桜ノーリプライ体験版感想

  • 2012/03/29(木) 16:45:05

いつものように著作権はここに

メインに年上キャラいなかった
容量は635M。別にサポートツールが付属します
画面は800×600を基本として320×240〜1280×960までの9段階。
システムはボイス割り当てや既読文字色変更など、それから右側に収納式のアイコンも(右クリックで呼び出し)
*ちなみにフォントの基本が「マルベリ」なのは珍しいかな?

スタートすると体験版本編かHシーンへの選択肢が登場し(一度クリアしないと出ませんが)、選ぶとスタート
最初にあらすじが表示されて

「もし奇跡がおきないならば、誰も願ったりなんてしない・・・。
願わなければ奇跡だって魔法だって起きはしない!!」
(OHPのストーリー紹介と同じですが、主人公に名前がついているのが違い)

教室。
泉先生が「みんな紹介するから席つけー」と言い終わるが早いか、いきなりクラッカー音
そして行進曲みたいなBGMと共に
最初からリーダー
大歓迎(笑)
本物だのずいぶん遅いだの見違えただのと万年夢見る鼻垂れ合唱団(C)泉先生)は大歓迎
泉先生は怒るやら呆れるやらですが、これで鼻垂れ・・・もとい、ピースキッズが全員揃ったわけなんですよと。
まあそれでも一応自己紹介があるわけで風間一護(主人公)、それから同時に転入してきた美栗の紹介なわけです。

昼休み、さっそく美栗と稔を除く面子でお弁当。
*ちなみに学食なんて都会な設備はございません(ぁ
ももにカバは何と鳴くと聞かれてやけくそになっている千代子きともかく、さて弁当ですが・・・
これが水戸か(吹っ飛べ
・・・水戸民の基本食(消し飛べ)
周囲に迷惑すぐる水戸弁当を食べるわけにはいかなくなったのですが
苺やもものお弁当を分けてもらい、スイカポテチ(ぁを薦める千代子の親切もあって何とか昼食確保(ぇ
ももと千代子の言い合いやそれを止める苺の様を観て「俺、この島に帰ってこれて良かったよ」と。

稔の俺様番組(といっても一護の紹介で切られたけど)があり、放課後へ。
スイカポテチで自爆している千代子やら変態扱いされてる稔はともかく、もも曰く一護の家に行くと。
*お祝いパーティしようとのことです

で、一護の家。おばあちゃん(今回はボイス無し)に一人づつご挨拶。
みんな仲良しなんねぇ〜とおばあちゃんも喜んでくれて何よりです。

柱の傷とか室内とかまったく変わってないことを懐かしむ面子。
ただし千代子はちっさいままでそれを稔にツッコまれて怒り爆発っ、噛み付き攻撃ですガシガシ(ぁ

続けて一護へ今までいたところや彼女いた?とかですが、主人公一人の時代は目立たないのが基本です(ぉ
でもここの面子からは一護がいなかったらピースキッズは誕生しなかったと言ってくれました。
しかし本題はそれではなく
朝倉一族・・・(ぁ
・・・だかーぽ?(殴)
*公園で遊んでくれたお兄さんに「笑顔の魔法」を教わったらしい

おばあちゃんが切ってくれたスイカで銃撃戦している千&も&稔を必死こいて苺が止めているとここで眠兎登場。
ただし登場するなり流れ種でやられてしまいましたが・・・(ぁ
さらに自分用のスイカでなくなってしまった眠兎に一護は「とっときの魔法を見せてやるからな?」・・・
・・・なんと一護の手からお菓子がっ、こいつは朝倉の一族なのか(殴)

そんな魔法の後、千代子が物凄い勢いで帰っていきます。
*両親が都合よく抹殺されて叔父夫婦に引き取られた彼女は家事に励んでいる
その話を聞いて千代子はネタ要員に見えて実は一番しっかりしてるんだなと思う一護なのです。

夜。
自室に眠兎がやってきて「お兄ちゃん。今日も一緒に寝てもいい?」と
ただし一護にはまだ宿題があるのでしばらくベットに座っていることに
苺からの顔文字も使ったメールが届いてたので返信し、眠兎にお話をしてあげるわけなのです。
その話とは奇跡の桜の話。1年中桜が咲いている島の話。初音島禁止(殴)
初音島のことかーっ!(ぁ
しかし今、一護たちが住んでいるこの島は「桜が咲かない島」
島から出たことがない眠兎にいつか桜の花を見せてやりたい・・・

#次の日
早めに学園に行くと「いっちご♪」と千代子が。黙ってお手伝いされておけばとか上から目線(ぉ
日直とはローマ時代に(以下延々)と聞かされた上に日直名前欄に相合傘まで書かれる羽目に(笑)
慌てる一護ですが当の千代子は「だって私は一護が好きだし、間違っていない♪」とごく自然(ぁ
さらに苺まで相合傘に入ってハーレム傘の完成・・・なんですが、柚葉先生が消してしまいましたさ、まる(ぁ
駄ドックめが(ぇ
※:消した人(ぁ

昼休み。なぜかヒロイン4人に囲まれていますが単に購買で買うヒマがなかったです、気にしない。
そのヒロインの中に昨日加わった美栗ことみくりんもふつーにいます。それどころか千代子に弁当の作り方すら教えています。
そんな中、話題はレクリエーションの話へ。柚葉先生曰く何をやりたいか明日聞くとのことで意見さまざま、
千代子はバーベキュー、苺は映画鑑賞、ももは花火大会と出てきましたが美栗と一護はまだ浮かびません(^_^;

まあ、その美栗とアドレスを交換しあってみんな「友達だね」となりましたが。
夜。風呂上りの牛乳によって生き返りながら美栗からのメールに答え、この日は終わり。

#次の日
柚葉先生・・・は徹夜麻雀飲んだくれ状態のため、苺がHRを進めて昨日のレクリエーションの話へ。
美栗も肝試しと言ってくれましたが、千代子とももが相変らず騒ぐので・・・
((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
・・・((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

そんなこともありましたが、一護もピクニックという意見を出して(ももに「このブラコンが」と見抜かれましたが)
アイデア勢ぞろい。さてどれを選ぶか?(選択肢、体験版では上三つのみ選べます)
#どれを選んでも最後にOP。
眠兎、苺、千代子、美栗、ももの順でHシーンダイジェストがあり、体験版は終わりです。

*ピクニック(多分眠兎ルートへの道)
自ら責任者を買って出た一護。ももにニヤニヤされますがそれはともかく、まずは眠兎にメール。
しばらくしてお兄ちゃんがビックリするニュースがあるよという返信が。
彼氏?と疑問する一護ですが、周囲の面子はそんなことはないよときっぱり否定。主人公鈍感すぎますよねええ( ̄▽ ̄;)
よってそのことをももたちに聞かされて慌てる一護なのです(笑)

夕方、帰宅すると眠兎が。まずはお弁当箱が空っぽなのを見て喜んでくれます。
そしてビックリするニュースとは
なぜか同時に
つまり兄妹揃って責任者だと( ・・)/
体は大丈夫かと心配(ただでさえ病気で1年留年してるから)する一護ですが、
思い出作りたい、みんなのために何かしてあげたいという妹の心に負けて了承するのです( ・・)/

*肝試し(多分美栗ルートへの道)
いきなり昼食へ。そこで美栗が自分はともかく一護までなぜ面倒な責任者になったのかと。
すると「だから引き受けたんだよ」と答え、応援したくて責任者になったと。
みんなにも背中を押された美栗は「ぁ・・・ぁりがとう・・・ございます」
「あ」が小文字なのがポイント

夕方。校庭に行くと美栗が。積極的にやってくれることに驚く彼女ですが
(前の学園と言ってるので、この二人は前も同じ学校ですね)
仲間がいるから頑張れると言う一護をうらやましいと思う美栗。

でも美栗だって「俺たち」仲間がいるじゃないかと。
そして二人して学園七不思議について調べることになり、それについて詳しそうなももにメールを送ってみます。

夜。眠兎のクラスは研究発表会(コーラとポテチについて・・・)をするということですが
それよりもももからの「楽しみにしてろよ」というメールに期待するわけなのです。

#次の日
ももから七不思議について聞いたはずですが内容はスルー( ̄▽ ̄;)
というか美栗が怖い話しに((;゚Д゚)))ガクガクブルブル状態なんで責任者出来るの?ともも。
なんなら別の企画に・・・と言おうとしますが、「だ、大丈夫っ!!」と叫んで教室から逃げ出してしまいます・・・(汗)

*花火大会(多分ももルートへの道)
ももの案が通ったということでもっとはしゃいだら?な千代子、するとももは喜び方を教えて欲しいと
なにこの有頂天(笑)
いつもももにへこまされてた千代子は有頂天になって教壇上からペガサス流○拳っ(ぁ
*でも流星拳じゃなくて昇竜拳、しかも天井の照明ぶっ壊すというオチ・・・

さて千代子が照明直してる間にももたちは校庭で会議。
花火大会だから「夜」にしないといけない点や火気をどうするかの話となります。
苺や美栗は不安ですがももはさすがに自信たっぶり。どーんと任せておけ状態。
しかし・・・そんなももが何気につぶやいた一言が・・・

「せっかくの・・・なんだ、チョコにも、ちゃんと送らせてりたいじゃないか・・・」

放課後。再びももと話す一護。さすがに先生を説得するのは厳しいようですが
なら俺もと説得方法を一緒に考えないかと聞いてみるわけなのです。
ももの方も正直助かると言ってくれたので二人でどうするかへ。

ここでももが「河原」という場所を提案しますが、今度は学園外なんでこれをどうするか
なら「レクリエーション」という看板を前に出せばいいじゃないかと一護。これで一歩前進です。
ぜひとも花火大会をしたいもものために
「・・・それって、チョコのため?」

さすがに見抜かれてしまったももはなぜチョコのために花火をするのか、それは「盆・・・だよ」
*千代子の両親への送り火の代わり・・・
そして千代子は根っからのアホの子ではなく、自分がピエロになればみんなも笑っていられるからだと・・・
さらにももの方もいつか千代子が泣ける日までバカに付き合っていると

そんな彼女に「全然ももらしい」と優しさを褒めるとツンデレ気味になって帰ろうとするのですよ(笑)
帰り道でもヒゲ生えただの男になってしまっただの言うのでかわいいと反撃すると
メスと呼んでくれ
メスって何(笑)
恋愛少女漫画家ということもあって「女として欠陥品」だと自分を思っているもも。
でも一護に「女の子」として見てもらってることを喜ぶのもまたももなのです・・・

#キャラクター
フルボイスですが体験版では一部のキャラ(おばあちゃんとか)は入ってません 
そして名前があるのは立ち絵のある人のみで、主人公の両親はまあ仕様です(ぁ

*風間眠兎
妹。お兄ちゃん。付属校なので普段は出番は家のみ
料理も家事もできる人ですが、子供っぽい面が目立つかなと。
ちなみに病気のため1年留年しているわけですが、病気克服がメインということですよね

*月森千代子
アホの子のクラスメイト。無闇に元気でネタに励む方
ほとんどがももにへこまされていますがめげないのが取り得
体験版で本来アホの子でなかったことがわかりましたが、では本来の姿は?

*朝比奈苺
幼馴染で委員長。みんなのまとめ役というか常識人
ももと千代子の漫才(ぇを止めるのが基本でたまに暗黒化します怖いです(ぁ
いかにも正統派の幼馴染ですが過去とかはどうなっているのやら。

*冴島もも
ネタの子で多少ツンデレ入った方。基本は千代子との漫才(ぁ
なんだかんだで千代子に世話を焼いてたり友人想いの面も
なお、少女漫画家だそうですがその設定がどう生かされるのか(^_^;

*葉月美栗
主人公と同時に転校してきた黒髪ロングで片目が隠れた人
おとなしい性格でドモりやすく怖がりなのにお化け屋敷を提案するという妙な面も。
セリフからすると一護と同じ学園にいたようですがどうなのかと。

*泉柚葉
担任。アイアンクロー使えます、
ワガママな方で白と言えば黒でも白いという私様な方。でもちゃんと生徒は見てますよと
年上キャラが他にいないので貴重だしこの性格はデレたら面白そうなんですがサブなのねと(汗)
・・・とはいえさすがに徹夜麻雀とか酒びたりはまずいと想います、はい(^_^;

*風間ヨネ
一護と眠兎のおばあさん。物腰柔らかな優しい人、小柄ですがロリババアではない(ぁ
まあまあと仲間がやってきても優しく応対してくれます。声は聞いてみたかったなぁと・

*梨本稔
友人キャラ。よくいるバカネタキャラでミノムシ言われてよく粉砕されてます(ぁ
お昼時は放送をしているそうですがどう見ても排除のためとしか思えません(爆)

*風間一護
主人公。死神代行でもないし卍解もしません。多分そんな展開ありません(殴)
ただし「笑顔の魔法」でお菓子を出せるというぶりーちではなくだかーぽな人(ぁ
みんなのリーダー格ですが会話から外れてる場面多くない?(^_^;

主人公の名前が「一護」というのはともかく、真っ先に思うのはその一護が菓子魔法を使い
さらには桜の島の話だのと大丈夫かおい相手は曲芸だぞと心配になる作品
*魔法はお兄さんから学んだらしいですが、こいつが朝倉とかいう名前だったらどうしよう(殴)

そんな主人公への不安はともかく、やたらとテンションの高い人たちと行進曲みたいなBGMが印象に残る話です
異様に写真的な自宅前の背景とか、力の入ってる弁当シーン、
それから拡大縮小はともかく「だっちゅーの」的立ち絵とアイデアで絵不足をカバーしてるなと。
*体験版でダイジェストとはいえ、ヒロイン全員のHシーンを付属させたのはボイント高いです

キャラとしてはもも&チョコのやりとりは漫才みたいで笑えるわけで、おかげで苺が暗黒化するぐらいです(笑)
とはいえこの二人のノリについていけないと一気に評価は落ちるのが問題なのですが・・・
チョコの背景が結構重い(両親事故死)というのも後々足わ引張りそうで不安だったり(^_^;

この二人を苺がなだめつつ日常が進みますが、ドタバタやっている時に一護がほとんどしゃぺってないのが謎
普段の場面やイベントではしゃべっているのでこのドタバタは表向きだけの存在なのかと思ったり。
後は妹の眠兎ですが付属校にいるということで出番が家に限定なので出番は本人ルートなんでしようね。

・・・ぜいたくを言えば「先生攻略させてよ!」なんのですが、人気投票にも入れてもらえないからなぁ(汗)
ああいう私様先生は結構貴重なんですけどね(^_^;

後、島の設定が「桜が咲かない島」ということなんで一護の魔法が鍵を握っているはずです。
各ヒロインの問題がどう展開するかですよねと、安易に魔法に頼らず終われるか。
*そーいや、主人公が「交換学生」ということは一護と入れ替わりに誰かが島から追い出されたわけだよねぇ・・・(^_^;

おまけ:

Strawberry Feels〜ストロベリー・フィールズ〜体験版感想

  • 2012/03/22(木) 20:12:38

いつものように著作権はここに

姉でいけということで
容量は637M。画面は1280×720、1024×576、800×450の三つが選べる方式。
システムはボイス割り当て、画面取り込み、ジョイステック対応機能、
変わったところではフェイスアイコンを非表示にできるところとか
システムアイコンを画面下だけでなく右上にも出せる(右クリック×2、メッセージは消えます)とか
一度見たシーンはスキップできるとか細かい配慮もあります。

「Rose Liese Presents Strawberry Feels」と出てからスタート。

ガードレールを越えて吹っ飛ばされ、地面に叩き付けられた・・・
・・・しかし次の記憶では砂浜に辛くも救われた自分と抱きしめてくれた女の子・・・
「・・・ちゃん、なっちゃんっ」

#4月11日

椅子で寝ていた瀬能夏樹(主人公)ゆさゆさとおっきしなさいと起こしてくれる真雪
これが姉の力(ぁ
お姉ちゃんと呼んでほしい年頃なんですよと( ・・)/
そこに雷人がやってきておめでとうとか言ってますが二人してサボってることは事実です(ぁ
真雪が授業に戻った後、雷人はくいものを注文、同時にお供の動物にも話しかけてこいつにも食事を。
*この作品の面子は「スキル」という特殊能力を持っているそうな
(でも何持ってるか判明しているのは雷人のみ・・・)

島の「霧」の向こうに行ってみたいという雷人と話していると悠一が。
ショタルートは無い模様(ぉ
・・・攻略フラグは立てられないようです(殴)
狩りから稲作までやっている雷人やら別腹言ったりして好感度(ぁを稼ぐ悠一ですが
その悠一に女の子に囲まれていることを指摘されて別に恋愛感情とかと鈍感ぶりを発揮する夏樹なのです。

で、二人と別れて涼東学園に向かい、教室の扉に手を掛け・・・

「ダイナステイック・エントリー!」(ぁ

オサレポーズ(CG無し)で主役らしさをアピールした夏樹ですが、残念ながらみんなはスルー(笑)
一緒にいた朝夏に普通とか言われますが、その朝夏やらモブ生徒に悠一との仲を誤解されたり、
真雪が「お姉ちゃんの手で、立派な男の人にしてください」と夏樹の父から頼まれたことを聞かされます。
*といっても夏樹の両親は都合よく抹殺されてますが(ぁ

しかし、午前中は勉強をしない主義とか言うものだから・・・
((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
・・・((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さて、スクリーンが立ち上がったりするよくある未来式の教室で授業。
自習に近いとはいえ一応英単語の応用をした後、朝夏はバイトへ。
真雪から「よくできましたヾ(^-^ )」してもらい、藤原と山浦というモブ女子から二人にとチョコを貰いました( ・・)/

その真雪も買い物に行って残るは夏樹とモブ女子コンビのみという妙な事態に。
エンドレスユニバースという廃人ゲーで観空に明日教室来るか?とメツセージを入れた後、校庭へ。
するとバイクが走ってきて普通に止まり、降りてきたへそだしライダースーツ(しかも刀持ってる)の人
どうみてもえろシーン用ですよね(ぉ
幼馴染の琴理なんですが、(夏樹が冒頭の事故があって)走る相手がないので寂しいとのこと
それでも家に泊まりに行くというのでバイクに乗っけてもらいます
「幾つになっても、同じ気持ちが乗りたいものだな」と話しかけ、発進( ・・)/

一旦、橋で繋がってる離れ島で夕焼けを見たり少し話した後、自宅へ。
真雪が作った料理を3人で食べるわけなのです。
ミルフィーユカツ作ったりお料理手帳をつけたりする真雪にこりゃ勝てないと落ち込む琴理だったり、

で、夕食後、琴理がチョコ食べているのを見てそれ危ない酒入りだと止めようとしますが手遅れ(ぁ
仕方ないので抱きついてくる琴理をひっぱがして真雪の部屋に直送( ・・)/
さらに一緒にお風呂入ろうとかいう真雪に「一緒に風呂に入れるわけあるかぁぁぁっ!」とフラグ折り(ぇ
*しかし入ってきた真雪に見られてしまいますが(普通のえろげとは逆にヒロインが入ってくる)

さて深夜。愛という名のデスティニーこと蒼衣からのメールがやってきますが
内容はというと「せんぱいせんぱい(7回続く)」から始まるものすごくテンション高くて長いメールだったり
それでもいちいち付き合ってメールの応酬をする夏樹はさすが主人公です。

深夜、お休みの挨拶にやってきた真雪が「お姉ちゃんらしいことさせてくれないと・・・」と抱きしめ攻撃( ・・)/
それをなんとか引き剥がしてようやくお休み。抱きしめられた時に感じたことを胸にしまいつつ・・・

#4月12日
夏樹が起きてみると真雪は料理中、琴理は庭で素振り中。
落ちてきた葉っぱを真っ二つにする居合いのお約束技の後、昨夜のことを謝ってくれました。

本日は真雪が琴理のバイクに乗り、夏樹は電動自転車で追跡。
平均時速48kmという無茶なレコードを残しますがそれでも排気量1000ccのバイクには勝てません(ぁ
そんなわけで一人駐輪場に辿り着くと後方から「夏樹せんぱいっ」

慌てて振り返って飛び込んできた蒼衣をキャッチ。
せいくりっどせぶん(ぉ
セイクリッドセブン・・・(ぁ
すりすりしようとする恋に恋するロリ巨乳をなんとか剥がそうとしますがこいつは愛の逃避行しようとか(笑)
しかも学園に来るのは先輩に会うためと言い出すわ過去(捏造あり)話持ち出すわでもう(ぁ
挙句にキスを迫ってくるので無理やりはダメだというと「先輩がすやすや寝ているあいだに・・・」とまあ(^_^;;;

蒼衣は何とか教室に去りましたが、続けてやってきた真雪と琴理にキスの話題が移ってしまうわけで
昔、夏樹相手に施した人工呼吸がキスなのかと悩む真雪なのでした、まる(ぁ

本日はノーマルエントリー(何)で教室へ。朝夏と悠一もやってきます。
悠一から唯一流通しているという週刊JAMP(サンデーマガジン他の立場は(ぁ)を見せてもらったり
林と加納に新垣というモブ男子と中二アニメ会話をしたりた後、授業へ。

昼休み。「Sky_Seeker」のログインに気付いた夏樹はそのアカウントのヌシに会うべく電算室へ。
セキュリティを解除してもらって入った電算室では主こと神那がメンテ中。
とりあえずジュースを渡して学食に行く前にとぽてじゃがを進呈( ・・)/

で、一週間に一回しか外出しないというどう考えてもヒキコモリな彼女に教室に来いよと誘う夏樹、ヒキコモリ解消も大変です。
その後、オンラインゲーでログインすることを約束し、外に引っ張り出した夏樹
しかしこの神那は外を歩くとふらふらする有様&外に出る用事ないとヒキコモリ道を邁進中(^_^;;;
挙句、ビタミンカルシウムは錠剤で摂ってるから大丈夫だの言うからせめて俺の白くてドロリなヨーグルト(まて爆)

さてそんなヒキコモリを教室に連れて行き、「バックスクロール・エントリー!」
*ただのムーンウォークです(ぁ
とりあえず女子組はテニスをしようということになりましたが、
神那の食生活がひどすぎるため真雪がカップ麺はお鍋にだの清涼飲料水はごはんと違うのとお説教タイム(^_^;;;
でもそのおかげで女性陣とは友達になれたようで安心です。
そしてお昼は神那がモブ女子に勉強教えたり、朝夏のせのっちからかいタイムだったり
いいえケフィアです(ぁ
あるいはこんなヨーグルト発言で琴理に粉砕されたりした後、放課後へ。

過去のケンカ話に興ずる夏樹と悠一、それに真雪ですが
琴理が呟いた「人を相手にするのならば、まだいい。言えば聞く耳を持っているからな」
そして少し前の出来事がフラッシュパックする夏樹なのです・・・

夕方、悠一とボーリングでもということで校庭に出るとなにやらロックオンされますた( ・・)/
ヒール鳴らしながらやってきてせっかく見つけたとか言ってくれますが
保健室ではなくここで出会う
・・・・残念ながらフラグは立ちませんでした(ぁ
しかし女に囲まれつつも特定の相手がいない夏樹に
「周りの子の勘を甘くみないことね」と修羅場展開の予言をして去っていくのです( ・・)/

さてショッピングモール(ボーリングでなくエアホッケーになったけど)を楽しむ夏樹と悠一。
風が恋人とかポエマーな夏樹に「僕は、ほんとにんかっこいいと思うよ」とあんたヒロインでいいよな悠一なのです(笑)

悠一と別れ、真雪&琴理の所に向かう夏樹。「なっちゃーん、お姉ちゃんこっちだよー」なんて呼ばれますが
そんな真雪を自転車に乗っけて帰宅への道へ(琴理は用事があるので分離)
メロンパンを食べさせてもらいつつ琴理の「用事」について思うのです

*三ヶ月前
琴理のバイクを直していたおかげで帰りが遅くなった夏樹
修理も無事終わったので琴理と共にバイクを走らせて帰る・・・つもりがなぜか琴理は公園に
腰の刀に手をかけた彼女は「ひとつ。約束しておいてくれ」
ばれるのはいつだろう( ̄▽ ̄;)
「・・・決して、恐れないことを」

一体何だと聞こうとする前に青色の領域(?)らしきものが視界を覆い、ノイズが耳を震わせる。
そして現れたのはジャックランタンハロウィンの偽者みたいな物体
なんかメガテンみたいな敵
その「奴ら」に対峙する琴理。
見た目(?)通りに火の玉攻撃をしてくる「奴ら」を一閃
「生まれた場所に還れ。ここはお前たちの住む場所じゃない」

「奴ら」が消えるとともに青色の領域は消えてもとの公園に。
早速、いつからあんなのとやりあってるんだ?と聞いてみますが、ちょうど三年だそうで
*ただし三日に一匹程度しか出てきませんが

彼女と同じように「奴ら(レプリカント)」と戦う者(スイーパー)がいて
倒すと報酬が貰えるシステムまであるということも教えてくれた琴理
決して相手をするなと言う彼女ですが、夏樹は「お前が少しでも怪我したら・・・絶対、放っておけない」
そして、「お前はやっぱり、大した奴だ。私が思った通り」と褒めてくれるわけです(笑)

*現在に戻る
夜。まだ琴理から連絡はありません。もしやレプリカントか?
でも無事だというメールが来て一安心。でも下着話の途中に本人やってきたから変態扱いされますが(爆)
しかしそれは序の口でなっちゃん一緒にお風呂に入らないとか言い出すわ
なっちゃんは最近水着美女とバイクの本買ったと言い出すわでもう(笑)

背中流してあげよっかと風呂に入ろうとする真雪をなんとか撤退させての自室
前述の神那との約束だったオンラインゲーはメンテ。でも約束を取り付けてなんとか事なきを得ます。
「明日は楽しみにしている。おやすみなさい」との発言で神那はサインオフし、真雪と琴理の対戦ゲーを見つつこの日は終わります

#4月13日
真雪との思い出の夢。姉さんとの暖かい日々。
しかしある出来事がそれを終わらせてしまった・・・・

・・・起きてみるとなんか「ごむまり」みたいなものが手の中に。
気付いてみるとこれは姉さんの胸!(CG無し)
慌てて逃亡してまずはシャワーで落ち着こうと思うのですが、そこで琴理が!しかし慌ててたもので
さ、支えてるだけだからねっ(ぇ
今度は琴理のおっぱいを掴んでいるわけでこれはAボタンだBポタンだとのたまってますが
マウントポジションで粉砕されるエロ主人公でした、まる(ぁ
でもそんなだめーぢも真雪の「痛いの痛いのとんでけー」で何とかなり、琴理もなんとか怒りが収まったみたいです。
*お姉ちゃん力おそるべし(ぉ

さて朝食。スタイルだの体重の話しだのとなりますが、結局琴理の胸の話になって「けしからんオクトパス」(ぇ
それはともかく、神那との約束があるため自転車を駆って学園へ「でっぱーつ(C)霧島佳乃)(ぇ

校門前で落ち合い、ヒキコモリ神那を心配して夜は俺が護衛にとか言う夏樹ですが
神那曰く「私は、神に選ばれた存在だから」( ̄▽ ̄;)
そんなこと言う神那ともなんとか付き合えるのが主人公の強みで、ゲームするためとはいえ夏樹の家に行くとまで言わせます(笑)

海に行きたいという神那の頼みに応えて砂浜に向かう夏樹。
神那は自転車の後席に反対向き(つまり、背中合わせ)で乗った上で寝れるという無茶な方ですが
この人スキルが三つあるというチートなんでのーまんたいなのです(ぁ

そして砂浜。ヤドカリと戯れたりしている神那ですが
夏樹との昔の話を持ち出して
というか世界地図はないのかこの島は
対して夏樹は「少しは知りたいと思うけど。絶対に知らなきゃいけないことだとは、思わないな」・・・
日本の「どこかにある」この遥海島。この島に自分がどうして存在しているのか?
両親がこの島に来ることを望んだからと言う夏樹、しかしではなぜこの島に来ることになったのか?
夏樹は「この島の暮らしが気に入ってるからと」単純な結論に辿り着きますが
神那は「私は考えることを止めない」・・・

いつでも待っていると言う神那。いつか知りたくなった時まで待ってくれないかと言う夏樹。
「いつでもいい。私は急いだりしない」
そして二人して砂浜を歩き始め、光の降り注ぐ空に手をかざし、振り仰ぐのです・・・
*ここでOPが入り、体験版は終わります。

*キャラクター
フルボイス。立ち絵のない人もちゃんと名前があったり(しかも結構性格つげされてる)
※:ちなみに両親は都合よく抹殺(ぁ
それから学園には担任は存在せず、必要なら真雪が勉強を教えます

*永坂真雪
一つ年上の先輩姉。かつダダ甘姉。必要ならみんなに勉強を教えることも
お姉ちゃんの言うことをききなさいというかたまにオーラが放たれますええ(ぁ
結構な天然でえろい話題も普通にスルーできるすごい方(疎いだけかも)
姉からその上にどうやって進めるかがポイントですねと

*牧瀬琴理
幼馴染のライダー兼日本刀女。ライダー服がヘンなのは仕様なので気にしない(ぇ
MWアガスト(排気量1000cc、最高時速300km)を駆る人
見た目と言動は姉御系なんですが真雪がいるためそれが発揮しきれてなかったり。
夜な夜なレプリカント狩りをしていますが、そもそも何でこいつらいるのか謎(・・;)

*氷山蒼衣
後輩。なぜか(ちゃんと兄いるのに)主人公を兄さま扱いする突撃ロリ巨乳
やたらにハイテンションですが他の人とは接点が異様に弱いのが問題
(真雪や琴理は何も言わない)
体験版での出番は少なくて下手するとウザキャラですが、果たしてどうなるか。

*観空神那
学園システムの保守点検をしているすでに生徒違うだろの人。
ついでにヒキコモリ。その上栄養錠剤で戦ってるため太陽に弱い(・・;)
主人公のみには懐いている不思議系少女ですがいちおう他の人とも接することはできます
どう見ても話の根幹を握っている人ですが、何が待っているのやら(^_^;;;

*涼崎千里
保健医、といっても保健室はどこ状態ですが(ぁ
やたらと夏樹を誘惑してくる人。でもルートはない、残念(殴)
体験版の出番は一度で他の人のとの関係がわからないんですが、謎の人ですよね(笑)

*夕崎朝夏
クラスメイトで真雪・琴理とトリオで話すのが仕事の人(ぇ
写真を撮るのがすきとか攻め受けにこだわったりとかCCさくらのあの人みたい(ぁ
今のところはネタ要員ですが個別ルートではどう出るのでしょうか。

*氷山悠一
蒼衣の兄で友人キャラ。恐ろしく女っぽい&声が青葉りんご(※:妹と2役)
女装キャラではなくショタキャラですが話題の提供にねたにと励む方。
ただし、線が細すぎるため被害担当にはなれませんが(ぁ

*不和雷人
友人キャラその2。肉体派というよりもサバイバーな人。
冒頭でしか登場してないという謎多き人ですが、多分琴理と同じスイーパーでないかと。

*永坂夏樹

主人公。教室への新たな入り方に人生を賭けるエントリー男(ぇ
大抵のことはできる人で当然普通に女の子が寄ってきます。
前にバイク事故をしていますが、問題はそれだけではない模様・・・

島(しかも絶海の孤島)が舞台、ちなみに国籍は日本
その割にはところどころは未来的だったり、学園が妙に豪華だったり
島が舞台のものとしてはよくある感じを受けます(電車走ってないけど)

そんな島ですが、表向きはお姉ちゃんゲーといってもいいぐらい真雪がヒロイン。
幼馴染の琴理ですら「まゆ姉」と呼んでいる状態で姉御っぽさが弱くなっています(^_^;;;
他の面子も姉さんを中心に回っている感じで意外に性格がしっかりしている(立ち絵ないけど)モブの皆様もいい味出しています
主人公の夏樹が妙にオーバーアクションで変態紳士系ですがその言動に天然で返す真雪とマジで返す琴理の対比も面白かったり。
*友人キャラの悠一がヒロインしたらどうだろうレベルなのはよくあることなのでパス(ぁ
よって体験版では出番少なめで絡みの弱い蒼衣やら学園のひとたちがどこまで頑張れるかですよねと。

絵の方も綺麗な背景と立ち絵を持ち、自転車に乗るとちゃんと画面下にハンドルが出てくる小技も
ただし詰めが甘いというか自転車乗ってるのにハンドルが出てこなかったり、
なぜいる後輩
蒼衣初登場シーンで本人は文章上ではいなくなったのに立ち絵は残ってる奇妙な事態が(^_^;;;
他にも常に「姉さん」なのに時たまなぜか「真雪」に呼び方が変わったりもして開発中なんだなぁと。
突っ込み擬音が多いとか、どっかで見たようなネタが散りばめられているのは人そけれぞれでしょうか。

ただこういう姉ゲーっぽさとか多彩なネタ会話で盛り上がるというのはは表向きで
これがシリアスというか世界設定方面になるといきなりバトルを始めるわ
神に選ばれただの言い出すヒキコモリ天才が出てきてああ超展開って感じですよね(^_^;;;
しかも「スキル」という能力が各自にあるという設定で、主人公は何持ってるか不明にされているというのも何というか
*挙句、このスキルを神那は「3つ」持っているとかどうよ(・・;)
変にシリアスして死人だしたり設定畳めず自爆しないかかなーり心配なんですよね。

後、島の外について知りたいと神那が言ってますが、
「世界地図」というものはあるのでしようかこの作品にはと思ったり
「日本」と設定しているためじゃあこの島はどの自治体所属?とかそんなことを感じますが
・・・実は宇宙船だの地球唯一の島だのというオチがありそうで怖いんですが・・・(^_^;;;

おまけ:
はい復唱( ・・)/
お姉ちゃん属性の人ははい復唱( ・・)/(ぁ

ゆきいろ 〜空に六花の住む町〜体験版感想

  • 2012/03/19(月) 12:28:45

いつものように著作権はここに

出てこないひとたち(ぁ
容量は446M。画面は1024×576のワイド(画面設定により1920×1000まで可能)
システムはボイス割り当て、選択肢戻し、画面保存(上メニューのファイルから)など
*バックログはホイール上なので注意
最初のスタートクリックで深雪が振り返り、ヒロイン別選択が

#マルworld
彼女のみ最初にプロローグを飛ばすかどうかがあって、選ぶとスタート

北の町。この町は冬に雨が降らない。なぜなら空に六花が住み着くからだと。
その六花は彼の人が満足するまで、席を譲らないからだと・・・
別れ・・・
泣いている女の子。

なにをどうすればいいのか分からない男の子。
泣きながら、またどこかで会えるの?と聞く女の子。しかし答えはわからない。
4月とは思えない雪の中。哀しそうな女の子に何を言えばいいのか。それでも何かを言わなければならない。

「このままじゃ・・・春が来ないぞ・・・」
あの人も、お前のことが心配で、ずっとここに居るのだから。見守ってくれている六花さんのためにも泣くなと。
そして笑顔を向けてくれる女の子。

・・・ずいぶんとロマンチックな言い訳だけど。
*ここでOP(なんと英語歌詞!)

で、深雪からの世界説明があった後、マル世界へ。

11月中旬の朝。宮沢健治(主人公)が寒い中起きると深雪がやってきました。
しかし深雪だからいいやと二度寝にふてる健治。ダメなやつです(笑)
するとこの深雪ことマルは布団の中に向けて

「お〜〜き〜〜て〜〜」

さて、寒いけど灯油入れは嫌だと言う深雪をどうするか。ちょうどこんなところにリモコンがあるので
女の子に油を注がせるとは
ヒロインはロボだったのかー(棒読み)
こういったヒロインの努力があってもそれでも起きようとしない健治に選択肢が。
*どっちを選んでもご褒美に与えた靴下をくんかくんかされます(ぁ

そんな様をあきらに冷たい目で見られた後、学園への道へ。
はしゃぐ深雪とクールなあきらの会話にツッコミつつ歩いて行くとものすごい勢いで誰かが突っ込んできます。
タックルは強い
・・・斬影拳のことですねわかります(まて)
しかし健治の前に呆気なく吹っ飛ばされてしまぱん鑑賞CGの出番と相成りましたとさ、まる(ぁ
さらに「べ、別にあんたにny」だのあんたの方をフッ飛ばしてやるとかのたまうので「ぐりぐり」して制止( ・・)/
トドメに見かねた深雪の体当たりで吹っ飛ぶ樹奈、弱すぎるぞ(笑)

さて、他の面子と別れて教室へ。草食系とかいう高杉と話してると樹奈もやってきました。
とりあえずペンケースをリモコンにして「樹奈・・・発進!」(ぁ
*高杉を排除させるかぱんつ見せてくれかいずれかを選べます((ぇ

一瞬で昼休みとなって樹奈、それから深雪とあきらと4人での昼食後の午後なんですが
席で樹奈がすやすや眠っておられます。授業中寝るのは主人公だけではないのです(ぁ
選択肢で寝るとそのまま放課後ですが、起そうとすると樹奈相手にいろいろニーソやらぱんつを妄想してたり(笑)

放課後、「・・・お兄ちゃん、いますか・・・」と深雪がやってきて樹奈と3人で廊下を。
途中あんたらくっついちゃいなさいと樹奈に冷やかされつつ帰宅したのですが、召集命令が(ぇ
下したのはやる気のない他の面子と比較してやたらテンション高い深雪。

毎年好例のかまくら造りということでへいへいという感じで建築(+ゆきだるま)
しかし完成するなりあきらと樹奈はあっさり逃亡し、健治も7周目までしか敵が強くならないダークソウルの8周目へ(ぁ
・・・つまり誰もかまくら内に入ってないわけです・・・(ぁ

夜。早く開けてぇと深雪がやってきて二人でトランプとか。さすがに人間性ゲーは無理です(ぇ
負けてばかりの深雪のどたまをぺちぺちしつつ幼馴染というものを改めて感じるのです。
で、庭に出て、二人してさっき建設したかまくら前でこの雪は六花からのご褒美なのかなと言う深雪。
そんな人はいないと知ってる健治。でも見守ってくれる人は確かにいる。空の上ではなく、すぐ近くから・・・
見ているのだろうか・・・
雪を掘って「だいすき」という文字を描いた深雪は「ちゃんと見てくれてると思う?」と。
見てくれてるよと答える健治。そして「これからもよろしくお願いします・・・」

#次の日
雪が止んでたので昨夜のメッセージ見られるんじゃないかと飛び出してみると
「だいすき」「アイシテル」に。ドリカムじゃないんだからと(ぁ

で、しばらく寝ていると深雪がやってきたのでリモコン操作した後、起きるかどうするか。
*起きない選択肢だとイベントCGが見れます

本日はあきらがいないため二人で登校。途中でメッセージが変わってたことを聞いてみますが
当の深雪はあたふたしたりキスインザダーク言ったりはいますが、知らないことは確か。

さて、校門ですが本日は翠子がいます。肩こるからおっぱい揉んでとかB89自慢していますが本人曰く
胸ばかり注目しないで
お尻ッ娘ビーナスのことかーっ!(まて

授業。相変らず寝ていらっしゃる樹奈にメッセージの話をしてみますが彼女もシロ。
それからあきらにも聞いてみますがこれもシロ。やはり深雪なのかと思う健治なのです。

放課後。深雪を待っているけどやってこないので自分から彼女の教室に行くとちとせ登場
「ま、まさかわたしに会いに来てくれたとかっ」なんて言ってテンパってますがそれはともかく
彼女から(深雪は)教室出て行ったとの情報を得て校門前に行くと深雪発見( ・・)/

二人して帰宅への道となりますが、例のメッセージに関しては深雪側から話を切り出しますが
彼女曰く健ちゃんの見間違いではないかと。さすがにそれはないので他に誰がいる?
疑問が解決しないまま、そこに樹奈がやってきて深雪を引っ張っていってしまいました(^_^;

そして深雪は「男の人ってのは、浮気する生き物なのよっ」だの、
健治に捨てられたらもう彼氏できないわよと樹奈にお説教喰らうわけなのです( ・・)/

さて健治視点に戻って自室。メッセージについてどうするか、やっぱ謝るべきなのか。
こっちも同じように雪に書いておくかとなって外に出ると・・・「ごめんね」
何事かと思ってると本人がやってきてすてないでごめんなさい、お説教こうかはばつぐんです(ぁ

しかしこの「ごめんね」に関しては両者書いた記憶がない。
居間で深雪と情報をつき合わせますが、深雪や健治以外に書いている人がいるのでは?という結論に。
よって本当に別の誰かが書いているのか見張ることとなったわけなのです( ・・)/

お泊りおっとまりと浮かれる深雪は置いておいて、犯人はあきらではないかと踏んだ健治なのですが・・・
・・・深雪が先に寝てしまったのでどうするか、とりあえず顔にラクガキ書いてみますた( ・・)/(ぉ
途中あきらとすれ違いつつ深雪を部屋に輸送し、自室に戻ろうとした時・・・

吹雪の中、確かに誰かが庭にいました。
「大キライ><」というメッセージを残して消えた何者か。あきらではない(服や髪が濡れてないから)。
同じく深雪でもない(理由同じ)。仕方ないので写真に撮って証拠だけは確保したわけです。

結局何者だったんだ?と疑問だけが残ったまま寝ようとすると・・・
ようぢょが転がっていた
 な に か い る (ぁ

とりあえずこのちびっこを起してみますが、何かどっかで見たことが。
あたふたするぽんこつぶりからすると・・・「お前、マルか?」
「あ、うん、そうだよぅ・・・」

ドリーム直訳すると夢かと思うのですが、選択肢は永久ループ。
そうすると答えは流行りの幼児化か!やってくれるに違いないっ(これも永久ループ)
ならば生霊か?そうか、深雪が寝ている間のみ出現できる潜在意識の・・・・・・・・
イタズラしたことで区別がつく
・・・・・・・・・おい、本体がいるぞ(笑)
いやこれは夢だ夢に違いない!朝になれば・・・
・・・二人ともふつーに存在してるというオチでした、まる(ぁ
*マル編はこれで終わりです

#翠子world
朝、少し早く起きてしまった健治はそそくさと着替えて部屋の外へ。
さっそく洗面所に行くのですが・・・よくある鉢合わせシーン、それどころか
このひともしまぱん
※:ただの黒ヒゲ危機一髪です(ぉ

ここでようやく昨晩翠子・深雪・あきらと遊んでたことを思い出した健治
姉奴隷とかいう新語を繰り出しつつ、健治の歯ブラシでくちゅくちゅやっています間接ディープキスです(笑)

さてあきらにアヤシイ指摘を喰らうわ深雪にエッチ言われて立場がない健治ですが
この翠子という人は「ねえマルちゃん、ブラ貸してくれないかな?」とおっぱい丸出しで居間にやってくるんですよと(笑)

家の前で翠子にハンカチとテッシュを渡された後、その翠子が日直があるからと先にいって3人で歩きます。
途中やかましい樹奈を加えて教室へ(各自のクラス設定はどの世界でも同じです)
翠子が健治の家に泊まったことを高杉に指摘されますが健治本人は別に・・・状態

翠子との今までのことを思い出しつつ学食の時間。
深雪、それから北斗ちとせを北斗ちとせをどうかよろしくお願いしますの人かやってきました。
それどころかすずらん&えりもも加わってややこしい事態に(ぁ

放課後、深雪が遅くなるというので一人で帰ろうとすると翠子登場。二人で帰ることにします。
隣町に住んでいるのでなかなか二人きりになれないのですが、そこでの会話は進学の話だったり(^_^;
それはともかく、深雪(ご飯担当)が遅くなるということを言うと
「私が晩ご飯作ってあげよっか?」と(笑)

いやいやそれはと否定しようとしますが、先輩力姉力には逆らえず商店街へ。
八百屋のおっちゃんに彼女?言われて焦る健治ですが、対して翠子は喜んでいたりするのですよと(笑)

で、自宅。全部お任せとばかりに意気揚々と夕食を作りに入る翠子なんですが・・・
・・・おい(笑)
・・・出来たのは緑色・・・
※注:翠子先輩が料理を作るとなぜか全部緑色になります(^_^;

緑色料理(味はまとも)の後の夜。寒い寒いと言いながら翠子がやってきました。
裸Yシャツでやってくるという無謀ぶりはともかく、翠子は何でこんな離れに住んでいるんだと
でも本当のことを説明するのははばかられたのかてきとーな言い訳でごまかす健治なのです。

しかしそれよりも
特盛り(ぁ
なにこの台座プレイ(笑)
欲望を必死に耐える健治ですが、追い撃ちをかけるように「君って好きな人はいないの?」と(ぉ
今はいないけどと逃げを打つと恋とかの感覚が鈍いと心配されるわけでして(笑)

#数日後
雪下ろしをすることになったわけですがここで翠子がお手伝いに。
寒いし眠いしめんどくせとか不満タラタラの健治が屋根上でひーこらしていますが
下ではいつものノリで雪かきする深雪に
「一つ摘んでは父のため・・・二つ積んでは母のため・・・」
とかオソロシイ作業にしているあきら、さらには雪のお城作るはチキチキ雪合戦(何)が始まるわ(笑)

まあそれでも雪かきは何とか終了しての夜。翠子も泊まることになったわけですが
深雪&あきらはお買い物で、翠子はお風呂。その彼女がお風呂上がったというので入っていると・・・
「失礼しまーす。お背中流しに参りました〜」(
*水着ですが(ぁ
退避するまもなく湯船に侵入されて二人一緒のお風呂に( ・・)/
接触・爆発・大惨事な上に扉が壊れて出られないとかさらには尿プレイとなるわけです(イメージ図(ぇとしてCGがある)
*なぜか「To be continued!」と出て終わる(笑)

#樹奈world
朝、起きて居間に行くと深雪が「お兄ちゃん」と。
(ここから最後まで樹奈視点)
そんな二人が通学路を歩いている時、「もうすぐ、あたしたちの、季節がくる。」と身だしなみを整えている人が
そしてターゲットを発見した彼女は勢いよく「ドーン!」

深雪に「すりすり」したり鼻行類の話をしている樹奈ですが、そういえば健治を忘れていました(ぁ
この健治と深雪が仲良く歩いてる様がどうしても気に入らない樹奈ですが
深雪はそのやり取りを見て「相変らず、仲がいいんだから」と・・・
なにこの持ち上げぶり
しかし健治が鼻行類を越える珍獣ピンクストライプ(和名:しまパン)だの言うものだから樹奈の粉砕タイム(ぁ
止めに入った深雪もろともコケていまうのです(でもCGは樹奈のみ)( ̄▽ ̄;)
足を痛めた樹奈を叱いつつも背負ってあげようとする健治。
このスケベ変態と意地を張っても深雪が「お兄ちゃんが学校までおぶっていつてくれるのに、何が不満なの!」
そんな二人に挟まれつつ、この二人から「半歩」下がった位置。
お調子者の友達。それがあたしが望んで選んだポジションなのだから・・・

不満はない、何一つ。
*ここで終わります

#あきらworld
(上3人と仲良くならなかった場合かららしい)

朝。二度寝に励む健治ですが、何度止めても目覚ましは復活します。なぜ?
なんとか目覚ましを倒して起き上がると隣にはあきらが。

さて二人での通学。
先に一人で行った深雪がなぜ転ぶかを考えましたが
ぽんこつだから(ぁ
これがぽんこつ理論か(ぁ

で、校門前で深雪と樹奈が合流し、ここであきらと別れますが(ここからあきら視点)
「お兄ちゃんたち・・・楽しそうだなぁ」と自分一人付属校なあきらは寂しさを感じるのです。

夜。一人自室のあきら。
もっと距離が近くなりたい。仲良くなりたいと思う。どうしたらいいんだろう・・・

#数日後
夕方。校門前で朝を思い出すあきら。そこに樹奈がやってきて一緒に帰ろうと。
あたしたちのはじめての日だとかみょーなことをのたまう樹奈のパワーに圧倒されるわけで
「どうやったら樹奈ちゃんみたいになれるのかな?」と。
すると積極的に声を出したら?となり樹奈先生の授業開始(ぁ
*夜まで続いたらしい(ぁ

#次の日
「おっはよーっ」とやってきたあきら。これが特訓の成果です(ぇ
・・・しかし、「俺のあきらを返せよぉ!」と健治がこのあきら違うとのたまっていたので
妹あたーっくっ
なんかすごいワザがっ(ぁ
どうしたんだあきらはと戸惑う健治なんですが、当のあきらは「次はどうしようかなぁ」なんですよと(笑)

#数日後
今度は翠子の教えを請うことにしたあきら。
すると翠子先生曰く「ギャップ」と「色気」だと( ・・)/

そして夜。さっそくお風呂を強襲して背中流してあげる攻撃を実行するわけなんです(笑)
この攻撃に前もとか言い出すあきらに慌てて逃亡する健治だったり(ぁ
自室に戻って恥ずかしかったと反省しつつ、この調子ならばと次の作戦を練るあきら
彼女の自分改造計画は始まったばかりなのです・・・
*ここで終わります。

#ちとせworld
巫女服H、終わり(ひでえ)

#他に子供時代の概要とか、システム説明が付属します。


#キャラクター

ルートによってポジション、性格が違います(サブも微妙に変わってる)
ちなみにモブの男どもはボイス無し。そして両親は都合よく不在(ぁ

*宮沢(叶丸)深雪
幼馴染ですが義妹。ちなみに生まれの関係で同い年だけど後輩。
微ぽんこつという微妙な属性ですが実態は天然で人見知り気味の方
親しい人にはノリの良さが発揮できるのが特徴で雪好き。
他ルートではお兄ちゃん言いますが、樹奈ルートはぽんこつそれどこになしっかりものに(^_^;;;

*神立樹奈
ツインテの幼馴染。突っ込んでは自爆する人(ぁ
なんとアイスホッケー部ですがそんな設定どこいった状態。
基本的にどのルートでも性格はほぼ一緒ですが、
さすがに本人ルートだと本人視点があるので印象は結構異なりますね

*緑川翠子
先輩。おっぱい担当ですが実はB89と数値控えめ(ぇ
姉キャラぶってはセクハラするのが仕事の人。
本人以外だと接点が弱いような気がしますがさて。

*宮沢あきら
こっちは本当の妹で「お兄ちゃん」。二つ年下。深雪とは違ってクール系で頭脳派。
時折深雪の真似をしますが、こおりボイスでアグミオンの代役は無理でした(ぉ
さすがに本人ルートでは変化を見せそうな予感がしますよ吹き込まれ過ぎですが。

*北斗ちとせ
四人目はいづこ(ぁ
深雪のクラスメイトで三つ子姉妹の次女。つまり北斗三姉妹。ジャギさん涙目(ぁ
気配りのできる人でヒロイン扱いですが他の人ルートでは出番少ないとし
本人ルートだとH要員扱いで大丈夫か状態ですはい(笑)

*北斗すずらん
三姉妹の長女。スライムベス(ぇ
やたらハイテンションなのが特徴

*北斗えりも
三女。ホイミスライム(ぁ
こちらは無口の毒舌系。面倒なんて4Pはどうでしようか(殴)

*高杉
所詮は男サブ・・・
友人キャラ。教室ぐらいでしか出番はない影の薄い人
翠子ルートだとウザさが上がってる感じがしましたがどこまで戦えるのか

*宮沢健治
主人公。賢治ではないので注意(殴)
ネタ系にもなれる話題作り能力の高い人ですが
今のままの関係を続けたい意思をどう捨てられるかがポイントですよねと。

みずいろシステムというか元祖はPALETTEシステムだろうというのはともかく、
序盤での選択で本編のキャラ関係や性格が変わるというシステム。
よって本人ルートとそれ以外ではキャラの印象が違うのが特徴
体験版も各ルートごとにになっていますが、樹奈の短さとおまけなのにそれより長いあきらの差は一体(ぁ

といっても各自キャラの個性はきちっとしているので別人だろうということはないのが使いこなしてるメーカーの強みですよね。
(樹奈ルートのマルが本人ルートとの性格が一番遠いかな?)
子供時代部分がどう繋がるかは気になるところです。

「ゆきいろ」だけあって冬の話で当然背景も雪。水着は風呂で何とかする(殴)
場面によっては雪が降るしちゃんと白い息が出るあたりは芸が細かいですよねと。
*最高に芸が細かいのはメイド樹奈の妄想シーンだけど(笑)
立ち絵もエフェクトを使ってるし表情も豊かですし(あきらだけ他の人と印象が違うけど)
とはいえ授業が一瞬で終わるとか、背景に誰もいないとか問題もありますが・・・

時折視点が主人公からヒロインになりますが、どこで変わったかわかりにくいのが欠点かと。
なにせ体験版だと樹奈とあきらルートはほとんど本人側の視点になっているぐらいですから
文字色は変えておいた方がよかったかも(^_^;;;

後はサブタイトルにもついてる「六花」。
深雪ルートでは突然「おさなご」が出てきてどうするんだ状態になりましたが、
このおさなごをどう扱うか見物ですよね。「やってくれるに違いないっ」(C)健治)となるのか(殴)
ただし、会話に「ネタ」が多いのでそれをウザいと思う人には向きませんが・・・
*ネタに伏せ字すら使わなかったのは勇敢なのか体験版だからなのか(ぁ

おまけ:
さあ選べおまいら( ・・)/
貴君の欲するニーソ(装着者:樹奈)を選ぶが良い( ・・)/

ずっとつくしてあげるの!体験版感想

  • 2012/03/08(木) 22:54:04

いつものように著作権はここに

七番目なんだよなと
容量は691M。画面は1280×800の巨大版(固定はできないので注意)
システムはボイス割り当て、テキスト色変更など
それと画面右側にクイックーデータのセーブ・ロードのキーが収納されています

「決めたよ。俺、この夏の間に答えを出す!だから、もう少しだけ・・・時間をくれないか」

と、7人の女性陣相手に宣言したはずの山神健太郎(主人公)、が・・・
解釈とはおそろしい(ぇ
※注:なぜこうなるかは仕様です(ぁ
*ここでOPが入りますが、なぜか広告付き

#話は少し前に戻ります( ・・)/

朝、健太郎が起きようとすると体が重い。当然ヒロインがいるわけですが
今回のっかっていたのは璃子(おっぱい見えてる)でした( ・・)/

ぬこーになる夢を見ていたと言ってご主人様とか言う上に「おはようのキス」な璃子を起こし、続けて通学路へ(璃子は先に行ってしまった)
まずは七海が今日もいい天気だねと登場。手作り弁当を貰って二人で歩きます
しばらく村のことを話しつつ、ふと「健ちゃんの・・・」と何か言おうとしますが、日直だといって彼女は急いで分離(^_^;;;
*ただしべちべち転びながら(ぁ

さて鈴美学園(といっても木造校舎)に到着すると健にぃぃぃぃ!とばかりにスライディングでやってきた大和が。
消える魔球作戦とかアホなことのたまってますがそれはともかく、一気にお昼休みへ。
七海を待たせつつ、プリントがあるので職員室に行って見ますが・・・誰もいない(・・;)
だきつき要員ですよね(ぉ
でも別に先生キャラがいないわけではないので、このように廊下にいたりします( ・・)/

「すりすり」されて終わるのかと思いきや、そこらにいたガキにスカートめくられ&スカート裂けてしまいます(・・;)
そんなシチュをすると独占派が怒るぞという注意はともかく、桜先生のスカート修理までやってしまう健太郎まじすげえ(笑)
・・・まあ、七海を放置していたという問題点は残りましたが(ぁ

放課後。駄菓子屋「ありどめ」の前でみちると合流。「お兄ちゃん」と呼んでくれますが、
お菓子を姉(桜先生)の分も買ってあげるというみちるマジいい子だなと思いつつ、夜へ。
璃子と星を眺めてそのままお休みといきたいのですが・・・この璃子「・・・おやすみの・・・キス」とかどうよと(笑)

#次の日
「いやだよ・・・わたし・・・ちゃんとおわかれなんて」と七海が泣き、その後ろで誰かかが肩を震わせて・・・
そんな夢から醒めた健太郎。本日は璃子はのしかかってないので安心と思い、朝シャンでもしようかと風呂に行くと和奏がごく普通に風呂にしました。
全裸で「ちょっと借りてるわよ」(ぉ
*朝食作ってあげたついでらしい( ・・)/
あわてて退散(服脱いだまま)しますが、今度は璃子と鉢合わせして発情期言われてますよええ(笑)

で、和奏&璃子との朝食ですがここでも出てくる「例のこと」はともかく璃子に健太郎のことを聞いてみると
ねこ系ですので(ぇ
※:直後に全速逃亡(ぁ

逃亡したのはいいのですが時間が早すぎ。ではどうするかということで駄菓子屋へ。
ちょうどいいから真央を起こしに行くのですが、ここでもおっぱい丸出しで寝ている人がいるんですよと(笑)
お砂糖のような真っ白なあたしの心を染めてねとか寝ぼけなのにフラグ立てているんですよね(ぁ

その家から飛び出してきた真央はデートみたいだとのたまいますが、
ぶーぶーぶー
健太郎はあっさりスルー(ぁ

さらに「あたしが一番・・・好きなのは・・・その・・・」と言いかけると今度は大和が乱入(ぉ
空気読めないこいつは野球バカ言われつつもシスコンぶりを発揮しまくりますが、
後方注意( ・・)/
志村ー、うしろうしろー!(ぉ

昼休み。呼び出しがあるというので生徒会室に入ろうとすると「いやぁーんっ♪」(ぁ
何事かと思って入ってみると澪が野球拳やってみないかといきなり勝負してきます( ・・)/
自分で負ける人
しかも勝手に負けるわ「裸を見たくないのか」と誘うわもう大変なんですよと(笑)
*・・・というか誰がいやーん言ったのか、何で呼ばれたのかスルーなんですが・・・(ぁ

放課後、愛しのお兄ちゃんこと一樹がやってきて七海を発見するなり「きらりーん☆」
しかし主人公ではないため七海に大嫌い言われて死亡(ぉ。七海は主人公を連れていくのでした、まる(ぁ

さて七海と一緒に帰る健太郎。好きな人とかいないの?と聞かれたり、ここでも「あの話」
つまり「誰をお嫁さんに選ぶか」なんですが、健太郎としては誰かを選べば今の関係が変わると思ってるわけでして・・・
夜。明日の集会でみんなの前で話すことを璃子に告げてこの日は終ります

#次の日
「わたしが、またこの村に戻ってきたら・・・」と何かを告白する女の子の夢から
それはともかく、本日は休みということで幼馴染みんなで集まることに。
璃子に「健太郎、疲れてる?」と心配されつつ家を出て、桜さん&みちる、澪と合流して集会所へ。
そこでは大和と一樹が野球対蹴球で言い合いをしていたりしますが放置して室内場面。
真央・和奏・七海も加わって全員集合となり、集会開始( ・・)/

みんな元気で何よりから入った集会ですが、健太郎が話し始めると雰囲気はシリアスへ。
「俺、卒業したら、この村を出ようと思うんだ」
*健太郎は消防士になりたいのです(消防学校は各県/政令市ごとに一校なので必然的に村を出ることに)
と、そこまではいいのですが、なぜかそこから・・・
戦いの始まりだ
こうなるんですかい!(笑)
学校は全寮制だとかそんな正論は全く無視されて6人が争奪戦に名乗りを挙げます( ・・)/
*しかもルールは後から決めるってそれでいいんですかい(笑)

#次の日
璃子が「・・・競争・・だから」だと積極的に動いてるのをみて争奪戦が始まってるんだなと感じる健太郎。
そんな中、差出人がない手紙が届いてきているわけですが、そのことはともかく学園
廊下でみちるが夕方に集会開いて欲しいと頼んできました(理由は教えてくれませんでしたが)

そして夕方、集会に行こうとする前に朝の手紙を開いてみるのですが・・・
そこに書かれていた名前を見て仰天。慌てて手紙にある「思い出の場所」に向かうのです。

秋桜が咲く思い出の場所。そこにいたのは・・・
夜まで待ってたのね(^_^;;;
乙姫でした。
「まあ、そういう訳だから・・・みんなと一緒よ」
前より1cm成長した(ぁという乙姫をさっそく集会場に連れて行って他の面子とご対面。
みんなに歓迎されたり恐れられる乙姫も加わってこれで全員勢ぞろい。

で、乙姫に争奪戦の話を説明すると結婚の約束をしていたとかのたまってますよこのロリツインテはっ
*ただし、電車から叫んだため誰にも聞こえてなかった(ぁ

仕方ないから参加してあげるわよべ、別にnyとツンデレしつつも争奪戦に加わった乙姫なんですが
みちるがルールを考えてきたということで
参加してないので楽な人
つくしてあげるの!となるわけなんですね( ・・)/
しかもスタンプカード式という妙なシステム(捺すのは当然健太郎)、かつ
健太郎が誰につくして欲しいかをを選ぶことになったわけで、
「明日からお嫁さん競争開始!」((ぁ

集会も終って和奏のみ残して他の人は帰った後、和奏は今の関係が壊れるんじゃないか心配してるんでしょと。
でも「みんな、本気で健太郎の事が好きなのよ」と言われて健太郎も腹をくくることにしたのです。

#次の日
今日、みんなに言いたいことがあると璃子と七海に告げた後、教室へ。
すると転校生として乙姫が紹介されたわけで、お約束通り健太郎の横の席についたのです( ・・)/

さて昼休み、これからは自分から動いてみるかと選択肢が
(体験版では乙姫のみ、本編では7人が並ぶのかな?)
廊下で過去話を混ぜ返すバカ二人をうるさいうるさいと粉砕した後、放課後も選択肢(乙姫のみ)
校舎を案内してやると言うとし、仕方ないわねと了承。しばらく校内を歩きますが、ロッカーの裏で手紙を発見。
どうやらラブレターのようですが・・・本人ですねわかります(ぉ

さて夕方。再び面子勢ぞろいとなったわけで、その面子に向かって冒頭のセリフなわけです。
#冒頭のシーンに戻る

一旦待って欲しいと言ったはずが状況は(健太郎にとって)さらに悪化(笑)
結局こうなると(笑)
「ふふ・・・計画通りね」(C)和奏)
#再びOPが流れて(しかも冒頭のと同じ)体験版は終ります
(最後に乙姫とのHシーンが付属)

#キャラクター
メイン・サブ含めて全員が幼馴染という徹底した幼馴染仕様(ぁ
ただし担任の先生は男というのが何ともはや(桜さんではない)

*羽深璃子
一緒に住んでる幼馴染。無口系ですが寝込みは襲えます(ぉ
キスをせがんだりご主人様とか言ったりしていますがさて
ちなみに頭はいいらしいのですが体験版ではただの無口系・・・(^_^;;;

*有留真央
駄菓子屋の幼馴染。元気系で超甘党。その場のノリが好きな人。
起してあげないといけない人ですが毎日とはいかないのが難点かも。
病気の影響でこっちに住んでいるそうですが、絶対発症するフラグですよね(ぁ

*向坂乙姫
ちっさいツインテの人、うるさいうるさいだのべ、別にだのわかりやすいツンデレ。
扱い的にはメインっぽくて体験版でもそんな扱いですがさてどうなる
なお、立ち絵ではわかりにくいですか138cmしかないので身長ネタ禁止(ぁ

*八木原七海
一番長い付き合いという幼馴染。少し天然入っていますが根は素直。
素直で優しい子ですがやたらコケますぺちべちと、それはともう盛大に(ぁ
料理好きで健気な人ですが、兄がアレなのが欠点(ぁ

*尾張澪
先輩で会長。基本は黒髪ロングのクールビューティ。
しかし実際にはえろ系でいじるのが好きという裏表キャラ(ぁ
体験版では野球拳ぐらいしか出番ありませんでしたが、えろげーもできるそうです(^_^;;;

*南和奏
一つ上の先輩姉。許婚だそうですがほんんど気にしてません(ぁ
面子の中ではリーダー格というか仕切ってます、ついでに制裁も担当(ぉ
実質ラスボスな感じで積極的にいじってきますがどうする主人公(笑)

*春日井桜
先生(担任ではない)。ただし授業シーンはなかったり。さらに民宿で働いてますがそんなシーンはny
すりすりなでなでしてくれる優しい大人のおねえさん。包容力が売りですねと。
でもスカートめくりくらったり妹の方が目立ったりと損な立場が(^_^;;;

*春日井みちる
桜の妹。「お兄ちゃん」と呼んでくれます。
実質「八人目の幼馴染」ではいはいFD要員FD要員な人(ぉ

*八木原一樹

七海の兄。バカ友人サッカー派(ぇ
何かと妹を持ち上げては和奏や乙姫に粉砕される人

*南大和
和奏の弟。バカ友人ベースボール派(ぁ
何かと姉を持ち上げては(以下略

*山神健太郎
主人公。消防士を目差す人で何かと気が回るいかにもえろげ主人公な方
7人に囲まれるという超リア充ですが、今の関係がどうとか理由をつけるのも主人公かと。

冒頭と最後にまったく同じOPが二回流れる奇妙な構成の体験版。
そんな仕様はともかく、いかにも田舎な背景とか雰囲気はよいかと想います。
メイン7人いるため入れ替わり立ち換わりになって出番のバランスに苦労してるんだと思わせたり
あるいはシスコン友人がネタを繰り出す→和奏か乙姫に粉砕という必要性ない部分が目立ちましたが
*もともとメインキャラが多いんだからネタ要員のサブ男は必要ないと思う・・・

主題は幼馴染7人に言い寄られてそのうち一人を選べという話ですが
言い寄られる=つくされるというのがイマイチわかりかねないのが難点かと
誘惑に耐えるのか、それともいちゃいちゃやら全員とHしつつ一人に絞って行くのか

「つくしてあげるの」とあっても「どうつくすのか」、七人の個性を生かせるのか不安なんですよね。
スタンプシステムとかみちるは言ってましたがそのあたり含めて体験版以後がどうなるかですね
体験版だと選択肢が乙姫しか存在しないので分岐とかもまだ不明ですし

キャラは7人と多めですが各自わかりやすいキャラ属性なんで誰かに当たればそれでいいと想いますが
璃子・真央・澪の3人の立ち絵が他の面子に比べて違和感を感じるんですがそのあたりどうなのかと(^_^;;;
(キャラの身長差が全く生かされてないところも含めて複数原画はやはり大変なのでしようか)
後、唯一のサブであるみちるがどう見てもメイン食いそうで困るというかはいはいFD要員にしか見えないのが(ぁ

まあ、「全員攻略できなかったらドリパでスタッフを晒し物にする」と勧告しているので安心だとは思いますが
七人というのはどうしてもボリュームが心配なんですよねさあどうなるかと(^_^;;;
体験版からして寝起きとか風呂で最初からおっぱい見せているのでそれでイベント稼ぎましたにならねばいいのですが
・・・でも、健太郎ってどうやってこの七人とフラグを立てたのでしょうか・・・
(和奏と乙姫はいちおーフラグはあるけど)

おまけ:
あくえりおん式げーち゜(ぇ
なぜゲージがある(笑)

リア充催眠 〜リアルが充実する催眠生活はじめました。〜体験版感想

  • 2012/03/05(月) 22:25:25

いつものように著作権はここに

当然このひとで
容量は784M。別にサポートツールを持ちます。
システムはボイス割り当てや画面効果のオンオフなど

「リア充共と、そうでない人間を分けるのなら・・・」と呟く青山響(主人公)
そんな彼をバタバタ追っかけてくる水輝。起こしてもらっちやって悪いと(‥)(..)(‥)(..)してますが
「俺は・・・後者だ。」と自らの立場を恨む響なのです、
追いかけてくる幼馴染
たとえ後ろから幼馴染が追いかけてきても(ぁ

教室、毎日毎日(以下延々)と愛留にお説教を喰らっていますが
どうしてこう俺ばかり叱られるのかと醒めた目で彼女を見ている響なのです(^_^;;;

そんな中、ふと、後方を見ると人気者の日彩がおんなのこに囲まれています。
せめて話ぐらいしたいと願望してみますが、前方にはまだ愛留がいるわけで・・・
お小言中(・・;)
・・・「人の話も聞けないのかしら?」とまた叱られるわけです(ぁ

そこに担任のまひる先生がやってくるわけで、これで文字上ではリア充状態の主人公になります。
しかしテキストでリア充する暇もなく、今度はまひる先生からのお叱りタイム(ぁ
めがねかけてます( ・・)/
まひる姉、もといまひる先生からちょっぴりでいいから頑張りを見せてねとお小言を貰ってようやく解放。
すると誰かが響に気付いて逃亡しようとするので呼び止めますが・・・
ため息とともに呆れられたように去ってしまいます(・・;)

放課後。
さっさと教室から逃亡してお買い物なんですが、途中で出会うのはリア充カップルばかり(ぁ
リア充どもリア充共め リ ア 充 爆 発 し ろ ! ! (ぁ

#ある日
祖父の遺品を整理中。「爺ちゃんはな、催眠術が使えるんだ」と常日頃言ってたけど実際には見たことはなかった祖父。
琴春からは邪魔だからあんた(兄と言わない・・・)の部屋に置いとけと言われる有様ですが
響が荷物運んで一人になった琴春は「なんであんな風になっちゃったんだろ・・・ばかっ」

さてモンハンですらソロオンリーというザマの響。
そんな中、「催眠」と書かれた紙の束を発見!琴春が買い物に行った隙を突いて風呂場へ直行。
鏡を前に(とても他人にかける自信ないので)紐に五円玉吊るして自分で自分に

「リア充になりたい。リア充になりたい。俺はリア充だ、俺はリア充だ」
鏡に映っていた自分の姿が消え、そして意識が薄れ・・・「リア・・充・・・だ・・・」という自分の声が・・・
再び気がつきますが見た目はまったく変わらず。まあ催眠術なんて・・・と思う響だったり。

#翌日の夜
シスコンはお前だ(ぁ
なにか突然シスコン言ってますがそれはさておき・・・

*朝に戻ります
今日も水輝を起こしたはずが「手を引っ張って起こしてください」になっていたあたりから何か妙
バタバタせずに妙に早くやってきた水輝とともに教室に入ると日彩が。
挨拶してみると「うん、おはよう」と挨拶してくれる日彩なんですが、挨拶なんかしたっけ?の響。当の日彩自身も「あれ?」状態。

休み時間。まひる先生がやってくるなりヾ(^-^ )しようとしますがこれは慌てて引っ込め(^_^;;;
さらに予習もしていたなんてとても良かったですよと褒めてくれました。(単にヒマだから教科書読んでただけですが)
まひる先生が去った後、今度は愛留がたくさんのプリントを持ってよたよた歩いています。
仕方ないので彼女のプリントを半分持ってあげました。いつもはこんなことしないのに。

昼休み、でも愛留がにらみつけてますよ気にしないでと言われても目の前にいたらなぁと困ってるとひかりが。
彼女はなぜか教科書を響から借りていきましたが、それを見ていた愛留がイライラしまくってますよどうしましよう( ̄▽ ̄;)
*結局そのまま自分の机に戻ったらしい

放課後。水輝と一緒に帰ろうとする響。
その様を見ていた日彩やモブ女子。いつもは一人で挨拶もしない響が今日に限ってと驚いていたり。
で、愛留にも「また明日な」と言って帰って行くわけですが
「やっぱり、何かが変だ。」と周囲や自分の「違い」に気付く響なのです・・・

夜。おかしい絶対おかしい何かヘンな物食ったでしょと言い出すわあっち行ってよとキレるわで琴春は大変(^_^;;;
何せ兄は料理を作ってる琴春にありがとなと感謝するわ包丁で切ったら手当てしてくれるわでシスコン言うわけです
*さっきのシスコン言うシーンに戻る

そして琴春視点となり、なんであたしが照れなくっちゃいけないのよ!と「お兄ちゃんのばか・・・」・・・

#数日後
教室で水輝に勉強を教えてあげる響。ダメな幼馴染でごめんよと言ってますがそれはさておき仲良くなったなと。
中庭に行くと日彩から「最近雰囲気変わったね」と。これってもしかして・・・
ちょうど彼女は一人なんで一緒にお弁当に誘いますが、彼女と普通に話せる友達になったことに驚く響。
これってもしかして・・・

放課後。雨を待つ間に水輝や日彩、それどころか琴春までからも雨を心配してくれるメールが届く自分。
女の子と話して、一緒にご飯食べて、そしてメールして。これってリア充っぽいんじゃないか?
そう思っていると愛留がやってきて帰らないの?と。傘がないことを告げてみると・・・「・・・入る?」

愛留の表情が変わらないので真意を掴みかねる響ですが、傘を持ってあげるというイベントは発生できます。
真面目になったねと褒められつつ、しばらく歩いての別れ際、お礼ということで
デレた(殴)
「い、一応よ?」(
これからは委員長とも仲良くできるかな?と言って雨の中走って去って行く響。
そして何やってんのよと気付く愛留なのです・・・

さて家に戻った響。最近の充実ぶりはやはりあの催眠かと気付きます。
琴春がツンデレしているとはいえ逃げたりもしないところもこの証拠。ならばと例の催眠術を試すと・・・
五円玉とはえらく原始的な・・・
・・・ダメでした(途中で誰かからの電話かかって切れた)(爆)

#次の次の日

誰かがやってきたので玄関に行くとまひる姉が。
料理をいっぱい作ってくれる上、まひる姉でいいのよと(上記電話はこの人からだった)
先生になってからは一度もやってきてないのになぜ?と思うより前にいろいろと褒めてくれるわ愛留の話になると
首を突っ込む姉
なんか言い出してますよこの姉は(笑)
いちいち言うことにツンツンしまくってる琴春はともかく、まひる姉本人まで恋してみたいとか言い出してます(^_^;;;

まひる姉が帰った夜。相変らずツンツンしまくりの琴春につい大声で・・・

「俺の言うことをきけよ!」

あれ、何か琴春が上の空・・・これ催眠か俺スゲーやったぜ!(ぁ
とりあえず座らせてみますが、言うことを聞くどころか「お兄ちゃん」ならとパンツ見せてくれますよええ(笑)
さらにはおっぱいどころかぱんつまで脱いで見せてくれるんですよっ(笑)
*でもHシーンまではいきませんでした(爆)
まあ、琴春(目の前で叩くと催眠から戻るらしい)を元に戻して事なきを得ましたが
やっぱりHしておくべきだったのかと寝れませんでしたとさ、まる(ぁ

#次の日
寝坊して遅刻した本日は集団催眠を試すことに( ・・)/
まずはまひる先生(+他の面子)に試してみますが・・・効果なし(・・;)
どうしてこうなったんだよと半分ヤケになって「俺の言うことを聞いてくれよ!」
・・・これで効いてしまいましたとさ(笑)

さっそく遅刻したことを無しにした後、さてどうするか?
まひる先生のおっぱいを堪能することにしました(男どもは退去させて)( ・・)/
で、イっちゃったまひる姉を休ませた後、今度は日彩・水輝・愛留を呼び出して
パンツどころか・・・
まずはぱんつから入ってみませうからきて3人のうち誰とHするかと悩んでいるとチャイムが(笑)

お昼休み。本日は愛留も加えての4人。あっさり仲良くなる水輝はともかく
誘ってありがとうと日彩も感謝してくれていて何より。
そして女性陣から名前で呼んでくれるようになった今、催眠中にあったことはみんな覚えてないな、大丈夫だと思う響。

放課後、日彩と愛留が同時に「嫌いな食べ物は?」聞いてきますが響には「?」状態。
しかし彼の伺えない場面で日彩と愛留は幼馴染の偵察をしていたのです(笑)

夜。琴春に弁当の話をしてみると人の見てないところで随分モテモテなんだふーんと(ぁ
さらに要らないといっても弁当作るからねと(笑)

#次の日
「女・・・女・・・女・・・!!」と妹様は怒り心頭でございますが・・・
とりあい( ・・)/
・・・こんな状況では怒りますよねええ(笑)

午後、日彩に初めて仲良くなった男の人なんだと言われた後、美化委員会へ。
のぞみ・ひかり・こだまの3人がどうしたらゴミ減るかなぅと考えてる中、響は催眠を使う手を考え、
早速全校集会で「俺の言うことを聞いてください」( ・・)/

これでゴミ捨てもなくなってめでたしめでたし・・・のはずが・・・
なんか面子勢ぞろい
なんか覗かれてるんですがええ(笑)
そんなわけでラブレターをもらってニヤニヤ状態なのはいいのですが、さてこれどうすべきか。
「みんなお祝いしてあげようよ」とおめでたすぎて泣ける水輝はともかく、愛留や日彩は気が気ではありません。
さらには琴春も当然気にるわけでして・・・

#次の日
ヒロイン全員で監視するのですが、ラブレターがものすごい量にになっていてさあ大変(^_^;;;
その様を見た日彩が自分もと思ってる中、彼女は放課後響についていくことに。
「これってさ、デート・・・なのかな?」と日彩は聞きますが、さすがにこれは違うと。
でもその気持ちを理解したのか、響は今度遊びに行ってみないかと・・・

*体験版はこれで終わりです
日彩、水輝、水輝&琴春&愛留、全員のHシーン
それかに水輝&琴春とのデートイベントが付属します。

#キャラクター
男にはボイスはなし。
苗字とか名前は駅名とか列車名ですよね。

*乃木坂水輝
幼馴染。毎日主人公は起こしに行ってます。
とても良い子ですがちよっとトロいのが欠点。世話好きというより世話される側
ラブレターの話でも「みんなでお祝いしてあげようよ」とそれでいいのかレベルなので後々心配。

*青山琴春
妹。ツンデレ系で何かと言うと意地張ってくれます。
最初は「あんた」という呼び方ですがちゃんと「お兄ちゃん」になるのでご安心を
いろいろとわかりやすい人ですがどこでデレるのか見物だったり(ぁ

*汐留日彩
クラスメイトでみんなの憧れの人。性格も優しくて世話好き。
スペックが高くて・・・という方ですが勉強とか運動の出番がないので完璧ぶりはおとなしめ
ハイスペックゆえに主人公が多少引いている面もあるのでどう彼女は動くのかと。

*豊洲愛留
委員長。ちなみにお嬢様。スーパーアホ毛キャラ(殴)
口やかましくて常に主人公を叱っていますがそれはなんだかんだで気になる存在だから
仕方ないなという感じで付き合いつつもデレ化するパターンだということはわかりますよね(笑)

*赤坂まひる
担任で従姉。イベント絵では眼鏡をかけています
最初はお小言してますが努力があれば褒めてくれる人でヾ(^-^ )もありそうな感じ。
自分のことは棚に上げて他の面子の恋を覗いたりしてますが、いざ本人になったら?

*巣鴨のぞみ・上野ひかり・大崎こだま
さぶのひとたち( ・・)/
クラスメイト。3人とも美化委員会の人ですが出番は少なめ
というかこだまとのぞみはコピペキャラに見えて・・・(殴)

*青山響
主人公。リア充になりたい人で恵まれた環境にありながらリア充爆発しろなんていってますが
いざリア充になると普通にフォローかできる主人公へ。
えろとなると他の男を排除できる気配りの人でもあります(ぇ

冒頭で自分はリア充ではないと主人公は自嘲していますが
女の子が普通にいるこいつのどこが非リア充なのかと以下延々(笑)
実際催眠なくても前向きな行動ができるだけで普通にモテるようになってますから何がリア充爆発しろだと(ぁ

それはともかく、キャラとしては日彩以外はリーチがかかってるような状態で
みんなに世話を焼かれる形から催眠後はそれが一気に進んでいく流れになります。
この催眠はというと主にHシーンのシチュのためにあるわけで、言うがままにしてイロイロとというパターン。
体験版では多少勿体無がってる雰囲気ですが付属のHシーンを見ると積極的になれてるようで安心(ぁ
面子としては先生の出番というか恋愛を観客的に見ている点と水輝ののんきさが気になりますが・・・

システム的には立ち絵を傾かせてみたり、動かしてみたりしてパターンの少なさを補っていたりしていますが
傾ける(というか回転させてる)のは何か違和感があるんですよねと(^_^;;;
前作「理」みたく手ぶんぶん立ち絵はさすがに無理だったようですが(ぁ
*それとサブの面子のコピペぶりはちとまずいような(ぁ

後はつい安易に全員に催眠かけたおかげで収拾がつかなくなりはじめてますが
ここからどう「催眠」を使っていけるかですね。単なるHシーン強化のための道具ではないのでしょうから。
ちゃんとキャラごとにED曲を持っていますし、ただのえろげで終わらないような気はしますが。
普通に恋愛進めてると「結局、催眠なんていらなかった」になってしまうのが難しいところなんでしようね。

おまけ:
全部月島さんの(ny
つまり全部月島さんの(ny