究極魔法少女 絶対☆姉貴体験版(Sサイズ)感想

  • 2011/02/28(月) 16:24:06

いつものように著作権はここに

縦が1人しかいないっていいのか
容量は257M。システムとしてはボイス割り当て程度。
ちなみにメイン4人以外に安部さんも個別設定できるのは何かのフラグ?

10年前、車に撥ねられそうになった姉貴を助けようとした朗
車に撥ねられた朗の命を救ったのは「魔法使いのお姉ちゃん」こと安部さん。
泣きながらまほうをおしえてと必死で頼む姉貴・・・


そして現在、「ここ」を守るため、グラウンドでひかり姉貴と対峙する苗場朗(主人公)
しかし今、彼に仲間はいない。だが朗は意思強く「ここを守る・・・それが俺の役目だ、姉貴!」
姉ナックルっ(汗)
でも全然勝負になりません、殴り飛ばされました( ̄▽ ̄;)
余裕しゃくしゃくでじりじりと近寄ってくる姉貴。彼女の目標は「野球部」と書いた看板。
*この看板を持ち帰ったら姉貴の勝ち( ・・)/

しかしここで「かほるこおおお、今だあああ!」の声と共にかほるこが釣鐘を落とし
続けて綾女姉ちゃんが誘導して美野里姉さんがレーザー降らせますがこの姉貴全部避けてますよっ( ̄▽ ̄;)
で、これだけ「魔法少女」が揃ってるのに「ボランティア部」なのはおかしいと姉貴が言いますが
朗も姉貴だって「執行者」じゃないかと正論(笑)

この4対1の状況ですら余裕かましている姉貴に対して綾女姉ちゃんは作戦をみんなに説明
そして綾女、美野里、かほるこからの応援を貰い・・・「開始」

他の3人が足止めを食らわしたり視界を奪ったりする中、接近する朗ですが姉貴強い(笑)
あっさり見破られ、殴りかかる姉貴。その姉貴の瞳の中で、俺が悔しそうに・・・笑ってた・・・
刹那、殴られた朗に「・・・もっと頑張りなさいよ、バカ」という姉貴の声が(※※
*ここで昨日の朝に話は戻ります

朝、ひかり姉貴に起こされる朗。ただし踏みつけですが(笑)
ドMになるぞこれでは(笑)
※:五つの誓い
一つ、姉の言うことは絶対であること
一つ、姉の作った物は文句を言わずに食べること
一つ、道を歩く時は車と姉の安全に気をつけること
一つ、姉の力は頼りにいないこと
一つ、向上心を常に忘れぬ事

かくて姉に睨まれただけでチキンになってしまう弟でした、まる(ぁ
さて姉が置いていった朝食のおでん(ぁを食べて1人家を出るとかほるこが制服に手を突っ込んできましたよ(笑)
それから何気に後ろにいた綾女姉ちゃん(でも年下)が腕にしがみついてくれるのです。

3人ぬくぬく(ぇ寄り添って学園に着くと期末テストと全国模試の掲示が。
朗が学年1位だったのですが、姉貴の方は全国1位というすごさなのに平然とした顔(^_^;;;
よっていくら頑張っても規格外の姉貴に勝てない朗は日陰者なのですええ(^_^;

自分を日陰者言ったかほるこに対して朗は魔法「神の御手」を使うのですが
・・・イベント絵無しなのでパス(ぁ

放課後。ボランティア部部室にやってくると美野里先生。
いきなりルート分岐か(違う
なにいきなり告白展開してるんですが姉さん!(笑)
まあここは綾女姉ちゃんが「めっ」したため事なきを得ましたがそれはともかく、魔法の話。
*なぜか朗のみ常時使える(相手のブラを外す魔法だから?)

で、ブラ外されて慌てて逃げていった美野里姉さんの代わりに部長登場。
カレーは魂です(ぇ
・・・寝るな!(笑)

再び美野里姉さんですが、今度はぱんつ返せと(^_^;
朗の魔法はぱんつを奪うことも可能( ・・)/

夜。姉貴と夕食(とうぜんおでん)しているとあんたボランティア部なのに活動してないのはたるんでるとお説教が。
さらには「姉に負けて悔しくないの?一応、男でしょ?」とまで言われるわけですが
何度も「男らしく」と言われても相手は規格外の姉貴。結局は姉貴の課したトレーニングをするしかないのです・・・

気が付いた朗、しかし多分夢だと思う朗。なぜなら姉貴がナニをくわえているから(^_^;
悪魔系・・・
これは夢なんだよと言い、「朗はね。本当はきっと他の子が好きなの」と言い、自分はその代替品と
そして気付くのです、こんな夢、どうやっても勝てない姉貴に夢の中で貶めている夢を観ていたことに
そしてこの姉貴(ひかり)が魔法少女の姿なのは自分だけ魔法少女になれなかった過去の投影・・・

そんな鬱屈が作った「ひかり」とHしているわけなんですが、そんな自分に浅ましさを感じる朗。
こんなのが俺が求めていた物なのか、こんなものが憧れていたものなのか。
そこに「やっぱり今回も失敗かぁ」というひかりの言葉。良くみると仮面も違う。お前は誰だ・・・

再び気が付くと姉貴に起こされ、誰のえろい夢を見たの♪と聞かれたのでこうなったらと
「・・・姉貴とだよ」
*踏み潰されました(爆)

さて通学路。綾女姉ちゃんに欲求不満言われるのはともかく、かほるこ曰く姉貴が「提案」をするとのこと。
*全校生徒の代表(執行者)に選ばれた人が「提案」すると何でも通ってしまう
当然のことながら「執行者」は姉貴なわけで何を「提案」するのかみんなで考えてると紫宝会長が。

さて、姉貴は校内TVで「提案」するとのことで部室で観ることになったわけですが
映ったのは姉・ザ・マスクと名乗るブルマ戦争以来の魔法少女に変身した姉貴。
どんなエラいことをするのかと戦々恐々していると部活数を調整すると言い
奪ってどうするんだろう・・・
バトルするんかいーーーっ!( ̄▽ ̄;)
そして最初の目標を野球部に定めた姉貴。その雰囲気は姉貴ではないことに気付いた朗
しかし逃げるとか考える余裕は無く野球部が助けてくださいとやってきたわけで( ̄▽ ̄;)
*ここでブルマ戦争についての話が出てきて、かほるこ・綾女・美野里が魔法少女になれることがわかります。

姉貴を止めるため戦うしかないと言う朗。止められるのは自分たちだけ
なぜ姉貴がこんなことを始めたのかはわかりませんが、できることをやるということで冒頭(※※)に戻る( ・・)/

※※
気が付くと保健室ですがいたのはなぜか紫宝(女装版)
彼女もとい彼から姉貴は朗を殴った後逃げたことを告げられます(つまり一応は勝利)
ここで死んだら主人公じゃない(笑)
そして(姉貴に女装させられた)紫宝会長が去った後、3人が戻ってきて次への対策を練りますが
なぜか「ぱんつ」を持っていて三人にフクロにされましたさ、めでたしめでたし(ぁ
*これで体験版は終わりです

#キャラクター
女性のみフルボイス。女装キャラはボイスなし(ぁ

*苗場ひかり
絶対姉貴。学業運動ともに全国トップクラスという恐るべき完璧超人。でもおでんしか作れない(蹴)
当然弟たる主人公には支配的ですが、何か裏がありそうで別人格(?)も出てきましたし
「姉・ザ・マスク」を名乗り部潰しに動き出しますが真意は不明、とにかく強い。

*三条綾女
部長、「姉ちゃん」と呼んでますが実は年下というややこしいキャラ。いつもだふだぶの服を着ているのが特徴。
無口でありますが朗になついている(いや懐かせているというべきか)
なお、とても頭のよい子で作戦担当、テレパシー能力を保有

*柏崎かほるこ
副部長、幼馴染で同い年のボクっ娘。さばさばした性格の友達系キャラ。
いろいろ本音同士で語り合える方ですが、そこから先へどう進むかが問題かも
道具を召還できるという四次元ポケットみたいな能力が特徴(チートすぐるような・・・)

*三条英野里
担任兼顧問で綾女の姉、姉さん。ただし授業シーンはあるのかは不明( ̄▽ ̄;)
見た目通りの天然で癒し系で巨乳でよくいぢられるほっとけないタイプ。つまり姉貴と真逆で当然どじキャラ。
ちなみに飛んでビームが撃てるというSTGの自機みたいな方(ぁ

*柏崎紫宝
このほうがいいよな(ぉ
生徒会長でかほるこの兄。生真面目で規律にうるさいタイプ。
姉貴とはソリが合わないのですが、どうあがいても勝てず哀れしたぼく化(笑)

*部長
正確には元部長ですが本名は不明。
すぐ寝るし何もしないのにトラブルだけは抱える困った方で、今回もなぜか敵側(^_^;

*苗場朗
主人公。完璧超人ですが姉貴がバケモノのため性格がねじけたかわいそうな人。
そんな姉貴を影では支配したいという欲があるようで、それが話のメインになりそうな予感が。
なお、ブラ外したり下着を盗むというエロ方面に特化した能力持ち(多分それ以外もあるはず)


「Sサイズ」とあるので第二弾とか拡大版があると思うのですが、今の体験版からすると
魔法少女バトルといってもイベント絵が出るだけですから各自の能力とか戦略は生かせないのが痛いというべきかAVGだから仕方ないというべきか難しいところです(^_^;
絵的に少し癖があって動きも少なく、背景も弱いとか、魔法少女時の服装がいかにもえろげ的だとかありますし
(目立つのが苦手な美野里先生が一番魔法少女らしい格好なのは面白いなと)
姉ものでかほるこ以外はみんな姉な呼び方をしていますが、年下キャラなのに「姉ちゃん」はさすがに無理あったような(笑)
他にも学園付いたらすぐ部室になんで美野里先生の先生らしさが全く見えないのは問題なんですよね(^_^;

それでも各キャラの能力と個性(と、欠点)がしっかりしているわけですが、何よりも姉貴です
あんまりにも最強すぎてどうしたらいいのよこの姉貴状態、他が束になっても勝てないとかもう(笑)
もちろん日常でもドSな姉ぶりを発揮してくれます他の人も結構頑張ってるけど勝てません(ぁ
そういう最凶姉貴と「魔法」というものがあるので主人公が鬱屈しているのは仕方ないなぁと思えるほど(^_^;

後は「魔法」がどのようにして各自身に身に付けられたのか、朗の一見無意味に見える魔法の意味とかがこれからの課題でしょうか
OHPにはナビシステムがあると書かれているわけで、これがどう生かされるかですよね
途中出てきた謎の(仮面とか違う)姉貴がどういうことをするのかもありますし。
(無茶だけど姉貴ならと思ってしまうのがこの作品なんでしょうが(笑))

おまけ:

いやあ、くんかくんかしたかったから(ぁ
いやクンカクンカしたかったから・・・(ぉ

Marguerite Sphere -マーガレット スフィア-体験版感想

  • 2011/02/24(木) 20:38:46

いつものように著作権はここに

メインしかないのはここの伝統か
容量は544M。システムとしてはボイス割り当て、テキスト色変更などを持ちます。

#4月1日
朝。魔法使いルックの人(マーガレットさん)が起きてコンビニでも行こうとすると誰かと衝突(^_^;
彼女を気にするヒマもなく学園に急ぐ此花大地(主人公)の周りには桜やマーガレットの花。思い出すのはマーガレットの花で覆われた世界のこと。

しかしそんなこと悠長に考えている時間はなく
良く飛ぶ主人公だなぁ(ぁ
・・・撥ねられました( ̄▽ ̄;)
自分のことを棚に上げてフラフラしているあんたが悪いとか言ってる美桜。
それでも自転車には乗せてくれる(女の子が漕ぐ自転車に乗るのかい)わけですが。

寝坊したことを成長してないと言う美桜ですが、お前も同類だと言い返したりしつつ校門へ。
風紀委員がいるから自転車下りてさて学・・・また撥ねられました( ̄▽ ̄;)
ただし直撃したのは食パンコッペパンくわえた女の子。すなわちこの衝突は
いや平成のえろげでも多いですよ(笑)
ファンタジーですね(爆)

「ありがとうございますですっ!大地先輩」と喜ぶ彼女、
しかしくわえてたコッペパンを失うという大打撃を被った挙句、どこかに逃げ去ってしまうのです(^_^;
その後、「スポーツ推薦」という世の不条理を大地嘆いていると風紀検査をやっていた蓮登場。
美桜は(自転車二人乗りがバレそうなんで)逃げようとしますがこの蓮会長はしっかり捕まえてますよさあどうする(笑)
合気道過大評価しすぎ(^_^;
なにせ自転車野郎を自転車ごとぶん投げるし合気道チート評価すぐる人だし(ぁ
それでも蓮が立ち寝している(寝てしまう病らしい)隙になんとか校内へ(^_^;

しかし入るなり不穏BGMと共に「遅い、遅すぎる」という容赦ない叱責
こわいよこわいよーっ(¨;)
妹様のご登場です( ・・)/

で、クラス委員長が茉莉に決まりっての放課後。美桜がラクロス部、茉莉が美術部に行って1人学園を出た大地。
公園でのんびりとしていると「こんなところに怪しいエロ雑誌の束!」と大地を釣る謎の声(笑)
そう、この方が冒頭で大地に衝突した魔法使いコス。どう見ても怪しいです。

その上占いでもやってみんかねと勧誘してみたり
パシりで占う女
コーラ買って来いとか使い走りさせますよこの怪しい人(笑)
*しかし大地が買って来たのはおでん缶(+衝突少女が遺したコッペバン)
占ってあげるだの類稀なる女難の相が出てるだの言い寄るマーガレットを振り切ると今度は茉莉。
しかし学内とは違ってこの妹さっきの毒言にごめんごめんなさい大地と泣いてますよええ(^_^;

で、茉莉の毒舌キャラは緊張の裏返しで、本来は甘えたがり妹だということがわかります。(でも他の学生が視界に入るとクールに)
昼ごはん作ってあげると言うとわーいわーいとはしゃぐ茉莉とともに家に向かう大地、しかしそれをマーガレットは観ていました・・・

#4月7日
朝、大地は玄関で新聞と牛乳を回収しようとしますが牛乳がまだ(^_^;
まだかなと周りを見ると配達の女の子(パンくわえてぶつかった方)がテンパってますよええ(笑)

話しかけるとかいうヒマもなく、テンパったままの彼女は猛烈な速度で逃亡した後、茉莉と美桜と共に登校。
当然牛乳と例の彼女の話となるわけですが、2人も調べてくれるというので犬耳みたいな髪とか、それからマーガレットの話になりますが、この2人も知っていました。
怪しい人だと一致する美桜と大地に対して茉莉だけは「でも・・・面白い人」(^_^;
※ちなみに占い料金はおでん缶一缶(ぁ

さて教室。薩摩隼人な三十朗も加わって話をしたり
どぢな文江先生が茉莉にたしなめられますが、大地には素の茉莉が見えるのです(笑)
続けて美術(文江ちゃんライブ(ぁ)の授業。ここで先生はマーガレットの言い伝えを話してくれます。

放課後。三十朗からのサッカー勧誘を断って茉莉と美術部へ。
そこには寝てた瞳子部長が(ちなみに美術部は彼女と此花兄妹の3人だけ)
申し込みはお早めに( ・・)/
つまりスーパーコミックシティの準備ですねわかります(殴)
続けてやってきた文江先生(顧問)から新入生勧誘の話、そして此花兄妹の入部のいきさつが。
「同人誌って知ってる?」と2人を勧誘したそうな・・・( ̄▽ ̄;)
それはともかく、お前ら2人で勧誘してこいあたしはバイトがあると投げっぱなしの瞳子部長、ひでえ(笑)

その後、1人での帰り道なんですが、マーガレットさんに引っ張られて占いタイムに
ここで大地はこのうさんくさいヤツの正体を暴こうとしますが、しっかりお面装備してましたとさ(笑)
そして夜、茉莉&美桜との夕食。そこで美桜が花見の話を持ち出して、土曜(勧誘の次の日)にすることに。

#4月8日
勧誘イベントの日なんですが・・・なんとド真ん中。こんなの公開処刑(C)茉莉)
そこで大地は対策として今まで描いた絵を壁代わりにして正面以外から観られるのを遮断します。
開場後、パンフを大地が配っていると大盛況とにこやかな美桜ですが、当の茉莉はというと
フォースの暗黒面がっ(ぁ
オーラ出してどうするんですか!(笑)
そうこうしていると瓶底眼鏡男、それから蓮。茉莉が面接していると聞いて何て無茶なことをと(¨;)
その上(茉莉があの状態では)せっかくやってきたポニテの人も圧倒されるばかりさあどうしようですが・・・
「ちょーっと待ったですーっ!!」

やってきたのは冒頭から出てきてた犬耳少女なんですが、この方茉莉に普通に接してますよええっ(^_^;
そういえばと大地が思い出そうとしますが、それより先に蓮が「なな・・・あなた・・・なのはなよね?」
ごたいめーん
帰ってきたのです。
*父親が借金で蒸発したそうな・・・(離婚したため苗字が林田→緑川に)
とにもかくにも、なのはなと渚が入部することになって美術部も一安心。
続けてなのはなの身の上ですが、やたら明るいのに話すことは泣けるという本当に健気な彼女。
そのなのはながちょうど明日休みなので、お花見に誘うことになったわけで、めでたしめでした・・・

・・・が、ほんの一瞬、大地の頭の中をよぎる謎の光景が・・・

さて夕方、茉莉を連れて小津安二郎風(ぇのなのはな宅へ。
通や千鶴子ママが迎えてくれますが、夜逃げだの金融屋のをにこやかに話すの観てると辛いんですが・・・(汗)
*挙句、千鶴子ママが血吐くし(対借金取り用技らしい・・・)

#4月9日
花見の日。大地が食料調達している間、公園で女性陣が集まって花見の準備。
ここにマーガレットさんも加わってヒロイン勢ぞろいと相成るわけです( ・・)/
で、なのはなの身の上を聞いて蓮が政治に燃えたり、マーガレットさんがたかってたりしていると大地がようやく到着。
みんな乾杯の後、瞳子や渚、三十朗もやってきてとてもカオスな花見となりましたとさ、まる(ぁ

#4月11日
放課後、渚に花見の顛末を話していると瞳子がやってきたのでついでにこの部長の説明も
茉莉も加わって美術部開始。まずは自由創作から(でも絵を描くCGはない)
そんな中、茉莉が描いているのが「伝説のマーガレットの園」だと知った渚は先輩見たことするんですか?と。
超展開要素なんだろうか(^_^;
願いを叶えてくれる花の園、それがマーガレットの園・・・

で、茉莉との帰り道、茉莉がたくさんの人と話せるようになったことに安心する大地。
そうこうしているとマーガレットさんの占いタイム→帽子剥ぎ取りをしようとすると今度も仮面(^_^;
ただしその仮面に茉莉が怖がって泣き出して大変な結果になりましたが・・・(汗)

夜、茉莉は元に戻って何よりなわけで、マーガレットさんの話をしつつ夕食
自室に戻った大地ですが彼に言わせれば美桜なんてガキもガキ。まあだからこそ普通に接せるのですが
そうこうしてるうちに眠くなってきたので下りて飲み物探してると茉莉の「きゃあっ!」
何事かと風呂に近づいて2人の話を聞いていると・・・鉢合わせイベント(笑)
さっそく布団のグッズ化を(ぇ
深夜、寝ようとすると茉莉がやってきて明日早起きしたいからと添い寝ですよええ(笑)

#4月21日
いつものマーガレットさんの占いタイム。しかし今回大地は秘策を用意していました。
必殺アイテム「かすてら」で彼女の注意をひきつけておいて帽子をさっとばかり取ると
なんだただのロリババァかつまらん(ぉ
・・・なんだ、ただのロリババァか、つまらん(ぁ
*この後からマントで全身覆わなくなります(立ち絵も変更)
マジでこんな子なのと仰天する大地ですが、素顔になっても相変わらずのマーガレットさんでした( ・・)/

#4月23日
千草ママが帰ってくるとメールが来て大慌てな大地&茉莉
その千草ママが飛んで帰ってきたわけなんですが、自分のことは「ママ」と言えと(笑)
ママにしないとオサレではない
続けて美桜もやってきて4人で夕食後、風呂に薬もってこいと千草ママが言うから持って行くと見事に覗きシーンでした、まる(笑)

#4月25日
千草ママがあっさり帰ってしまった後、登校してみると蓮、それからリムジンと秘書
なにやら体調とか医者の話をしていたり、一体?(選択肢)
で、いつものマーガレットさんの占いタイムなんですが、今回はタダでよいと。
そして彼女が(水晶珠から)取り出したのはマーガレットの花。

いつもはうさんくさいの一言で済む彼女の占いですが、なぜか今回は奇妙な胸騒ぎ、そして例の花園。
「心の中で強く想うだけでいいよ?」というマーガレットさんの占い・・・
(茉莉・蓮・なのはな・美桜と選択肢が出ます)
で、誰かを選ぶとちょっとばかし本気を見せちゃおうかとマーガレットさん。
これがあたしの本当の力だっ(ぇ
*選んだヒロインの個別ルートの一部+Hシーンになり、再び占い場面に戻って体験版は終わります。

#キャラクター
フルボイス。メインのみ花の名前がついてますが某しゃっふるみたく全員ではないのはネタ切れ?(ぉ
後、苗字は九州の鉄道駅名でいいのかな?

*此花茉莉
双子の妹(実妹のはず)。根は泣き虫の寂しがり屋で甘えん坊。
が、「こわいこわい病(C)なのはな」のため人前では性格が裏返った形になる気の毒な妹
ただし「お兄ちゃん」と言うのがクールな時の方が多いというのが面白い設定かと。

*大浦美桜
幼馴染の体育会系少女、胸はない(殴)
わかりやすい性格で付き合いやすい人ですが、ゆかりキャラなのでツンデレ気味(ぁ
言動とか行動を見ると実はS系ではないかと思うのですがさて(笑)

*薬師寺蓮
一つ上の姉系キャラで生徒会長。ちなみに町長の娘
正義感が強くて何か不条理があると権力発動とかしそうになったり
なお突然寝る妙な病持ちですが、身分話よりこっちが彼女のメインになるのでしょうか?

*緑川なのはな
年下の幼馴染。父親は画家ですが蒸発して母弟と共にボロ屋(でも一軒屋)住まい。
ひたすら明るい子ですが厳しい生活すら明るく話すので聞いてると辛い(汗)
家庭環境が厳しいので無駄に鬱設定を繰り出さないことを祈りたいものです。

*マーガレットさん(ウインドウの名前に「さん」がついてるって(笑))
自称流浪の占い師、要するにホームレス。毒舌キャラでがめつい(笑)
占いの腕は確かでそのおかげかなんとか食い扶持は繋げているようです。
ロリババァらしくストーリーの鍵を握る方。HCGはあるためやはり攻略キャラ?

*島原文江
それ違う放任っ(汗)
担任で美術部顧問、ちなみに人妻という珍しい設定(攻略希望防止のため?)
垂れ目天然系のよくいるえろげの先生ですが、美術はできるみたいです
なお、旦那の影も形も出てこないため人妻設定の意味って何だろう(^_^;;;

*羽犬塚瞳子
眼鏡の美術部長。お約束通り横暴系で自己中心派。
絵画ではなく同人誌描いてるという困った方で話を動かすのに便利(ぉ

*多良見渚
なのはなの友達のポニテな人。多分唯一の常識人
それゆえの苦労人ですが意外に出番は多くていい役を貰っていたり。

*緑川千鶴子
なのはな&通のママ。子供と同じく優しく明るい方で薄幸の美人。
対借金取り用に血を吐く特技(!)を身に着けてるって間違ってる・・・(汗)

*御稜葵
髪の色誰かと同じ・・・
薬師寺家の秘書で蓮の送り迎えをしている方。「本物の」クールキャラ。
蓮とは対立気味になっていますが彼女ルートではどう出るのか(^_^;

*此花千草
大地&茉莉の母。当然若くてママと呼べな方、結構わがまま(笑)
出番は一回のみですが、次に出てきた時にどうなっているか。

*姪浜三十朗
西郷どん系(何)の友人キャラ。巨体かつ明朗な人間。
その割に印象が薄いのは他が強すぎるからでしょうね(:^-^)

*千々石茂
副会長。話し方も機械的というか非常に事務的で真面目な方。
恐ろしく線が細いのですがこれで眼鏡外したらどうなるのだろう(^_^;

*緑川通
なのはなの弟。よくできた弟で彼もまた明るく前向き。

*此花大地
主人公。イベント絵では顔が見れます。
当然シスコンですが気が回るというより周囲に回されてる雰囲気が(^_^;
ときたま出てくる花園の夢からして、何か過去にあったようですが・・・


作品内の日付が妙に飛んでいるのでもしかしたらダイジェストなのかもなんですが
個別の一部まで入れてくれているのはボリュームがあってよいかなと。

それはともかく、「花」を主軸に据えた形の作品ですが、そのコンセプトらしく背景も花が目立ちます
桜の花びらが舞う効果もあったり夕方の効果もうまく発揮されていますし、こだわりを感じるんですよね。
そしてバックに話し声を入れるBGMで「背景に人がいない」という問題をカバーする手を使ってるのは面白いかと。
*アイキャッチが共通だとSD、本人ルートだと花を持ったキャラになるのもこだわりでしょうね。

立ち絵やSDも各自の個性が出ていますし観ていていいなぁと思うわけです(男は極端気味ですが)
特にマーガレットさんはマント状態から途中で完全に立ち絵を変えてますし。
キャラとしてはちと無茶設定(立ったまま寝るとか、無茶な貧乏設定とか)が目立つ上に癖が強いのでどうなるかですよね
それとサブが結構多いのですが、母親が2人いるのに人妻先生がいるという妙な構成になってるのは人気をわざと下げているのかと妙に勘ぐりたくなりますが・・・

まあ、茉莉が二重人格に近い設定とか主人公べったりとかもう妹だけでいいよ状態なのはある意味仕方ないわけで(^_^;
*クローバーポイントの再来とか言われるのは承知済みなんでしょうね。
話の根幹を握ってるマーガレットさん以外の三人の話がどこまで盛り上げられるかでしょうねと。
特に蓮(お嬢様)となのはな(借金持ち)はバックボーンが鬱設定(=誰得設定)にはまりこみ易いので注意です。

後、花園の伝説という明らかに超展開要素を持ちますが、これはマーガレットさんが全部引き受けた方がよいかも。
他の人はただ知ってるだけで見たわけではないようですから(^_^;

おまけ:
ライフライクにいたよね吐血女(ぁ
吐血芸・・・( ̄▽ ̄;)

ろーるぷれいんぐがーる!!体験版感想

  • 2011/02/20(日) 21:09:47

いつものように著作権はここに

全員分しかないなぁと
容量は513M。システムはボイス割り当てとかはなく一括
他に文字速度ぐらいしかないです(強制スキップはスペースキー)

まず出番がないと嘆く順二朗と友彦による説明の後、本編へ。
さて、いきなりですが一郎(主人公)が女の子三人に絞られるHシーンから(^_^;

場面はいきなり変わって自室、改造したPCを前に新作えろげ「やらせてっ!てぃーちゃー2」を始めようとする一郎。
・・・が、突然の頭痛と耳鳴りに意識を失ってしまいます(¨;)

気が付くと朝。一郎は二度寝しようとしますが若葉が学校に行こうとやってきます
なにこのへんたいしんし(ぇ
そして彼女はなかなか行動しない一郎を引っ張って学園へ。しかしこの男、保健室でお休み(笑)
心配でやってきた若葉が呆れ果てるぐらいの有様です(^_^;
そんな一郎に若葉はダメだこりゃ本物のアホやなんて言ってるとめぐるがやってきますが
事件は学園ではなく自宅で起こる( ・・)/
事件は学校ではない、自宅で起こるのですね( ・・)/

夜。昨日やり損ねたやらてぃ2(天乃御剣原画)をプレイして次のソフトへ・・・しかしまた例の頭痛がっ(¨;)
それどころか引き出しが突如開きものすごい轟音と共にRPG的な面子が・・・
魔王認定( ・・)/
いきなり魔王認定っ( ̄▽ ̄;)
*直後、一旦ルイとのHシーンが入ります(話と関係なし)

さて、一郎を放置して魔王(一郎にとりついてるらしい)を倒す相談を始めているご一行
ちょっと待ってと一郎が話しに加わるとヒカルが身の上話をしてくれますが
50ゴールド貰って魔法を倒せと命じられたらしい・・・( ̄▽ ̄;)

で、彼女たちはいろいろあって魔王を追い詰めますが、倒される寸前に逃亡
そして逃げてきたのが一郎の部屋の引き出しだったということで、追っかけてきた3人もここに吹っ飛ばされたわけなのです( ・・)/
挙句、魔王の精神は一郎に入りこんでいしまったからさあどうするか状態(^_^;;;
「お主も男なら覚悟せい」と殺る気マンマンなルイはともかく、他の方法はというと愛の力・・・
えろげの基本ですねわかります( ・・)/
・・・ええお約束ですね、えろげですから(笑)
で、部屋をごそごそ探る(RPGのお約束・・・)わご飯を要求する三人に食わせたりするのですが、ルイに焚きつけられたユウリが魔王の浄化と一郎さんへのご恩返しをとばかりえろシーンへ(ぁ

#次の日
ヒカルに起こされてやっぱ現実だと思う一郎なんですが、若葉がやってきてさあ大変
とりあえず一通りちゃんと説明するとうちが理解してあげなくちゃとすんなり納得。
*まあえろに関してはごまかすしかないのですが(^_^;
で、ご一行を置いて若葉と学校へ。一郎を世話して面倒だとは思ったことないと言う彼女ですが、しかしここで「そんな勘違いはないから」と鈍感ぶりを発揮する一郎になにやら言おうとすると
「・・・一郎のことが好きです」なんて言ってやってやがりましたよめぐるがっ(笑)
*本人曰く若葉の代弁らしい
そんなめぐるが一郎に気を遣ってることを話し、乙女心がまったくわかってへんわと呆れる若葉なのです(^_^;

放課後、友彦や順二朗にえろげ買うかと誘われますが断って自宅へ。
すると家の前にいたユウリが「ヒカルが大変なんです!」
*三人とのHシーンが入ります(これも話と関係なし)

慌てて家に入ると腹ペコなヒカル。なんでも冷蔵庫の中のものは勝手に食べれないとか(¨;)
*「部屋を勝手に探るな」と注意したのを真面目に受けたらしい(^_^;;;
まあ一郎がご飯作ったので事なきを得ましたが、このヒカルさん命の恩人だとか言い出してますよええ(笑)

夜、若葉がやってきてご一行に自宅の空き部屋を使うように薦めてくれ、さらには服まで調達してくれます、若葉さんマジありがたやありがたや(笑)
で、胸が合わない(ぁヒカルとユウリは若葉と一緒に彼女の家に行き、残るはルイと一郎。
すると彼女はえろで興奮いるよりも、えろに罪悪感を抱えてると指摘し、それが魔王につけいられる隙だと・・・
どう取り戻すのだろうか(^_^;;;

#次の日
ご一行を街案内することになり、街へ。修学旅行生化してるご一行はともかく、若葉はデートしてるのに甲斐性ないとたしなめます。
もっと心配してくれと言う一郎ですが、若葉は「一週間が一年やとしても、一郎のために心配してやるわ」と・・・
(選択肢でヒカル&ユウリ、ルイ&若葉のどちらを連れて歩けるか選べます)

で、夕方。この世界に来たことに責任を感じるヒカルに気楽にいけばええと宥める若葉
そんな生真面目なヒカルですが、だからこそ「勇者」になれたんだろうなと思う一郎なのです・・・
*体験版はここで終わりですが、この後戦闘シーンの体験部分が付属します

#キャラクター
ボイスは女性のみ、名前のある人しか立ち絵はありません。
ちなみに主人公の姓名は現在のとこめ不明(つーかOHPが不親切すぎる)

*ヒカル・サンライト
勇者。ボクっ娘。義理堅く売れられた恩は必ず返す人。
元はお城のメイドだったので料理は得意で世話好き。よって若葉とぶつかりそうですがさてさて(笑)

*ユウリ・クレイバーン
騎士でも眼鏡で巨乳。生真面目な方でえろはいけない人。ヒカルの姉代わりのような形。
彼女のためなら何でもするという考えの持ち主でもあります。

*ルイ・シフォン・アーク
ツインテ賢者。一応ロリ系なんだそうですがそうは見えないのが辛い(^_^;;;
賢者なんで物知りな上やたらと偉そうに振舞うわかき回すわでトラブルメーカー
ちなみにえろに関しても一番積極的です

*楠若葉
幼馴染。関西弁の元気系、起こしに来てくれます
ツンデレ気味ですが一郎の世話をすることが大好き。でもよく殴る(笑)
今回のことでもしっかり受け入れてくれるあたり健気だなぁと。

*月島めぐる
幼馴染その2の不思議系。出番は少なめ。
若葉のキモチを代弁したりしますが、彼女自身も想いはあるようですがさて。

*大泉友彦
おまかせがつくとやばいものになる予感(ぉ
友人そのいち。眼鏡で太っちょ。なんだかんだと一郎になついてるらしいですが出番が(^_^;;;

*竹内順二朗
友人そのに。小柄で一郎を「アニキ」と呼びますが出番は前説後説ばかり(笑)

*一郎(苗字不明)
主人公。えろげ好きなのを除いたら比較的普通の鈍感人間。
しかし魔王がとりついているためそれがどう影響するのかが問題だったり(^_^;;;

RPG世界の方々が現代世界にやってくる設定で、同時にやっかいなもの(魔王)もついてくるのはお約束ですが
向こうの世界とのギャップに苦しむとかそういうことが出てくる前にあっさりと慣れてしまうんですよねこれが(笑)
それもこれも若葉が実に理解力があってかつ健気という面が大きいわけで、彼女と三人組、それからめぐるがどう絡むかが見物かと。
空気男2人を除けば他にキャラは出てこないシンプルなつくりなので三人組が現代に与える影響とかは考えなくともよいのかな?
とはいえ魔王を抱え込んだ主人公は話が進むにつれてどう変化していくかが話のキモなんでしょうけど(^_^;;;

で、「魔王を浄化するためにはH」というのはもはや基本中の基本ですので当然えろメイン。
3PとかあるのはともかくCG的には問題ないと思いますがシステムが弱いのと(背景も弱いし)
何よりも話の流れと関係ないHシーンが途中幾度も入るというのは一体何がしたいのでしようか(¨;)
*別メニューなり最後にまとめるなりできると思うのですが・・・(汗)

それと最後に出てきた戦闘画面はカードバトル系なんですが、これが一体どこで入るのかはともかく
動かないんだぜ・・・
ボイスが入ってる以外は昔のコンシュマー機レベル。ダメですこれは( ̄▽ ̄;)
実際問題もっと力を入れて作らないと、えろぐらいしか評価できないですはい(¨;)
*まあ一番の問題はOHPの不親切さなんですが(キャラ紹介ぐらい入れようよ・・・)(¨;)

おまけ:
ツンデレだけど関西弁( ・・)/
これが関西弁ツンデレか・・・

恋祭☆綺想カメリアノート〜夢に忍ばず、斬り咲け乙女!〜ADV体験版感想

  • 2011/02/18(金) 12:37:03

いつものように著作権はここに

アシストパーツというふぁいる名
容量は206M。ウインドウは964×724の大柄タイプ。
システムとしてはボイス割り当てやシーンスキップ(Hシーンまで飛ばせる)
ただボイスはクリックて止められないので注意。

まず主人公の名前変更画面とHシーン選択、そして体験版本編へ

子供の頃、忍者になりたいと思っていた加藤翔一(主人公)
いつか不思議な女の子と大活躍してみたい、そう思っていた彼。
テンソーダー?(ぉ
しかし現実は他の生徒(竹刀持ってます)に追われ、校庭に出ると生徒達がバトル(゚_゚;)
さらにはカードもとい戦椿符の力で吹っ飛ばされるわ蹴っ飛ばされるわでもう大変(¨;)

戦椿符持ってない&武器持ってない自分がなんでこの戦い(命刻祭)の参加者なんだと訴えますが、さっき名前呼ばれてたじゃないかと言われる有様(^_^;;;
*ここで説明が入りますが、要は自分の戦椿符を賭けたバトルロワイヤル
ただし、翔一は戦椿符をなくしてしまった&なぜか自分だけ事前連絡がないというオチ( ̄▽ ̄;)
戦椿符を取られたら負けというルールなのに「最初から持ってない」自分は?と思う翔一ですが、考えてるヒマはありません。

再び竹刀の人(和馬)が追っかけてきて「お前の戦椿符は何だ?」と聞いてきたので持ってないと答えますがダメ(¨;)
さらに釘バット持った人(大五)までやってきてもう大変( ̄▽ ̄;)
そして大五が振り回した釘バットが当たる・・・と思った瞬間
注:左側が主人公です
※注:ドヤ顔の方が偽者です
呆気にとられている翔一を尻目にもう1人の翔一は「俺は・・・お前だよ。」と言いつつ大五をフルボッコ(¨;)
そして自分と同じ姿の彼の様に翔一は「人を殴りたくないんだッ!」と、
しかしもう片方の翔一(偽)は「だから、俺が殴るんだよ」とヒーローになりたかったんじゃないかと問い、戦い続けます。

その様を目の当たりにしてついに「いい加減に・・・しろ!」と翔一が叫んだ瞬間、雷?と共にくのいちみたいな装束の女の子が・・・
彼女を見た翔一(?)はなぜか逃亡。そして翔一に問います(ただし刀突きつけて)
時代的に大坂の陣かな?
・・・えーっと、紀州の方(まて
彼女に強引に引っ張られ、いや担がれつつ屋上へ、
誘拐犯と勘違いした理保子会長や芭蕉先生が遠巻きに交渉(ぇを行ってますがそれはともかく、
幼馴染のことりが心配そうにやってきてもしものことがあったらどうしようと震えてますが・・・

「た、助ける・・・っ」とくのいちの前に立ちはだかります。いつものおどおどして彼女ではありません。
拳銃は最後の武器ではないのかと(ぁ
・・・拳銃持って( ̄▽ ̄;)
しかしこのくのいち、刀でことりの撃った弾を弾くは避けるわ、対してことりは忍者装束になって空中戦挑むはでもう(笑)
そんな中、翔一はよせばいいのに止めに入るからふっ飛ばされて転落・・・(^_^;

・・・気がつくとくのいちな方が助けてくれていました。
なぜ助けたのか、それは見ず知らずの、刃まで向けた自分を庇ったら、そして「あなたは・・いい人です」と・・・
そして彼女の自己紹介ですが、続けてやってきた緒方学園長は彼女に話があると連れて行ってしまいます。

残った翔一(+ことり)は芭蕉先生に連れられて保健室へ。まあ体に異常はなかったのですが
「なんで命刻祭に参加したんだい?」と聞いてきますが、参加するつもりがなかったと言いかけたところで長門先生登場。
2人の先生の間が一瞬緊張しますが気のせいだということにして、続けて現れたのは理保子会長
泣きながら怒るのか
・・・なにこの説明ないと困る状態(ぁ
この2人はともかく、直後の芭蕉先生のロリ言うな貴様ら眼鏡言うなお前らモードのおかげでこの場は終了(ぁ

で、ことりと2人での帰り道。自分の偽物や佐助のことを考える翔一ですがまずは隣にいることり。
さっきの格好とか銃とか何かなと聞いてみますが、本人は何の事やらとごまかし状態。そしてことりにも参加辞退を勧められて棄権手続き・・・
・・・と、思いましたが偽物、そして謎少女、今までと違う「展開」に棄権という選択肢が消えていく翔一なのです。

さて自宅・・・
学園長に吹き込まれました(ぁ
・・・なにかいるよなにか教えられてるよ(笑)
*しかも入学するそうな(^_^;

おいコラ待てな翔一は学園長を呼び出して説明タイムへ。
学園長曰くタイムスリップした佐助に現代へ慣れてもらうため翔一の所に住まわせるとのこと。
そのことは翔一も了承したのですが、疑問点は残ります
*そもそも猿飛佐助って実在の人物じゃないし、真田「幸村」というのもおかしい(本来は「信繁」)

とはいえ彼女がいることは事実なわけで、とりあえず「佐助」という名前は何とかすべきかと。
翔一はとっさに「コウヅキスズカで、どうです?」と「香月涼花」を提案、彼女も了承( ・・)/
そしてなぜ涼花が現代に吹っ飛ばされたかを考えますが、ここでことりが
初代っていつ頃だろう(^_^;
26代目だったのかい(^_^;
*ちなみに涼花が知ってたのは五代目

で、「気」の話の後、涼花は何かお役目をと言うので、翔一の訓練+お世話となったのですが
それよりも戦椿符を無くしたことや自分の偽者について説明すると
学園長軍師すぐる
何かすごくきな臭い展開が・・・(¨;)
そして翔一は「僕はあいつを放っておけない」と参加を決意。さらにことり、そし涼花も加わります。
「どんな願いもかなえる」という優勝賞品を使って涼花の「元の時代に戻る」を叶えるため、そして偽者の正体を突き止めるため・・・

夕暮れ、玄関先で学園長と別れた後、ことりはは自分が忍者だということについて何故聞かないのかと問いますが
翔一は「もう子供じゃないんだし、君が嫌がることは、聞かない」と答えますが、彼女は子供の方がよかったと・・・
(翔一の家に居つくことになった)涼花をいつも一緒で羨ましいなぁと言いつつ去っていくことり。敢えて声をかけない翔一。

ことりと入れ替わりにやってきた涼花。彼女に悪いことをしたと悩みますが(選択肢)
深い追求はせず、代わりにビターチョコを手渡すのです・・・
*体験版はこれで終わりです。他に涼花、ことり、成美、芭蕉のHシーンが付属します。

#キャラクター
ボイスがあるのは今のところメインのみですが、ボイス設定を見るとフルボイスのようです。
なお、名前変更制ゆえ主人公は「あなた」「キミ」等で呼ばれます

*香月涼花(本名:猿飛佐助) 
突然現れたくのいちキャラ。当然真田幸村の部下。
現役忍者ですので真面目で義理固く、しっかりした方ですが、現代知識はゼロなのが問題
まあそもそもこの方何者かが一番の問題なんですが・・・(¨;)

*風間ことり(26代目風魔小太郎)
幼馴染。ボクっ娘なのに眼鏡で引っ込み思案というちょっと珍しいタイプ。
起こしてくれる方だそうですが翔一宅に住み込んだ涼花とどう付き合うのか。
ちなみに忍者モードになると性格も結構変わりますが、どっちが本心なのか。

*松尾芭蕉
ちんまい保健の先生で眼鏡キャラ。大人っぽい髪型なので意外にロリっぽくないのが特徴
ただしロリ言うと途端に子供っぽく怒るのでそのあたり何とかしないと(笑)
なお、長門先生とは対立しているような伏線がありますがさて(^_^;

*藤林長門
三つ編み眼鏡って久々だな
担任。こちらも眼鏡キャラ。生徒思いのやさしい人。
芭蕉先生とはソリが合わないような感じなのでどうなるのか
というかそもそも攻略キャラなのか(ボイス無かったし・・・)

*百地理保子
会長。バトル時の仲裁役という感じでとても生真面目。
怒ってみる裏で泣いてたりとツンデレっぽい感じですがさて

*石川藤子
役員、基本的に会長の宥め役というかちゃかし役
おへそが出た妙な制服はどうみても風紀に反しますがどうなんですか(笑)

*緒方浩之
学園長でかつ翔一の育て親。なぜか扇子所有(ぁ
恐ろしいまでに底知れない人ですが、人間的にはよくできてます(^_^;

*蜂須賀大五
なんという典型的不良(ぁ
釘バットを持ったいかにも不良な男。どう見てもかませですが逆襲はあるのか(笑)

*四井和馬
最初に出てきた人・・・まあどうみてもザコっぽいですか(殴)

*?
翔一そっくりの男。偽者らしく目がキツめ。
翔一と正反対に暴れることが好きな方ですが、何者?(^_^;

*加藤翔一
主人公。ちゃんと立ち絵も顔もあります。
忍者に憧れ、ヒーローを夢見るそんな人ですが「人を殴れない」という致命的欠陥も、
それでも偽者をどうにかすべく戦いに身を投じますがヒロインのサポートが基本?

最初から戦闘シーンになっているようにバトルが売りの話だと思いますが
体験版の部分だけでも結構な伏線というかただのバトルじゃないなという雰囲気が伝わってきます。
能力のない主人公ピンチ→覚醒というのではなく、「偽者」出してきたところがその一旦でしょうからね。

まあ学園挙げて能力バトルやっているってのはもはや突っ込み様がないのですが
ただのザコに見える相手にもちゃんと各自が戦椿符(カード)を持っていて、その能力を使ってくる上、
そういう連中にもしっかり立ち絵があるのはバトルの基本を抑えているのではないかと思います。
絵的や背景的には癖があって安っぽくみえてしまい、ボイスが止まらないとか土台も弱めなのは残念。
忍者系キャラがメインなんで和風なBGMはなかなかカッコいいのが救いですが。

キャラというか面白いのは眼鏡キャラがメイン4人なのに2人いるところとか、
先生キャラ2人がいずれも眼鏡という妙な多さがあったりしますが、戦闘能力がちゃんとある先生は珍しいのでありがたいことです。
異常に懐が深い学園長とかかませバンザイな大五のような男キャラも面白いですし。
それと主人公たる翔一が無能力(唯一カード非所持)、かつ人を殴れないというおよそバトルに向かない設定なんですが
どこで振っ切れて戦うかですよね。まあこの手の主人公は「実は最強だった」というオチが基本ですが(笑)

後はこの体験版ではなかった戦闘シーンがどうなるかですよね。これがコケたら終わりなんで頑張ってもらいたいところです。
そしてやけに伏線が多いわけですがそれをいかに消化できるか。
*偽者とか戦椿符とか、佐助が実在してないとか興味ある設定が多いですし

おまけ:
正論すぎて困った(ぁ
もちつけ( ・・)/(ぉ

ひなたテラス-We don’t abandon you.-体験版その2感想

  • 2011/02/09(水) 14:37:51

今回も著作権はここに

ばなきゃんはまだなんですね
それと前回の体験版感想も。
容量は413M。システムは同様なので割愛しますが、新たに曲名が追加
他にイベントごとにタイトルが出てくるようになりました
(製品版だとイベント分岐画面が出てくるのかな?)

それと各キャラの立ち絵が増えてたり・・・
ちゃんと立ち絵があった
おばばがちゃんと出てきていますが、ロリババァではありませんでした(ぁ
そして体験版1の部分は同じなため、新規部分から( ・・)/

#自称?妹現る
自己紹介の後、良久に「まだ疑ってますよね」と聞く舞(選択肢)
なかなかどうしてやってきたかを話さない彼女、さらに
添い寝フラグですねわかります(ぁ
添い寝フラグですねわかります( ・・)/
そして「私はお母さんと2人暮らしだったんです」と話しますが、その母親は亡くなったと
*おばばとは母が知り合いだったそうな

そんな舞に「妹」という証拠を持っていないのではさすがに一緒に暮らせないと良久。
すると彼女はすみませんでしたとわりとあっさりと荘を去ってしまうのです(汗)

その後、雛が本当によかったのかな?と何度も聞きますが
良久は「もし今、雛の弟だってヤツが突然訪れてきたら?」と正論を返すのです
しかし舞の顔が頭から抜けない離れない良久は結局荘の外に・・・

夜の公園、ベンチに1人座る舞「誰かが何とかしてくれますよ」と笑顔を作っていますが
「甘いぞ」と言った良久はさっさと帰るぞと引張り、続けて「俺も、親がいないんだ」と・・・
そしてひなた荘前に着くと他の面子がいました

こんなに簡単に受け入れていいのかと良久は思いますが、まあみんな喜んでるから良いのではないかと。
そしてすごく馴染んでいる舞は結局良久と一緒に寝ることになりましたとさ、まる(笑)

#海でバカンス
起きてみると当然のごとく舞( ・・)/ 朝ごはん作るとやる気満々、しかも普通に美味い( ・・)/
その後、舞と互いの情報をつき合わせたりした後、誰かがやってきたので舞が応対。
*前に出てきた海に行く日が本日なのです( ・・)/

やってきたのは薫子。当然のごとく誰なのこの子な彼女にも今までを説明していると場面は海。
おそろしく体型がヘンな弾にクギを刺していると薫子が舞に「男の9割はケダモノよ!」と吹き込んでたり(ぁ)
そしてお約束のスイカ割りとなるのですが
これがどたま割りか・・・
親友キャラって便利だよねこんな時(棒読み)
まあこの直後に良久も犠牲になりましたがみんなの交流もできてめでたしめでたし(ぁ

#雛、頑張る
本日も舞に起こされる良久、朝ごはんも作ってますしよく出来た妹ですまったく(笑)
で、その舞も転校(一学年下)してきたわけですが、その舞が良久のクラスにお弁当届けにやってきましたよええ( ・・)/
周囲モブからなんてうらやましいかわいい俺も妹欲しいなんて言われた後、帰宅。

荘でも掃除料理によく働く舞をお嫁さんみたいだなと評する文姉ですが
ダメ幼馴染もたまにいるからなぁと
幼馴染はそういう立ち位置(C)なつき)
それを聞いてショボーンになってしまった雛だったり(:^-^)

深夜。何か焦げ臭い。もしや火事?
・・・ええ、雛のお料理中です、幼馴染として、料理の一つぐらいはというキモチで。
でも何もできない自分を責める雛を見かねた良久は朝起こしてくれと頼んでみたのですが・・・
「うひゃあああ〜〜〜!!」
※午前10時35分でした、まる(ぁ
遅刻するとこうなります( ・・)/
文香先生に大目玉を喰らった後の放課後。わたしってダメだなぁと凹んだままの雛。
自分のいいことって?な彼女に心を開かせる才能があるんじゃないかと答える良久。
そして話は昔のエイプリルフール。雛が良久を呼び出して好きですと言った日。
しかし雛はその事は「ウソじゃなかったもん」と(エイプリルだと忘れてたらしい)。つまり、雛は良久を好きだった・・・

「じゃあ、今は・・・」と聞く良久ですが、「わたし、今も・・・」から先を言えなかった雛
結局答えはごまかしたまま夕日の中駆けていったのです・・・

#変わりゆく、日常
夜、寝る前、布団を代わりましょうかと何かと気をつかってくれる舞。
当然朝も起こしてくれる。もちろん弁当も届けてくれる。そして夕食の献立まで聞いてくれる
でも「自分のことは自分でやりたい」な良久にはどうしいても違和感が残るのです。

そう考えつつ荘に戻ると舞が蛍光灯取替え中(落っこちるのを受け止めますが、イベント絵はなし)
そんな舞に昔の(「立ち位置」を確保するため必死だった)自分を重ねる良久。
で、夜、音信普通のおばばにいらだっていると舞がやってきて色々迷惑をかけてるからと謝まると・・・
そのばあさんはどこに・・・(¨;)
「本当に俺の妹」だったら?そして「俺の妹でなかったら」舞を追い出すのかわからなくなった良久なのです。

#謎の転校生?の正体
夜、食堂で牛乳を飲もうとするとなつきが(選択肢)
譲ると「ありがと」と言ってくれるのですがそれよりも外でなにやら言い争い。
なつきと一緒に外に出ると文姉はともかく謎の男が「助けてよっちん!」(笑)

よっちんよっちんと近所迷惑なのでこの男を荘に入れますが・・・美少女の浸かった後の風呂湯くれとか何この変態(笑)
文姉ですら目も当てられないヘンタイ言う彼は何と文姉の大学同期の小説家でした(^_^;;;
官能小説って何それな雛が夢麻呂からサンプルを渡されますが、泣きながら逃げた(笑)
文姉につれないなぁと言ったり、良久に小説押し付けるこの人の目的はネタ取材だとのこと。
しかも年齢一桁限定( ・・)/
ちなみにジャンルはこれ、よってNTRはない(笑)
*十代以上には興味なし(ぁ
しかしそんな変態ロリコン野郎になぜ文姉が?何か弱みか?と思う良久なのでした( ・・)/

夜、夢麻呂からの小説を読んで結構まともだと思ってると舞が(笑)
吹き込まれたとしか思えないえろ知識を出す雛の人の良さに呆れた良久は
自分の身は自分で守れない弱さは罪と忠告しますが、いい人たちに囲まれてる自分は恵まれていると舞。
なにでももらえるのかなぁ・・・
そして、お兄ちゃんは舞の光なんです、お兄ちゃんの光になりたいんですと抱きしめてくれるのです・・・

#薫子の妙な思いつき!?
終業式の後、弾がフリーダム言ってますが放置して薫子が新しい水着買ったと。
もう一度海、さらには花火から夏祭りに肝試しまでしようと言い出しますが、他の面子には先立つものがありません(^_^;;;
*円高だから海外行こうとかいう人だし( ̄▽ ̄;)

放課後、まだこだわる薫子(掃除中なのに・・・)
金ないし荘の仕事もあるからと言う良久に
すごい無茶作戦(笑)
すごいアイデアだΣ( ̄0 ̄;)
挙句、ひなたテラスに住むとか言い出してますよこの人っ(:^-^)
*結局どうなったかは体験版では不明

#待ちに待った、夏休み♪
夏休み。ダメだめ化している文姉に嫁の貰い手がなくなるぞと忠告する良久ですが
「そのときは、良久がもらってくれればいいだろ〜」と冗談気味に言ってくれますよ(笑)

そんな中。舞と雛がやってきてお米がないと緊急報告。
さっそく雛を連れて人がいっぱいの商店街に。昔の思い出を話す雛が袖掴んでおけば人ごみでも・・・

・・・ダメでした(笑)(迷子の雛を交番に迎えに行ったらしい)
恋人同士に見えたのかな〜と言う雛に反省しろと叱る良久ですが、そこに変態ロリコン現る(ぁ
良久が雛とデートしていると見た夢麻呂ですが
あまりに正論すぎて感動した(ぉ
・・・正論すぐるんですがどうしましょう(笑)
雛は「最高の役を下さい!」なんて言い出すしどうすんだよ状態ですが、夢麻呂が覚醒(ぇ

覚醒夢麻呂(地面にエロ小説書き出した・・・)を放置して商店街に戻りますが、雛はデート言われたことで舞い上がり気味(笑)
良久も雛が気になるわ視線が気になるわで動きがぎこちない状態(^_^;;;

夜、舞と米とかのことを話しますが、やっぱり雛のことを思い出す良久。
あげく「いいなぁ、デート」と舞に言われてもう逃げるしかない主人公でした、まる(ぁ

さて風呂。舞はデートとか恋人とか理解してない、なら雛はどうなのかと考える良久。
しかしそこに雛が裸でやってくるお約束パターンでした、まる(ぁ

*これで体験版は終わりです、他に雛、なつき、薫子、文香のHシーンが付属します。

#キャラクター
前回の時と重なってる人もいますが気にしない(ぁ
それとウーちゃんの出番が全くなかったのはとっても残念Σ( ̄0 ̄;)

*八乙女舞
自称妹、すごくよくできた家庭的な妹。とにかく働き者で気遣いの人でよく頑張る方。
同じく両親がいない良久のためにと献身的。でも恋人とかそういうのは全然意識なし。
妹なのかそうではないのか、どっちの展開もあるのか固定なのかは気になるところです。

*艶之小路夢麻呂(あでのこうじゆめまろ)
前回ちょっと出てきた人ですが、生徒ではなく文姉の同期生(だったらなぜ学園に?)
変態ロリコンエロ小説家でネタキャラでしたが、炊きつけ役としては弾より使えるかも。


今回、エピソードタイトルが追加されたので短めエピソードの連続という形になっていたことがわかったのですが
全て共通とあったのでどこから分岐するかですよね。
この構成だと製品版にはエピソードをルート画面で確かめられる機能がつくのかな?(:^-^)
とはいえこのシステム、やはりエピソード同士のつながりについてはズレを感じたりしますが。

そして舞と雛のエピソードがメインとなっていまるのは他の人目当ての方にとってはやや不満(¨;)
それでも「両親がいない」というご都合設定をご都合にしないような話にしているのは好感が持てます
うまくこの境遇を使ってるなと思うわけで、雛のどぢ設定の使い方も結構考えてるかなと
(エイプリルフールだったの忘れて好きと言ったあたり)
ただ、おばばがあまりにも責任押し付けすぎる問題は全く解消されませんでしたが・・・(¨;)

そうなると他のヒロインだとどう話を生かせるかですが、薫子は荘にやってくるのか、
ネタキャラだった夢麻呂をどう使うのかとか結構不安な面もありますが、体験版の印象を壊さないで欲しいなと
*特に文香先生、無駄に男を絡めないですっきり話をやって欲しいのですが(:^-^)

後は舞が「妹」なのか「妹でないか」ですよね。どっちに転ぶかで良久の動きも変わるでしょうし。
斜めに見据えて入り込まれるのが嫌いな彼がただのヘタレでなければいいのですが、

おまけ:
これが変態力か(ぁ
これが変態覚醒ってやつか(ぁ