まません体験版感想

  • 2010/11/28(日) 22:09:27

いつものように著作権はここに

ばなきゃんはないけどキャラバナーはある
容量は143M。システムとしては音声割り当て、日付表示の有無。
テキスト一括表示なんかを備えています。
#ちなみにTG1月号版には早苗先生のHシーンが付属します

#4月17日
気絶していた幸斗(主人公)が目覚めてみると砂浜。そして源五郎オヤジ。
*気絶していた理由は修行を終えた直後、オヤジに次の修行の場に運ぶため殴られた(^_^;;;
で、次の修行の場はどこなんだよな幸斗にオヤジは「悪しき事にお前の強さを使うなよ」と名言(ぁ

そしてオヤジ曰くオレよりも強いという師匠のいる新たな修行場所に向かうのです( ・・)/
慣れない街中を歩いてたどり着いた一軒の家。そこで待っていた女性に
「こいつが以前話していたオレの息子だ」と紹介される幸斗。これが師匠?といかぶる幸斗に
すごいカップルだ・・・
・・・母親なのかい!(笑)
修行三昧ゆえ「母親って何だ・・・というか女性って・・・なんだ・・・?」と混乱状態な幸斗(^_^;;;
*悲しいことに幸斗は「女性」という存在が理解できてない(/_;)

そんな悲しい幸斗を優しくヾ(^-^ )してくれるお母さんに恥ずかしさを感じてしまうわけなのです。
で、自己紹介なわけですが、ここでオヤジが婿養子だと判明(笑)
そして千鶴子さんから「お母さんって呼んでくれたら嬉しいなって」となり、「お母さん」と呼ぶことに。

千鶴子さんに抱きしめられてもまだ理解してない幸斗ですが(^_^;;;
オヤジの「力だけが強さではないと知れ!」とまた明言が(笑)
そんなわけで、力以外の方法で母親を超える修行が始まったのです、まる( ・・)/
*オヤジは修行といって逃亡(ぁ

家に入った幸斗は真の強さを考える暇も無くお着替えタイム( ・・)/
千鶴子さんにまだ抵抗あると聞かれても「女性」という存在を理解できず焦る幸斗、
いたたまれずに外に飛び出しますが、だからといって何かあるわけでもなく結局夜に。

で、ドアを開けようとすると千鶴子ママが泣きそうな顔。その姿にただ謝る幸斗。
続けて「お帰りなさい」と言われて胸の奥が少し熱くなるのです・・・
そんなわけでさてお風呂。
すごい反応だ(笑)
当然、お約束の覗きイベントです( ・・)/
場面をリビングに移し、義弟が出来るなんて聞いてないわよな凜花に自己紹介。
そんな凜花を「姉さん」と呼ぶことになった幸斗ですが、この姉怖いと本能で悟るのです(ぁ

で、夕食をがつがつ食べる時でも優しい笑顔で見守ってくれたり、
部屋まで用意してくれるお母さんに感謝しつつ、新しい生活を始める幸斗なのてした。

#4月18日
師匠もといお母さんに起こされ、日中は1人街を歩いて夕方。
家の前にたどり着くと怪しい眼鏡の人がうろうろ。すわ泥棒かと気配を殺して首尾よく捕獲。
ちょうど出てきた千鶴子&凜花に報告しようとすると「あんた早苗に何してるのよ!」(^_^;;;

で、その早苗。凜花にこの状況を平気で受け入れらるわねと聞かれても可愛いで済んでしまうわ
なにこのダメ姉(殴)
幸斗に「姉ちゃん」と何度も呼ばせる羞恥タイムにするわでもう(笑)
その光景に自分以外女性という状態のどこが修行だと悩む幸斗なのでした、まる(ぁ

夕食後、早苗からどこの学園に通ってるの?と聞かれる幸斗なのですが
「学校って、何だ?」(^_^;;;
*学校すら行ってなかったらしい・・・(/_;)

で、お母さんから幸斗の過去を説明された凜花&早苗は学校に通わせようとしますが、さすがに受け入れる学園は
息子確保の上学園で育成
・・・そういうオチですかい(笑)
凜花の抗議も「お母さんに任せなさい!」で一発解決(ぁ

#4月19日
学生服を着るのに苦労しているとネクタイを結んでくれますよお母さんが(笑)
この角度からなんですね
早苗姉ちゃんに案内してもらい、学園へ。途中でお母さんが理事長だと聞いてびっくり。
続けて女の子ばかり出会ったり、職員室でも不思議そうな先生たち。

さて、凜花先生に紹介されて幸斗は教室へ。しかしいるのは女子女子女子!つまり・・・
お約束すぐるオチ( ・・)/
はいそういうオチでした( ・・)/(ぁ

一挙に放課後。質問攻めと女の子の匂いに苦労していると呼び出しが。
職員室に行ってみると教頭(女性だけど立ち絵ボイスなし)が男を入れるなどと千鶴子理事長に抗議中(^_^;;;
しかし千鶴子理事長は少子化対策とか言い返して幸斗に重大な役目があると忠告するのです(¨;)

夕方、女子力と普段と違う理事長の姿に圧倒されている自分の弱さを嘆きますが、
とりあえずシャワーでもと風呂に行くと凜花姉さん再び(笑)

#4月24日(一挙に飛びます)
初めて観るTVに興奮していた幸斗はトイレに行きますが、今度は早苗姉ちゃんと鉢合わせ(笑)
お約束過ぎるイベントを体験し、気が抜けている何やってるんだと鍛錬開始( ・・)/

走りこみまくっているといつしか夜。叱られるだろうなと家に入るのですが
お母さんの「無事に帰ってきてくれて・・・よかったわ・・・」という言葉を貰うのですが
凜花はそんなお母さんの言葉をさえぎって「私たちがどれだけ心配したか分ってるの?」と叱るんですが

幸斗はうるさいうるさいと逆ギレ(¨;)
修行したいだけなのに、俺何してるんだろうと自嘲気味になる幸斗なのです・・・

#4月25日
家に居づらいので街をとぼとぼ歩いていると不良に囲まれている女の子。
「男はか弱き女を守るのも重大な使命なのだ!」というオヤジの言葉を思い出し、
「男の風上にもおけない奴!」とばかり不良を粉砕。
ツンデレとは違うみたい
しかし、彼女が自分が何者かに気付く前に幸斗は脱出し、帰宅。
そこには凜花姉さん。しかし彼女は服の汚れを払ってくれた上、背中まで流してくれるのです・・・
・・・ただし、戻ってきたお母さんに「キレイキレイしましょう?」と風呂に誘われますが(爆)

#4月26日
相変わらず職員室に呼ばれる幸斗。そして相変わらずな教頭先生なんですが
今回は昨日女の子を助けた時の話とか、楢原先生まで味方に加わってるので困った状態(¨;)
そんな中、保健の先生が幸斗の意見も聞くべきだと意見しますが

そこに「証拠ならあるよ」と出てきた女の子(育実)
証人現る( ・・)/
つまり昨日の子だったわけなんですよねと( ・・)/
その育実は幸斗を廊下に連れ出すと改めてお礼を言いますが、ここで彼女と同じクラスだと気付く幸人なのです(遅いよ
まあ育実の情報操作(ぁのおかげで評価も急上昇、お咎めなしで済んだわけですが
凜花姉さんからは「もっと母さんの事も考えて行動してもらわないと」とお説教が来るわけでして・・・

#4月27日
間違ったことをしていない(女の子を助けた)のにお母さんに迷惑かけているという関連が理解できない幸斗。
そうこうしているうちに夜。食い物ないかなとリビングに下りるとそこにはソファの上で寝ているお母さんの姿。
「お母さんの・・・そばにいて・・・」と眠りながらも自分のことを思ってくれるお母さん。
自分がお母さんにとってどんな存在なのか、よくわからない幸斗なのです・・・

#4月29日
夜、ついこの前まで他人だったのに、母親っていう存在すら知らないのに
迷惑しか掛けてないのに「どうしてここまで優しくしてくれるのかって・・・」とお母さんに聞いてみる幸斗
これが母の愛家族愛・・・
当たり前と言い家族なのと抱きしめてくれるお母さん
そしてこのやりとりを観ていた凜花姉さん+早苗姉ちゃん。凜花姉さんも今までのことを詫びてくれてめでたしめでたしなのです。
*外にオヤジがいましたが気にしない(爆)

そして「家族」と過ごす日々が楽しいものであればいいなと眠りにつく幸斗・・・
深夜なぜか起きてみると部屋から誰かの声、覗いてみるとお母さんの自慰シーン・・・
覗いてたことがバレるとも自室に戻ろうとするとそのまま意識が無くなり・・・

・・・なぜか気が付くと自室。夢か?と思ったらなんか股間に違和感がっ( ̄▽ ̄;)
*えらく妙な場面ですが、ここで体験版は終わりです。

#キャラクター
ボイスがあるのは立ち絵のある女性のみ。
それと育実とオヤジ以外は全員先生キャラという極めて珍しい構成。

*河野千鶴子
義母兼理事長。学園ではしっかりした理事長なんですが家では溺愛ママ。
ダダ甘すぎる面もあって凜花とよく衝突しますが、それは母性愛ゆえと思えばよいかと
いわゆる無意味に若い母親キャラではなく、それでいて若く見える姿をしているのは○。

*河野凜花
長女で姉さん、そして担任。黒髪ロングの中性的な人で服装はパンツルック。
母親とは逆でキツい性格ですが、幸斗のお目付け役という責任感もあるのでしょうね。
・・・ただし料理は下手らしい・・・(^_^;;;

*河野早苗
次女。姉ちゃん。眼鏡先生キャラ。明るく元気な天然どぢ(ぁ
弟が欲しかった感があって甘やかし系なのかと思いますが、
本人がダメ気味なので世話焼かれキャラになりそうな予感が(笑)

*田淵育実
唯一の同世代キャラでクラスメイト。それゆえ唯一の貧乳担当(ぁ
見た目は不良少女っぽいですが実際にはクール系かつ、実は情報好きな方。

*田淵天音
保健の先生。癒し系キャラだと思うのですが出番が一回だけでは(¨;)
ちなみに育実の母親だそうです

*藤戸美妃
英語の先生で金髪高飛車の厳しい方。でも出番は一瞬・・・(¨;)

*河野源五郎
オヤジ。格闘家で修行三昧。どうやって千鶴子さんを嫁にできたかは世界の謎(ぁ
基本ただの格闘バカですが、何気に名言を繰り出してくれます(笑)

*楢原浩介
眼鏡の先生(男)。どう見ても悪役にしか見えません(笑)
よってモブ教頭ではなく、むしろこいつを教頭にした方がよかったのでは?(^_^;;;

*河野幸斗
主人公。修行三昧だったため世間に疎いどころか女性という存在さえ知らなかった哀れな方(¨;)
強くなることばかり考えていたため母姉との生活ですぐ「俺は何やってるんだ」と落ち込むのが何とも(^_^;;;

女子校転入ものですが、ヒロインは1人を除いて先生キャラという非常に希少な設定。
おかげで教室より職員室や廊下で話が進むという状態に(^_^;

その上メインヒロインの千鶴子さんが「母親」なのでそこらに山ほど転がってる学園ものとは一線を画しています。
体験版でもこの方が姉とか妹とかとは違う愛情を持つ人なんだなと感じる部分があるわけで
絵にしてもただの「無意味に若い母親」ではなく、ちゃんと熟女として描かれているのも○。

彼女と厳しい性格の凜花との対比は結構うまいなぁと想います(早苗がちょっとインパクト弱いけど)
他の面子にしてもロリなんてそんなものいないぜでさすがですが、男の先生は別にいらないような・・・
*どーみても三文悪役ですし誰得ですし・・・

そして「女は絶滅した生き物」と教えられていた主人公ゆえ、何かというと「強さとは何だ」と思い悩み
可愛いと言われると「うがー」と拒絶反応(?)。でも純朴で正義感は強い。
途中でその正義感ゆえに育実を助けますが、ここで「世間体」というものに苦しむところ、強いだけでは生きられない現代社会の厳しさを体言してるかなぁと想うわけで、
普通の女子校転入ものでは理事長が押し切ってのーまんたいになるところが、反対言われて理事長(=母親)が苦労する様もそれを現してますねと。

とはいえ問題点も多くてどうしても見劣りする背景とか立ち絵、笑えないネタ、それから一番問題なのは
場面転換時に「・・・ ・・・ ・・・」が必ず入るのは何というかどうにかならなかったのかと( ̄▽ ̄;)
つまり場面の締め方が下手なんですよね。体験版の終わり方も異常に唐突すぎますし。

後、オナホールなんて物凄いものを特典に用意しているほどのえろメインなはずなのに、
体験版では一回、それもオナニーを覗くだけというのはどうなのかなぁと。
(雑誌付属版にはついてきていますが・・・)

おまけ:
母対姉、妹は知らん(ぇ
母属性VS姉属性( ・・)/(双方先生ぁ

ぶらぶら体験版感想

  • 2010/11/22(月) 20:06:11

いつものように著作権はここに

紅薔薇ではない(ぁ
容量は622M。
システムとしてはボイス割り当て、ウインドウ濃度変更などがあります。

「副島拓司・・・さん、その、私の恋人に・・・なってください!」
玄関先で待っていた彼女(蓉子)。しかし副島拓司(主人公)は
このコマ割りはなかなかいい
断るのかっ( ̄▽ ̄;)
すげえ好きなヤツがいると告げる拓司、君をきっと傷つけると言い残し、拓司は去って行きます

#第一章「俺とお前のバーニングらぶ」

「こんな男で、ゴメン」と後悔し、告白シーンに苛まれながらも街角で人を待ちます
そこに「まーた1人でぶつぶつ言ってる」とやってきたのは瞳
相手が瞳だとこれか(笑)
いきなりテンション変わってますよこの人抱きついてますし(笑)
*直後、央に車田式アッパーで粉砕(ぁ

で、2人と商店街を歩く拓司。すると携帯が鳴ったので1人になって受けてみるといきなり高笑い。
A(正体はアリス?)に瞳と一緒に来てると言うと「素晴らしいですわ!」(^_^;
さらにAから「拓司には瞳さんと一緒になってもらわなければなりませんわ!」と激励を貰うわけです。

そして戻ってきたのですが、ここで黒服に連れ去られかけている央がっ(・・;)
黒服は央を助けようとした瞳を用がないとばかりふっ飛ばしますが、そこに当然拓司参上・・・が。

「そこまでですっ!」神愛奥義ヘルズグロリアをぶち込んだ女。
どう突っ込めばいいんだここは( ̄▽ ̄;)
いや、名乗っているだろうがっ(笑)
エターナルパワーハリケーン(十字架で殴るだけ・・・)で黒服を粉砕した裕香。
除霊だの愛ゆえにとか言う中二病(ぉの彼女は去りますが、なぜ央が連れ去られるのかはわからずじまいなのです。

謎の報告の後、夕方。瞳に央に対する鈍感ぷりを指摘される拓司ですが
その央は家前で2人と別れた後、「なんで逃げ出してきたのよ・・・」と2人きりにしたことを悔やむわけで(^_^;
*まあ、拓司の方もいい雰囲気なのに瞳に告白できないザマですが(爆)

夜。朝の告白をしてきた彼女に明日、どう顔合わせようかと風呂に入ると・・・
・・・誰か風呂入ってましたよええ(笑)

慌てふためく拓司+裸でテンパる蓉子という状態の中、ここに央までやってきたからさあ大変(笑)
当然のごとく央に粉砕→跪け→尋問されているとくだんの蓉子が冷静モードで
なんという火種(笑)
あ゛、火種投げ込んだ(笑)
*ここから拓司の黒歴史大公開と相成ります(ぁ

挙句、(部屋どころか拓司の服にまで愛の発信機(盗聴器)仕掛けていた蓉子ですが
彼女曰くストーカーではない恋する乙女だとまるで雪村小町(ぁ
さすがにあんまりな拓司は蓉子にそれは破滅への行動だと告げ、続けて
「俺以外には絶対やるな!」・・・

当然、央には粉砕されるわ蓉子はお泊りする言い出すわ
最後には蓉子が裸でベットに入ってたわで「もういやああああぁぁぁっ!」でしたとさ、まる(笑)

#次の日
朝、昨夜のことは全部夢だったと思い込み、
瞳ちゃん写真集(Aさん謹製)を閲覧する拓司ですが、そこに蓉子の手紙が入ってて愕然(笑)
しかもその瞳は通学時にいないから央と2人の登校・・・が、「道をあけやがれえ!」と痛車がっ

そこから「俺の事を知らねぇらしいな」と現れたのは
これが腐のすたーんだーどか・・・
なにこのスルーしないで下さいな人(笑)
さてこんなアリスや央に薄桜鬼薄楓機の説明を受けていると眼鏡が通過していきますが気にしない(ぁ
続けて校門で裕香がラ部(ぁの勧誘をやっていたり

真悟から「ヒィヤッハー」とか叫んでみてはと薦められたりしますが、瞳が来てないのでは拓司も元気半減。
そして央から瞳は風邪だと聞いた拓司は即・病院に行かねば!しかしそこで撫子学園長の朝礼が( ・・)/
ここでなぜか風紀委員長になっている蓉子が(^_^;
*前の風紀委員長はモブ以下の扱いのため飛ばされた(殴)

朝礼後、央から蓉子は全教科満点スポーツ万能リーダ人間だと聞かされた上、
教室では待っていたぞ拓司逃げることはないじゃないさらには「私と付き合え」(笑)
トドメに清い交際をしてやろう身をもって矯正してやろうだからともう(^_^;

ひとの話を聞かない蓉子は「清い交際の始まりだ!」と宣言しますが、そこにアリスが乱入( ・・)/
蓉子が真悟の妹だという衝撃的事実はさておき、アリスは拓司の味方。瞳のところに連れていってくれ
・・・る前に裕香が乱入(^_^;。「先輩、あなたの愛は間違っています!」( ̄▽ ̄;)

もはや収拾のつかない蓉子・アリス・裕香にさしもの拓司も「あああうるっせえっ!」と怒号
そして「俺は、瞳ちゃんが好きなんだ」とクラス全員に宣言するのです・・・

蓉子は「必ずお前を振り向かせて見せる」
アリスは「ワタクシはもちろん、拓司を応援します」
裕香は「悲しいですが、私は容赦しませんっ」
最後に央が「タクには悪いと思うけど、でも私も、これだけは譲れない」。なぜなら・・・
あ゛、ばれた(笑)
・・・だから(笑)

*ここでOPが入り、体験版は終わ・・・
追加部分の方が長かった罠
・・・らないのです、珍しい追加部分すたーと( ・・)/

#第二章「追跡者のバッドらふ」

早朝。メールで起こされる拓司。内容は病的なほどの拓司愛してる文。
しかも実に70通。さらにリビングに下りてみると「アイシテル」とケチャップで書いたオムライスの朝食。
ポストには大量のラブレター、ドアに貼り付けられた大量の自分の写真。
最後に「私の愛、受け取ってもらえたか?」と蓉子からのメール((;゚Д゚)))ガクガク

教室。上記のことを話すと瞳は「大きな心で受け入れてあげなくちゃっ」( ̄▽ ̄;)
続けて「あんな人がストーカーだって思う?」と蓉子恐怖症の拓司に問うのです
で、撫子先生が蓉子の人気を説明すると
下着見えてるすごいひと
「そんな馬鹿な・・・」と呆然とする拓司なのでした、まる(ぁ

授業中(当然蓉子は隣の席)も蓉子からのらぶらう゛オーラを喰らいつつ、昼食。
外野のモブはともかく、瞳、それから裕香と平和にお弁当。なんと拓司自身が作っています。
しかしここで瞳が「あっ、柏木さんっ」(背景に紛れてます)

結局蓉子も加わりますが、ここで蓉子は瞳にお弁当をプレゼント
*ただし瞳の嫌いなもの「だけ」を厳選したシロモノ(・・;)
それでもよい子な瞳は謹製お弁当を食べ、続けて拓司が蓉子謹製を食べますが
なぜここでまたフラグを(笑)
実は食べて最初に見た人に惚れる薬入りでしたとさ(そして見たのは裕香だった)
・・・まあ、効果は短めだったからよかったのですが(^_^;

夕方。昼間の顛末を瞳から聞いて落ち込む拓司。でもマスター鈴から
「これでも食べて元気を出してください」とパフェを貰います。ただし注文したのは蓉子ですが(ぁ

#次の日以降
蓉子のストーカーを警察に相談しますが、先回りした蓉子に丸め込まれてダメ(^_^;
メールアドレスを変えても即追跡される有様では、結局学園が一番安全というオチに(笑)
居た堪れなくなった央が「タクの事解放してあげてくれないかな?」と蓉子が言うと2人ケンカ状態
そこに「乙女の行動ってなんなのかな?」と瞳が蓉子に質問すると・・・
いやそれ犯罪行為・・・
講座開始( ・・)/
最後に「さあ拓司、締めだっ!」と言うので「本物の乙女は真似するなっ!約束だぞ!」
・・・そうです、また蓉子フラグを立ててしまう拓司だったりするのです、まる(ぁ
その後にやってきたアリスは「真の乙女の行動、それは妄想、創造、そして旅立ち!」
つまりは腐理論を展開して菱形×音田だとか薄楓機の宣伝に励んでいるわけですが

そんな中、瞳は拓司にストーカーは足音が聞こえる位じゃないとと笑い
続けて、「足音くらいだったらボクにだってよく聞こえるし」・・・
それを聞いて他の面子は仰天。つまりストーカーされてるよこの人っ( ̄▽ ̄;)

放課後。
瞳のストーカー退治に乗り出す拓司+アリス真悟美羽に裕香(と、蓉子)。
護衛にアリスが呼んだSPを多数出しているので大丈夫だろうとみんなは思いますが
唯一不安に思っていた拓司の予感通り瞳が連れ去られてしまいましたよっ((・・;)

結局、拓司の裸写真(ぁで釣った蓉子の力を借りることになりましたが、
拓司が協力だからと握手しようと言うと思いっきりテンパる蓉子。しかしいざ握ると・・・
こええ・・・
えー・・・っと・・・( ̄▽ ̄;)

で、瞳を皆口家に監禁していたハラダミナトですが
蓉子の情け容赦ない個人情報晒し攻撃の前に逃亡し、瞳は無事救出されたわけです。
そんな蓉子に感謝し、その気持ち素直に嬉しいと歩み寄る拓司
涙を浮かべる蓉子なんですが・・・

「あれ、柏木さんの使ってるハンカチって、タクのじゃない?」と瞳が(笑)

夜。瞳は無事だったものの、自分の状況が下手すると悪化していることに気付く拓司
それでも蓉子のことには感謝の気持ちを抱き、案外不器用なヤツなのかと見直し始めるのですが
「これからも、私はいつでも、お前のうしろにいるからな」
((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
((;゚Д゚)))ガクガク((;゚Д゚)))ブルブル

*これで本当に体験版は終わりです( ・・)/

#キャラクター
フルボイス。名前があるのは立ち絵がある人のみ(例外あり)

*皆口瞳
幼馴染その1。見た目はロリ系でボクっ娘。その上で小動物系
ヒロインというより友達という感じで、なにかと拓司と央の関係を気遣ってくれます
腰が異常に細い立ち絵が特徴、忘れてたけど男です

*水瀬央(なかば)
見事な車田式
幼馴染その2。アッパーカットを得意とする殴り系。多分ツンデレ
何かあったら拓司を吹っ飛ばして収拾をつけるのが仕事(ぁ
・・・というか、黒服たちに連れ去られそうになったのは何故?(^_^;;;

*柏木蓉子
全教科満点・スポーツ万能の完璧超人、当然委員長系
しかして実体は完全なストーカーというかあなた犯罪ですそれはな人。
・・・が、拓司側から触れたり寄られるとパニクッて自爆する難儀な人(^_^;;;

*長澤アリス
いかん妄想力がっ
ちっさい先輩でお嬢様。しかしいわゆる腐女子で薄桜鬼薄楓機ヲタ(ぁ
薄楓機デザイン痛車で通学するという筋金入った方で、拓司×瞳を全面支援。
よってどうやって本人ルートに入れるのか非常に謎(^_^;;;

*白木裕香
まずウインプルつけてこい、話はそれからだ
(注:シスターが被る頭巾)
巨乳の後輩で神と愛のため悪霊と戦うシスター、武器は愛誅という巨大十字架(・・;)
発言は完全に電波で「ラ部」を設立しますが、根は素直かつ従順、多分(ぁ

*撫子先生
学園長兼担任というめんどうだから一つにしとけなポジションキャラ(ぁ
適当でやる気のない見事なダメ教師で、下着見えてるよな服装で授業します
・・・とりあえず姓名ぐらいつけてやれスタッフ・・・出番美羽より少ないし(・・;)

*千道美羽
眼鏡の人、多分先輩、一話では「説明しよう!」でやってきて一瞬で消える謎の人
二話でまともな出番が来ますが、BL系かつ自分の出番の無さを嘆いてるという(^_^;;;

*マスター鈴(水瀬鈴太郎)
実はもう1人いた女装キゃラ
央の父親で喫茶店を経営している方。暴走しがちな央をなだめ拓司にもアドバイスをくれる常識人
・・・男キャラというか「女装父親キャラ」って初めてみた・・・(^_^;;;
*ぷりマジのオヤジは論外

*柏木真悟
らいくあばとらー(ぁ
蓉子の兄。アリスのよき執事として紳士力を発揮しますが、
いかんせんアリスがアレなんでこの人も熱血バカ・・・( ̄▽ ̄;)

*ハラダミナト
瞳を監禁したストーカー。35歳妻子持ちなのにショタ。後はパス(ぁ

*副島拓司
主人公。イケメン。殴られても撥ねられてもすぐ立ち直る主人公力の持ち主(ぇ
瞳らぶすぎて暴走したり、質問の答えを間違えて泥沼化させたりもう何というか(笑)

第一章、瞳が男だとユーザーが知る場面で終わるはずが
事情(ぇにより第二章が追加されたという珍しい構成(本来分割だったのをくっつけた?)
それはともかく、内容としては無茶なキャラで話を強引に進めて行く形。

よってキャラがもう大変で、殴る幼馴染・ストーカー女・電波後輩・腐女子先輩と凄まじい方々ばかり。
そういう面子があれやらこれやらやってくるわけですから突っ込みを入れるのさえ苦労します(笑)
*まあ基本的には拓司が瞳らぶアピール→他ヒロインが連続で乱入して好き放題というパターンですが
それでもメインヒロイン(?)の瞳が比較的まともな思考なので救われてるなと。

そんな中、諸事情(ぇにより出番を増やしてもらった蓉子のストーカーぶりはもはや恐怖レベル。
やってることが実質犯罪なんでいいのかオイしまいには刺されるぞと(・・;)
それからアリス(と、美羽)の薄楓機ネタも使いすぎているというか、ちょっと影響され過ぎで引きそうに。
*要するに「バカ」の方向が「痛い」になっているので人によってはダメかも。

感情ふきだしや後光(?)といった演出とか、大げさなほどのポーズ変化や下着見えてるよな服装。
つまりキャラの異常な個性にあわせた形ですが、何よりも「さくらさくら」で見た手描き(?)ぽい独特のSD。
このシュールなSDが異常な個性と良く合っていて作品をよく表現していると思います。

何にしても、女装ではなく本当に「男」(声は他の誰よりも女性っぽいが)である瞳をどう生かすか。
二章でストーカーに襲わせるなんてやってたり、央が黒服に連れ去られそうになったりと先行き不安ですが・・・
そしてフラグを泥沼化してばかりの拓司がうまく収拾つけられるか(^_^;;;

おまけ:
しかしやってこなかった・・・
なぜこの場面で来ないんですか撫子先生・・・( ̄▽ ̄;)

淫祭の島 〜血と白濁の贄〜体験版感想

  • 2010/11/16(火) 12:23:58

いつものように著作権はここに

バナキャンはしないのねここ
容量は696M。ウインドウは1024×768(ワイドモニタフルスクリーンも可能)
システムは個別のボイス設定やウインドウ濃淡変更といった標準的なもの
※:ちなみに一周するとザッピングというか視点変更選択肢が追加されます。

未来の事などわからない、過去の出来事は伝聞でしか知る事が出来ない
しかし、その流れに逆らうことが出来たとすれば・・・それは幸福なのだろうか・・・


武田信士(主人公)がサオリ、凜、忍と歩いていると寛から修業旅行の話が。
寛は旅行の場所に「島」を推奨し、「島」の説明をします。
何でも人が住み始めたのはつい最近だということですが
確かに実際悪人退治になってるけど
・・・秘密基地と間違ってるツインテが(笑)
凜は放置して、寛は島の説明をつ続けます、昔は伝染病の隔離施設があったとか、
昔からいた人の中に歳を取らない女がいたとか、祭りで人を食っていたとか寛は知識を振り回しますが、
信士の「よくあるよな、そういう都市伝説」の一言で終わり、さすが主人公(ぉ

ファミレスへ舞台を移しても寛はまだ島伝説(ぁの話を続けますが、
この島が火山で無人島化した話ででネタ切れ。後は何かあったらの話になりますが
真っ先に逃げ出すことにするよという信士に、みんなのために頑張ると忍がフォローを入れてくれました。

「お前の望むものは、全てここにある、お前の求めるものが、全て見える」
夢、朱い月が輝く世界の中、朱の和服を着た女性に問いかけられる信士。
身すくめられ、動くことができない信士に質問を投げかける朱の女性。
あなたを、犯人です(間違い)
最後に「お前は、きっと未来永劫を・・・私を選ぶ。そして私は、お前と結ばれる」と・・・

#旅行前日
「夢」に出てきた女性の事を知りたい。そのために「島」に行くことを決断した信士。
そして何かあったら俺がみんなを導けばいいと小さな帯留めを手に取るのです。

学園。奈緒先生から修業旅行についての話がありますが
信士が考えるとのは夢の女性のことばかり。おかげで奈緒先生に叱られるわ
凜からま〜た怒られてやんの〜と突っ込まれたり(笑)

#旅行当日
西鴉島への船の中。凜は旅行先を小笠原尾賀佐原にした学園を褒めまくっていますが
船酔いしているサオリの方が大変でして・・・
これがゲ○プレイか・・・(殴)
※注:別にえろしーんではありません(ぉ

そうこうしているうちに西鴉島に到着(男2人はサオリのぶっかけプレイで崩壊(ぁ
女性陣が準備に行っている間、立ち直った男2人は島に船がないことに焦ります。
*寛が力説していた島はここから別の船で行かねばならない

が、そこに「船が必要なの?」と・・・
怪しい人にホイホイ誘われる男ども
・・・思いっきしあやしい和服女性が現れましたよええ(笑)
しかも無料( ・・)/
裏があるんじゃないかと思う信士ですが、寛の方は当然のごとく了承
が、船を取りに行くという彼女は別れ際、「信士・・・また逢えたわね・・・」と・・・(^_^;

で、保護者としてついていくという奈緒先生も加えた女性陣が戻ってきますが
船どうするのという質問に寛は「俺様の人望で船を借りることができたんだ!」(笑)
まあそんなわけで、頭巾女の船(どう見ても漁船)に乗って6人は目的地の鴉島へ・・・

上陸すると頭巾女が「残念だったわね、この島には何もない・・・」と言い残して島奥へ。
その後を凜が奈緒先生が止めるのを無視して追っかけていくのはともかく
注:スク水モードになります(ぁ
キャストオフっ!(待ちやがれ

で、お約束の海遊びとなるわけですが、忍の水着見てえろ想像する信士ですが
そこで忍から「だからって、この間のこと許したわけじゃないからね!」と(本編にあるのかな?)
忍と水遊びしつつ、奈緒先生と付き合ってる寛がうらやましいなぁと思う信士だったりするのです。
さて過去に何があったのか
※注:二周目だとこの場面で寛視点が選べます

夕方。鴉島から戻ろうということになったのですが頭巾女が戻ってきません(汗)
その上雷鳴に豪雨。さらには地響き、止めに地震、地形が変わる様を目の当たりにしつつ気を失う信士・・・

どのくらい経ったのか。気付いた信士。幸い他の面子も無事(ただし気絶中)
とりあえず周囲を見回しつつポケットに手を入れてみると例の帯留めが欠けていました(¨;)
気絶している面子のために水を確保すべくさっきまでは無かった森に。

しばらく歩いていると滝と湖。聞こえてくる「かごめかごめ」の歌。そしてハダカの女性。
そして目が合う二人。この次どうなるのかと信士が思っていると「あなたは・・・だぁれ?」。
で、自己紹介の途中で霞という彼女を頭巾女だと思った信士は船着場に行こうと言いますが、
鴉の大群(アニメ効果付き)に気をとられているうちにどこかに消えてしまいました(汗)

信士が戻ってみると忍以外の面子が復活していたので霞の事を話して今度は全員で滝の場所へ
(意識が戻ってない忍は信士が背負っていきます)
で、霞が水浴びしてたことを信士が言うともちろん突っ込み(笑)
裸を見たことを言うとこれだよ
結局、島の中心部に向かう面子。しばらく歩くと放棄された集落、
さらに診療所を発見しますが、信士はこの診療所に違和感を感じるのです・・・

で、この診療所。つい最近まで使ってたかのような雰囲気なんですが、それよりも
壁のカレンダーが1968年9月なのに一同びっくり(しかも結構新しい)
そうこうしているうちに忍が復活しますが、信士が介抱していたことを知って顔真っ赤

それはともかく、集落を調べてみるとカレンダーは1976年9月なのはともかく
*島の火山が噴火→島民が島を放棄したのがこの日時
食べ物やら服やらゴミが普通にあるという妙な状態。その上雨まで降ってきました(汗)
しょうがないので放置してあったラジオをいじってみるとこれが聞こえますが・・・

聞こえてきたのはミグ21(あれ?)のソ連からの亡命や
どんな会社だよ六騎椅土って(笑)
・・・六騎椅土事件って(笑)
この設定は映画のセットだと言う寛、不安がる信士。まあ結局海岸に戻ることにしたのですが、
ここで足を痛めた忍を信士がお姫様だっこすることに、おいしいシチュですがその2人の前に

霞さんが(しかも、浮いている)夢で言った質問をまんま言ってきますええっ(汗)
しかし、夢と違ってもっとわかるように説明してと言う忍がいます。彼女に勇気づけられた信士は
「どちらも選べません」。それに対して何も問わず、夢と同じ締めの言葉を残してまた消える彼女。

再び2人になっておぼろげに霞の言葉(今大切なものorこれから大切なもの)の意味に気付く信士。
そして忍は「シンちゃんの大切なもの、今もこれからもずっと変わらないよね?」と・・・
で、他の面子も戻って(船はなかったらしい)さあどうするかとなったわけですが、なんとそこな太鼓の音が(^_^;

どう見ても祭りをやっているとしか聞こえない音。
不安に駆られる面子を「どうしたんだよ、もっと現実的になろうぜ?」と寛が励まし、
凜の「みんな、それでいいの?」という不安の声を制して面子は集落に、そして神社へ・・・

するとそこでは女性(多分島の人じゃない)を島民たちが陵辱真っ最中( ̄▽ ̄;)
わあい輪姦エロシーンだとかすごいなAVの撮影だよとか言ってる場合ではなくバイオハザード島民から逃げますっ(¨;)
どう見てもゾンビ軍団ですありがとう(ぉ
ここか・・・祭りの場所は・・・(汗)

サオリと寛がバイオハザードしている村人を粉砕して何とか森に逃げ込みますが
バックを取れば勝てると思ってる村人
志村〜!後ろ後ろーっΣ( ̄_ ̄;)
*この後の一部を見せてくれる選択肢(捕まるか戦うか)があって、体験版は終わります

#キャラクター
女性のみフルボイス。そして村人は戦闘員扱い(殴)
なお、非人間キャラも存在します。

*一宮忍
幼馴染、前向きで明るい方。でも気が利きすぎて損している面も。
霞が出てきた時に居合わせているあたりメインヒロイン扱い。
それと弓に対してトラウマがありますが、過去に何があったのでしょうか(¨;)

*伊賀崎凜
ツインテ。当然ちんまくて生意気(笑)しかし知恵袋的存在で知識は非常に豊富
状況判断に優れた方ですが、好奇心旺盛すぎて突っ込んでしまったりすることも。
雨が降る前に頭が痛くなる持病があります(^_^;

*京極サオリ
金髪というかフランス人とのハーフ。基本はしっかりした人間、よって比較的ずぼらな凜とはよく衝突したり。
とはいえ船酔いしたり水着で慌てたりとネタ要素も。
ちなみに体験版の最後からすると肉弾戦闘担当要員(ぇ

*小早川奈緒
担任、眼鏡巨乳の方で保護者の視点で何とかしようとしている方
信士でなく寛と付き合っているという誰得設定ですが、その上に寛視点にするとさらに誰得・・・
そういう面もあってえろ要因の捨てキャラにされなければいいのですが(汗)

*出雲霞
信士の夢に出てきた方で、かつ鴉島に連れて行ってくれた人。
何か信士と因縁があるはずなんですが、すぐいなくなるため詳細は不明(汗)

*上杉寛
友人キャラで面子を島に誘った張本人。奈緒先生と付き合っています。
基本はネタキャラなんですが・・・本人視点だと意外な面が。
ただの友人キャラで終わるのかもっと裏があるのでしょうか?

*武田信士
主人公。夢に霞が出てくるのを除けば影の薄い突っ込み役。
自分がみんなを守ると言ってますが、意見に流されて引っ張られるあたり大丈夫かと

要するに島ものですが、体験版では惨劇が始まるところで終わってるのでどう展開するかはこれから。
選択に失敗するとヒロインは陵辱堕ちすることは未来を見せた選択肢でわかりますし、人外キャラ(狼男とか、触手とか)までいるので
そのあたりのえろしーんがダメな人はパスしてください(^_^;;;

ザッピングというか視点変更も寛の一回だけですので各キャラの本音部分が見れるのはこれからでしょうが
そのおかげなのか時折出てくる忍の過去(弓トラウマetc)とかが前説なしで来るのでイマイチ各自の関係が掴みにくい。
まあ、この作品からして「日常生活」はオマケ扱いなんでしようが、「ザッピング=後から説明すればいいや」はやっぱダメかなぁと。

キャラとしては各自に特徴(というか特技?)があって、それぞれの性格を含めて生かした話になるかと
その上で各自にそれぞれ欠点やトラウマがあるのもまた面白い設定ですし。
(奈緒先生と寛にはその面が体験版ではわからなかったのが不安ですが)
ただ、主人公たる信士の存在感がイマイチ弱くて、みんなを守るとかいいつつ結局他の面子に引っ張られるだけというは何とも。
それと視点変更すればわかるのですが、奈緒先生があんまりにも誰得な扱いというのはちょっと・・・(/_;)
*寛にとっては奈緒先生は片思いしている忍の当て馬&性欲代わりでしかない(汗)

システムとしてはただ大きくしただけのウインドウとか、霞登場時の「朱」のインパクトの強さとかありますが。
やってて問題なのは特殊エフェクト。アニメ効果を入れるのですがこれが中途半端な上に重い
PCによってはフリーズしたんじゃないかと思うほどでオプションでオフにしておくべきでしょう(汗)

まあ体験版最後の部分からどう展開するかでしょうね。
周囲がバイオハザード状態の中でどうサバイバルできるかは見ものですが、ご都合展開なしでまとめられるか。
・・・実は主人公の前世は凄かったんだよとか言い出したらどうしようと(笑)

おまけ:
この扱い・・・
当て馬すぎる先生の笑みが悲しい・・・(セリフは寛の心の声)

世界征服彼女the world is mine.体験版感想

  • 2010/11/11(木) 22:41:26

いつものように著作権はここに

このサイズのバナーは作品側になかったなぁ
容量は479M。ウインドウはワイド仕様で
800×450、1024×576、1280×720の三つから選べます
ボイスはサブも含めて個別設定可能、ウインドウも6種(体験版では変更不可)。
そして今まで見たシーンごとにスキップ可能という便利な機能もあります

ロボ作ったりとか難しい本ばかり読んでいたゆめこは「ヘンな子」といじめられていました
そのヘンなゆめこを助けた「ヘンなこいびと」のゆきとはずっと一緒にいようと言い、ゆめこも・・・

「おきろーっっっ!」という声と布団を引っ剥がす夢子で目が覚める征人なのです( ・・)/
*ここでOPが入ります。

#11月30日(カレンダーがNevel公式のというは芸が細かい)
朝食を作ってくれて片付けまでやってくれるかいがいしい夢子。
母親から「夢子ちゃんがいないと何もできない」と言われるほどの幼馴染に恵まれた征人ですが・・・
・・・一歩家の外に出るとヤルセナイザーゴッドリームというロボの足が・・・

ロボ(足だけしか出てきませんが)を見て呆れる征人を見て「目、覚ましたげる」と夢子が「ふぁいあ」・・・
目覚ましミサイル・・・
・・・ミサイルぶっ放して地形変えやがりましたよこの幼馴染!( ̄▽ ̄;)
(この方、「夢は世界征服」だとか普通に無敵ロボ造るわバリア持ってるわ・・・)
で、なぜか普通に歩いて登校する夢子(と、征人)が学園に着くと、学園長がお出迎え。

「世界征服したら面白いこといっぱい出来るよ」なんて言う夢子にこのままでいいと現状維持を願う征人。
そこに「このダメ人間!」と征人を罵る女の子登場。後輩の椿子ですが
男絶滅主義者(ぁ
ひどい言われようだ(笑)
挙句、「卒業したら私と結婚してくださいっ!」と夢子に告白してますよええ(^_^;;;
*女同士で子供が出来るよう夢子に言ってるそうな、目指せメルトランディ(ぉ
で、夢子が椿子に引っ張られていったため征人は1人で教室に

すると桜子がご挨拶。その笑顔に去年のデート(失敗)のことを思い出す征人
対して桜子は夢子と征人のことを心配してくれますが、征人はごまかすしかできません(笑)
続けて百春が「また(桜子と)デートの話をしたのか?」と蒸し返してくれたので過去回想へ( ・・)/
さらに夢子がやってくると「闇野さんと付き合っちゃえよ」なんですが、
やかま進藤、あるいは雪村小町化
・・・あ゛、進藤化した(ちなみに本人揺れています)
とりあえず何とかもちつけますが、最後に「もうっ、自分からなにもしようとしないんだから・・・」

夜、寝転がりながらいつもと変わらない日常を受け入れようとする征人。
しかしTVでは夢子のインタビューが流れ
世界征服宣言する幼馴染
何・・・だと・・・Σ( ̄_ ̄;)
百春からかかった電話で「現実」だと理解してしまった征人はただ唖然とするばかり

#12月1日
征人がリビングに下りると夢子がいつもと変わらずキャベツを切ってますた( ・・)/
どたまに来た征人は夢子の耳をひねり上げますが、母親に粉砕(この母世界征服をネタだと思ってる)
そして「今までなにも言わなかったじゃん」と夢子。確かに今まで征人は世界征服を止めようとしていません。
(応援か叱るかの選択でシーン分岐)

下山さん(夢子の家に住んでるらしい、名前だけ?)の話の後2人で登校へ。
神様言われることに拒否反応起こす夢子はともかく、
椿子はいじめがいがあることに気付いていぢめてるとこの子泣き出してさあ大変
近寄った征人への怒りに震えて殴りにきた椿子なんですが・・・体勢を崩して
押し倒さなかっただけマシか(笑)
*お約束(笑)
征人は慌てて逃亡、そのまま教室に入ると、黒板消しを渡してくれる菜子
しかし当人は日誌を受け取ってくると言って呆気なく去り、代わりに桜子がやってきて闇野さん本気なのと。

本気さと答える征人に、
唯一まともな人
「大変だと思うけど、頑張って」と優しくと励ましてくれます
*ただし黒板消しの粉のおかげでけほけほ状態ですが(^_^;;;
そこに夢子がやってきてセクハラ魔だ外道だと言うからさあ大変(笑)
(選択肢でシーン分岐)

異常に弱気な希乃子先生の話の後、夢子がアグネスな法律を作ろうとしますが
ここは征人と百春の見事なコンビネーションで阻止、凄いぞ主人公と友人キャラ!(ぁ
で、放課後。百春を待っていると「終わった?」と何と菜子がやってきます。

今までなにをしていたのか聞くと学園長室にいたという菜子。
ほとんど単独で出てくる人
ふるふるこくこくな彼女ですが、別れ際に「服部」と。そして夢子と仲がいいのかを聞いてきます。
選択肢と分岐の後、夢子が自分から話すのは征人だけだと、しかしそれ以上は話すこともなく、別れる二人。

夜。過去を振り返りつつ、夢子と距離を置こうと考えた征人。
そして彼女1人立ちさせるように行動することを決めたのですが、そこに窓辺越しに夢子が。
勉強教えてあげよっかという夢子に早速「距離感」を出すため自分でやると断る征人なのです・・・

#12月2日
早起きして散歩していると夢子がゴッドリームで降り立ってきたわけですが、スーツ姿の彼女をアイドルみたいと評価するとまたもや進藤化(笑)
*機能上仕方ないらしい、それと試運転に行ったらしい
仕方ないのでかわいいと褒めると「へあう?」からも素直にかわいいって言ってよとあわてる夢子でした、まる(ぁ

さて、ロボ整備する夢子を残して1人通学路を急ぐ征人
そこに道を尋ねたいという声が。この声の主であるセーラー服着た女の子は名前を名乗りなさいと命じます。
選択肢を繋いで自己紹介すると、この人「頭が高いですよ無礼者」( ̄▽ ̄;)
しかし、とりあえずこの亜子に対する質問は受けつけてくれるようなので征人は

「おしっこは外でするって本当なのか」( ̄▽ ̄;)
まあ、「演技かかった口調は使わないといけないものなのか」とフォローしましたが(ぁ
当然、頭に来た亜子は竹刀振り回して痴れ者無礼者不埒者国賊歯を食いしばれ状態(^_^;;;

そこにやってきたアルメンドラさんが状況を何とかしてくれましたが、征人は亜子様の家畜扱い(ぁ
豚か豚なのかっ
まあ、それでも一応学園までご一緒できた上、メルさんから亜子を頼まれたわけ( ・・)/
そして教室。目が据わった希乃子先生が転校生に迷惑かけるなと説明した後。亜子登場。

いきなりの「全員起立!戦尽訓!」そして・・・
さすがにバックに日章旗は出ないか(笑)
何という君臣愛国な人だ( ̄▽ ̄;)

で、わざわざ兼定の短刀を貰ってきてまでこの人がこの学園に来た理由は
宣戦布告っ(ぁ
すごいけど何か間違ってるぞおい(^_^;
が、その当人である夢子は頭に来たらしく
「だったらあした世界征服するから」( ̄▽ ̄;)
これにはさすがの亜子もいかんともしがたく、まずは話し合いからということにして事なきを得ます(^_^;
*つーか亜子って夢子対策何もしてないような・・・

さて昼休み。夢子と百春と屋上ごはんにしようと思った征人ですが
そこで亜子が目に付き彼女も誘って(選択肢あり)4人でお昼。
三人が地べたに座って食べようとする様や、パンなど鬼畜米英の食べ物だとか怒りますが・・・
百春がドイツ人とのクオォーターだと聞いて態度急変、我が闘争ちゃんと読め(爆)

#12月3日
起きてみると夢子がアイアンクローの体勢に(ぁ
その様を見た征人は朝起こしに来るのやめないかと交渉すると、あっさりと「うん、いいよ」。
が、その夢子から遅刻回数がやばいことを知らされると土下座して頼み直すのでした、まる(笑)

さて夢子と登校し、百春とアヘ顔について話したり亜子にアヘ顔を説明したりした後、
化学の授業だとうきうきしている夢子。彼女が理科の思い出を話すと征人も楽しかったと。
そんな彼女が「私に科学の楽しさを教えてくれたの、ゆーくんだもん」と、2人の昔の思い出を呼び起こしてくれます。
(選択肢で思い出が選べます)

その化学の授業。征人は夢子と百春と組みますが、4人グループなので1人足りません
よってここで残り1人を桜子・亜子・菜子の誰にするかの選択肢が入るのです( ・・)/

#12月5日
起きてみると軍歌調の音楽と演説の声。何事かと思って外を見ると
右翼のアイドル・・・( ̄▽ ̄;)
亜子が演説中( ・・)/
彼女を悪夢扱いしてふて寝した征人、しかし今度は母親にケーキ屋に行けと起こされます。
お金も出してくれるし、いっちょ行ってやるかと征人、しかしそこにTVから夢子のインタビューが( ・・)/

彼女「も」放置して「La fille du camelia」というケーキ屋へ。
おしゃれな店内に腰が引け気味の征人、その上出てきた店員は椿子というオチ(笑)

その椿子お勧めケーキがオサレ語で判らないとか、指差してくれとか失礼なことを言ってると
なにかロリ巨乳キャラがやってきます。その彼女に驚いていると椿子が「ママっ!」、つまり
ロリ巨乳の母もロリ巨乳
・・・ロリママキタ━━━(゜∀゜)━━━ッ!!

さらにもって「この人ならバッキーをお嫁さんに出してもいいかな」なんて言うもんだから椿子は大変
何とか姫子ママを追い出した彼女と話しますが(選択肢)
が、姫子ママが出てきた時に見せたしおらしさが無くなっていることに気付いた征人は潮時だと撤退( ・・)/
後はどこに行くかとなるのですが、(選択肢上から桜子、菜子、夢子とのイベント)

夜、真面目に勉強する珍しい征人は隣の夢子に勉強聞いておくかとカーテンを開けると
お約束すぎてCG出すのも面倒なお着替えタイムでした( ・・)/
で、お着替え中の夢子に見とれてしまった上、勉強を忘れた征人くん、めでたしめでたし(ぁ

#12月5日(というか体験版後説)
いきなりこっちにカメラ回すのかなと焦る希乃子先生
ハガキないよこの体験版(笑)
・・・ネーブルにトラックバックかけろツイッターフォローしろですねわかりました(ぉ
他に出番のなかった良子や里子先生も登場するのですが、その里子先生が
「先生のエロシーンはあるんですかー」
と聞くから先生のCGが(ただしHシーンではない)
*これで体験版は終わります( ・・)/

#キャラクター
女性陣が全て「子」という名前で統一されている(アルメンドラ除く)のが一大特徴
なお、立ち絵がないキャラは名前がありません。

*闇野夢子
マシンガン系幼馴染(ぇ というかマッドサイエンティスト
家の外に通常兵器無効のゴッドリームを配置しているわバリアあるわで大変
世界征服を本気でしようとするほど無茶苦茶な人ですが、根は結構健気だったりします。
・・・というか、征服した後話どうするんだ?(汗)

*冬野桜子
委員長。面子の中では唯一まともな思考回路の人間で、優しい方。
他が無茶なキャラばかりのため彼女が出ると安心できます、ええ(^_^;
前にデートに誘ったけど玉砕(したと、征人は思ってる)したのをどう取り返すかですね。

*花之宮亜子
黒髪ロングのお嬢様ですが、考え方が昭和ヒトケタという時代錯誤の人
国粋主義者で何かというと演説口調ですが、礼儀は一応あります
そして世間の常識に疎いので自爆しやすいという問題も(ぁ

*棟本椿子
145cmB92というロリ巨乳の後輩。ただし異常なまでの男嫌い。
夢子にべったりしたり亜子にほれ込んでたりと百合な人
とはいえ母親には「バッキー」と呼ばれて困ったり、照れたりもできます、多分ツンデレ

*古奈菜子
無口な不思議系の人「ふるふる」ができます
必要最小限しかしゃべらないのでいまいち不明ですが、何かを抱えている雰囲気が。

*山野希乃子
担任。26歳独身。そして多分この話一番の犠牲者(^_^;;;
哀れなほどのダウナーでしゃべる様は観ていて泣けますが、時折据わったような調子になることも
根はまともな人なんですが・・・いかんせん教える生徒が無茶すぎた(/_;)

*アルメンドラ
亜子のお付きの女性で通称メル。これでも日本人。なんと元闘牛士
物腰柔らかな人・・・ではなく、主人公を豚扱いする毒舌な方(汗)

*棟本姫子
椿子の母。やたらに若いというか娘より小柄(^_^;;;、とても明るい方。
娘を「バッキー」と呼びますが、男嫌いを心配するる母親らしい面も

*竹野里子
副担任で「さっちゃん」多分史上初の青山ゆかりが担当した女教師
出番は後説だけですが、ざっくばらんで豪快な性格だということはわかります(笑)

*矢式百春
友人キャラ。女性陣と違って区別のつく顔立ち(殴)
歌舞伎役者志望のため芝居ががった喋りをしますが、しっかり征人のフォローは(ネタ的に)してくれます。

*伊勢新十郎
学園長。見た目は貫禄あるじいさんですが実は大したことがない(笑)

*服部征人
主人公。過去回想時のみボイスがあります。
平穏無事な生活を望む方ちょいヘタレ人ですが、言動を見る限りかなりネタ系
夢子と違って凡人のはずですが・・・多分・・・(^_^;

背景の綺麗さ、個性的だけど聞き応えのある音楽、充実したシステム、
このあたりはさすがに「一流メーカーの底力」を感じます。
後はキャラ絵、つまり「西又絵」ですが、これはもう「様式美」として理解するべきでしょう。「判子」とかいう突っ込みはもはや無意味のレベルです。
その立ち絵も結構動きますし(夢子があたふたする時に揺れまくるのは見てて楽しい)

話としてはそれちるとか俺翼のような独特のセンス(ただし微妙に違う)のテキストが特徴。
笑える部分も多くてネタも豊富で疲れるぐらい。異常な個性のキャラのおかげでネタもうまく行ってますし、
ドタバタ話としてのレベル群を抜いて高く、それでいてうっとおしく感じないキャラの使い方はさすが。
ネタキャラは多くても嫌なキャラ(悲惨なキャラはいるけど)がいないのも○ですし。
ただ、唯一普通の言動をする桜子相手だと征人が空振り気味になるのはしょうがないですが(^_^;

話としては幼馴染が世界征服だのロボ操るだのと呆れるほど無茶苦茶な設定なんですが、
夢子の言動とか周囲の反応を見ると「世界征服」というものに全く深刻さを感じません。
同様に右翼というか国粋主義者の亜子にしても言動こそいいのかオイですが、この演説も「軽く」感じます。
*亜子は「世界征服阻止」だとか言うけど、対夢子用に何一つ用意してない有様だし・・・

そう考えると表面上の会話や設定は全部ドタバタネタの調理材料と受けとるべきで、
話の本当の部分はその下にあるという作りなんでしょう。たとえば夢子の健気さや桜子との過去とか

それと選択肢が非常に多いのですが、誘うキャラを選ぶのを除くと受け応えの変化に留まっているわけで
これがどう個別への道になっていくか見物かと思います。
そして夢子以外のルートに入った場合、世界征服はともかく夢子自体がどうなるかですね
征人が体験版時点からすでに距離を置く選択をとっているので妙な方向には向かないとは思いますが
とにもかくにも「世界征服」を変にシリアスに向けて墓穴を掘らないことを祈りたいです。

後は・・・真面目な性格が災いして希乃子先生が哀れすぎるので、何とかしてやってください(汗)

おまけ:
最後のサービスシーンは本番用じゃないのか・・・
えー、ないのー、ぶーぶーぶー(以下延々文句

よついろ☆パッショナート!体験版感想

  • 2010/11/10(水) 21:10:34

いつものように著作権はここに

メインヒロイン兼主人公
容量は384M。
ウインドウは1024×576ですが、メッセージ速度変更がありません。
それからボイスも入ってませんので注意(後からバッチが出るそうですが)
ただし、セーブロードは充実していて、クイック3つにオート25、セーブポイント225箇所と豊富。
さらに画面下のメニューアイコンにはそれぞれ右クリックのサブメニューがあるという親切ぶり。

#数年前のクリスマス
「少しでも温かくなって欲しいから歌います!だから、私たちの歌、聞いて下さい!」
そして富士美学園バンド同好会は謳います・・・

#プロローグ
富士美駅前に降り立った夏目音子(主人公)。彼は今日からこの町に暮らすのです
今まで引越しまくっていた彼ですが、今度こそまともな学園生活をと気合をこめます。
・・・が、こいつ地図忘れてます、学園名忘れてます、ダメじゃん(笑)

上記の上に方向オンチな音子がしばらく彷徨っていると公園へ。
仕方ないので手近な女の子に聞くことに。
初対面でフラグ立て
ただし、ナンパと間違われてますが(爆)

とりあえずはと彼女の通う学園に行くことになり、自己紹介。
そして幸いにして音子が探していたのは奏と同じ学園だったため転入にも成功。
さっそく寮に向かうわけですが、なぜか奏と同じ方向。地図を彼女に見せると女子寮の場所だと(^_^;;;
とにもかくにも彼女に女子寮前に案内してもらうと姉の音奈参上。その姉曰く
えろげの学園のミスの多さは藝術レベル
お約束すぎて涙が出てきますよええ(爆)
*姉弟だから同室でいいよと音奈(^_^;;;

さて寮の部屋(当然音奈と同室)に案内された音子ですが、
「女の価値はどれだけ男に注目されたで決まるのよ!」と自分の下着に興味持てとか言うのですよこの姉(笑)
その音奈におとなしくしてくれと頼む音子ですが、もちろん馬耳東風( ・・)/
そうこうしているうちに寮長と名乗る人がやってきて、サロンで「音奈が2人分まとめて」自己紹介。

無事に自己紹介も終わり、夜、音奈が風呂に行った後の音子。
女子の中に男子1人という環境だけど、「普通の学園生活」は送れるだろうと思う音子なのですが・・・
音奈の方はなにやらあやしいことを企てたらしく「にっひっひ」( ̄▽ ̄;)

#次の日
普通の学園生活を送るぞーと起きた音子なんですが、そこに音奈がやってきて、
「音子・・・女の子飽きた。アンタ替わりなさい」(゚_゚;)
ヤバイと思って逃げようとする音子ですが、そうはいかないと音奈は
これが姉ヘッドパットか
頭突きっΣ( ̄0 ̄;)

女の子が頭突きとか無茶だろうとかそういう問題はさておき、クラクラした音子が気付いて目を開けると
ボディーチェーンジィー!(ぁ
何・・・だと・・・(゚_゚;)
※注:マインドチェンジという能力で、入れ替われることは両親も知っているらしい

そんなわけで、男の音奈と女の音子(ややこしい・・・)の学園生活が始まったのでした、めでたしめでたし(ぁ
*初登校&自己紹介セットでやったため、入れ替えてもバレないだろうという音奈の悪知恵(笑)
で、音奈の方がさっさと行った後、残された音子がサロンに行くと奏が自己紹介してきます。
※注:ここで音奈の姿のまま「音子」と自己紹介したため、学園では「音子」の名前で通じることに

さて先生(立ち絵名前なし)に紹介された音子は転校してきた過去を思い出します。
*実は能力者一家(音子も)だったから能力バレたら転校を繰り返ししてた
いろいろと考えているとお昼。奏が昼食に誘ってくれますがその前にトイレ。

トイレから出て「体は女の子になっただけ」と普通の学園生活に希望をと思った音子
が、響花とぶつかってしまう&パンツ観てしまうというお約束オチ、さらに立ち上がった音子の前で今度は奏が響花とぶつかるという(^_^;;;
その奏、何でも夢があるらしいとのことで、
いきなりの入部案内
いきなり勧誘ですよええ(笑)
*ここでOPが入り、第一話へ

#第一話「富士美学園バンド同好会、結成!」

バンド同好会部長である奏から仮でもいいから入ってみないと言われて引っ張られる音子
そんな様を「また”いつもの”が始まったか」と見送る響花(^_^;;;

放課後、奏では「レッツ仮入部♪」と音子を引きずって部室に行こうとしますが、響花が制止。
でも音子本人は見学だけはと部室に行くのです(響花もついてきます)
某けいおんっぽい部室。そこで仲良く話す奏と響花。でも響花は部に入ってない。

そんな事を考えているヒマもなく、奏は音子にギターを掛けてくれます。
全くギターなんてやったことがない音子ですが・・・これが弾けるんですよええ(笑)
物には記憶がある・・・
※注:「サイコメトリー」という能力で、音子は物の記憶を引き出せる。
音子が弾いたのはお姉ちゃんの曲だと言う奏は当然のごとく「バンドやらないっ?」
温かくて楽しいギターの「記憶」、そしてそれを楽しみたいという自分の気持ち。
そんなわけで、音子は同好会に入ることになったのですが・・・

・・・帰宅すると音奈から音子に「女の子になる特訓」を受けるわけです、まる(笑)
*メイクとか下着の付け方とか話し方とか

#次の日
音奈に教えられつつ着替えて、奏と響花と出会い、そしてあっけなく放課後。
奏&響花がやってきて、バンドのメンバー募集をすることに。さっそく宣伝とチラシ配りに励む奏&音子。
後ろの人との対比がよい
そこに担任の先生がやってきて「夢を持つことは良いことです」と褒めたから奏奮闘、
さらに音奈が「2人とも今後ともよろしく、もちろん性的な意味で」なんて言う幹慈と一緒にやってきますが、
この2人も入部はダメで、結局本日は勧誘失敗、でも奏は諦めが悪い人に奇跡は起こると前向き( ・・)/

#次の日
昼間っから勧誘に励む奏&音子ですが、なかなか釣れません。
そこに「こんなことだろうと思った」と響花がお弁当を差し入れてくれて部室で食べることに
ここで前から不思議だった音子は尋ねます、なんで響花ちゃんはメンバーに入ってくれないのかと。
しかし響花はごまかすように「入らないことは奏に伝えてある」・・・

で、メンバーの方ですが・・・
もはや学園同好会じゃない・・・
学生以外でもいいのかおいと思うのですが、奏はあくまで前向き、駅前や商店街で勧誘活動に励みます
奏からクリスマスフェスタのことを聞いたりしつつ、公園まで勧誘に。
その公園には奏が「夢なの。あの舞台の上に立つのが・・・」という舞台(選択肢があります)

夜。100g88円の豚肉(ぁを買いに奏が去った後、1人帰宅・・・できず道に迷いますた(^_^;;;
海沿いに歩いているとそこには散歩中という響花が。再びバンドに入らない理由を聞く音子。
失敗から成功することもある
そう、奏に失敗させたくないという気持ちから、そして自分が拒否したことだから。
しかし失敗したくない、だから一生懸命になれると言う音子。響花は「考えさせてくれ」と・・・

#次の日
本日は音奈と学園へ。勧誘のことを話すと音奈は幹慈の家である喫茶店にチラシを置けばと。
そして放課後、音奈に案内されて音子&奏は喫茶店「ポコ・ア・ポコ」へ
奏が響花の作るケーキについて語っていると、なんかちっこいウエイトレス(サンタコス?)が出現。
さっそくチラシに目が通ったのかまだ募集してますか!?と聞いた上
機材つきとかどうよ(笑)
入部希望ですよええ(笑)
しかも今ならドラムセットまでついてきてお得(ぁ

兄の幹慈は手が足らない(2人で切り盛りしてるから)のにダメだと言いますが
赤くしてツノをつけないと(ぉ
・・・ひどい妹だ(笑)
結局、音奈がサービスしてあげるからと条件を出すと、幹慈も折れ、めでたく葉澄が加わります。
そうすると残るは1人なんですが・・・ここで音子が心当たりがあると。

#次の日
やってきた葉澄を観て奏は可愛いよねヾ(^-^ )してもいい?と萌えているのはともかく
葉澄への自己紹介をするのですが、当然そこには響花がいるわけで・・・
「4人いれば活動できるんだよ?」と音子。「つまり私にも、入れと。」な響花。
そして奏も「一緒にバンド活動・・・しよ?」 

さすがにここまで堀を埋められてしまった響花も入部を決断し、めでたく
キーボードいないのね(^_^;;;
バンドが結成され、音子の新しい学園生活は始まったのです・・・

で、よついろ・いんためっぞという意味不明のアイキヤッチの後、帰宅。
音奈にBLごっこするとか言われて焦る音子は一旦体を元に戻すのですが・・・
・・・ウエスト体重が減って綺麗になった体に嫉妬した音奈によって即交換、そして女の子特訓再び(爆)
*ここで体験版は終わります、後は宣伝が付属。(コミックREXでの連載予告も入っています)

#キャラクター
名前があるのは立ち絵がある人のみ。
そして同好会には顧問はいませんし担任の先生は名前も立ち絵もなし(汗)

*夏目音奈
姉。ちなみに双子の姉なので同級生ですが、お姉ちゃんと呼べと強制されてます(笑)
面白くない人生に価値はないという根幹の人ですので、当然面白いこと大好き。
が、入れ替わり状態だと何をしているかイマイチ不明(^_^;;;

*松岡奏
ひたすら前向きボジティブの元気な方、よく立ち絵が動きます。
可愛いもの好きですが根はどぢ。人にぶつかって吹っ飛ばされることも(汗)
姉に憧れ、クリスマスフェスタのためバンドを結成しますが、その姉は?(^_^;;;

*和泉響花
寮長で奏と同じくクラスメイト。ちなみに委員長。お菓子も作れます。
基本的に真面目な人間で何かというと奏のため頑張る人ですが
何か過去に失敗経験を持っているようでそれが気掛かり

*幸田葉澄
後輩のロリ系キャラ(といっても152cmありますが・・・)
小動物系でむやみやたらに元気な人、そしてこれでもドラム担当というギャップ(笑)
出番は最後だけですが他の面子とどう絡むのか

*幸田幹慈
狙うは姉弟との3P(殴)
メガネのイケメンで音奈の友達キャラ、葉澄の兄。
喫茶店を実質1人で切り盛りしながら学園に通うというスゴイ人ですが
男でも女でもOK、かつOHPのキャラ紹介にいない」というあたり誰得な雰囲気が・・・

*夏目音子(おとね)
主人公。こんな名前でも男です(笑)ちなみに今回は聞けませんが声優は音奈と同じ。
音奈に巻き込まれて振り回されているため、普通の学園生活に憧れる人ですが
・・・男に戻った時人間関係とかどうするんだこれ?( ̄▽ ̄;)


スタートしてしばらくは主人公の立ち絵が出ずっぱりなんで仰天(笑)
というか普通に画面内に主人公の立ち絵が出るため、一体誰視点か不明になったり。
そういう部分に目をつぶればけいおん系(?)バンドものとしてなかなか面白いのではないかと
ギター系の多いBGMがけいおん系だということのアピールに繋がってますし、

キャラの立ち絵もぴょこぴょこと動かしたり(特に奏)するあたり見てて楽しいですし
絵がほんわか系というかそんな感じでSDもあるので可愛さを感じます。
(カットインとか、背景に人を入れるとか細かいところもできているあたりさすがF&C出身です)

売りの一つである能力のサイコメトリーが万能過ぎるという問題もありますが、
「入れ替わり」とか「経験なしでバンド」をするためにはしょうがないと思うしかないでしょう(^_^;;;
キャラ的にも女になってしまった主人公音子がそのハンデ(?)を乗り越えて「普通の学園生活」を送ろうと奮闘する様がよく出ていますし、
奏に引っ張られつつも自分の意思で動いて説得していますしね。

・・・まあ、根本的に・・・
「主人公最初から女でいいんじゃない?」という問題があって、最初から女性主人公でも普通に話は進むんですよね。
というか、むしろ入れ替えがかえって話の展開を阻害する要因になりそうな予感がするんですよね。
入れ替わった後の音奈が下手に行動力があるためあちこちで問題起こしそうな雰囲気ありますし、
音子が男に戻った時にそのあたりのしわよせがやってきそうで誰得だよに・・・(汗)
*というか、音奈は最初から男サブにしても全く問題ない、そもそも入れ替わり後の存在感がサブ男レベル。

じゃあ女に戻った音奈はどうなるかですが、
そもそも音奈は音子と違って記憶再現能力ないからギターの腕前がガタ落ちになりますし。
今のままの展開ではいざ戻っても関係を最初からやり直さないといけないし、せめて音奈(男)もバンドに入れないと。

後は冒頭の回想で出てきた奏の姉ですね。彼女は出てくるのかどうなのか・・・
けいおんのさわちゃんみたく、顧問で出てきたら面白いのですが(ぁ

おまけ:
このままEDまで行ったら面白いのに(爆)
「身から出たサビ」とはこのことだよね(殴)