放課後☆エロゲー部!〜エロゲー制作のため女の子たちとえっちしまくりな毎日〜体験版感想

  • 2012/02/27(月) 18:55:12

いつものように著作権はここに

先生はないのね(・・;)
容量は434M。画面は1024×600のワイド
システムは豊富でボイス割り当て、Hシーンの選択肢固定
キー割り当て、そしてツイッター連動機能というシステムまで持ちます(後述)
*ちなみにウインドウの濃さは画面右下のスライダーで変更します

最初に日向子・茜のHシーンか体験版かの選択があってスタート
ある即売会。いきなりですが・・・
というかパッケ・・・
・・・パッケ絵もないのに売れるわけないだろう売れてません(・・;)
泣いている妹のためにも客引きしようとしますが、声が出ない・・・・
*ここでOPが入ります

そんな夢から醒めた春咲陽太郎(主人公)。傍らでは日向子が
「さんど、さんど、タマゴサーンド〜♪」から続くあやしいでむぱ曲を作成中
しかもこの妹、このでむぱ曲を自分のデビュー曲にしようともくろんでますよええ(笑)

さらに授業の話で点されないようにするにはとなると
まんぐろーぶ・・・
・・・マングローブって(^_^;;;

そうこうしているうちに忍が登場。遅れたのはおんなのこに告白されたからとか。
*すでに30回くらいだそうな(全部女子から)
「複数の男に言い寄られるよりも、自分が想ってるひとりの男性に好かれる方がいい」という彼女。
しかしここで3Pとか出来るかもなんてエロ主人公が言うわ
オカズにされる人の悲哀(ぁ
何だこの選択は(笑)
ここで日向子が「セクハラだよ!」とえろ会話を停止させるのかと思ったら
「忍ちゃんはね、オカズなしでも、ひとりエッチしちゃう女の子なんだから!」( ̄▽ ̄;)
まあ陽太郎が平謝りしまくってどうにか収拾をつけて、忍はシナリオ作業へ。

彼女のシナリオをチェックしていく陽太郎ですがその間もセクハラ会話は続いてたり(^_^;;;
そんな会話が一段落した頃、進路指導で遅れていたやなぎがやってきました
*ファリス女子学院に推薦されてるらしい

早速やなぎ先輩も作業開始なんですが、CGチェックをしつつも彼女のおっぱいに見とれてしまう陽太郎なのです( ・・)/
余裕だなぁ・・・
しかもはっきり言うし(ぁ
「わたくしがいいと言ったら、どうするんですの?」とクスクスしつつ余裕を持って返すやなぎだったり(笑)
彼女におっぱい・・・もとい、塗りの作業に戻ってもらうと最後にめんどくさかったーと茜登場。
なんでも台座代わりに(陽太郎の椅子を)女子トイレに入った後の上履きで踏んでやったとかのたまってますが、ついつい興味ありますとか言うものだからヘンタイ言われる陽太郎なのです(笑)
で、茜も作業に入りますがヘンタイ部長と呼ばれるわ仮性ほーけーと認定されるわで散々です(ぁ

それはともかく陽太郎自身もスクリプト組み込みとか地味な作業をこなしていると春咲くんいる!?と誰か駆け込んできます
やってきたのは風紀委員の理乃。ずさんな報告書に怒り心頭のご様子
※注:「去年イベントに参加して、部で製作したゲームを売った。全然売れなかった。完」
あんた部長でしょうと言われますがこのヘンタイ部長の脳みそでは具体的なことが何も出てきません(^_^;;;

しかしここで茜から邪魔言われた上、生徒会なんだから部のために協力してくれと無茶理論を展開されて
挙句の果てにモデルをやれ(脱がなくていい)なんですが・・・
えろ要員ですねわかります(ぉ
何をさせる気だ(笑)
さすがに完璧にブチ切れた理乃は
「半年以内に生徒会に認められるような実績上げなかったら、廃部だからね!!」
と言い残して去っていきました(生徒会でそう決まったらしい)

「くひひっ♪」とニヤニヤしている茜はともかく、さすがに売れないとマズいことは陽太郎たちも気付きます。
買収だ決闘だ色仕掛けだと女性陣はめいめいに策を練りますが、まずは顧問に話してみようと陽太郎。
さっそく顧問(保健医も兼ねてる)のところへ。

「さわちゃん部の顧問だろ?」と澤姫先生に一通りのことを説明し、生徒会に何か言ってくれないかと。
そして陽太郎か全然売れなかったからモチベーションが・・・と愚痴をこぼしていると
えろげーをなめるものはえろげーになく
「自分が面白いと思えないモンを、客に売ろうとするんじゃねーよ!」
澤姫先生の気迫に圧倒された陽太郎も自分の至らなさに気付き「うちの部を・・・廃部にしたくない」
ならお前以外の部員も廃部にしたくない気持ちがあるのか?と部室に戻ります。

「部としてどうしたいのか?」と女性陣に問う澤姫先生。
「部員達はみんないい人ばかりですし、活動も楽しいですから」
「皆さんと一緒に過ごした時間は思い出にもなりますし」
「何だかんだ言ってエロ絵描くの好きだし。エロゲーも好きだから」
「将来の夢のためにもPCゲーム部で頑張りたいです!」
四人はそれぞれの思いを伝えますが・・・帰ってきたのは
「仲良しごっこで作ってるエロゲーなんて、クソゲーに決まってんだろーが!」

そして「前作をオカズにオナニーできたヤツ、いるか?」、止めに買った人の感想が(10通も来てないらしいけど)
この評価はきびしい(・・;)
売れてもないし感想もロクにない、つまり全く相手にされてないという事実を叩きつける澤姫先生
さらに各部員の欠点を片っ端から叩き捨てた後、お前らの最大の欠点は「リアリティがない」とバッサリ。
そして澤姫先生は実際にえろい事をしてでもいい作品を作ろうという「覚悟と意思はあるか?」・・・

当然、このままでは終われないとみんな心に決めたのですが、ここで澤姫先生曰く手本を見せてやるよと
ただし、「かせいほーけー」だとバレましたが(ぁ
*Hシーンですが手コキと乳首で二発

自分から指導してもいいという許可を貰ったわけでえろもOKだと。
*度を超えたら退学にされるらしい(爆)
ただしあくまで部活動の一環であって性欲解消のためではないと釘を刺されますが

そして半年後のゲークリ(コミケではない)で売り出すことを目標にされたわけで
後はサークル名をどうするかになりますが
本性出るからやめよう(ぉ
さわちゃんだからかぁーーーーーっ!(ぁ
*変えないことになったらしい(ぁ

そして夕方、日向子との帰り道、勝負パンツ二枚しかないどうしようとかいう妹にツッコミつつ帰宅。
自室に戻って今までのことを思い出す陽太郎。でも澤姫先生のおっぱいを思い出してつい手が・・・
しかしそこに日向子が戻ってきて大慌てで言い訳しまくるのでした、まる(ぁ
*体験版はこれで終わります

#キャラクター
名前は立ち絵のある人のみのはず。一応モブもいる模様。

*春咲日向子(音楽)
実妹ですが同学年(兄は4月で妹は3月生まれ)、「お兄ちゃん」ちなみに珍しい巨乳妹(B90)
声優志望でそのためならエロボイスもOKな頑張り屋の元気系
妙にえろい会話もしますがそれよりもアホの子度の方が高かったり・・・(ぁ

*明星茜(原画)
クラスメイトのちっさい人。外面はよいけど実際には毒舌ロリ。
「くひひっ♪」で主人公をいたぶるのがお仕事。
えろげーも普通にやれる人で卑語なんて普通にバンバン使います(笑)

*清河忍(シナリオ)
クラスメイトその2。黒髪ロングのクール系。女子ばかりにモテる人。
基本は主人公にいろいろ突っ込まれて慌てますが、デレるかは不明(ぁ
ただし怒ると刀持ち出してくるので注意(ぁ

*吉祥院やなぎ(CG)
先輩で「わたくし」と自称する通りのお嬢様。癒し系
天然ながらもえろ突っ込みに対してにこにこしつつうまく流せる余裕も持ちます
実は結構頑固とかいう設定がありそうなんですがさて。

*立花澤姫(Webサイト担当)
顧問、さわちゃん(ぁ、保健医。ツインテール眼鏡ジャージロリ巨乳(143cmB92)(ぁ
えろげーに対する熱意と真剣さはものすごく誰も敵いません。
というかもう先生一人でいいじゃん状態でもうヒロインでいいよねうん(笑)

*猪井理乃
風紀委員で同級生。委員の名のとおり生真面目な性格。
部を敵視して難題を突きつけてきますが、本人自身は攻略フラグ立てていたり(ぉ

*春咲陽太郎(ディレクター兼プログラマー)
主人公。PCゲー部部長。鈍感包茎野郎(ぉ
やたらとえろ会話をしたがるエロオヤジキャラですが、肝心な時にはヘボいのは基本(ぁ


みんなでえろげーを作るという話で、CLOCKUPの「えろげー!」と発想は同じ
ヒロイン4人が作業担当で、主人公がその他雑用引き受けなのも同じ
さらには前に作ったのがどーしよーもないシロモノで挽回図るとこまで同じという(^_^;;;
ただしあちらが「会社組織」だったのに比べてこっちは「部活動」なんで細かいとこは随分違います。
*向こうには澤姫先生がいませんし(ぁ

えろげー!同様こっちもえろメインで断面描写とかあるのも似ているわけで
なんというか考えることはみんな同じなんだなぁと(笑)
ただしこっちは可愛いキャラと学園という舞台なので雰囲気は全く異なりますが。

キャラをアップにすると他の人がわかりにくいという人のために
現在場面にいる人を子ウインドウで表示してみたり、
このブランドの基本装備であるカウンターやら断面図アニメ、バックグラウンドHボイスなども健在
ついったーはこんな感じ
そして妹ぱらだいすから引き継いだツイッター連動機能を持っているわけで至れり尽くせり
後は過去ログからのシーンジャンプがあればもっとよいのですが・・・(^_^;;;

キャラとしてはわかりやすいタイプの人を揃えたと想いますが
主人公たる陽太郎が完全なセクハラオヤジなのはもうえろげだからいいよねなんでしょうか(笑)
そんなエロ主人公に対してもちゃんと普通に対応できるヒロインどもの方が凄いといえば凄いのですが
卑語なんてバシバシ言いますしオープンでいいなぁと思うわけなんですよ(ぁ
体験版では澤姫先生の圧倒的な熱意と存在感でヒロイン霞み気味ですが
ああいうビシッと言ってくれる人は貴重なんで・・・攻略キャラでいいよね(H要員ではなく)

後、アイキャッチの中に進行率があって(体験版最後は8%)
これがどうなるかが見ものですが、半年と期間は長いのでみんなえろえろなんでしよとなるのですよねわかります(ぁ

おまけ:
姉ものに謝れ(ぁ
月石は姉ものに謝れ(ぉ

水の都の洋菓子店(パティスリー)体験版(その2)感想

  • 2012/02/22(水) 23:01:57

今回も著作権はここに

重いので形式は変更(汗)
容量は338M。それと前回の体験版感想も。
*ちなみに前回部分のは入ってないので注意。

最初に今回のはマップ選択画面を省いたものだという説明が。
(前回のにはありましたね、二箇所だけでしたが)

#10月4日

閉店間際にやってきた乃梨子は「ショートケーキ無いんですか?」と聞いてきますが・・・
エレーヌがあんなの職人のケーキじゃないと突っぱねたのは前回体験版の通り。でも
牛丼屋とはかくも悲しいものか(ぁ
・・・吉野屋(すき屋でも松屋でも可)のことかー!(ぁ

それならばショートケーキの枠に囚われないものでは?と乃梨子。
ではさっそくとばかりに純は作ることにしたわけです( ・・)/
*エレーヌが外でガタガタ言ってますが放置(ぁ

#10月5日

・・・・寝オチしてました(ケーキはちゃんと作ったけど)
ぶんすか気味のエレーヌに乃梨子考案の生地をシューに変えた改良ショートケーキを試食してもらいます。
固定概念を越えたと評価してもらいましたが、乃梨子のアイデアだと聞いて女の子絡みとお叱り・・・
・・・それどころではなくて、エレーヌが倒れてしまいました(汗)

「あなたに言いたいことがあるの・・・」と訴えようとしていたエレーヌをそれどころじゃないだろうと麻里に引渡し。
後は本日予約の誕生日用ショコラタルト10ケース(孤児院より)をどうするかという話に(^_^;;;
慌てつつも未果にエレーヌが倒れたのは開店前に貰ったチートエクレアが原因で無理したからだと話す純。
当然唖然とする未果だったりするのです・・・

そんな未果や麻里が壷商売(ぇをしたりしている中、乃梨子が昨日のショートケーキは?とやってきたわけですが
彼女がケーキ作れると聞いてよっしゃあとばかりにパティシエ服を着せて
でっち上げ店員(ぉ
スタッフにでっち上げ(ぁ
この助っ人のおかげで店の方はなんとかなりましたが、エレーヌ不在ではショコラタルトの出来は厳しいわけで・・・

「やるしか、ないよね・・・」

その後、説得の末にでっち上げ店員だったはずの乃梨子も正式に加わることに、ご都合なのは気にしない(ぁ
そしてチートチョコラタルトの方は・・・

#10月10日
聖ジョージ学園(チートショコラタルトを届けた孤児院)の蓮というおんなのこが店にやってきました。
美味しかったのでここに来たというこの子なんですが・・・
「このショコラタルト、美味しくない・・・」

下っ端にされた星三つの人
※注:作ったのは三ツ星パティシェのエレーヌです
ブチ切れたエレーヌはともかく、蓮曰くあのケーキは「食べると幸せになれた」
そして無くなってしまう(別の町に移転)という孤児院のみんなとまた一緒に食べたいと・・・

一方、ブチ切れたエレーヌはこうなったらと色々なケーキを蓮に持って行きますが
相変らずチートショコラの方が美味しかったとの一点張りでエレーヌさんまじ立場なし(ぁ
それはともかく、ハロウィン祭りの日に孤児院のみんなを招待するとなったわけで、エレーヌは目が本気です(ぁ

夜。純は未果に例のケーキはギリギリかつ慌てて作ったのにどうして美味しいと言われたのかわからないと。
それを聞いて何か言いたそうになってしまう未果なのですが・・・

#10月30日(ハロウィン前日)
「自分の知ってる人間が、普通の人にはない特殊な力を持っていたら?」と聞いてくる未果。
前フリすらないし何の意図かさっぱりわからない純ですが、まあいいんじゃない?と当たり障りのない答えに。
そして夜。ハロウィンのアイデアについて麻里と考えていると未果からのメールが。

二人だけの秘密にしておいてくださいというメールに疑問と期待を抱きつつ店にやってくると・・・
魔女服に身を包んだ未果が。
私の服装を見てどう思いますか?と聞かれたので魔法少女かな?と答えると
虚淵さんに謝れ(ぁ
魔女は硬派なのかっ(笑)

それはともかく、見て貰った方が速いですねと取り出しましたるヘーゼルナッツチョコ。
これに「きゅるるるるるーーー」という音と呪文を唱えるとあら不思議
ただのチョコナッツが「食べると幸せになれる」お菓子へと・・・(見た目は変わりません)
そして孤児院にあげたショコラトルテや最初のエクレア。それどころか
チートだった・・・
光太郎氏のお菓子すらチートだったのです・・・
*「ケーキを食べた時の幸せを増加させる」魔法であって、ケーキそのものがちゃんとしてないとダメらしい
麻里が上記のように説明してくれたので理解できましたが、当然麻里にも知られたわけでした、まる(笑)

とはいえチートとはいえあくまで補助にすぎない(魔女装備でないと魔力をちゃんと発揮できない)
そして光太郎もお菓子で人を幸せにしたいというだけであって、それ以外の欲はなかったことを説明する未果。
彼女は「子供たちを幸せにする」ハロウィンならば魔法を使ってもいいのではと・・・

#10月31日(ハロウィン)
祭りの日。麻里にこき使われつつハロウィンのお菓子を売る純と未果。

(前日夜に戻る)ただしこのお菓子は材料に魔法をかけたチートな代物。
でもそれをやったらずっと魔法をかけ続けないとならない=未果はずっと店にいないといけない事に。
しかし未果はお父さんの店だしみんなといつまでも一緒に働きたいと

そして未果ルートへの選択と思いきやここでは分岐せず、ハロウィン限定品(かぼちゃ)のみにかけるという手段を選んだわけです。

一方かわいいお人形さんみたいと捕まっていたつぐみ。
てもそこに純がやってきて事なきを得たのですが、タイーホ視線が怖いため兄妹を装うことに。
ただつぐみ本人は「妹・・・」というのがどうしてもひっかかるわけですが、それよりも麻里と合流した後ロリ言われるオチが(笑)

で、ロワゾブリュ。蓮以下の孤児院の面子がやってきているわけです。
不安でヤバイ状態のエレーヌはともかく、蓮たちはみんな美味しいおいしいといってくれて何よりなんですが・・・
つい勢いでエレーヌがケーキ(チート版)食べてしまったからさあ大変( ̄▽ ̄;)
*まあ幸いチートかぼちゃは消費し尽くしてたので出オチで済みましたが・・・(^_^;;;

孤児院の人と別れ、別れ際に蓮から手紙を貰った純なんですが、これがラブレター(笑)
ようじょに負けたひとたち(ぁ
※:おさなごに先を越されたヒロインども

その頃、視点が変わって麻里に姉のことや最初、なぜ店にいたのかと聞かれて慌てる未里
*クリンクリンの魔法(ある区域を綺麗なまま保存できる魔法)を解除するために忍び込んでたらしい
それ便利よねわたしの店にもかけてと引っ張られて行った未果はさっそくかけてみるのですが・・・
・・・なぜかランダムに魔法が発動してしまうとういうオチでして(^_^;;;
*チョコを食べると魔法が妙な方向に発動するそうな(だからチョコは食べない)

とりあえずしばらく退避と麻里は店を出ますが、そこで純と合流して視点が元に戻ります。
魔法を私利に使うなと釘を刺される麻里なんですが
個別るーとっぽい
「純ちゃんはずっとこの街にいるの。そして、ずっと私を甘えさせるの」

#11月1日
店に戻ってきた麻里のところに香恵登場。
何か怪しいことはないかと香恵は聞きますが、ソフ○ンじゃないからケータイも普通に通じるぐらい何もありません
でも香恵が魔力に気付いて知ってること吐けさもなくば呪いの壷(時価50万)を叩き割るぞと大騒ぎ(^_^;;;
さらに彼女が壷を持つとなぜか元の所有者の行動が見えてしまうということで未果はどこだに(^_^;;;
*前夜のランダム魔法はこれだったんですね

問い詰められた麻里は未果は空港の売店にいるとてきとーな言い訳するのですが
その未果(と純)がタイミングよく空港にいるからさあ大変、殴りこんできた(ぇ香恵から逃げ回るハメに(笑)

夜。麻里に呼ばれた未果が出て行った後、入れ違いに香恵乱入(ぁ
姉妹なのに疎遠だから妹が働いてることを知らなかったと言う香恵ですが、魔法のことを知ってると聞いて
いきなりのフラグっ(ぇ
なんというフラグっ(笑)
魔法を知ったことに怒り心頭ではありますがショコラを食べて美味いと言うぐらいはできました(ぁ
とはいえ未果と結婚しろというのをやんわり拒否すると
「じゃあ、私と結婚すんのか?!」という有様ですが(笑)
「そんなの、もっとイヤーー!」とせっかくの攻略チャンスをフイにする主人公(ぁ

そして「ぜってぇ、未果とお前を引き離す!」と半分キレたまま香恵が去った夜。麻里との会話。
どうにか姉妹を仲直りさせないといけないわけなんですが、それよりも麻里の店の魔法の件
さすがに元の所有者の行動が見えてしまうのではどうしようもないわけで、しばらく骨董品店はお休み。
当然麻里は食い扶持がなくなったわけで・・・
そして押しかけがまた一人(ぉ
正式に加わったわけです( ・・)/
*体験版はこれで終わります


#キャラクター

その1から香恵の紹介をこっちに移動(ぁ

*高村香恵
未果の姉でゴンドリエーラ。水路最速(ぇ
豪快で腕っぷしの立つ姐さんキャラですが、現実を見る目も。
ちなみに妹同様魔女で、かつ使える魔法は同じというのは何かのフラグ?

*蓮
孤児院である聖ジョージ学園の生徒(ただし学園長の娘のため本人は孤児ではない)
言いたいことをずけずけ言うタイプですがちゃんと礼儀も持っています
さすがに攻略は無理でしようがこれからの出番ももあるかな?

マップ選択を外してストーリーを見せる形になった第二弾。
そのため流れはわかりやすくなったように見えるというか、マップ移動制必要かと思ったりするんですよね
かといって適当に分岐用の選択肢入れたらそれでいいんじゃないかと言ってはダメだと(ぁ

そのマップ移動とかの仕掛けのせいだと想いますが、異様に日付が飛ぶのが気になります。
(一挙に20日も飛んだのには驚いた)
その分見せたいところを集めたんだと想いますが、本編ではイベント入れて中だるみしないか心配(^_^;;;

話としてはチート仕様だったことがバレてどうするというところがメイン。
さすがに却下しますがハロウィンだからとついついチート化してしまうのは後々響くような気も。
その上未果だけでなく姉も使える事実が判明しているので姉妹対面したらどうなるのでしようか(^_^;;;

この魔法、魔女装備でないと力が落ちるとか、あくまで心理的に働かせるだけとかいくつか制限つけいていまずが
それでもチートであることには変わらないのでエレーヌが知ったらどうする気なのか、
そして魔法をどう収拾つけていくかが気になるんですよね。ルート的には麻里っぽい形になっていますが。

おまけ:
マネージメント違う(笑)
野球の影でそんなことをしていたとはーーーーっ(ぁ

お姉×ショタ体験版感想

  • 2012/02/16(木) 18:08:10

いつものように著作権はここに

今回もばなーはこれだけ
容量は330M。システムはTRYSETの基本というか相変らず画面上で設定する仕掛け。
ただし今回はアニメのON/OFFの切り替えがタイトル画面にあります。

夏休み。学生寮から三井大祐(主人公)が久々に家に戻ってみると・・・

家がなかった(正確には更地になっていたが、CGはない)
唖然としていると父親からの携帯。でもこの父自分探しの旅に出るとか言ってます(^_^;
夏休み中は野々村さんの家に居候しろと告げて父は旅立ち、大祐は野々村家の前に

家に入るのを躊躇していると梓さんが「そんな遠慮しなくてもいいのよ、んふふ♪」
大祐のご迷惑とかそんな意見は無視して家に連れ込まれます

梓さんがみんなを呼ぶ・・・が、誰も来なかったので
しかし一人ではなかった(ぁ
早速お風呂にしましょうと( ・・)/
そこに沙姫がやってきますが、いきなり肩揉んでちょうだいとこき使おうとしますよっ(笑)
寮に戻りましょうかという大祐ですが、そんなのスルーされているうちに今度は奈央。
いきなりコーラとにくまん買ってこいとか言い出しますが、姉とは違うのは
報酬:5円
このように報酬を出せるところでしょうか(ただし5円)

そんな奈央に冬美が5円なんてお駄賃にもならないと助け舟を出してくれますが
この冬美という女も「その服ダサいよ。汗臭いし、あっち行け。シッシッ」という有様、ひどいです(笑)

最後に里奈と香奈がやってきますが、開口一番、双方ともおねえちゃんと呼べと。
楽しそうな(大祐は大変ですが)姉どもの総攻撃ですが、梓が風呂の話に戻すと
なぜか6姉妹全員が脱ぎ出しましたよええっ!(笑)
風呂どんだけ広いのか
なんでみんな脱ぐんたよそこ居間じゃないかと大祐は抗議してみますが
沙姫の「姉と弟が一緒に風呂に入ってナニが悪い?」という姉理論の前では全く意味を成しません(笑)

#次の日(風呂シーンはなかった・・・)
目が覚めると布団の中があったかい、つまり添い寝です、梓さんです(笑)
起こしたらまずいし、そもそもなんで梓さんがいるんですかと思考していると本人も起きてきました。

「これからも甘えてくれていいんだからね」と優しく言ってくれますが、当の大祐は朝立ちで大変(ぁ
しょうがないのでトイレにでも・・・ここには沙姫がいました( ・・)/
慌てて逃げ出してリビングに行くと今度は奈央が
風呂上りの牛乳は基本
風呂上りの基本ですよね( ・・)/
そこに梓さんがやってきて奈央が冷蔵庫を開けっ放しにしていたことを注意。電気代かかりますからね。
・・・何か注意が一つ足りないような気がしますが(ぁ

さて大祐。こうもイベントに出会うのなら部屋にヒキコモればいいじゃないと思うのですが
ついつい部屋の外に出てしまったおかげで料理中の梓さんと鉢合わせ。
礼儀正しいいい子ねと褒めてくれる梓さん。
途中メッセージとボイスが会わないシーンもありますが、みんな大ちゃんりことが大好きだからとも言ってくれます。

夜。風呂に入ってみようと行ってみると里奈&可奈が使用中( ・・)/
ここでついつい誘惑に負けて風呂を覗いてしまうのです、弱いです大祐(ぉ
*ただし見つかりませんでしたが(笑)

部屋に戻って風呂覗きなんてダメだな僕と反省して勉学に励もうとしますが
そこに沙姫がやってきて理系の私に任せときなさいと勉強を教えてもらいます。
朝のトイレのこともあるからどう話そうかと思ってると視線が自然に胸に行ってしまい、観たいなら見れば状態になってしまうわけなんですよと(笑)

#次の日
昨日と同じく梓さんが添い寝していました(ぁ
ついからかいたくなっちゃうのよね〜と言われて落ち込んだ上、梓「お姉ちゃん」と呼びなさいと釘刺されたり
さらに昨日と同じく沙姫がトイレにいた上、沙姫「お姉ちゃん」と以下略(ぁ

大祐はトイレだしと逃げようとしますが、この姉そんなに気になるならとアソコを見せてくれます( ・・)/
#あそこなめなめシーン(ぁ

その後、飲み物でもと降りてみると奈央がぐーぐーと寝ています。しかも柔道着で
起こしたらパシリにされそうだし、どうしようかと放置していると胸がはだけてますよどうしましょう(笑)
観ているのもナニだしとついつい触ってしまう大祐・・・
・・・とはいえそう上手くはいかないわけでして、奈央は起きてしまうんですよね(ぁ
そして彼女からもまた奈央「お姉ちゃん」と呼べと命じられると(呼ばないと胸触ったことバラす(笑))

今度は台所にいた梓お姉ちゃん。
CGではわからない(ぁ
お尻にゴミがついているらしいので取ってくださいとのこと。どこについてるかは気にしない(ぁ

それから里奈&可奈の入ってるお風呂へ。
またも覗いてしまう大祐ですが、今回は逃げ損なってこれは事故だと必死に言い訳しますが
「正々堂々と覗けばイイのにねー」「覗きとかセコいことしてないで、お風呂に入ってくればー?」(笑)
この期に及んでまだ逃げ腰の大祐に対して「男らしくしろー!」とえろげ主人公への叱責(ぁ
#手コキされた挙句、お姉ちゃんと呼べと命令が( ・・)/

で、散々な目で戻ってきて沙姫お姉ちゃんに勉強教えてもらう時間へ。
しかしまたもや色々考えていると捕まってしまい、「男の子のイヤがる顔をみると、なんだかゾクゾクしてきちゃうの♪」(笑)
#ここでも手コキが(ぁ

#次の日
梓お姉ちゃんが処理してあげると絞られるところから(ぁ
同じくトイレなのですが、仕事でイライラしている沙姫お姉ちゃんは
「大祐!私とエッチしなさい!いいわね!」(^_^;
逃げを打とうしても目の前にいる男があなただからと捕まった上に
「姉と弟がエッチしちゃいけないなんて、どこの誰が決めたのよ!」( ̄▽ ̄;)
#Hシーンなんですが、選択肢によっては奈央がちよっと出てきます

で、台所に行くと奈央お姉ちゃんが寝ているわけですが
本日はちゃんと起きてきてお姉ちゃんがサービスしてあけようと(笑)
#Hシーン

そして沙姫お姉ちゃんと勉強、でもモンモンしているから手を出してるとか言うんですよね(ぉ
*Hシーンの後、体験版は終わります

#キャラクター
6人姉妹+主人公という構成。ちなみに5女と6女は双子
他にキャラは主人公の父親がちょいと出る程度。

*野々村梓

長女で家事担当。姉というより母親要素の方が強かったり。
毎日添い寝をしてくれるという過保護な人で天然系

*野々村沙姫
次女。キャリアウーマンというか仕事をしているのはこの人だけ?
仕事にキツくて厳しい人。大祐の勉強も見てくれます
そしてとりあえずトイレは鍵をかけよう(ぉ

*野々村奈央
三女。脳筋系というか運動系で姉御タイプ
やたらと大祐をこき使いますが世話は好きみたいです。

*野々村冬美
嫌われてるよっ
四女。クール系の毒舌キャラ(多分)
出番が当初の紹介だけだったので色々不明(^_^;

*野々村里菜/可奈
区別は髪型か
五女&六女で双子。セットで行動するため二人で一人という感じ
いたずら好きでやたら姉ぶりますが、性格がほぼ同じなんで区別が(ぁ

*三井大祐
主人公。顔もありますがショタ系。
比較的常識人ですがすぐに流されるタイプ。
ひたすらいじられますが、覗きとか普通にできるあたりエロ主人公ですよね(笑)


キャラは姉6人のみという姉もの(ただし、実ではなく近所の幼馴染という感じ)
主人公はひたすらに攻められる話で本当にタイトル通りです(笑)
とはいえ背景とか妙に殺風景とか安っぽさは相変らずのTRYSET。
(それと非処女ばかりなのもここの隠れた特徴かも)
今回はそれでも新しい試みとしてアニメを入れてきましたが、Hシーンが簡単に動く程度。

題材(おねショタ)に関してはそこらに転がってる萌えものとは違うところを狙っているところは評価したいのですが
なにせ冒頭の導入が途方も無くいい加減(だからなぜ家が無くなったんですか・・・)だとか
毎日同じことの繰り返しになって違いはHシーンぐらい状態だとか欠点上げればキリがないです(^_^;
作品の品質が相変らず追いついてないんですよね。でもその安っぽさがクセになりそうですが(笑)
おそろしくシンプルな紹介ページ同様、手軽さが魅力だと想いますが、もっと品質上げるか、あるいはミドルまで値段下げて売るべきだと(^_^;

それとアニメ同様、Hシーンで「お姉だりモード」というのが表示されるのですが
これは選択肢によって姉がもっとエロくなるというものでいいのでしようかと(^_^;
*クリックしても何も変わらなかったし・・・

後はまるで出番がなかった4女をどう使うか気になりますね。
体験版だと次女と三女が出番取り捲りでしたから(^_^;

おまけ:
えろげ主人公の基本(ぇ
えろげ主人公にはないスキルだ(ぁ

水の都の洋菓子店(パティスリー)体験版(その1)感想

  • 2012/02/08(水) 23:48:34

いつものように著作権はここに

多分年上なんで
容量は435M。画面は1280×720を標準として320×180〜1600×900の間の11パターン。
*4×3表示にした場合はメッセージウインドウが分離。
システムはボイス割り当て(オンオフのみ)ぐらいのシンプルなものです。

最初に体験版とHシーン(未果と麻理)の選択があり、選ぶとスタート

6時間かけて水の都(正式都市な不明)辿り着いた神田純(主人公)
どうみてもヴェネツィアっぽいですが日本と言い張る背景はともかく、アヘ顔ダブルピースもどきをしている麻里がお出迎え。
会いたかったという麻里に対して三ヶ月会ってないだけじゃないかと鈍感主人公している純ですが
ア○顔ダブルピース(殴)
・・・そのダブルピースもどきで言われても(ぁ

ここに住まない?と誘う麻里、でも僕にはやりたいことがあるからと断りますが
もっと来たいなと前向きな答えも。
「純ちゃんの叶えたい夢ってなに?」と聞かれます(何の夢かは場面後に判明)
それを聞いた麻里は純の夢を叶えるにはこの街がいいよと強く推奨されて純も納得。
そして「いずれこの町に住むこと。決まり!」に(ぁ

で、純が自分の夢は洋菓子店を開くことと独白した後、場面はいきなり未果とのシーンへ。
(母が勝手に決めて)店を引き払うことに抵抗する未果と自分たちでは商売は無理という未果の姉(?)
しかもこの未果、才能がないと亡き父に言われてるわけで(・・;)
中二病話だったらこれでよかったのに(殴)
※:本作品は中二病バトルものではないので血筋では無理です
「ほんとに何もかも無くなっちゃうの、お父さん・・・」・・・

#いきなり3年後

普通の家への引越しを終えた純。まずは麻里に電話をして案内を頼みます。
外に出ると突然ヴェネツィアになってプレイヤーを驚かせます
純の方は頻繁に出会えるようになると幼馴染なんてこんなものだよまったく以下略と不満タラタラ
挙句道に迷ってしまってどうしよう?

とりあえず道を聞いてみると主人公らしく相手は女性キャラで、ゴンドリエーラなんて珍しいだろ(ARIAじゃ普通にいたけど)なおねーさん
さっそく道を聞くと「なんだとっ!」なぜならその場所は空き店舗だから。
そこに下見に行くと答え、さらに洋菓子店だと言うと「なぬっ!?」(

でも気に入られたようで名前(アベーユ)を教えてもらい、かつ「あんたの店、絶対に成功させてくれ!」と念押しされた後、ゴンドラで送ってもらいます。
ただしモブ男に女だとスピードも弱っちいなと言われて
魂斗羅・・・何もかも懐かしい・・・(ぁ
・・・水路最速伝説(ぁ

さて寄り道はともかく、麻里と待ち合わせてまずは店の下見。
さっきのねーちゃんの言うとおり「アベーユ」だったというこの店、何でもオーナーシェフが亡くなって閉店したとのこと。
立地条件は悪いですが保存状態は良好。ただし店舗面積が自分+麻里でやるには大きすぎるのをどうするか。

その後、飲み屋にて引越し祝い・・・のはずが尋問タイム(ぁ
全然来なかっただのさびしかっただのと言われた上でなぜか腹パン(^_^;

#数日後
厨房設備だけは整えたのでメニューを考えてみますが、すぐにモバゲー花札に逃避する有様(笑)
しかも電球を切らせて店内は真っ暗。そんな時に限って更衣室から悲鳴がっ
慌てて行ってみると・・・

しまぱんの子がここのオーナーは誰だとか、荷物の整理がなってないとかお小言を。
ただのしまぱん女です(ぉ
いや、誰だよ・・・(C)神田純)
その格好ハロウィンですか、というか君こんなとこで何してるんですかと問いただすと全速逃亡(ぁ

その後の骨董品店(麻里経営)。さっそく自作のケーキを試食してもらいます。
しかしスキルがショコラ系に特化している純ではショコラトリー(ショコラ特化店)にするしか・・・
「そんなのだめです!」
日本でショコラ専門なんて無理ですという彼女、そういえば舞台は日本でした
そんな感じでこの人なんか好き放題言ってましたが、麻里に正体バレてあたふた→またも全速逃亡(ぁ

麻里に彼女のことを聞くと知り合いの娘だとか、父親は死んだとか情報が。
その父親のことが気になった純は慌てて追っかけていき、首尾よく未果を確保( ・・)/
まずはなぜ店に忍び込んだのか、そして未果の父親は死んだアベーユの元シェフなのかと聞いてみると正解。

父親である光太郎の代わりに純がやってきたことを知って見に行ったという彼女。
店のことにも詳しいと読んだ純は思い切って「僕の店に協力してくれないかな?」と勧誘してみます。

店をショコラトリー(未果はチョコ嫌いらしい)ではなく普通の洋菓子店にしたいこと、
純が洋菓子を目指した理由は母から貰ったショートケーキからだったことを説明した後、
まずは自作のケーキを観てもらおうとしますが・・・・く わ れ た (笑)

ショコラ最高他なんていいやの麻里はともかく、私なんていらないですよねの未果をどうするのでしよう(ぁ

#翌日

募集ビラを貼り出していると制服少女たちを発見。
そこで突然つぐみちゃんに連絡入れてなかったと叫ぶ純、前振りないのに(笑)

純が去った後(ここから女の子(つぐみ)視点)
女の子にボンジュールと話しかけてくる金髪巨乳。
エレーヌと名乗る彼女はスウェット(「汗」ではなく、「甘いもの」の意味)の店を探していると。
そこで女の子が指し示したのはさっきのビラ。さっそくエレーヌはその店に向うことになります。
残った女の子は「兄さんのライバルにならないか心配・・・」

再び純視点で厨房。昨日 く わ れ た 代わりに作ったお菓子を未果に試食してもらいますが・・・
もちつけ( ・・)/
・・・(^_^;

父に才能はないと言われた未果がorzになっていると「どなたかいらっしゃるの!」
「逃げないで出てきなさい!」「御用改めである!」とだんだん言うことが斜め上に。
何事かと思って店の外に出てみると・・・
なぜ100年かは気にしない(ぁ
いきなりエロゲ展開にっ!(笑)
コータローの弟子にしてくださいと言う彼女。でも僕コータローじゃないんです。
さらに光太郎は未果の父だから亡くなっていることは前述の通り。
しかしこの人、ショックで動揺するとごろかさらに圧迫してきますよこの人はっ(笑)

あわてて駆けつけてきたつぐみに剥されてようやく命を繋いだ純(ぁ
そのつぐみはご機嫌斜め。そりゃ引っ越してから数日経ってるのに「私は今日が初対面!」では怒りますわ(^_^;

慌てて追いかけてつぐみを確保しますが兄さんのお手伝いしたかったのにとか、
来るのが遅いよと散々な言われよう。
トドメに後からやってきた麻里には「名前を「純」から「鈍」に変えたらどう」とまで言われています(笑)

それはともかく、つぐみは純に教えられた間柄とか、この街の話を聞かされて転校してきたと。
そういうつぐみにお詫びというわけではないけどケーキでもと店に戻ると・・・
 く わ れ た (笑)

しようがないので再びお菓子作りに励みますが、エレーヌが「ジーーーーーー」(^_^;
しかも「チョコレートエクレアを作りなさい(キリッ)」と上から目線ですよええ(笑)
さらにつぐみのために作ったのに勝手に食う有様ですが、ショコラ特化スキルが功を奏して
「私をここで雇って欲しいの。どうかしら?」と(しかも無給でOK!)

他の面子やエレーヌのあなたとなら素晴らしい作品が生み出されるという言葉に惹かれて雇うことに。
*ただし、ショコラ以外の腕前は「オトトイキヤガレ」言われましたが・・・(ぁ

エレーヌは麻里のところに泊めることにして、次はつぐみ。
「私でも応募できるよね?」と面接希望してきたのですんなり即・採用。後は未果。
(どうしても父の店と比較するので)口やかましいかもと言う彼女ですが
「一緒にここを良い店にしてもらえるかな?」

「はい。よろしくお願いします、マスター」

#翌日
さっそく仕込みをしようと厨房に行くとエレーヌの着替えイベントがっ(笑)
ただこのエレーヌさん、おっばいは大きいけど叫びも慌てもしないのでつまんないですが・・・(殴)
しばらく作って「あーん」されつつ彼女のレベルになんとか追いつこうと決意する純なのです
*ただし、未果に見られてぷんすかされましたが(ぁ

#数日後
いよいよ開店前日。ちゃっかり自分の店の商品コーナー作ってる麻里。
もっと安くできないの?と彼女はアドバイスしますが、原価高いと愚痴(^_^;
一番利益率が高いショートケーキが置きたいけどエレーヌが許さない(あんなの職人のケーキじゃないと)

でも彼女の提供した骨董品のおかげで店内も華やかに。
さらに制服(麻里チョイス)もあるわけですが
説明も大変
・・・わかりやすすぎますつぐみさん(笑)

一日挨拶や接客研修とかに費やし、つぐみを帰した後の夜
「ここ、明日からですよね」とたずねて来る眼鏡の人が
そしてここで店名とその由来の話がでてきます。
ソルシエール(仏語で「魔法」)が中二病言われたのでロワゾブリュ(青い鳥)になった。

別れ際に眼鏡っ娘は「アベーユ」時代、光太郎のケーキの話をしてくれました。
すごすぎるような・・・
幸せになれるケーキだと・・・

深夜、接客特訓でう゛う゛う゛う゛になっている麻里が帰り、純も部屋に戻っての未果視点。
「少しぐらい、いいよね。お父さん・・・」
突然超展開(^_^;
なんと魔法がっ(゚_゚;)

何かを練成した未果は客席にいた純のところへ。
誰に会っても光太郎の「アベーユ」を持ち出されてそのたびにプレッシャーが増えて行く純。
おかげで僕なりに頑張るだけだよねと開店前夜なのにorz気味。

そんな純を見て未果は父のことは気にしないでと言いつつ、エクレアを一個置いて帰っていくのです。
なんだエクレアかと何の気なしに食べてみると・・・
・・・なぜか懐かしい感情、母が誕生日にくれたケーキの思い出。
その気持ちを一人でも多くの人に感じてもらいたい。

そこでさっきの眼鏡っ娘の言葉を思い出す純。幸せを思い出すケーキ。
エレーヌにも食べさせてあげると光太郎の味に近いと驚愕。
で、彼女はそのまま純を厨房に引きずり込んで同じ味を作るのよ!となりましたとさ(笑)

#9月20日(開店日)
エレーヌは昨日のエクレアがどうしても再現できないと自問してますかそれはさておき、
ロワゾブリュ(青い鳥)のように幸せがすぐ傍らにある店を目指したいとの純の言葉。
そして早速最初のお客・・・と思ったら麻里相手というオチでした、まる(ぇ

#ここから移動場所選択が出てきますが、20日は一箇所のみ。
それと日付表示が右上に加わります

開店日でてんてこまいな中、つぐみに話しかけるキザ(って名前・・・)。
こいつモブの分際でパリ・ブレストを注文しますがつぐみには何かわかりません、どうする?(汗)

そこに助け舟を出してきた眼鏡の人。彼女はつぐみを知っていました。
純と昨夜店の前で話した子こと乃梨子は別れ際に今度は学園で話そうねとつぐみに言ってくれました。

夜。厨房に行くとエレーヌが昨夜のエクレアについてうーんうーん。
しかし純は今考えても仕方ない、それより休めと彼女を店外に連れ出しますが相変らずの悩み状態。
ちょうどいいので彼女に光太郎との出会いを聞いてみますが、彼女もまた光太郎のケーキに惹かれた人間だったわけです。

いつか一緒に光太郎の味を創ろうよと励ます純。それを聞いてエレーヌは
よくあることです(ぉ
※麻里への口封じ料2万円(爆)

#ここからは選択肢が二箇所となり23日、24日、26日、29日と来て体験版は終わります。

#キャラクター
ボイスは女性のみ。モブもいますが立ち絵はなし。

*高村未果
魔法使い服で店に侵入してきた人。父とその店への思い入れと責任感を持ちます。
常に明るく振舞える人ですが、凹むと私なんて私なんてとorz状態に。
ちなみに料理の才はまったくないのですが、なんと魔女。
それが主人公にバレた時にどうなるか、そしてチート菓子だったことがバレた時には(汗)

*神田麻里
従妹。といっても妹ではなく完全な幼馴染キャラ。
骨董品店をやっていますがロワゾブリュに乗り込んで商品販売をしたり、店員も兼任していたり。
見ていて楽しい人ですがなかなかツッコミは強烈(ぉ
必殺技(ぁとして腹パンチという珍しい粉砕方法を使います(笑)

*紺野つぐみ

兄さんと呼びますが純が家庭教師時の教え子。後輩ポジション。
基本は無口ですがテンパると逆に饒舌キャラへ変貌します。
兄さんは譲れないという密かな対抗心があるわけでそれがどう生かされるか。
能力的には・・・普通?(^_^;

*エレーヌ
パリから来たという金髪巨乳。光太郎に憧れてこの街にやってきた人。
能力は物凄く高いのですが職人気質で頑固者。
でもその分切り替わったら早くて主人公のところに住み込んでみたり(笑)
ヘンなところで日本文化に毒されていて、時代劇口調な上に深夜アニメ好き(ぁ

*桐野乃梨子
つぐみの同級生の眼鏡っ子。今のところは常連客扱い。
眼鏡キャラの基本として知識は豊富ですが引っ込み思案な面も
彼女もそのうち店員になるそうですが、どういうきっかけが来るのでしようか。

*神田純
主人公。チョコ系にスキルポイントを全て振ったようなチョコ特化人間。
ちゃんと店員教育できたり、オーナーとしての自覚を持っていますが
いかんせん純ならぬ鈍言われる有様では(笑)

まず一言

「これ、舞台が日本である意味ないよね」(笑)

主人公の部屋「だけ」はなんとか日本の家なんですが、他は完全に外国
現代部屋を一歩出ると突然ヴェネツィアというこんなのおかしいよ状態(^_^;;;
途中で時たま「日本では・・・」と出ますが、なんで無理やり日本にしたか理解に苦しみます。

そういう根本的突っ込みはともかく、背景は見ての通りヴェネツィア。
ただし精美な背景ではなく立ち絵に合わせたかのような淡い感じが特徴。
立ち絵が少女コミック調というか輪郭を濃くしないタイプなんでそれを生かす工夫でしょうね。
そして舞台はこのごろよく見かけるケーキ屋もの、ファミレスと違ってこじんまりがいいのかな?

キャラは全員一癖があって普段とは別の面を持つ人ばかり。
そのギャップとちょっと変わったアクセント(腹パンとか)が面白いんですよね。
主人公の純が鈍感ではあってもちゃんとオーナーとして他の面子を見ているところもポイント高いですし。

気になったのは展開が少しヘンで冒頭からいきなり三年後に飛ぶとか、唐突に終わるとか
(開店時の「いらっしゃいませ!」終わった方が良かったと思います)
視点が主人公から別の人に変わっても表示が変わらないのでわかりにくいとか。
移動場所選択が二つしか出てこないってのはあまり意味ないのでは?と思ったり。

で、話の根幹は未果の父である光太郎を純が越えるということが大きなテーマなんでしょうが
それが未果の魔法で強化したいわばチート仕様というのはどうなのかと。
光太郎のケーキがチート強化(つまり、虚像)だったということを知った時にどう動くか。
わざわざ魔法なんて面倒な設定をはめ込んだツケが回ってこなければいいのですが・・・

おまけ:
画像を変えなくて済む画期的攻撃法(ぇ
幼馴染とボディブローを組み合わせたまったくあたらしい(ぁ