずな先生は「左肩をかばった方がいいですよぉ」と・・
古傷のことを指摘された顕はなずな先生を畏れるかのように逃げ去るのです(汗)

帰り道。赤緒に何があったのかと聞かれてずりずり追い詰められる顕。
どう答えればと迷っていると五郎が赤緒に「どうしたんですか、そんな顔して」
買い物に行くという五郎についていこうとするのですが、赤緒に仕切られて失敗(ぇ
結局、顕は赤緒と2人で買い物へ・・・が、その姿を付け狙う謎の男が・・・

で、買い物からの帰り道。鍋について話していると「ちょっといいか?」と尋ね、
次の瞬間飛び掛ってくる男がっ(汗
手を出さずに首を絞められるスゴイ人
※注:首を締めてます
刀使いはいるかとか何のことやらさっぱりな上、赤緒の危機を前にした顕
その時左肩の痛みと共に顕に怒りが広がり、男に襲い掛かろうとしますが・・・
男は赤緒を離し、「なんだお前ら、ホントに知らねぇのか」と呆れた状態に(汗)

さらに意外にも男は2人を橋の下まで連れて行った上、カップ麺まで食わせてくれます。
*さっき乱暴したお詫びだそーな(笑)
カップ麺を気迫で食うフリーダムな両兵は赤緒がただの血続なのか八将陣じゃないのかとさっきの続き。
もちろん顕も赤緒も知らないため話は通じませんが、赤緒が
「私がその八将陣だったら、どうするのですか?」と聞き、両兵が「だとしたら、どうする」となった時
正論言ったのに最低言われる
「許せません!」
が、「オレは最低だ」と自嘲気味な両兵、関わる必要はないと悟る2人、しかしそこに爆発音がっ(汗)
慌てて神社に戻る2人、そして両兵は・・・

一方、鎌背負ったカリスというイカレタ男が冒頭のコンテナをえっちらおっちら破壊中
そこにルイがやってきて、カリスは久しぶりだなぁと三年前散々バカにしてくれたなとご挨拶
でも負けるのは女性キャラという稀有な例
・・・あ゛、論外扱いされてる(爆)
が、どう見てもかませなカリスがルイに勝つ珍しい展開、そして彼のエロターン(ぁ
*ただし陵辱シーンのCGはない

赤緒と顕に戻って神社の森に向かう2人。
しばらく走ると謎のコンテナを発見。何物かと思っていると陵辱されたルイ。
それから「泣くどころか叫び声一つ上げやらねェ!」いい思いしたのにご不満なカリス、贅沢です
コロス殺すとキレまくってる彼からルイをかばおうとする赤緒。

自分、そして赤緒の体が熱いことを感じ、カリスの鎌は赤緒の前で止まり、その上彼を吹っ飛ばす(汗)
それでも立ち上がってきたカリスですが、両兵にあっさり叩きのめされておしまい(^_^;
で、コンテナ、そしてルイのことに気付いた両兵は「言ったよな、自分の都合だけで他人を傷つけるなって」
つまり2人にルイをほっといて逃げろという両兵なんですが・・・

なにかロボット(バーゴイルという人機)がっ( ̄▽ ̄;)
*ロストライフ現象の正体が強化人間と人機だそうな
とりあえずコンテナの影に隠れますが、そこで両兵は赤緒の記憶が三年しかないことを知り、
「例え一ヶ月でも一日でも、記憶があるなら命を粗末にするな!」とまるで主人公のような言葉を放つのです。

が、赤緒は「それでも、大切な人が傷ついたり苦しんでるのを、黙って見てるなんてできません!」
そんな赤緒の言葉に打たれた両兵は「ならお前、モリビトに乗れ」・・・
といいつつ人機の説明をする親切な両兵さん
そして両兵は顕にもモリビト2号(コンテナの中に入ってた)にも乗れと言い残し、
ふっと現れて消えた謎の少女の影を気にかけつつ、モリビト二号に乗るのです。
爆発の中から現れたモリビト2号(モーショントレースシステム搭載)と人機・バーゴイルとの戦いへ。

*選択肢がありますが、どっちでも勝てます
敵を倒したところ( ・・)/
その後、謎の人機が現れて貴様は誰だと問い、八将陣は私の獲物だジャマするなとライバルっぽい通信(^_^;
こいつはいきなしマシンガンを撃って来ますが、跳ね返った弾が住宅街に行くのを防いだりいかにもライバル。

そうこうしているうちに戦車部隊がやってきたため彼女は退散。
大変なことになったけど、赤緒と一緒ならと何とか安心できる顕なのでした、まる。
*ちなみにカリスは上司(?)に呼ばれたらしい

#次の日
昨晩いろいろ話を聞かれたので眠たい2人。
それでも学園に通えるから心配ないと赤緒に元気づけられます
教室に着くとさっそくクラスメイトが心配してたんだからと駆けつけてくれます。

で、ロボが戦ってたことを知っているマキから質問を乱射されて大慌て(笑)
なにせ口止めされている&言ったところで信用したもらえないという二重苦。
しかし勝世の事件の秘密を知ってたら登校してるはずはないという正論に救われる2人なのでした

お昼。五郎さんとか赤緒のことを思う顕。でも肝心の相方は寝ています(笑)
が、彼女の寝言で昨日のことがバレそうになったので顕は大慌て、
そして「あーーーーれーーーー・・・」と赤緒は顕に連れ去られるわけです(爆)

屋上。赤緒に何言えばいいのかと思ってるとすいませ・・・んな気弱な女の・・・
初登場がお邪魔虫状態(汗)
何か勘違いしてますがこの方( ̄▽ ̄;)
「昨日現れたロボットのこと、何か知りませんか!?」と単刀直入に聞く彼女。
(口止めを喰らってる)赤緒と顕は知らないのと言うしかなく、彼女も去っていくのです。
赤緒は彼女の名前すら知らないのはと追いかれますが、結局見つからず(汗)

放課後、神社の周りにたむろする自衛隊の車両に「現実」を感じつつ、その神社へ。
五郎さんに挨拶した後、客間へ行くと南が待っていました。
彼女はなぜ赤緒&顕が人機を動かせたかについて「あなた達が血族だからよ」と断定し、
自分がアンヘルに所属していることを教えた後、ロストライフや人機の説明を始めます

*キョムとアンヘルとの人機を使った戦争がロストライフだとか、
人機を動かせるのは血族だけとか、血族は様々な能力が使えるとか
で、ルイが神社を守るために能力を使ったことを話した後、南は・・・
だって通常攻撃がダメだから
ということです、お約束ですね(笑)
※:当然ですが普通の兵器は通用しません
モリビトの操主になってと懇願する南、しかし赤緒は「少しだけ、考えさせて下さい」と・・・
で、焦る南の後ろにいきなり現れた五郎さんは顕に問いかけます。
「あの子が決めたことに全てを委ねます、顕くんはどうです?」

森の中、モリビト2号を前にどうすればと悩む赤緒
みんなを守りたいという顕。しかしそこに何か妙なロボがそのロボ(戦闘員っぽい)に立ちはだかるくのいち風の人

その彼女が戦闘員、もといゾールと戦っているのを目の当たりにした2人は自分たちにしかできないことならと決意し、
2人の手を重ね合わせるとあら不思議、さっきまで置き場がない状態だったモリビト2号が起動するのです。
そこにゾールを倒したくのいち風の人がやってきて答えは決まったかしら?と名指しで質問( ・・)/
眼鏡を取ったらクイーンズブレイド(殴)
・・・まあつまり、なずな先生なんですよ(笑)
さらに南と諜報課だという友次もやってきます。
*なずな先生は友次の部下だそうで・・・

そんなわけで、南はアンヘル支部を作ることとになり、赤緒&顕は操主になったわけなのです( ・・)/
*しかも神社が基地とかいいのか(笑)
で、無意味に柊家に馴染んでダメ人間化した南さんに呆れつつ、この日は終わるのです(爆)

#次の日
カリスと謎の女(シルエットではなく、非常に薄く立ち絵を表示しています)の会話から。
彼女から(操主の)赤緒捕まえてこいという命令を受けて意気揚々と出向くカリス。
・・・当然、顕「も」操主だということ頭から忘れております(笑)

で、上記の会話がなぜか夢に出てきた顕。
南さんにあれこれツッコミを喰らいながらの朝食中、ルイがやってきます。
とはいえ全く素っ気無い様に苦慮する赤緒と顕。そして南さんのルイについての話。
*彼女曰く、モリビト2号には本当の操主が別にいたけど、その人は日本に来れないと。

で、南さんからルイのことを頼まれ・・・「任せてください!」(C)赤緒)
そして鍋信者・赤緒の鍋話を延々聞かされつつ学園へ(ぉ
途中他の面子に色々突っ込まれますが、それもいつもの学園生活だと納得する2人。

その頃、南は取材に対してロストライフやらアンヘルやら人機の事を話し・・・
※:ただし血族のみ
・・・挙句、操主の募集まで始めましたよこの人っ(笑)
当然クラスメイトには思いっきりバレたわけで、追求が始まるのでした、まる(笑)

放課後、神社に戻ると操主になりたい人が大行列( ・・)/
そんな中、兄に会わせてくださいという前日の女の子が・・・
川本さつきという彼女を南さんに引き合わせてみると、やっぱり兄はアンヘルの人。
しかし、さつき兄は重要ポストな上秘密基地にいるから連絡はできないと南さん
「折角ですけど、もう行きます・・・」と去っていくさつき。慌てて追いかける赤緒と顕。

今回は追いつけた赤緒は、お兄さんの思い出を聞かせてほしいとさつきに頼みます。
(記憶がないから)人の思い出でもあったかく感じるという赤緒に、さつきは身の上話を・・・
で、手紙くらいなら大丈夫だよとさつきを励まし、彼女と別れるのですが・・・

・・・慌ててやってきた南さん曰く、さつきも血族だったとかもう(笑)
そんなに簡単に見つかるのか血族はと思いつつ、さつきを探そうとしますが
ちょうどそこに八将陣の人機がやってきましたよ!( ̄▽ ̄;)
*2人でモリビトで出るか、さつきを探すかの選択肢ですが、どっちを選んでも赤緒が連れ去られます(¨;)
最後の最後でおいしい人
で、最後に次の展開を告げるようにエルニィがやってきて、体験版は終わります。

#キャラクター
人機とか戦闘員(?)には多分意思はない模様
かなりキャラが多いですが、モブの皆様には立ち絵はなし。

*柊赤緒
記憶をなくして神社に拾われた方、優しくて人当たりはいいのですが妙な方面に考えが走ることも。
妙な夢とか能力とか人機動かせたりイロイロありますが、正体は何者でしょうか
ちなみに鍋があればみんな仲良くできるという鍋信者(爆)

*黄坂ルイ
クールで無表情な方。無愛想で付き合い下手ですが、思いやりのあるところも。
いきなりカリスに悲惨な目に遭わされてますが、ここからどう持ち直せるのか(^_^;

*黄坂南
ベネズエラでアンヘルという組織に入ってた方、基本はまともな人で真摯。
とはいえ人をちゃかすわ勝手に馴染むはダメダメの片鱗を見せてますがさて(笑)
後、ルイとは姉妹なのか親子なのか(^_^;;;

*瑠璃垣なずな
保健の先生、保健キャラらしく定番というかフェロモン系の大人の人
何かというと「ぷるん」と胸が揺れる人なんですが、ちゃんと体の心配はしてくれます。
ちなみに実は諜報部の人だそうで、えろいくのいちルックで戦います( ・・)/

*川本さつき
兄を探す後輩キャラ。おどおどタイプで引っ込み思案。でも動く時は動く人
途中で血族だというのがバレましたが、彼女も人機に乗るのでしょうか(^_^;;;

*志麻涼子
生徒会長。なぜかいつも八城先生と一緒に出てきますがなぜなのか。
会長らしく冷静というか、先生のなだめ役と赤緒をちゃかすのが今のところの役目(ぉ

*蔦谷マキ
マシンガン(ぇな女の子、マンガ家志望で噂好き
立ち絵の動きと表情パターンが非常に多いので観ていて楽しい方です

*八城ジュリ
ヘビメタ髪(?)の担任。どなってはクラスメイトをまとめるのがお仕事
突出して派手な姿をしている印象深い方ですが、先生以外の出番はあるのでしょうか。

*柊五郎
赤緒を世話している神主、一応男です多分。
とらえどころがない人のように見えますが、実際そんな感じ(笑)

*小河原両兵
カップ麺のため気迫を込めて戦うホームレス(まて
腕力あるわ色々知ってるわ言動がカッコいいわでまるで主人公、ただし南には弱いようです。

*カリス・ノウマン
上半身ハダカで鎌背負った逝ってる人。強化人間だそうです。
ルイをヤレたので美味しい役なんですが、多分次で終わりそうな雰囲気バリバリ(笑)

*高津勝世
親友キャラ。何かと気にかけてくれるいい男
でもこれからの出番がなさそうな雰囲気があるんですが(^_^;;;

*氷野顕
主人公。三年前に何かあったようですが謎。
今のとこひたすら赤緒一直線の人で、行動とかも赤緒とほとんど同じ
イマイチ影が薄いのは仕方ないのですが、赤緒以外のルートで彼の真価が試されそうです
*人機に乗ってもついで扱いですし(^_^;;;


まず、私は原作をまーったく知りませんので原作との差とかいうのは他の人に任せます
それはともかく、最初に持った印象は「バルドシリーズの新作?」
原画は違えど塗りとか雰囲気が実に良く似ています。
*クールキャラが逝ってる男に陵辱されるってのまで似ている(殴)
設定とか伏線は大量に出てきてまとめるのに苦労するほどなのは原作があるからなんでしょうかと。
・・・血族だの八将陣だの言われても私には理解するのが大変です頑張ったけど(¨;)

で、アクションがメインだったバルドと違ってこっちの戦闘はちょっと選択肢がある程度。
確かに画面の演出はなかなかですが、普通にアクションを入れた方がよかったのではないかと思うんですよね。
とはいえ、もしまともに入れたら容量とか仕掛けで大変なものになってしまいますが・・・(汗)

そんな戦闘はともかく、立ち絵が振り子みたいに揺れるわ動くは割り込むわ画面がぼやけるわと演出は豊富。
さらによーく見るとわかりますが、学生服のネームプレートが各自違うという芸の細かさ。
そして起動時に他の戯画作品からシステム設定を以降できるというのは画期的。作品数が多くてシステムが統一されている戯画ならではですよね。
・・・が、イベントCGだろうという部分を普通の立ち絵で代用しているため、どうしてもおかしな部分があるのは残念。
あれだけ立ち絵を動かせて表情が豊富なのに背景に人がいないのもちょっと減点ですし

話としてはヒロインがロボ(人機)については素人で、主人公ともども巻き込まれる形になっていますが
左肩だの三年前だのという伏線があるのでいずれ何か関連が出てくるのでしょうね。
まあ、人機は血族しか動かせません血族は能力ありますよすごいよね設定は突っ込むだけ無駄なので放置として
体験版ではそういう人たちよりもクラスメイトの方が目立っているんですよね、各自の個性も強くて会話も面白いですし
そのあたり設定からしてもどう考えてもシリアスにしかならないので、クラスメイトや先生の出番が減るのは惜しいなあと思います(^_^;;;
(なずな先生みたく別の顔がある人もいるのでしょうが、さすがに全員ではないですし)

後はどうやっても赤緒が捕まってしまう流れで体験版は終わりますが
ここからどう展開するかですよね。主人公の顕の主人公としての真価が問われるのはこれからでしょうし
ルイやさつきを見ると赤緒もえらい目に遭いそうな雰囲気なのがちと不安ですが・・・( ̄▽ ̄;)

風ヶ原学園スパイ部っ!体験版その2感想

  • 2010/10/27(水) 22:45:19

今回も著作権はここに

相方はメテオマン(ぇ
容量は191M(今回はOPムービー無し)。そして前回の感想もどうぞということで
最初に「花梨の部屋」なる体験版説明のコーナーがあり、
今回の作戦名は「ミッション・ティーブレイク」ということなんですが
最初から作戦予告( ・・)/
ただの邪魔じゃねーかーーーッ!(笑)

この後、体験版本編へ。
早朝、澄み切った空気を心地よく各自ながら1人学園に向かう杏一郎。
食堂(朝食です)に行くと誓以下のメインの面子勢ぞろい。

前(前回体験版参照)の作戦の褒美として誓から納豆、
退人からひじきを押し付けられたり、唄が唐辛子満点うどんを食べたりという朝食。
しかし携帯の(リトルファックマンという名前・・・)着信を受けた退人からの悪い知らせ
*何でも生徒会が会議したとのこと

そして生徒会に呼び出しを喰らった杏一郎。
誓は「へっぽこ執行部など返り討ちにしてくれる」と意気揚々ですがその彼女でも
どっかにいそうだこの名前(笑)
・・・がんだむ?(ぁ
不安だらけの杏一郎は「俺と一緒に来てくれますよね?」と援軍を請いますが・・・

生徒会室、いきなり画面真っ暗なのはともかく、生徒会から尋問される杏一郎。
もちろん前回の更衣室に突入してしまった作戦についてです。

で、スポットライトとかはともかく、郁美会長を目前にする杏一郎
*これで三度目の呼び出しだそうな(^_^;

その郁美会長は「なぜ有馬くんだけなんですかと」1人でやって来たことを問うと、
部長ったら酷いんですよ食べ終わって無いから一緒に行けないんですよと訴えます(実は演技)
誓がいないとこの余裕(笑)
どこまで付け上がれば気が済むのかと誓への怒りを燃やす郁美は「有馬くん、ともに共闘しましょう」とまで。
そんなわけでFA宣言して生徒会に移籍するのです寝返りを打ちなさいと引きこみ(^_^;
そして実績重視の彼女はスパイ部に「実績」を作るか、「粉砕」(解散)されるかを突きつけ
「粉砕されれる前に私の軍門に下りましょう」・・・

・・・と、そこに語るに落ちたな!な誓が爆発と共に登場( ̄▽ ̄;)
*会話は杏一郎の生徒手帳型盗聴器で聞いてましたこの部長
さっきまでの余裕はどこへやら、あわてふためていた郁美会長は「早く地雷探知機を!」

・・・なぜこの人は「盗聴器が部屋にある」に固執しますか?(^_^;
続けて誓が時限式の爆破装置があると言うものだから会長さらに大慌て!
哀れ執行部は総員地雷探知犬化してしまうのです( ̄▽ ̄;)
誓がいるとこの動揺(笑)
・・・だからなぜ大嫌いな誓の言葉を信用しますか?
そんな執行部を前に誓は時間切れ宣言と、「授業には、遅刻する」・・・

#数日後
杏一郎たちが部室にやってくると無駄にテンション高い遙奈と
顔が焦ってない( ̄▽ ̄;)
・・・焦り気味の唄がいました。
唄と(委員会に行った)誓を除いた面子でミッションしようと仕切る遙奈、新入りなのに図々しいです(笑)
誓に通信してみてもいつもの「はっはっは」(^_^;、とどめに退人にはパンツの色教えてあげると色仕掛け
ぱんつの色で釣られる男
ダメダコイツナントカシナイト(棒読み
そんなわけで、「スパイ部に入った意義」を考えたという遙奈指揮のミッションが始まるのです( ・・)/

で、校舎の端っこにやってきた遙奈は天井裏の通風孔に潜る「作戦」を説明しますが
むいてどうするむいて(笑)
何と彼女の目的地は生徒会執行室(の、天井裏)( ̄▽ ̄;)
最初に退人を行かせようとしますが、さすがに生徒会室の危険性を予感してパ・・・
・・・またもや色仕掛けにハマって突撃へ、バカです板垣退人(笑)
そんなわけで、遙奈指揮による「ミッション・ティーブレイク」が始まるわけなのです( ・・)/

「断固、スパイ部やります!」と舞い上がってる遙奈ですが、
退人が動けなくなったとの救援要請を受けてどうすればいいとと杏一郎に
そこで「どうするも何も、おまえが助けろ」と自ら責任取れと遙奈に言うと、

杏一郎を踏み台(ぁにしてダクトに登る遙奈なのでした、まる(笑)
・・・結局この作戦、天井に穴開けただけで終わったそうな・・・
*後説と第三弾の予告があって、今回の体験版は終わります。

#キャラクター
遙奈は「ステルス7」。そうなると空き番号は?(¨;)
ちなみに前回立ち絵がなかった副会長はイベント画面で登場。

*北岡遙奈(ステルス7)
「ツンデレヤロー」(C)退人)。見た目からしてもそうですが結構なハイテンション。
新入りなのに杏一郎を部下1号(退人は部下2号)扱いします、態度デカいよ仕切るよ(笑)
スパイ部というものにすごくわくわくしているのですが、なぜなのかは不明。

*宮本郁美
生徒会長の眼鏡キャラ。高圧的ですが結構まともな事を言う会長かと思いきや
誓を見るなり呆気なく崩壊する様は笑えるほど哀れ(^_^;
*ちなみに兄は理事長だそうです

前回の話の続き・・・のはずなんですが、繋がりが微妙
最後に「スパイ部だ!」とカッコ良く決めた割にはえらく地味な導入部というか
遙奈の入部経緯をすっ飛ばしていきなり作戦部分に入るのは「売りを見せたい」という意思なんでしょうが
彼女がどういう流れで部に入ったかの説明は欲しかったですね
(「話」と「話」を繋ぐのが大変なのはわかりますが)

で、今回は会長以下の執行部が登場したわけですが・・・
学校設備が破損しても「そういう外の論理は耳に入れません」で、
「実績」があれば学園が落書きまみれになってもいいという発想の会長はどうなのかと。
*逆に「実績」がなければ容赦なく潰すというのは、まるでどこかの仕分けです。

そんな結構なことを言い、誓に敵対心むき出しの郁美会長ですが
いざその誓を前にすると我を失って自滅する様は滑稽過ぎて哀れ。
結局、「非常識行動やりたい放題」のままです、まともな人間いないのかこの学園

そして今回の作戦は遙奈が指揮を執りましたが、これまた冒頭にあるようにいたずら行為
・・・まあ、失敗しただけマシなんですが・・・
作戦のノリやキャラはいいんですが、やってることが非合理すぎるんですよね(^_^;
*最初からずいぶん飛ばしてくれている遙奈のキャラはなかなか面白いからなおさら。

おまけ:
ふぉあてり?(ぉ
どっかのふぉあてりにいたよなぁ・・・こんなヒト(ぉ

お嫁さん候補があらわれた!コマンドは?体験版その2感想

  • 2010/10/19(火) 17:03:41

今回も著作権はここに

砂糖箱(ぇ
それから前回の感想も
今回の容量は303M。システムしては立ち絵のバリエーションが増えたぐらい。
それと日付表示が入るようになりましたが、前回のとシームレスに繋がってるかはちと不明。

#7月20日
朝、宙がリビングに行くと美琴がどうしてあたしの部屋に来てくれないのと立ちはだかります
*宙いわく理由がない(爆)
そこに七花がやってきますが、美琴は
なにという我田引水(笑)
この人勝手に話進めてますよええっ(笑)
が、あやかさんが「胸」で美琴をふっ飛ばして年上への態度がなってないと叱るんですが
「おばさん!」「ガキ!」と強調しつつどう突っ込めばいい対決状態に( ̄▽ ̄;)
どうしようもないため、宙は「犬猿の仲って言葉は知ってます?」と思いつつ逃亡(^_^;

その後、引きこもってばかりの雪姫は何してるんだろと部屋に行くと何かティッシュの音が。
何かと思いつつ中に入ると典型的なヲタの部屋、そして雪姫は
しかも一日中とか(^_^;
平然と言うのかこいつはっ(笑)
*お兄ちゃんのトランクスがオカズ(ぁ

オナニーを一日中やってるという不健康な生活はいかんと説得しますが
返って来たのは「くすっ、やっぱり雪姫に惚れてる」(^_^;
挙句気持ちいいこと教えてくれだのワレメ見ていかないの言い出す雪姫に唖然としつつ逃亡(^_^;

夜、雪姫のスジワレメツルマンにどうしろと言うんだまったく状態の宙ですが・・・
これで雪姫ルートだったらどうなるのか(笑)
それ言うために隣の家まで来たのか(笑)

#7月21日
朝、廊下に出てみるとフラフラの雪姫が。
*結局一日中やってたらしい・・・(汗)
続けてリビングに下りると美琴がぱんつ(脱ぎたて)被せてくれますが、あからさますぎるんで宙は欲情しません(^_^;
ベタベタしまくる美琴をなんとかかわしていると七花登場。

彼女いわく宙の下着が見当たらないとのことですが
・・・雪姫がオカズに使っていましたとさ(笑)
何とか雪姫をやめさせないとと思う宙なんですが、美琴は七花にオナニースタイル聞いてますよええ(^_^;
モジモジしたりしないもんと否定したりと「普通の」反応をする七花・・・
ぎりぎり・・・
・・・あ゛、ボロが出た( ̄▽ ̄;)

リビングに戻るとあやかさんからお願いということで葉月の着替えを持っていくことに
*ただしその前に思いっきり抱きしめられますが(笑)
で、お嫁さん候補だもんでくっついてきた美琴と共に学園へ。

さっそく葉月にカバンを渡そうとするのですが、美琴が中身をチェックしてるという(^_^;
*なぜか黒レース下着( ・・)/
で、美琴がオナニーしてるんでしょと蔑視気味に問うと本人は全く意味不明状態。
知らなかったのね(^_^;
さらにガキ扱いされた上イチャイチャ状態を見せ付けられた葉月は「さっさと消え失せて」(汗)

夜、いきなり「宙のバカぁ!」の葉月なんですが、
・・・本人曰く「オナニーってなんなのか・・・」なんて真面目に聞いたそうで・・・
更に変態からシコってる言われるわ自慰する男は最低言われるわと散々罵倒される宙なのです
そして葉月が勝手にいなくなった後、再び雪姫の部屋に行くとやっぱりオナニー中( ̄▽ ̄;)

「・・・この家の住人たちは、狂ってる。」(C)宙)

#7月23日
朝食時、あやかさんからお嫁さんになるためのアピールが足らない言われた三姉妹+葉月
そんなわけで各自のゆがんだ笑顔の中、アピール開始(多分)
続けて宙と結婚したらどんな特典があるのかと美琴に聞かれたものだからさあ大変(笑)

その後、1人部屋で嫁さんに俺がしてやれることを考える宙。
誰か1人を選ばない、そして真剣に正面から向かい合わないとと思うのです・・・
*ここからは個別ルートのダイジェストに入ります。

#8月19日:葉月ルート
朝、美琴や雪姫に圧し掛かられる宙
お嫁さん選びは終わったよねと聞きますが、すべての始まりに過ぎなかったと雪姫に言い返されるわ
やりたいんじゃないと美琴に言われるわで困ったものですこの2人(笑)

そんな中、やってきた葉月ですが、「悔しい」と、なぜなら
立ち絵の別バージョン
胸か胸なのかツンデレっ(^_^;
慌てて「雪姫にだったら勝ってるじゃないか!」とフォロー(つーか地雷・・・)

午後、七花と買い物に。
葉月とのことを応援してくれるかというともちろんと言ってくれることに感謝
帰り道に葉月と合流しますが「意地っ張りで可愛くない女ですっ」と嫉妬気味(^_^;
そんな葉月の背中が遠くに見えてしまう宙なのです

#8月20日:葉月ルート
葉月を起こしに行くと不在。本当に付き合ってるのかと疑問する宙。
が、目覚ましがうじゃうじゃ残るベットを見て告白されたことを思い出し、部活へ。
ぼんやりと座っていた彼女に顔が見たくなったと話しかけてみると「何それ」。

話しつつはにかむ葉月を可愛いと思い、「これが俺の嫁だぞ!」と言いたくなる宙なのです(笑)
デレ期に入ってますよね
で、浮気は禁止と釘を刺されるわけですが、そこで「もう、ひとりで悩むの禁止」と。
汗まみれだし着替えてから葉月は部室に行きますが、えろい主人公はそれが待ちきれず部室でH(笑)
*ちなみに中/外の選択肢があります

夜、恥ずかしくて死んじゃうかと思ったな葉月ですが、宙は満足。
それどころか汗をかいてわきの下の匂いが好きというがっかり人間になっているのです(笑)
宙が変態を否定した後、葉月が「あたし、いいお嫁さんになれるのかな」と・・・
「そばにいてくれるだけでいいよ」と感動的な回答をする宙ですが、直後
・・・「腋壷を舐めてもいいか?」なんて言ってますよこの変態紳士!(笑)

#8月19日:七花ルート
七花にご飯をよそおってもらう宙。美琴や雪姫にいろいろ突っ込まれます。

・・・なにその魔法(笑)
そして七花が(宙と)寝起きは別々の部屋だと聞いてありえないだのインポ疑惑だのひどい言われよう(笑)

で、七花は美琴&雪姫に昨晩求めてこなかったのはどうしてと相談しますが・・・
はいはいわかりました(笑)
どう聞いてもノロケです本当にありがとうございました(ぉ
そして半分サジ投げの美琴&雪姫は自分から宙を襲えとアドバイス( ̄▽ ̄;)
で、見本を見せてあげると美琴が襲いにやってきましたさあどうする宙(笑)

まあ、七花が美琴を引き剥がして事なきを得たわけですが
「いいんです、宙さん」とすがりつく七花を押し倒そうとする心を肉体関係だけになりたくないと押しとどめる宙なのです。

#8月20日:七花ルート
いきなりスク水で現れてどうぞと据え膳状態になっている雪姫( ・・)/
さらに直接攻撃に打って出るは「水着コキ」がいいとかもう大変(笑)
まあ(以下略)の後、七花に欲情したことを謝るわけですが、それなのにと言いかけて彼女は出ていってしまいます

夜、七花がベランダでため息をついていると葉月が浮かれてるんじゃなくて黄昏てるなんてと。
宙に抱いてはもらえないです女の魅力がないんですと葉月に話す七花ですが
「七花のことを大切に思ってるんだよ」と葉月は答え、宙に聞いてみればと背中を推します。

#8月21日:七花ルート
夜這い宣言っ
・・・とりあへずもちつけΣ( ̄0 ̄;)

その影響からなのか、宙が声をかけてみるとびくびく状態(^_^;
なにせ何か手伝えるのならと聞かれて「よ、よばっ・・・」な有様(笑)
が、「七花から聞けることなら、どんなことでも嬉しい」という宙に
「今晩、わたしっ、宙さんのお部屋に行ってもいいですかっ!?」と夜這い宣言っ(^_^;

夜、本当にやってきた七花は「教えてください、どうして抱いてくださらないのですか?」とたずねたわけなのです( ・・)/
「まずは恋人として、少しづつふたりで階段を昇っていきたいと」宙。
それを聞くと七花は泣きながらよかったです、ちゃんと宙さんのお嫁さんなんですねと・・・

H後、「一緒に寝ようか?」「・・・はい、嬉しいです・・・」と2人で寝るわけなのです
*体験版はここで終わります

#追加キャラクターはいないためパス(ぁ

前回の体験版はプロローグだそうで、嫁候補が押しかけてきてどうなるのかが今回の体験版ですが、
結局のところ主人公がさらに呆れていたという流れになっていましたとさ(^_^;
基本いい人で普通の反応をする七花とツンデレな葉月はともかく、
無闇な肉食系の美琴と自慰狂になっている雪姫の2人は何というかもう(笑)

それでも後半の個別部分では結構しっかりした主人公とヒロインの関係が出てきていて、
ただの抜きネタえろげではないことを教えてくれていますが・・・
・・・今回の個別って七花と葉月という比較的まともな方の2人なんですよね(笑)
この2人の場合は美琴と雪姫がネタ要員として動いてくれるのでうまく流れてくれるのはありがたいかと。

しかし途中(つまりお嫁さんを選ぶ部分)が飛んでいるため、どういう経緯でルートに入っていくのか不明なまま
*会話からすると各ヒロインと確実に一回はHしているみたいですが・・・
個別までの間に何が起こったかは本編までのおあづけです(笑)

それと前回と比較して立ち絵に別パターンが加わって少し動きが出てきましたが、9000円代で売るにはまだ演出不足かなと。
システムも前の体験版と変わらないため使いにくくて困りますし
まあ、テキストとノリは相変わらずトんでいますが、個別に入るとネタ部分の割合が減るので注意ですね

こうなると残るルートですが、変態電波自慰狂毒舌ツインテスク水ロリという受ける要素てんこもりの†雪姫†はともかく
美琴がやたら空回りしているのが気になるんですよね、このライターさんは「先輩ママ以外の年上キャラ」は苦手なのかな?(^_^;
*年上キャラじゃなくてただの肉食系キャラになってるし・・・

おまけ:
抜きゲー主人公は標準装備(爆)
さすが抜きゲーだ(ぉ

なないろ航路体験版感想

  • 2010/10/13(水) 21:04:17

いつものように著作権はここに

一月(ぇ
容量は634M。画面はウインドウ時は基本サイズですがフル時はワイドにもできる親切仕様。
システムとしてはキャラ別ボイス割り当て、システムボイス変更
(メインだけでなく、サブもOK)と選択などがあります。
真のヒロインとかのたまう縁の紹介の後、体験版へ、

#第一話「運命の出会い」
春、丸い空間から空を見る此花朔太(主人公)
そう、ここは土管、路上生活者兼フリーワーカーの彼の家なのです
*両親が借金を抱えて逃げ回った挙句、両親に置き去りにされた(/_;)

そんな彼が仕事を探しに道を歩いてると突然ずぶ濡れ。
雨?と思って空を見上げると・・・
ぱんつから目を離さない主人公魂(ぉ
「凝視せよ」(ぇ
*下敷きにはなりませんでした( ・・)/
「そんなバカな!」の朔太、「ぎゃああーーー!」なスカイドン(まて
開幕ダッシュ失敗だの辞任しろだの慌てふためく緑をなだめて理由を聞きますが
何でも最初に被った液体がヤバイらしく、
無毒なのだろうか不安
そんなものを降らせるな(笑)
*少しづつ浴びせてモテバランスを均衡にすることがこの神の仕事だそうな
で、そのフェロモンを何とか回収しなければならないのですが、朔太は理解不能というか呆れ気味。

仕方ないので縁は「神」というのを証明したいのか、
「思う存分触ってみてください!」とか言い出しますよええ(笑)
そして朔太は本当に触ってみますが・・・何とすり抜けます(゚_゚;)

さらにアホの神は崇め奉れだの手伝えだのともう好き放題(笑)
しょうがないのでフェロモン回収を手伝うことになりましたとさ
*方法:朔太が死ぬか恋愛を成就させるかどっちか

そして縁は彼の後を付いていくことになり、朔太も必死すぐる彼女を一応認め、改めて自己紹介。
両親に置き去りにされたことをひどいと言う縁ですが、それは自分を守る最後の方法だったと話す朔太
それを聞いて縁は必ず幸せにしてみせますと無駄に張り切るのでした、まる(ぁ

その後、俺なんかモテるのかと自嘲気味に縁に言った途端・・・
車に撥ねられてしまいます(かすり傷で済みましたが)
で、その車(高級車)から降りてきた人は
この紳士の出番はもうないのだろうか
執事付きのおぢょうさまでした( ・・)/
やたらと心配してくれる彼女ですが、気にしないでいいよとフラグ折りを敢行する朔太なのでした(ぁ
一方、未来はドキドキが止まらないのは何なのと朔太を追跡へ・・・

さて朔太に戻ると縁にビンビンです「神様ぱわー」言われつつ商店街へ。
いろいろと食べ物を恵んでくれる町ですが、このまま好意に甘えてるのはダメだと朔太
続けてジャーク団(ストリートギャングらしい)のこととか、町の出来事を親切に解決していきます。

それを観て、一目ぼれいや違うちゃんと手当てしないとと理論的に考える未来
が、さっき話題になったジャーク団が難癖をっ(^_^;;;
とはいえ立ち絵なしのモブらしく、朔太がやってくると呆気なく退散(4対1なのに・・・)

「助けてもらったお礼、なにかしないとね」と未来は欲しいものを朔太に聞きますが
そこでふと「学校に通ってみたいな」と言ってしまったものだから
あっさり言いますよ(笑)
※注:学費は無料( ・・)/

さすがにそれはまずいだろうと緑をダシに連れもいるからと拒否しますが
しかも双子とか言ってるし
勝手に妹になってますよこのアホの神!(笑)
結局、朔太の意見など全く無視された挙句、未来の車に乗せられる羽目に( ・・)/
車内で自己紹介をした後、なぜ学園の世話をしてくれるのかと聞くと「命の恩人」だと。

そういうやりとりをしつつ、学校という「普通の日常」を思う朔太ですが。
緑と未来のやり取りを観て「俺の人生、どうなっちゃうの?」と思うのでした(ぁ

#第二話「プリンセス・メリーへようこそ」
いきなりですが横浜港。「な、なんですか、これは!」な朔太
「ウチが経営する学園だけど?」と自信満々で答える未来
これどういう状態なんだ?
その学園とは豪華客船プリンセス・メリーだからなのです(゚_゚;)

目をまんまるにしてただ驚くばかりの朔太&緑は未来に船内を案内されます
「お金ってあるところにはあるんですねぇ、神様って不公平です」あんた神様だろうと突っ込みたくなる緑はともかく、パタパタと背景を変えて一瞬で案内(ぁ

再びデッキに戻ってプリンセスメリー「女」学園に自分を入学させるのは問題じゃないかと当然の疑問を投げかける朔太。
が、未来の方はそういう設定突っ込みなど放置して学園の説明開始( ・・)/
*要するにピースボートをお嬢様学園にしたもの、以上(殴)

断ろうにも緑が苦節20年セレブへの道が開かれたとかいってはしゃぐわ
未来に「逃がさないから」と学園長の元に引っ張っていきます
引きずられつつ、朔太は思います、学園長はまともだから男を入学させるなんて・・・
条件付きというだけマシか
・・・お約束には勝てません(爆)
*「あなたをこのまま返してはいけない」という曖昧すぐる理由により許可
さらに霧船長から「苛め甲斐がありそうなー」とダメ押しまで貰います(笑)
で、残るは他の生徒たちを説得だとばかり未来は全校生徒を集合し、朔太&緑の紹介。

未来が説明をしていきますが、ここで妙な現象が、朔太の近くにいる面子から顔つきが変わっていくのです
そして朔太が「学校に通いたい」と言ったことを未来が語った後、2人を入学させたいと言うとさすがに動揺が。

同情的・好意的な流れが支配しつつある中、「ありえません!反対ですわ」とレイチェル。
壇上に上がってきたレイチェルは問題が起こしたら誰が責任を取るのかと。
正論( ・・)/
自分が取るという未来は彼女と睨み合いますが、さらにここで「私も反対よ」と
2人に入学する資質があるかと問うマリアなのですが、ここで下がらないのが未来(笑)

結局、一週間後(出港前日)に試験をすることにあいなるわけなのです、ええ(^_^;;;
*緑は「神様ぱわー」により兄が受かれば自動的にOK( ・・)/
そんなわけで、「やってあげようじゃないの!」とばかり受けることとなったわけですが・・・

で、集会後、とりあえずということで部屋をあてがわれた朔太。とはいえメモを見てもどこかはわかりません(^_^;;;
仕方ないのでデッキに出て気分転換をしていると歌が。
その歌は世界的アーティストの遥、彼女の歌に聞き入っていると目が合います。
よくある先輩姉だよね
いきなり最初から有名人君やっほーとか言われる通り、自分が話題独占状態だとか
で、迷っていることを言うとお姉さんが送ってあげるということでしゅっぱーつ(笑)
途中キミには不思議な魅力があるとかほっぺふにふにとか遊びに来てもいいかなとか遊ばれつつ自室へ。

やたら豪華な部屋。こんな展開昨日までは思いもしなかった。でもやるしかない。
いつの間にか話が大きくなってしまったし、チャンスだと、いっちょやってみますか。

夜、起きてみると未来が隣に(鍵閉めてなかった)。彼女に連れられて食堂へ。
やたら豪華な食事はともかく、レイチェルのことについて未来に聞いてみる朔太。
そこでレイチェルはウインザー王国の王女というよりも未来がやたらライバル視していることを聞き、こりゃ本気でやらないとと改めて思う朔太なのです(^_^;;;

#次の日
未来に起こされてスタート。
もちろん教室では他の面子の視線が気になりますが、それより制服姿の緑
人と神の恋愛は禁断だよね(笑)
さらには朔たん呼ばわりしてくる遥、それからなぜか男キャラが出てきて
「ついに僕の時代がきたー!」と喜んでくれてますよさらには告白とか僕を抱いてとか暴走(^_^;;;

ただし、「いつまで遊んでいるのかしら」と後方から気温を下げてくる未来。
ヘイジャップとか言い出すジョージとの間で拒否権だの島国だの政治ねた交えて言い合いが
まあ、遥はいつものことなので心配しなくていいと言いますが・・・
中国人キャラがいないのは仕様です(爆)
続けて未来の妹の沙耶が登場しますが、その沙耶は未来が朔太に執心なのは何でかなと疑問(^_^;;;
慌てた未来が沙耶を朔太から引っ剥がしても「こりゃ、ラブだね」と見事に見抜くのです(笑)

で、休憩時。フェロモンの効果は凄いと緑に言われますが、あくまでフェロモン+神様ぱわーの成せる技であって、今の人気は自分の力ではないことに複雑な気持ちを抱く朔太
*ちなみにここて2学年制で生徒は60人(30×2)くらいしかいないことを教えられます

その後、お茶というかティーパーティの授業。
相変わらず対立する未来とジョージですが、遥がうまくまとめ・・・いや仕切って席を見ると、1人寂しくぽつんと立っているねこみみ髪の女の子が。
ほっとけないのが主人公なので、彼女(シャルロット)に声をかける朔太

ふつつかものですがとやってきたシャルロットを含め・・・

さて、紅茶がわからない(というかろくに飲んだことない)朔太はとりあえずシャルロットに頼むわけですが
種類いろいろ
やたらに大量のカップを出してくるんですが、お礼ということでヾ(^-^ )する朔太なのです。

夜、勉強観てあげるとばかりに朔太の部屋に入ってきた未来ですが、
緑はともかく遥やシャルロットまで同じ目的で来てましたよええ(笑)
朔太のあまりの馴染み&フラグ立てように呆れるやら悲しむやらの未来なのです( ・・)/

#次の日
なぜか沙耶の「おっはよ〜」から。
で、休み時間、女生徒が困っているので早速お手伝い。
それを沙耶&ジョージが興味深そうに眺めていますが、レイチェルは男なんて男なんて状態(汗)

そのレイチェルと体育のフェンシングで対戦する羽目になった朔太
*レイチェルから手合わせをと→遥とジョージが炊きつけ→未来がトドメという流れ
素人な朔太は防御だけで手一杯のまま時間だけが過ぎていき、結局時間切れ、
体勢を崩して倒れ掛かってきたレイチェルを受け止めるのはお約束かと思いきや
おちつけツンデレ(笑)
あれ何かヘンだぞおい(笑)
「今日は初めてですから、少し手を抜いてさしあげたのよ!」とツンデレなことを言いつつ去るのです( ・・)/

続けて礼儀作法の授業へ、レイチェルは「女性ばかりをはべらせて」と呟くのですが
いや女子ばかりだからしょうがないと朔太、当たり前です(笑)

夕方。そのレイチェル。なぜあんな男なんかにと自問しつつ1人デッキを歩きます
さっきの朔太とのフェンシングも彼を叩きのめすためだったはずなのに結果は誤算状態。
そうこうしていると足を踏み外し・・・

・・・たまたま通りかかった朔太に受け止められるのです(笑)
そして自分を助けた代わりに足を痛めた朔太を(レイチェルの部屋で)治療することに。

夜、ようやく自室に戻ると未来が1人ぷんぷん。
*他の面子は適当に追い出したらしい
2人だけの勉強会となるのですが、そこで「迷惑だったら辞めてもいいんだからね」と。
しかし朔太は「学校に通えたら嬉しいし、未来さんの気持ちも嬉しいし、頑張るよ」

#試験日(次の日になってるけど、3日しか経ってない・・・)
絶対に合格なさいと未来に送り出され、たった1人の試験へ向かう朔太。
筆記試験の後、レイチェルとの対戦へ。
途中朔太の「本気で戦ってますか」という言葉に仰天するレイチェルですが、朔太の気持ちに応えて本気で勝負

対戦は時間切れ引き分けとなり続けて礼儀作法ですが、
何と「学園で成したいことをスピーチしていただきます」(汗)
どうするかと思う朔太、しかし「自分の気持ちを正直に言葉にすれば、きっと大丈夫」という未来の言葉を受け・・・

沢山の人の力になりたい、今の俺にできることをしてあげたい、できる限りのことをしたい、世界中で困っている多くの人の役に立ちたいと・・・

万来の拍手、そして投票となって
この人結局柔らかくならなかった
ようやく入学ということになったわけです
そんなわけでみんなと共に進んでいく航路は、きっと七色に光り輝いていくのしょう・・・
*ここでデモが入り、体験版は終わります。

#キャラクター
フルボイス。名前がない人は立ち絵がない設定です
ちなみに学園は主人公以外全員女性ですが、先生は名無しのモブにされています。

*飛鳥未来
車でぶつかってしまったお嬢様(ぁ、カリスマ系で強気で強引な人ですが
責任感が高くてかつ世話焼きなため朔太の自称保護者に
ただし時々気温を低下させたり嫉妬モードになったりするのが怖いところ(^_^;;;

*レイチェル・ウインザー
ウィンザー王国王女。何かというと未来と対立というか要するにライバル。
ツンデレ系な上に男性免疫がないというわかりやすい方。
たまに妙な妄想にに走ってパニクることも(笑)

*七海遥
歌姫で登場こそ謳ってるシーンですが、実際には一つ年上の姉系キャラ。
そういうわけでよく朔太をいじったりおもちゃ扱いしたりするわけです(笑)
それと結構な仕切りやで何かあるとちゃっかり自分の都合のよい方向に持っていくことも。

*シャルロット・ヴァーサ
ヴァサ公国の公女。北欧人なのにねこみみリボン(^_^;;;
おどおど小動物系で内気、かつはわわになりやすい上、なぜか時代劇口調に(笑)

*弁財天(此花)縁
アホの神爆)実体は無いようですが普通の人にも見えます。
何か旗色が悪くなると「セクハラです!」で逃げます(ぁ
朔太の妹を名乗っていますが、マシンガンな上アホの子というネタな神(笑)

*ジョージ・ベイカー
合衆国大統領の息子という女装キャラ・・・というか、ニューハーフ
朔太目当てにやたらめったらアプローチを繰り返す方(^_^;;;
そしてやたらに外交ケンカが得意(笑)

*飛鳥沙耶
未来の妹(ただし義妹)
いわゆる友達タイプの女の子で、いろいろと焚き付けるのが任務(笑)

*マリア・プリマコフ
学園の総代、責任感か強くて凛々しい方。
体験版では主人公サイドになびくことはありませんでしたが、本編ではどうなるか。

*高千穂南
学園長。なぜかピカチュウナマモノを抱えています
おっとりゆったり系の方ですが、出番はあんまりないような(汗)

*遠野霧
他のクルーも女性なんだろうか
プリンセスメリーの船長(つまり、学園と船では指揮系統が別)
言動から面白いこと可愛いこと大好きキャラだと思いますが、出番が一回だけでは(汗)

*すぱろう
学園長が飼ってるピカチュウ超生物。「みぃ〜♪」と鳴きます。

*鬼ケ島桃太郎
未来の執事。紳士力の人(爆)
一話のみ登場しましたが、果たして再登場することはあるのでしょうか?(汗)

*此花朔太
主人公。土管生活をしている中卒フリーターだったのですが、いきなり上記のようなことに。
困った人がいれば助けるという自己犠牲の人で、それゆえ町の人から慕われてたり
ちなみに運動能力は非常に高くて大抵のことはこなせますが、やっぱり恋は鈍感(笑)

まず絵とか、立ち絵移動とかエフェクト、豪華なアナザービュー、そのあたりで惹かれる人は多いでしょうね。
この作品は「豪華客船=学園」という珍しい設定ですが、
結局のところそのあたりに転がっている「お嬢様学園もの」であることは変わりなく
無駄に豪華な面子と施設、やたらに出っ張る生徒と対照的に全く無視される先生というテンプレ設定はここでも鉄壁。

だとすると他のお嬢様学園と何で差別化となるわけで、ここで「船」を入れてきたのでしょうか
(その割りに「フネ」を知らなさ過ぎるような描写があるんですが・・・)

とはいえ体験版では船が一海里も動いてないのでお嬢様学園ものでしかないところが痛いのですが
ヒロインたちと異常なまでに対照的な境遇の主人公が「神様ぱわー」で簡単入学かと思いきや、ちゃんと試験をやったあたりは上手いなと。
その朔太が「フェロモンなんてなかったんだ」レベルのフラグ立て能力を発揮できるのはさすがえろげとは思いますが
彼の境遇がそうさせているわけで、他のキャラも無駄にお嬢様していないよううまく配慮されてるなと。

まあ、アホの神というか緑とニューハーフのジョージだけでネタはだいたいできてしまうのがちと問題なのかも(笑)
これから出港して海に出た場合、結局移動描写だけありましたで済ませては勿体ないので、
「フネ」というものをどう生かせるかがポイントでしょうね。

最後に、気付いた人はいると思うのですが
「学園は主人公以外女性のみ」というわりにボイス設定を見ると・・・
ちょっとみにくいかなぁ・・・
このように桃太郎以外の男性キャラ(具体的にいうとラディアと亮一)がいるんですよ。
男キャラが下手に割り込んでくる誰得設定の可能性があるのでプレイする方は肝に銘じて置いてください。

おまけ:
マリーンズCS2スト出場おめ(ぉ
・・・何があったんだ平成14年の千葉ロッテ( ̄▽ ̄;)

風ヶ原学園スパイ部っ!体験版その1感想

  • 2010/10/06(水) 20:10:59

いつものように著作権はここに

相方はメテオマン(ぇ
容量は301M。システムとしてはキャラボイス割り当てがあるぐらい
*ただしオンオフのみ

夜の学園。屋上でなにやら通信を受ける男。
彼の名はステルス6こと有馬杏一郎(主人公)
えらい豪華な代物を・・・
※注:ワイヤー射出銃です

スパイとはスイトイズムと言い、この秘密作戦を成功に導くべく彼は突入・・・
しかし相手は着替え中
・・・着替え中?
なぜこうなったのかと問う杏一郎

*話は数時間前に戻ります( ・・)/
新アイテムの実験をするという誓(ステルス1)
気合を入れる杏一郎ですが、その隣では退人(ステルス4)がケイタイでセフレと話中(^_^;;;

で、退人が誓に叱られた後、部室を呼び出す杏一郎。
花梨(ステルス3)と誓に報告すると、実験の詳細が。
トランスフォームではないのか残念
*小型カメラ(退人の眼鏡に装備)のデータを部室のPCへ転送する計画
唄(ステルス2)から「壊さないで」、誓からは「楽しめ」とミッション開始( ・・)/

さっそく退人はハイテク機器で「尻だ・・・」
覗きか覗きか(笑)
・・・覗きに使ってます(笑)
「ミッション・ビューティフルワールド!」と勝手に命名して転送する退人でした、まる(ぁ
挙句、「あの女の股間に介入する、グッドラック!」とかのたまってますよこの人っ(笑)
部室で誓たちが妙な評価をしている中、やめろとばかり杏一郎は退人を粉砕(^_^;;;
しかし担任の先生には1厘の魂も入れないメーカー
ぶち壊しだわ!な花梨、成功だわと高笑いする誓、逃げる退人

あわてて杏一郎は追っかけようとしますが、そこで佐倉先生に見つかってしまいます(汗)
・・・まあ、「頑張ってくださいね」と10円チョコをもらえますが(笑)
菜々先生と別れ、大概だなぁと呆然とする杏一郎・・・

*ここで回想というか紹介とスパイ部についての話が入ります
学校の成績が悪くて生徒会長クビになった誓が新たな部を設立し・・・
日本舞台にした007もあったね
・・・どんな勧誘だオイ(笑)
「おもしろおかしく部活動をしよう!」というわけでスパイ部に入った杏一郎。
*冒頭の狙撃場面に戻ります

通信で花梨に「世界の恥よ」と叩かれ、「表出ろこらあ!」と反撃し
誓に注意されて逆ギレ自爆する退人はともかく、杏一郎はミッションの準備を開始。
寮からは唄子が「だから、見つけて」と彼女のいる部屋を教えてくれます。

・・・そう、今回の任務はロープを使って唄の部屋に行くこと(当然綱渡り)
「どーんと来ていい、どーんと」と杏一郎だけでなく退人も来いという唄子
*ただし、退人は重量オーバーのため突入不可(笑)

そして誓から作戦名を決めてもらおうと言われた杏一郎。
花梨から作戦詳細とアイテムのことを聞き、彼女たちの気持ちに応えたいと気合を充填。
俺が本気になりさえすれば成功すると強がり、未知の可能性に自らを賭け、射出。

そしていよいよロープを伝う寸前、退人から
「ワンダーボーイ作戦なんて、どうよ?」と。その言葉を胸に寮への突入を開始する杏一郎・・・
それってただ頑丈なだけ・・・

そして誓たちのいる部室に画像が・・・と思ったら警報がっ( ̄▽ ̄;)
なんとワイヤー固定具が外れてしまい、杏一郎は冒頭のとおり更衣室へ(^_^;;;
半脱ぎの彼女を前にフルボッコを覚悟する彼ですが、事態は意外な方向へ。

副会長というモブに命拾いしたわねと言われる彼女、なにやら修羅場
しょうがないので争いはよくないと女子どもに言うと半脱ぎ女は「助けに来てくれたの?」。
が、いかんせん服装が黒覆面なんで他の面子には強盗だの犯罪者になってしまいます(笑)

副会長に問い詰められる杏一郎、この空間に逃げ場はありません。そうなると・・・
そう、女子どもを当て身で気絶させるわけで、モブは処理しましたが残る半脱ぎ女が問題。
女子Aで終わった人(ぁ
正体ばれるよどうしよう(¨;)
その上、「顔出す覚悟もないくせに更衣室入んなっ」と好き放題(笑)
しかも間違って(腕のつもりが)おっぱい掴んだから粉砕されましたとさ、まる(ぁ

で、退人がやってきてこのツインテと対面するわけですが、
ここで誓は言うのです「我々は学園を騒がす秘密組織・・・」「その名もっ」
注:部長は通信でしゃべってます
*ここでOPが入り、体験版は終わります

#キャラクター
フルボイス。立ち絵があるのは(今のところ?)メインのみ
*ちなみ名前の後ろは部でのコードナンバー

*八重樫誓(ステルス1)
部長。いわゆる唯我独尊タイプでお約束通りの楽しいこと大好き人間
ちなみにお嬢様らしいですがそうは見えませんよね

*式守唄(ステルス2)
後輩。いわゆるメカ好きキャラ。
比較的口数が少なく突っ込み系ですが、クールとはちょっと違うのがポイント

*柊花梨(ステルス3)
コンビューター担当でねこみみリボンの人、ちなみに幼馴染
人当たりはいいのですが時折妙な言動をするの特徴。

*佐倉菜々
担任。何かと面倒身がよい人でお菓子をくれます。
というか立ち絵はどうした

*板垣退人(ステルス4)
幼馴染の親友キャラ。ものすごいネタキャラだったり。
体験版はこの人がメインと言うしかないほど強烈なインパクトを持ちます(笑)

*有馬杏一郎(ステルス6)
主人公。比較的真面目な人間ですが身体能力は非常に高い人
とりあえず退人のつっこみに専念していますが、制止しきれてません(^_^;;;

まず、これ最初は「関が原学園スパイ部っ!」だったはずですが・・・
いつの間に「風が原学園スパイ部っ!」になったのでしょうか(^_^;

それはともかく、極めて珍しい体験版です
なぜかというと「主人公がヒロインと直接会話していない」から。
過去回想の部分以外、部の女たちは通信相手でしかなく、退人との話がメイン。
おかげで退人ばかりが目立ちまくってもはやメインヒロイン状態になってますが(笑)

そして普通やっているはずの入部過程を完全にすっ飛ばしている所も変わっています
まあこれについては後々で出してくるのでしょうからパスですが、
「作戦」へのこだわりと遂行しようとする杏一郎や他の面子の心境描写が良いかと
主人公の杏一郎が女性キャラに当て身喰らわせるあたり「こいつ結構やるな」と思いましたし。
*まあ、部のコードナンバー「5」が露骨に空いているというのはあんまりすぎますが・・・
ただ絵的にはやや弱く、立ち絵の首が妙に細かったり背景が寂しすぎたり、名前があるのに立ち絵がない人がいたり(¨;)

キャラとしてはお約束の傍若無人部長と無駄に力が入った退人の二枚看板(笑)
他の面子も頑張ってはいるのですがいかんせん2人が強すぎて(^_^;;;
部の女性陣と直接話す場面が出てきて、女子A改め遥奈が加わるとどうなるか。
作戦もイロイロと用意されているようですし、スパイ部の活躍にこうご期待・・・

・・・・ただし、その「作戦」や「スパイ部」というこだわったものが問題で、傍から見ると
「ただの悪ふざけ」どころか「犯罪スレスレ」覗きだの寮への無断侵入だの正気ですかこの部は?
最後の遥奈のごたごたで生徒会が何となく悪役っぽい扱いになっているようですが
無理やり悪役に仕立てるのはあまりにもダメすぎます、スパイ部がやってることがアレですし・・・
*生徒会長が女性キャラだから、真の悪役が魅力がない男キャラというオチならなお悪い。

流れとしては「生徒会からの無理な圧力で潰されそうな部」という流れになりそうですが
部長が好き放題悪ふざけしている部なら、潰されて当然。
「真面目にバカやってる」のを描写したいのはわかりますが、バカと犯罪は違うのですよ、ええ。
そうなると体験版第二弾でいったいどう展開するのかは見ものですね。バカで済めばいいのですが・・・

おまけ:
姉DVDのことかーーーーっ!(ぉ
姉DVDのことかーーーー!(ぉ