らぶらぼ 〜調教なんて興味のなかった俺と彼女の放課後SMラボラトリー〜体験版感想

  • 2012/05/26(土) 19:27:57

いつものように著作権はここに

この人はどうなのかなぁと
容量は605M。システムはボイス割り当てとかのシンプルなもの
フォントを本文と選択肢で別々にできるのは珍しいかな?

パーティ会場。
背景だけのモブキャラから誕生日おめでとうと祝ってもらつている真田宗一郎(主人公)。
学園の講堂を貸し切ってパーティを開いてるだけあってやってくる人も多いわけです。
主人公栄光のシーン(ぁ
その中にはテニス部の後輩でするひなたの姿も(後方にいる人)
・・・とはいえ彼女、目が合うなり逃げ腰になっていますが(^_^;;;

その頃、理事長の椅子に座る謎の女が「よし、じゃあ連れて来い」と側近に・・・

さて宗一郎。学園関係者から父の事で話があると呼び出されます。
途中、声をかけようとしたひなたを追っ払った側近は理事長室に宗一郎を案内。
なにこのロリキャラという突っ込みはともかく、理事長代理の真島サキと名乗ったこの方。
誰だこいつそもそもこんなガキが何してるんだという疑問を出す間もなく

「単刀直入に言おう。オマエの親父さんは行方不明になった」
*父の経営してるダイヤ鉱山もろともゲリラに分捕られたらしい
つまり・・・
主人公転落のシーン(ぉ
いきなりの破産ですよええっ( ̄▽ ̄;)
当然、宗一郎の所持してたものはみんな差し押さえ。さあどうする?(・・;)
あまりの急展開に状況の整理がつかない宗一郎にサキは

「金が無いなら働けばいい」と小間使いにしてやると・・・(・・;)
そして用務員室とお仕事内容を宛がわれ、更にサキ曰く「我々も鬼じゃない」とばかりに
「とても有意義でかつ、死ぬほど楽しい、夜のアルバイト」の紹介をしてくれるのです・・・

#翌日
目が醒めてみると用務員室。
頭の中に響くのはサキが言った「夜のバイト」の話ですが、それよりもまずは小間使いのお仕事。
モブ生徒どもの視線を浴びつつ雑用をこなしていると「あ、あの・・・」という声。ひなたです。
反則だろひなたのあのボディはと思ったのはともかく、何か話そうとしてもなかなか言葉が出ない彼女。
あんま(落ちぶれた)俺に関わらない方がいいぞと忠告すると
あめをあげます
一粒のキャンディを貰いました・・・

昼。今度は学食カフェのウェイターです。ヒソヒソ話すモブどもに耐えているとフォーク取ってとの声。さっそく取ってあげるとなぜか悲鳴(^_^;;;

何スカートの中覗いてるのよと変態の称号まで押し付けてくれます!(CGもないのに・・・)
下劣だの覗き魔だの好き放題言ってくれるユウリ。しかし宗一郎は悲しき小間使いなので素直に謝罪。
するとこのお嬢様は頭に乗って
言いたい放題すぎる(^_^;
ほらほら言って見ななさい?( ̄▽ ̄;)
悲しき小間使い宗一郎はこの屈辱に耐えて全部言う(/_;) するとようやくユウリは解放してくれました。
そのやりとりを謎の女の子が見ていましたがそんなフラグよりも絶望感に打ちひしがれる小間使いなのです(・・;)

#数日後
小間使いに耐えられなくなった宗一郎は「夜のアルバイト」に手を染めるしかないと理事長室へ。
するとなんかそわそわしているサキ曰く・・・

「私はSMが好きなんだ」Σ( ̄_ ̄;)

SMは身近で奥深いとかから始まって演説モードに。もちろん人の話なんて聞いてません(笑)
勃てよ国民!
※:彼女の演説をもっと聞きたい人は選択肢をどうぞ( ・・)/
かくして「夜のアルバイト」の契約は成立したわけです、めでたしめでたし(ぇ

#次の日
夕方、おい小間使いお前のことだすぐ来いと呼び出された宗一郎。早速ですが
「これからテストを行う!」。
わけがわからないよと正論言っても無駄なので聞いてみると「チン○出せ!」(ぉ
たとえ相手がスク水ロリでも学園長なんで出すしかありません。渋々引っ張り出すと・・・
「それでは、これから口リコン検定を始めるー!」
色々言ってますが、足コキです、さあ耐えましょう(笑)
口リコンだと認めるとゲームオーバーです( ・・)/

夜。自室に戻ってみるとノック音。開けてみるとどっかて見たことある女の子。
「宗ちゃんなのね?」と言う声にまこと?と気付いたのですが
お約束の胸窒息(ぉ
お姉さんがついてるから大丈夫!
せっかくの再会なんだからと感動しているまこと。でも宗一郎はおっぱいおっぱいです(ぁ
で、彼女にも今までの経緯を話すわけで、誰も助けてくれないの?ごめんね?と心配とてくれるし
何があっても宗ちゃんの味方だからとありがたーい限りです、はい(^_^;;;
そして手出してとお金までもらえました。ほんとうにありがたいけど子供扱いだよね(ぁ

深夜。いよいよ夜のお仕事が始まるわけで早速理事長室へ。
素晴らしい世界の幕開けだとかいうサキはともかく、部屋にいた面子にびっくり。
ひなたとユウリ、それから昨日の女の子(かなめ)。

「お前が今日から調教を施す相手はこの3人だ」
そして「らぶらぼ」という名前まで貰った後。
週末以外の毎晩、彼女たちの部屋に行って調教をするという活動内容が。

ユウリは絶対イヤと言いますがサキに「自分個人の込みで共演する役者を選ぶのか」と言われて折れてしまいます。
そして早速女子寮の各自の部屋に行って何かプレイしてくるんだ、いいな!(C)サキ)

さて、まずはひなたの部屋から。
エロいことするんだってわかってるよな?そもそも何で入会したんだと聞くと
「ダイエットにいいと言われまして・・・」とよくある堕落パターンが(^_^;;;

先輩だからいいと言ってるしサキから言われたしもうこうなったらと「上を脱いでくれ」( ・・)/
おっぱいプレイをした後、さらにこっちも脱いでさあ準備OK(ぇ
そのうちいっぱいえっちします(ぉ
さすがに最初はHは無理なのでまずは縛りプレイということに、。
でも縛ると痛い言われるしムチで叩けばやっぱり本気で痛いですーっ状態(^_^;;;

続けてユウリ。「ひーらーさーかさーんっ!あーそーびーまーしょ」と叫ぶと部屋に入れてくれました。
本当に来たのねと驚きますが、あいにく宗一郎はご主人様なんですええ(笑)
あんたなんかに調教されるくらいならゴリラの方が百倍マシなんて言ってるユウリですが

女優への早道だと吹き込まれたそうでこれもまた堕落パターンです(ぇ
とはいえ騙されてるとか言ったらダメなんで女優としてのスキルを得るには調教しかないと(笑)
ただしこのユウリ、調教とは何か全く知らないのでとりあえず脱げ、いや
とりあえず伏せ音で
なに見せろって言ってるの主人公さん(笑)
*見せたところで蹴飛ばされて撤退するハメになりましたが(^_^;;;

最後にかなめ。まずは挨拶してナニをするかわかってると聞いてみますが「・・・うん。」(・・;)
ではなぜらぶらぼへ?と聞いてみると「・・・ひみつ。」
こんなキャラが読めないかなめですが、SMとかはHとかはわからないと言うのでならばとばかり脱がせてみるかと
そんな無口クールキャラやってるのは今のうちだぞすぐに主導権握ってや・・・
何、だと・・・(ぇ
もう脱いでますよしかも下半身をっ(笑)
ええいとヒザの上に乗せてえろえろしてみますが、こいつノーリアクションですよ困った方です(^_^;

で、かなめを残してこんなんで俺大丈夫かと思う宗一郎ですが、実は・・・

#次の日
サキから顧問の先生がいると紹介されるのですが、このスク水ロリの知り合いなんてどうせ・・・
・・・ただのまきいづみ式先生でした、まる(ぁ
サキからいぶき先生とは元同級生(つまり、同い年)と聞いて仰天する宗一郎。胸が違いすぎます(ぁ
しかもいぶき先生はいい人だから余計にサキのキャラが極悪人になってしまいます。
いい先生だなぁ隣のロリと違って(ぁ
そのやり取りというかいぶき先生を面白くないといった雰囲気のサキは乱交とか言い出し、対抗していぶき先生はセフレ16人だのヤリマンだの暴走しまくりますが、
・・・どうみてもこの二人の言い合いは妄想状態です、はい(笑)
*宗一郎はなんか信じたみたいですが(^_^;

夜。ここからは調教パート。
ひなた、ユウリ、かなめを選んで調教メニューへ。
他の二人もコマンドアイコンは同じです
右上のメニューから選んで調教。一回ごとに終わるか否かの選択肢が出ます
*ちなみにサブメニューの項目は3人で多少違います

赤いバーがゼロになるとヒロインは倒れてしまい強制終了。
青いバーがゼロになると宗一郎は倒れてしまいその日は終わり。
(これは調教対象を替えても継続されます)
左上のパラメーターによっては調教レベルが上がり、コマンドが増えたり選択肢が増えたり。
他にもHPメーター内にある女の子の顔が照れるとなにかあるようです。
そしてキャラ選択画面で「今日はもうやめる」を選ぶとOPが流れ、体験版は終わります

*なお、付属としてHシーン(3人×3種の9種)が付属します。

#キャラクター
名前のない人には立ち絵・ボイスはなし

*小日向ひなた
元テニス部の後輩。といってもテニスシーンはない模様(^_^;
もともと主人公に好意を抱いていて、転落した後もその気持ちは変わってないようです。
少し気弱で天然入ってますが、根が明るくて前向きなのはありがたいかと。
ちなみに痛いのは嫌で実際泣き喚いていましたが・・・。

*比良坂ユウリ

金髪ツインテでお嬢様という非常にテンプレな方。
当然やたらに強気ですぐ食ってかかりますが、挑発には弱かったり。
その上性格上、すぐ騙されるわけでどこまでツンで通せるか(ぁ

*出水かなめ
無口でクールなおかっぱの人。ただし毒舌力は弱め。
スルーというかリアクションに極めて乏しいので会話が大変(^_^;
でも初日とかを見ると実は何か(性格も肉体も)隠している感じですが過去に何が?

*榛名いぶき
まきいづみ系先生(ぇで顧問。といっても出番は一度だけ。
サキとは同い年ですが性格は優しくてほんとうにいい人
無闇にえろ経歴を詐称していますがそれよりも攻略できるのかが問題。

*久賀まこと
幼馴染の先輩姉。ちなみに学園は別。
やってきては差し入れと抱きつきをしてくれる人ですが他キャラとはどうなるか。

*真島サキ
理事長代理。でも見た目はスク水ロリ(142cm)
SMに対する情熱はわかるのですが言動と行動が無茶すぎてもう(^_^;
・・・というかスク水姿で校内歩いていいのかと(笑)

*真田宗一郎
主人公。本来は御曹司だったのですが父の失敗で哀れ無一文。
選択肢ないため調教師になりましたが、ただの素人。
それでも最初からメニューがあるのは救いですが、それゆえヘタレ部分も・・・


タイトルに「すこしまにあっく=SM」とありますが、
実際に調教パートを持っているわけでこれがメインとなるわけですよね。
その割に絵は可愛いというか萌えげ系ですが、それとSMとのギヤップが面白いのかなと想います。

で、SMなんですがあんまり強制とかはなく、あくまでソフト(相手がSMプレイに同意している)
その上で主人公自体が別にSMの知識があるわけでなく、単に食い扶持を求めたらこうなっただけ。
そもそも宗一郎は金持ちの御曹司なんですから、たとえ小間使いになってもプライドだけは残して欲しかったなぁと(^_^;
*途中で目覚めるかもしれませんが(ぁ

だから中途半端なんですね(だから「すこしまにあっく」?)、人によっては生ぬるい言われそうです。
そしてこの手のものはどうしても作業化しがちなのでいかに絵とシチュを増やせるか。
体験版付属のHシーンだとその分はなんとかなりそうですが、メニューと分岐がどこまで出来るか
それから調教から話をどう分岐させるかですね(調教ゲーに奴隷EDは必需だと思う(きっぱり))

後、付属のHシーンを見るとわかりますが
特別調教と称してサキに特殊プレイを命じられることもあるようです。
メイン3人以外もこの時には参加させられるのでしょうね。そうしないと先生や姉の存在意義がない(笑)
さらにOHPにあるDDTシステム(^_^;だけの要員で終わって欲しくないですし。

話としてはもうサキが好き放題してるしお前が主人公でいいよなと思う時もありますが
ヒロインが比較的わかりやすい性格をそろえた形なんでそれぞれのシチュがどうなるか見物です。
下手にサブ男(冒頭の側近とか)を出すとか、婚約者ネタを出すという自爆を避けられれば話しの点は大丈夫ですが・・・
・・・宗一郎が没落した原因が実はサキにあるオチだったらどうしよう・・・(ぁ

おまけ:
スク水ロリに言われたくない(ぉ
表 へ 出 ろ 

Fortuna Rhapsody体験版感想

  • 2012/05/23(水) 22:46:04

いつものように著作権はここに

まふまふまふ
容量は83M。フェイ・希代・菜子それぞれの単独版もありますがオンライン版は3人分まとめてになります。
ウインドウは1024×576のワイド。システムはボイス割り当てや文字色割り当て(枠は8人分ですが、体験版では5人分のみ)
恥じらいモードとして発射を中か外にするか、Hボイスを吐息のみにするかの選択もついています。
*後、frtrial_net_x64とx86どちらでも起動できますので安定している方をどうぞ(というか結構重い)

スタートすると選択画面があって、選ぶと各自の部分がスタート。

#フェイ編
夢から醒めた浅間晃平(主人公)
何の夢かというと空から女の子が降って来た夢。
その降って来た女の子のことを考えていると「みゃー、みゃー・・・」と擦り寄ってくる声。
しかも舐めてくるしキスしてくれます。おい何だそれはっ(ぁ
ぬこー語
慌てて起きてみるとフェイが。でも家の鍵は掛けたよね?もしや忘れた?
しかしフェイは晃平のそんな疑問なんて気に留めずみいみいと「すりすり」してきます。どうするよこれ?
*選択肢で胸触ってぶたれるかヾ(^-^ )するかを選べます。

さてこれからどうするか。まずは朝食を食べに希代のところに行こうということに。
「みぃいいいい♪」とフェイも喜んでくれたわけですが、この子記憶喪失とはいえ会話で「ぬこ語」でいいのかという不安も。

で、希代の家に。新聞を分捕ろうとするフェイに「人のものに手を出したらダメだ」と教える晃平
・・・あんたも人の家(希代の家)の新聞読んでるだろうというのはともかく(ぁ

「お邪魔します」を教えていると「こうちゃぁあああんっ!」と慌てふためいてやってくる希代。
フェイちゃんがどっか行ったと慌てまくってますが・・・いるよね晃平の横に(ぁ
*こんなところでフェイ編終わり

#希代編
希代のお買い物に付き合うことになった晃平。当然フェイも一緒です。
フェイのあやしい歌はともかく、商店街に到着。小さいけど活気があります(背景に人いないけど)
やさしい町だと言ってくれるフェイや女神様が見守ってくれているのは本当なのかもと希代。
荷物持神(ぁ
変なところで守護神化されていますが(ぁ

すると後方から「お兄ちゃん?」という声が。菜子です。
二度もお兄ちゃんとお会い出来るとはなんて言ってくれる妹ですが、具合悪いのにまた買い物なんて。
早く帰れよと彼女に伝えると、別れ際に菜子は大根一本50円ですよと主婦モードに(ぇ

無事に大根も確保し、希代謹製のお味噌汁も作ってくれると言ってくれた後、彼女の家に。
志奈乃ママも加わって4人で夕食(から揚げとみそしる)と相成ったわけなのです。

みそしるもうまかったなと晃平は褒めますが、そこでみそ汁は希代だからなと志奈乃ママ。さすがのフォロー( ・・)/
そして試験頑張れとエールまで貰って家へ帰るわけなのです。
*希代編はここで終わり。

#菜子編
放課後、ゲーム屋に行く前にちょっとという感じで弓道部をのぞく晃平。
すると球技大会お疲れ様と練習中の菜子が。当然応援していたわけなんですよと。
さらに明日も応援すると言ってくれるのですよ主人公冥利に尽きますよね(ぇ

で、今度は菜子の練習を看る番。弓を番える凛々しい菜子。しかも立射二手が全部命中ですよええ。
さすがにこうなると「・・・文句なしだ」と褒めるしかありません。
ここでフラグなわけか(ぇ
でもなにか間違った意味で捉えてるような気もしますが(ぁ
ちらちら誘惑攻撃を仕掛けてくる菜子。妹に誘惑されるなんてそんなことはないと主人公は意地張ってますが
どうみてもこうかはばつぐんです、最後には「そのうち本気でいきますよ?」なんて言うし(笑)

夕方。菜子との帰り道。公園に寄っていきたいなんて言い出してますこの方。
ゲーム屋のこともありますが、下から涙目気味で見上げるという技に負けて公園へ。

練習ばかりせず少しは休めと言う晃平に「はい♪約束です!」と答えてくれた後、
ちゃんと早く帰りたいんじゃないのですかと言ってくれます、つまりげむ屋のことを知ってました(笑)
でも妹分は放置できないとゲームは逃げないゲームは逃げないと呟きつつ境内へ。彩愛さんがいました。
勇者>>>騎士
かっこいいと褒めてくれる彩愛さんですが、さすがに家に上がるのはパス
だって魔王に滅ぼされつつある世界を救わねばなりませんから(ぇ
そして彩愛さんに「まるでゲームの主人公みたいだわぁ」と図星を喰らいつつ二人と別れるのです・・・
*菜子編はここで終わり

#キャラクター
フルボイス。今のところ登場するのは立ち絵のあるキャラのみ

*フェイ
空から降って来たという女の子。記憶喪失のためまともにしゃべれません。
フェイ編では本当にぬこレベルの会話しかできませんが、希代編ではそこそこしゃべれます
純真無垢というか素直で聞き分けのよい方ですが、OHPだと羽あるんですよね・・・

*春ヶ崎希代
幼馴染。主人公は彼女の家に朝食とか夕食を食べにいっています。
買い物もできるし料理もできると世話焼きな幼馴染ですがここからどう動く
ちなみにフェイは基本彼女の家にいるみたいな感じです。

*岩上菜子
後輩。というよりも妹キャラで「お兄ちゃん」と呼んでくれます。
甘え上手で結構積極的に誘惑してくるのでお兄ちゃんは大変(ぁ
体調が悪くなることもあるらしいんですが、何が原因なんでしょうかと(^_^;;;

*春ヶ崎志奈乃
親子にはみえない(殴)
希代の母で本職は医者だそうですが登場は一回のみ。
料理もできるママキャラで希代をくっつけようと励んでる感じです(ぁ

*岩上彩愛
菜子の姉で神社にいるつまりは巫女さん。でも巫女姿では出てこなかった(^_^;;;
結構スルドイ部分もあるようですが本編ではどうなるか

*浅間晃平

主人公。降って来た女の子を拾ってしまった幸運な方(ぇ
ヒロインに頼りにされている方ですがゲーム好きな上動揺しがちなのは欠点(ぁ

個別エピソード×3という仕様の体験版ですが
フェイとの出会い(降ってきたらしい)の部分がないため話が唐突気味
というか普通プロローグ部分は入れてるでしょうと思うのですが何か重大なネタバレでもあるのかと。

フェイが記憶喪失というのもあって彼女の成長がメインだと想いますが
希代や積極的に動く菜子という存在もあって気になるわけなんですよね。
背景はそこそこですが立ち絵も動くし吐息モードも見受けられたりと限られた中でなんとかしようという気持ちはわかります。
まあ、原画ごとの立ち絵の差がちと大きめ(目の作りがまったく違う)のはちと違和感ですが。

ただ、システムとしてx64とx86を選べますが、どっちにしても妙に重い(特に起動時)
うちのレッツノートとの相性もあるとは思うのですが、本編が不安な重さです。

そして問題として容量と感想からしてわかるけど、短いんですよね。
フェイ編なんて朝のやりとりだけで終わる有様ですし、学園なんて部室と廊下しかないし(・・;)

後(というかここからが実は本文)、この程度の長さで何がしたいのかわくわからない体験版なんですが
実は「オンラインバージョン」というシステムを持っているんですよね。
「起動時にSymphonyのサーバーへ接続し、最新のシナリオがあれば、自動的にダウンロードを開始します。」
(readnameから)

体験版を分割する必要もなく、いちいちOHPやミラーサイトに出向かなくてもOK。
DL版ですから当然拾った全てのユーザーがネット環境を持っているわけですので接続問題もありません。
たとえ発売が延期されても適宜エピソードやHシーンを追加すことで「繋ぎ」までできます。
*発売後は起動できないようにするらしいけど、これは賛否あるかな?

このようにオンラインならではの追加システムを持った興味ある体験版なんですが・・・
結局追加は一度(菜子版)のみでそこからは音沙汰なし(・・;)
下一つ空いてるよね・・・
このように枠が一つ分空いていることから考えるにHシーンを追加するつもりだったのでしょうが
発売日寸前の今になっても追加はなかったわけなのです( ̄▽ ̄;)
おかげでせっかくの吐息モードとかは全く出番なしと言う有様。
*いつか追加あるだろうと先に感想書いてたら一月近く放置するハメに・・・(^_^;;;

体験版そのものもやたらと短くて話の繋がりとか時間列がわからないですし
OHPも本当に発売するのかという雰囲気(カウントダウンないし・・・)
草野球とかやってるヒマがあったらもっと充実するものがあるだろ?という素直な意見です。
せっかくのオンライン体験版という実に興味あるシステムなのに・・・・・・

おまけ:
なに・・・だと(ぇ
本気・・・だと?(^_^;;;

アオリオ体験版感想(Ver.1)

  • 2012/05/17(木) 22:39:55

いつものように著作権はここに

他にキャラしない(・・;)
容量は262M。別にエンジン設定機能つき。
ウインドウは1280×720の巨大版。システムはボイス割り当て程度のシンプルなもの。

まず体験版か由佳のHシーンかの選択が出て、選ぶとスタート。

「この時の俺は、バカみたいに浮かれていたんだと思う」

発登校日の放課後。理央に「ねえ、ちょっといいかな?」と声をかけられた佐藤大輔(主人公)
いったい何の用?、もしかしてゲーム開始数秒で告白?
そうは上手くは話しはできてませんが、彼女から出たのは告白ではなくて部活に入ってる?という質問。入ってないと言うと
勧誘言葉( ・・)/
告白ではなかったけど、勧誘ですよええっ(笑)
楽そうな文化部だしフラグ建ってるし当然入ってみることにしたわけです。
入部届けに早速サインしますが、そういやこの人の部って何?

しかしそんな質問をする隙もなく、理央は部室へれっつごー!
手を引っ張られてるというシチュに浮かれまくってる大輔ですが、だからお前何部だか聞いてないぞ(ぁ

ではその部室ですが・・・
・・・すっごくお約束の着替えイベントでした( ・・)/
*ここでOP(ぁ

※:第一話「彼女のクラブはあのクラブ」

*お昼に戻る
昼休み、ベンチの隅で焼きそばパンを一人さびしく食べている大輔。どうしてこうなった?
なんでも父の再婚→一人暮らしのストレスから胃潰瘍で一ヶ月寝込んだそうで・・・
麻美先生に皆も気を遣ってあげて下さいねと言われてたものの、
いかんせんブランクの長さは致命的で孤立するしかないわけです、はい( ̄▽ ̄;)
そしてこのままで大丈夫かと思ってたら冒頭のシーンに戻る。

さて、お着替えイベントの反撃を喰らって気絶していた大輔ですが
出くわしたことについてはともかく、大輔の入部届けを受理できたということでみんな大喜びです。

さっそく「佐藤君は経験者?」と部長らしき人が尋ねてきますが、だからこの部って何部?
背景を眺めても何か何やら。ならばと「ここって何部なんでしょうか?」と聞いてみます。
「何部なのかもわかんないで入部したの?」と呆れられますが、そもそも理央は説明してないよね(ぁ
そんなわけで由佳曰く・・・
演劇部だとっ
ということです( ・・)/
続けて他の面子の自己紹介と「私たちは、あなたの入部を歓迎します!」( ・・)/
でも大輔は「俺が演劇部だって?」。そもそも俺は万年帰宅部のぼっち男ですよ?
演劇部なんてイマドキカッコ悪いですよ?

即座に退部を申し出る大輔。慌てる演劇部の面子。でもこの男は離脱するつもりですよ?
でも由佳はそれは無理だと、なぜ?
トイレ好きだよね(ぉ
そんな殺伐とした空間に便所帰り女が!(ぇ
この真紀とかいう人はこっちにすたすたと近づいてきて何を言うかと思えば

「君、同じクラスの、ぼっちの病み上がりの人だよね?」(ぁ

*真紀が大輔のこれまでの経緯とぼっちぶりを話してくれました(ぉ

超可愛そうだのいじめられてるのと思いっきり憐れみを喰らう大輔、しかもこれが事実だし(ぁ
挙句に理央に釣られてやってきたとまで言われるともう逃げるしかないです。

が、ドアを開けようとすると遥からそう簡単に退部できないよと。なぜかというと
なんという強制力
※:大輔はこの事を知らなかった(入院してたから)

一学期中は辞められない、もし辞めたら強制奉仕活動が待っているという校則。
ショックでヒザから崩れ落ちる&なぜか更紗に「萌え」言われるのはともかく、
彼への選択は美少女5人と部活に励むか、ひとりぼっちでボランティアするかの二つのみ。
*幽霊部員技は不可(ぁ

しかもブランクがあるから授業も大変。俺どうするんだ?
そんな人生オワタ状態の大輔に「どうやら、お困りのようね」とカットインする由佳部長。
「勉強を見てあげてもいいんだけどなー」と先輩風を吹かせてますがさあどうする主人公。
*ただし教えるのは遥と更紗、由佳ではない(ぁ

自分が教えないので気楽な由佳は大人しく入ったらと勧誘しますが、ここで疑問。
何でこの人たちは(逃げたがってる)自分を入部させたがる?
早速質問してみると・・・
やはり男は力ですから
・・・そんな身もふたもないことを言わないで下さい(笑)
そしてこの更紗は部室や部費のためには頭数が必要だとか言った後、「・・・欲しい」(ぁ
タダの頭数と労働力かと頭にくる大輔ですが・・・

しかし由佳に「君、友達居ないんでしょ?」部活ぐらい友達作っとかないと辛いわよ(笑)
こうかはばつぐんだ!(ぁ

そしてトドメとばかりに理央か泣き落とししてきましたよええ(ぁ
とりあえず明日の放課後まで入るか否かは保留ということにはなりましたが、
由佳は人付き合いって演じなきゃいけない部分があるから、そういうの君には必要ではと・・・

夜。明日改めて聞かせてよという由佳の言葉が頭を過ぎる大輔。
そして演劇部の面子(選択肢で理央以外のヒロインが出ますが、名前だけ)。

#次の日

ほっちで教室に行くと本日は真紀が知らない仲じゃないんだからさとご挨拶。
部に入ったのは遥の男装に惚れたからだと言う真紀は部に入ったことを楽しそうに語ってくれます。
続けて理央が登場するのですが
みもふたもない・・・
なんかひどいこと言ってません?(ぁ
*選択肢で真紀が照れたりします(笑)

で、麻美先生が来て授業なんですが、他の人と話せるっていいものだなと思うわけなんです。

放課後。昨日の答えを出すべく部室に向かう大輔。理央と真紀もついていきます。
どうするのかと聞いてくる二人に対してその辺は部室と濁す大輔。
そして部室に到着と相成り、由佳から「早速だけど、どうするのか聞かせてもらおうかな?」

大輔ははっきり言って演劇には興味はありませんと前書きした上で
ここが楽しそうな場所だと気付いたことを告げて

「だから、一応その入部させてもらおうかなーって」

「君の入部を認めましょう」と由佳部長。
「入部してくれてありがとう、佐藤く〜ん!」と両手ぶんぶんしてくれる理央。
改めて自己紹介の後、早速歓迎会ということですがまあトイレでも。

先にトイレ行った真紀と理央に続いたので「連れション?」と言う由佳。それまずくないかと(^_^;;;
でも遥から由佳に「教えてあげた方がよかったんじゃないの?」と意味深な忠告が・・・

で、トイレ。男子トイレなんてえろげに出してどうするんだと思ったらなぜか理央が出てき・・・
・・・あれ?サブ男どころかモブキャラ自体いないよねこのえろげ?
・・・だったらどうして理央は男子トイレから出てきた?

いやーな予感がしたので部室に戻るなり理央に聞いてみると・・・
体験版でバレるとは
アドリブも時代の流れには勝てなかったようです・・・(ぁ
*ちなみに知らなかったのは大輔のみ(笑)

まっ、こまけえことはきにしないで、入部おめでとう!
みんな仲良く
*次回の体験版に続く( ・・)/

#キャラクター
今のところモブキャラは存在せず。
ちなみに全員「まばたき」「口パク」をします。

*松沢由佳
三年生で部長。といっても私様キャラではなくしっかりした人で人望もある方。
多少力押しな面もありますが頼りになる先輩です
言動で先走ってハシゴを外されることもありますが・・・(ぁ

*大木遥
副部長で由佳の親友。見た目はボーイツシュな方
みんなのまとめ役というかなだめ役という感じの人ですええ(笑)

*野々村真紀
クラスメイト。ノリのよい人で元気系。理央とはセットで動くことが多いです。
友達付き合いできる人ですが恋愛の方はどうなるかと。

*御木本更紗
二年生。眼鏡キャラで洞察力に優れた人
無口クールですが当然毒舌入るのは基本ですね(笑)

*山吹理央
最初に勧誘してきた人で学園一の美少女とのこと。
世話を焼いてくれる方ですが、ただし女装キャラですどうする主人公(笑)

*藤原麻美
担任、出番はほとんどないんですが果たして何をしてくれるのか。勿体ないキャラですし
二次元でもそんなの多いよ(ぉ
教師とは思えないとか言ってるけど二次元じゃ普通だよねー

*佐藤大輔
主人公。レッドサンブラッククロスでも皇国の守護者でもないので注意(ぇ
一ヶ月入院で情弱になってしまった上にぼっちという大変な立場からスタート。
でも次の日には普通に女の子に囲まれているのはさすが主人公(ぉ


前作もそうでしたが塗りがアニメを意識した感じのとても縁取りが濃いタイプ。
他になかなか見ない独特な雰囲気ですがこれは慣れですよねと。
でも拡大とかカットインをするとアニメ的な絵の欠点が出てしまうのは難点
*なまじ線が太いので荒さが目立つ

会話中への突っ込みというか割り込みに顔を使ったり、シネマサイズにしてみたりと表現は多彩。
アニメにもできそうな雰囲気ではありますが、そのためには売れないと(殴)
他にもスタイリッシュなわりに機能が少ないシステムといい、見た目重視しすぎて足元が弱いのは不安ですが。

話としては演劇部になりますが、主人公が情弱(入院していた)なのを利用してプレイヤーへの設定説明に使ってるのは上手いかと。
結局は演劇部に入らざるを得ない状況になるのもこの情弱設定からですし。
まあ本人は裏方に徹したいということで舞台の出番はないようですが。

後はこんなところにも女装キャラがということになりますが、どう使うのかですよね(笑)
体験版はまだ続きがありますから(今回は「第一話」ですし)演劇部としてどう動くかは見物ではあります。
今のところメイン以外キャラは存在してませんが、何の演劇をどういう制約で演じるかが鍵ですよと。
そして主人公名が「佐藤大輔」なわりに話はふつーなのは気になりますが・・・(ぇ

おまけ:
切り餅(ぇ
サトウの切り餅・・・(ぁ

四畳半プリンセス体験版感想

  • 2012/05/10(木) 18:12:08

いつものように著作権はここに

・・・ばなーは?
容量は228M。別にサポートツールを持ちます
システムはボイス割り当て程度のシンプルなもので、クリック音が懐かしい雰囲気。
ちなみにセーブロードや選択肢戻しとかはゲーム画面のメニューバーから表示を出せます

最初に体験版本編かHシーンかの選択があり、選ぶとスタート。

なんかお花みたいな匂いと「むにゅん」という感覚に釣られて白州響(主人公)が目覚めてみると・・・
胸が胸が
「むにゅん」されても動じない人がいました( ・・)/
お姫様である彼女が目の前にいる状態を楽しみたいわけなんですが
しかしこの部屋には他にもステラとヴェデットがいるわけで
このステラさんはその手(むにゅんしてる方)を叩ききるぞとばかりサーベル抜こうとしていますよっ(笑)

そんなにいちいち怒ってはダメですよとたしなめるリーゼ。随分と賑やかになったものです。
(彼女たちが来るまでの)一人の時間なんてなかったんだと思う響。
そう、すべてはあの日から始まったんだ・・・

#子供の頃

母親(製薬会社の重役)の榮に連れられてヒューガルデン公国にやってきていた響。
あの日、リーゼ姫の誕生日パーティということで呼ばれたわけですが、
「ヒビキ!」と呼ぶ声、もちろんリーゼです。

ヒューガルデンの花(特産)が咲いたというので見せてもらっていると突然の風。
そしてその風で折れた木が彼女に!とっさに彼女をかばう響(古武術習ってたそうな)。
彼女は無事だし、大丈夫だよこれくらいと強がってみたけどキズが( ̄▽ ̄;)

わたしのためにと心配してくれ、「ヒビキは本当にわたしの騎士様なんですね」と
そしてずっと騎士でいてくれると約束してくれますかと言うので「ああ、もちろん」
すると「あなたをヒューカルデンの騎士とみとめます」
眼がないよね主人公

そんなわけで、彼女の小さな騎士になったわけですが・・・
サバイバーになってる・・・
おかーさんクビ( ̄▽ ̄;)
※:なんか海外でソルジャーに再就職したらしい(^_^;;;

海外かつ怪しい仕事なんで響は連れていけない。では?
「響はここで一人暮らししなさい」といきなり四畳半を宛がわれてしまいましたとさ( ̄▽ ̄;)
*母さんはヘリで去ってしまった(ぁ

#そして月日は流れて7年後
背景が全く変わらないまま肉ナス炒めの夕食にありつこうとする響。
TVを点けてみると見慣れた顔が。綺麗になったリーゼ姫。覚えていてくれるかなぁと思いつつ
彼女と自分の格差に時間の流れの残酷を感じるわけなのです。

TVに映る彼女の笑顔は本物なのだろうかと思ってるとノック音。
誰なんだろと思ってドアを開けてみると・・・
扉を開けるとこうなる
姫・・・だと・・・
なんでも母さんからの手紙を預かってる&この場所は母さんから聞いたとのことですが

「しばらくリーゼを頼む。 母より」

手紙はこの通りたった一行、ワケがわからないよ!
でもリーゼ姫に涙目で頼まれては断るわけにはいきません、責任は持たないと。「騎士」だったら仕方ないですし。

さて部屋・・・といっても四畳半ですが、とりあえずそっきの肉ナス炒めをば
それから母さんの話を聞いているとお風呂はありますでしようか?という質問。当然そんなものはありません。
仕方ないので洗面器でがまんしてもらうことにしましたが、一人では大変。どうしよう?
*選択肢(手伝っちゃう→嬉しいよでHシーンまで行けます)

#次の日

朝、「なんという早まられたことを!」だの「若い二人がそれだけですむわけがないわ」などと何やら言い合いが
うるさいなぁと起きてみると・・・誰?

侍女のヴェデットと護衛のステラと名乗る二人ですが、「・・・それで、やったの」と直に聞いてきますよええ(笑)
*前夜Hしたら破廉恥、しなかったらヘタレ、どっちでも罵られます(ぁ
ここはリーゼがうまくまとめて改めて二人の自己紹介になりますが、とりあえずリーゼを連れ戻しに来たわけではないので一安心、
四畳半に4人設定
・・・でもこの二人も響の部屋に住み着くといってますよ?(^_^;;;
母のおかけで七年間もここに一人暮らしだよ(/_;)という現実はともかく、まずはご飯から。
人のためにご飯を作ってみんなで食べるって楽しいものだと感じる響。

さて、これから三人はどうするかとなりますが、響の方もどうするか
*選択肢で3人を選べます

夜。一つ問題があります。何せ四畳半ですよ大家さん?
「寝場所どうするつもり?」(^_^;;;

するとステラが寝ずの番をするからスペースは大丈夫だと、
そんな徹夜なんて無理させられないよ女の子だし・・・
ヒロイン扱いはします(ぁ
・・・あ゛、怒った(^_^;;;
結局ステラは「(女性を大切にしようというのは)私には迷惑だな」と不寝番に出て行ってしまいます(^_^;
それからヴェデットが国の公式サイトをてきとーにいぢってこの日はおしまい( ・・)/
※:前日リーゼとHしてない場合、ここでHシーン選択肢が出てきます

#次の日
前日と同じく選択肢ですが、今日は午前と午後の二度出てきます。
なお、この選択肢はフラグ蓄積制で、イベントを見ないと次のイベントは発生しません。

#次の日(・・・か?)
ゴミの日なのできちっと分別して捨てに行った響
随分と増えたゴミを見てこれ以上面子が増えても別に気にならないかと思っていると・・・
「ちょっといいかしら?」

そしてまた部屋が
なにこれまた同居人増加?(ぁ

*体験版はこれで終わりで、他にHシーンが付属しますが、
リーゼ・ステラが3シーン、ヴェデットが2シーン、
プルミエールとデュベルが1シーンの合計10シーンもあります(^_^;

#キャラクター
名前とボイスがあるのは立ち絵のある人のみ
ちなみに主人公と母親以外は全員外国人になります

*ペシュリーゼ・ランピック・デ・コーニング(リーゼ)
ヒューガルデン公国の王女。いつも優しくて丁寧なお姫様
お姫様なんで世間知らずの面もありますがとても芯の強い人
だからといって主人公のとこに転がり込むのはいいのですがHまでしていいのかと(^_^;
国の人たちにバレたらどうなるのか心配(・・;)

*ステラ・アルトワ
クールキャラはぬこ好き
リーゼのお供その1で、護衛担当。サーベル抜きます。
姫のためなら火の中水の中という方で生真面目に忠誠しています
当然すごくお固い方ですが、デレることもできますええ(笑)

*ヴェデット・ホワイト
服飾にはうるさい
お供その2でメイドさん、でも家事できません、それでいいのか(ぁ
いわゆる毒舌ロリですが響をリーゼに釣り合う男にしようという意思はあります
でも姫に対してもタメ口はいかんと思うんですよええ(・・;)

*プルミエール・シメイ・ロシュフォール
見た目からして高飛車わがままなこちらもお姫様。
素直になれないツンデレだということもわかりますが、出番が(ぁ

*デュベル
ニンジャ(ぁ体験版ではHシーンしか出番がなくてネタにするほど(ぉ
OHP説明だと暗殺者とのことですが誰の差し金?

*白州榮
母親。確か製薬会社の重役だったのですが突如ソルジャーに転職
しかしそれ以後は全く登場せず、出落ちで終わるのか?(^_^;;;

*白州響
主人公。四畳半城の主(ぇ ちなみに体術使えます
家事も出来て世話もできる人。でも学校行ってないよね(ぁ

お姫様が主人公の家にやってきましたどうしましょうというよくある話(ぇ
ただ一応どういう経緯でこうなったのかは描写されているのでまだ安心できます。
舞台が四畳半(+台所・トイレ・押入れ)の安アパートという設定でTVも大家さんからも貰ったもの。
当然寝る時は机を畳んで布団を敷くという狭っ苦しさ。トイレと押入れというえろシチュ舞台はありますが

ただしこの四畳半、風呂はないためどうするのかこれから見物だったりするんですよね(笑)
*最初の夜はともかく風呂で苦労する描写ないけど(^_^;
キャラはお姫様とそのお供が中心となりますがメイドさんが家事できないため主人公頑張れ状態

しかしまあ、やってきた初日にHできる(※:選択必要)とかどうなんだそれでも一国の代表かと思うわけで
選択肢がフラグを蓄積するタイプなんで時系列がおかしくなるのは仕方ないにしろ
「バレたらどうしよう?」という緊張感があんまりないのはどうなのかなあと。
(姫を外に連れ出すため変装させてるシーンはありましたが)
会話とかも盛り上がるというか淡々というかフラグ蓄積システムの問題がもろに出てる感じですし。
体験版なのにHシーンが11シーンも見れるってのはもうえろえろメインだから仕方ないのかも知れませんが(・・;)

後、体験版最後で出てきたプルミエールとデュベルを加えたところから話が動くのでしょうが
彼女、主人公たちとは別の部屋にいるような描写があるのでさすがに全キャラ四畳半にはならないようですね。
そうなると後はリーゼが転がり込んできた理由とバレた後の対策ですが・・・
・・・やっぱいつもの誰得な婚約者ネタなんでしょうねぇ(いやOHPにそうあるし)・・・( ̄▽ ̄;)

おまけ:
Hシーンには出てるじゃないですか(笑)
※:Hシーンには出ています(ぁ

夏色あさがおレジデンス体験版感想

  • 2012/05/03(木) 18:26:11

いつものように著作権はここに

チートの人( ・・)/
容量は547M。画面は1280×720の大形ワイド。
システムはボイス割り当て、BGMフェード、システム設定(子ウインドウを出す方式)
それから音声のみモードも選べますが、モブキャラにボイスがないため不完全仕様、
状況説明等にウインドウが必要だから仕方ないのですが、ボイスがないキャラがいる欠点がモロ出ますので
*なお、タイトル画面からシステムには入れないので注意。

さて、いきなりですがあさがお寮のために立ち上がったと(勝手に)言われる進藤景(主人公)
明に彼を迎えてやってくれと言われ、周囲も大好評。もはや逃げられませんどうしましょう(ぁ

*10分前に戻る
電波ロック(ぇを歌う女の子やら水遣りをする女の子たちがいるカオスそのもののあさがお寮。
しかし執行部からの告知が来ているとのことでモブの皆様に不安が沸き立てっています。
電波ロック女こと葉月はともかく、こんなカオスな光景も最後なのかなと思いつつ寮に入ろうとする景なのですが・・・

屋根の上から演説っぽい事を言い始める明の姿が
彼女曰く本日は執行部から来たあさがお寮の廃止と退去勧告の最終日だという話が。
そしてオンボロ寮であるあさがお寮だからこそ(他では受け入れられない)カオスを受け入れてきたこと

そのあさがお寮を守るべく学園執行部と戦うことを宣言する明、カッコいいけどぱんつ見えるぞその立ち位置っ!(ぁ

「私達は本日より、ATMレジスタンスを名乗る!」

そう宣言した直後、慌てて明のスカートを隠す景。なんでそんなに焦っていたかというと・・・
隠すのも大変
 ぱ ん つ は い て な い (ぁ
*冒頭に戻る(ぁ

寮内に戻っても猛烈に感動している明、景さえいればもう安心とか主人公は大船扱いですええ(笑)
さらにATMレジスタンスの一員とかいうギター女(葉月)も実にロックたぜオレは気に入ったとか歓迎ムード。

続けて葉月が雛子を引っ張ってきたところでATMレジスタンスとは何ぞや?
A(あさがお寮を)」
T(とことん)
M(守り抜く)

レジスタンス(抵抗組織)の略、別にすごくないです、しかもこのATMは景を含めて5人しかいません
*というか他の人は新しい寮(新築)に行くそうな

その5人目となるキキがやってきて自己紹介・・・の前になんか3人まとめてやってきました。
執行部の真白、羽鳥、軍司の3人と対峙しますが明はいつもの調子でまあ茶でもどうだ的歓迎。
でも真白は会長です。バカなことはやめて寮を明け渡しなさい、なんであなたがそこまでするのと問いかけますが
「取り潰されるのを見過ごしては、女が廃る」とか理由になってない理由で返す明。とにかくすごい自信です(ぁ

結局説得は無理と判断した真白たちは去り、改めてキキの自己紹介、こうしてATMの面子か揃ったわけです。
そして「男手は俺一人みたいだし。色々と便利にこき使ってくれ」と女四人のフォロー役の腹を決めた景
さっそく挨拶周りと称して寮の裏手に行ってみると・・・雛子の父から届いたというワゴンカーが。

ではこれで何をする?となりますが、内部には音響機材がわんさか。
さっそく雛子の運転で学園に移動すると(おい無断で車入れていいのか・・・)・・・
かみをばらばらにする
チェーンソーだとっ( ̄▽ ̄;)
※:雛子は園芸会社の娘なんでこの手のものの扱いは慣れている)

これで壁をくりぬき、コードを学園の放送機器を繋いで準備完了。つまり海賊放送です( ・・)/
「御機嫌よう、諸君!!」

これまでの経緯とかATMについて語った後、「モーニング・グローリー」の開始を宣言する明
「では行こう。オープニングテーマ!!」
*そう、OPです

感想やお便り求むと言った頃、ようやく軍司率いる書記局の学ラン軍団が。今日はここまで、さっそく撤収!
(穴はチェーンソー一本で元に戻した・・・)

寮に帰還後、みんなでかんぱーい。放送は大成功ですがまだまだこれからと気を引き締めてくれるキキ。
そんな中景はこんな事続けてたらますます執行部とケンカになるぞと正論を
明の方もそれは判っていて、生徒を味方につけて存続に持って行くのがこの放送の目的だと。
ただしお願いするのではなく・・・
そんなわけなのです( ・・)/
ということなのです、難易度高いよね(^_^;;;

そんな中、誰かが寮にやってきました。すわ執行部か?
彼女の中華鍋シールドアタックをドスで迎え撃つ明はともかく、
この人は景の妹の玲。何でやってきたかというと
るんるんタイムとは
なんだ、ただのキモウトか(殴)
無闇に武装しているこの妹さんをなんとかしてくださいとキキに言われて止めに入るわけです。
でもこの妹はなかなか静まってくれません、仕方ないので連れ帰ることに(:^-^)

その後、ATMに加わる気なのという玲に対して逆にお前も手伝うかと聞く景なんですが・・・

「あの女が喜ぶことなんて、死んでも嫌!!」

#次の日
登校中ですが、「つーん、だ」「ふーん、だ」と妹はご機嫌斜めのまま(・・;)
さらにそこに明がやってきたから妹は怒り心頭ですが、この明は抱きついたりと一枚上手(笑)
その上この女昨日同様、「ぱんつはいてない」だから景は大変ですええ(:^-^)

学年が違う玲から別れ際に弁当を貰った後、教室へ。
モブの皆様から質問攻めに遭って対応に四苦八苦する景。でも明はいつもの余裕(^_^;;;
そんな中後方から渡が俺達親友じゃなかったのかとか文句言いますが、要するになんで誘ってくれなかったんだよぶーぶーなわけです(笑)
女子目当てマンマンな渡に呆れる景ですが、明は「今日から渡も、私達の同士だ!」
まあ、他の皆様はどうせモブだし描写が面倒加わりませんでしたが・・・

昼休み。寮に行くぞと明。景、それから渡もついていきます、当然女の子目的で(笑)
寮に付くなり女子寮だぞ興奮しなきゃおかしいだろとやたらとテンション高い渡。素直でよろしい(ぉ
まあおかげで景はむっつり認定されましたが、主人公なんてそんなものです(ぁ

やれやれと困ったなと思っていると雛子の悲鳴が!これはまさかNTR?
植物使いぱねぇ(ぁ
・・・植物罠かいっ(笑)

それはともかく、渡も正式に加わったところで本日も活動のお時間。
*渡は定員オーバーで車に乗れないのため走って目的地に(ぁ

さっそくお悩みコーナーが始まったわけですが(まだお便りないので仕込み)
でも質問に答えたところで撤収すろことになりますが、ここで終わらないのがATMというか明。

新コーナー「執行部と遊ぼう」を勝手に作って逃亡するわけです、ええ(笑)
これでは見世物じゃないかと突っ込む景ですが、「見世物大いに結構」と執行部と渡り合う(そして勝つ)ことが肝心と言う明なのです
*ちなみに渡は乗せられない&捕まるわけにいいかないので車に引きずられてました・・・

放課後。再び寮へ。
お題はラジオのコーナー拡張。さすがに明がワンマンではいけません、ヒロインは他にもいますから(ぉ
おのおのが色々考えを巡らせますが、そこに「すみませ〜ん」、誰?
現れたのは玲、そしてもう一人ショタ。ただし彼氏でも何でもありませんが。では彼はなぜここに?
師匠だとフラグが(ぇ
弟子志願でした(ぁ

冒頭のシーンを見て感動したという周平。あれ違うんだという景ですが周囲は持ち上げまくり(笑)
当然、周平もATMに加わるのでした( ・・)/

#次の日
昼休み。今日も放送か?と思って寮に行くと本日は放送休みだと
*放送部が番組を流す日は邪魔したら悪いので休みだそうな(=隔日放送)
そんなわけでみんなで昼食は相成りましたとさ( ・・)/
葉月が男と女の関係はセックス&ドラッグだとか言うので突っ込み加えてただの耳年増だとわかって安心なのはともかく
ここで初めて本物のお便りが来たことを告げられるのです。

#三日後
初投稿の質問を読みあけるキキ。匿名の人から学食メニューどうにかしてくれと。
よってこの三日間学食をみんなで体験したわけですが・・・別にこれといって不味くはない。
ただスイーツもないし大盛りもない、メニューが固定という問題があるわけでして
「執行部の奴らが経費ぱちょっているんだ!」と葉月は勝手な事を言いますが

「何を好き勝手な事を言ってるのよ!」と真白参上、さあどうする?)
しかしこの明という女はサプライズゲストに迎え入れる余裕っぷり(^_^;;;
そんな真白曰くメニューは栄養を考えての配慮だそうでさすがに正論を繰り出してきます。
じゃあどうすればいいのか?
天運ではなくチート運
*伝統らしい(ぁ

放課後。
今回はドリンクポーカーで勝負と相成ったわけで、明&景VS真白&羽鳥で対決!
さて内容はといいますと
これを混ぜて飲め( ・・)/
このようにカードに描かれている食材を雛子の調理専用チェーンソーで粉砕し、飲む!
※注:当然飲むのは景(と、羽鳥)の役目です
無茶な戦の末、結局真白が羽鳥を見かねて飲んで(そして、明に向けて吐き出して)終わり(^_^;
「なんの茶番なんだ、これは」(C)軍司
そして次の日、確かにメニューへのアンケートが掲示板に。
そう、「ATMは執行部とやり合える」という空気を作ったのです・・・

#土曜日
午後、休みなのに渡に呼び出されて学園にやってくると親睦を深めようという話しが。
周平や玲も加わって渡のねた話に付き合っていると木の上からの声。明です。
のんびりと木の上でお気楽している彼女ですが・・・これではスカート内があぶないっ(ぁ

慌てて渡を粉砕して事なきを得ましたが、見えるだろうと注意すると景との話に気を取られて気づかなかったと。
さらに「景との時間は、別格だぞ?」なんて言い出すから玲は怒り心頭なわけなのです、まる(笑)

それはともかく、寮。渡が寮内探索に飛び出していきましたが明はそれでいいのかと景。
もっと恥じらいとかないのか、お前はいいが他の女の子はどうする?

まあ、渡はくだんの雛子謹製植物トラップに引っかかって事なきを得ましたが
明は相変らずフランクで困ります、一緒の部屋に泊まらないかとか言うし(笑)

#月曜日(?)
お便りコーナーにバレー部から「コートを使わせて欲しい」という相談が。
早速言ってみると相手はモブ女子のバレー部員たち。
なんでも男子部に占拠されて自分たちの練習場がないということですが、男子部(強いらしい)から言わせると
「文句があるなら、試合に勝てばいいだろう」と恨むなら弱い自分を恨めとよくある悪役正論を投げつけます。
それを聞いた明は・・・
格が違う格が
・・・なんですかこの自信は(笑)
挙句「我々素人が完勝しては立つ瀬がなくなってしまうだろ?」と勝つ気マンマンですよこの明さんっ!( ̄▽ ̄;)

そんなわけで、明提案の(どの球技でもいいですよと相手が許諾したため)ドッジボール対決へ。
外野に雛子・キキ・周平。内野に明・葉月・景・渡を配置したATMに対してレギュラーで挑むパレー部。
見かねた真白が勝っても得るものはないからやめなさいと説得しますが、
既に明のペースに嵌められたバレー部たちは「勝つ事そのものを、何にも増して手に入れたい」と拒否。
そして明に宣戦布告するかのように「すぐにあなたたち全員・・・
てめぇちよつとツラ貸せや
・・・・バレー部キャプテンカワイソス・・・

さて試合開始。魔球やら秘義でチートぶりを発揮する明に対して殺人スパイクで対抗するバレー部。
渡はバット代わりにされるわキャプテンは玲に絞められるはでもう大変(笑)
でもって内野は明一人になってどうなる?
*ここで体験版は終わりです、結果は製品版で( ・・)/

#キャラクター
ボイスは立ち絵のある人のみ。
ちなみに主人公は普通に立ち絵があって登場しています

*春日野明
幼馴染。ぱんつはいてない人(ぁ
完璧超人というよりチートキャラでほぼ全部の面でこの人が話の起点
要するに黒神めだかで誰の挑戦でも受ける上に無敵キャラ
・・・果たして挫折することがあるのかこの人は?(^_^;

*笹岡キキ
ゲーム好きの不思議系の方。冷静に物事が見れる貴重な人
気まぐれでゲームネタの会話が多いのですが、さてどうフラグを立てるのか

*遠野雛子
「はぴっ!?」が口癖のおとなしい女の子。小
機械と植物に詳しくてあやしいトラップを作ったり車の運転もしていますが
チェーンソー振り回しているシーンばかり目立ってます・・・(ぁ

*宮本葉月
最初からこんな人
ギター女、何かと言うとギターとロック魂で話をかきまわす人
といっても口だけという問題点もあって意外に気弱。
ロックを取ったらヘタレ系になってしまいますが、どう自信を持たせるかですね。

*城ヶ崎真白
執行部会長。会長系というかカリスマな人。当然明のライバル
明がチートすぎるため比較的まともな姉御系になっているのはいいのか悪いのか。
別にOHPに描かれてるようなツンデレでもありませんし・・・(ぁ

*進藤玲
妹、お兄。とにかく兄原理主義者で兄のためなら他は全く見えてない人
もはややってることがキモウトレベルで引いてしまいそうですええ(^_^;
・・・まあ、明に微笑ましくあしらわれているだけマシなんですが・・・

*桑島羽鳥
眼鏡っ娘。生真面目で常に真白の横にいる人
真白のためならばと闇鍋ドリンクとも戦える健気な方。

*小笠原渡
友人キャラ。典型的なおバカ友人でえろ方面に突っ込んでは自滅するの繰り返し。
無駄に暑いヤツなのでうっとおしいのですが、NTR展開にならないような配慮はされています。

*轟周平
ショタ系の後輩キャラ。なぜか景を師匠と呼んで慕ってきます。
いまいち存在意義がわからないのが問題というか女装じゃないし・・・(ぁ

*扇軍司
書記。書記局という親衛隊みたいな組織で学園を仕切る方
悪役系なんですが正論突っ込み要員になっているのが何とも・・・

*進藤景
主人公。明のフォローに翻弄される苦労性の人
比較的スレた見方をしていて傍観者でいたいという気持ちの持ち主ですが
実力はいまいち判らないんですよねフォローばかりで(^_^;


開発途中でブランドを分離して発売するという珍しい経緯の作品
ヒロイックヒロイン専門ブランドとありますが、二作目はあるのかと突っ込んではダメですね(ぉ

廃止になりそうな寮を救うために立ち上がったヒロインと主人公の話で
海賊ラジオに届けられたお悩みを解決しつつ廃止を避けるべく頑張るお話。
ただ運動するのではなくラジオを通じて支持者を集めようという発想はよいかと。

といっても実際には「対決」と称してさまざまな条件の勝負をしていく形ですが。
その勝負がドリンクだったりドッジだったりとさまざまなのが特徴でしようか。
ただどの勝負も結局は明一人で戦ってるような有様ですが(汗)

キャラとしてはというか、作品内容としてはチートヒロインの明一人がほとんどを持っていって他の人たちはオマケに近い存在。
タイプとしては「めだかボックス」のめだかと同じ(立ち場は逆ですが)な上に主人公はあちらよりもずっと普通の能力なんでさらに困った状態。
他にもヒロインはいるのですが明の次に目立っていたのは妹の玲というあたりがなんとも。
ギターかチェーンソーでしか印象を植えつけられないレベルなんでよほど頑張らないと妹にすら埋もれますよね
その玲にしてもお兄のためなら何してもいいレベルでもはや「キモウト」。最後のドッジは正直引きました(^_^;;;

後、最初廃寮は明日なのにいつのまにか伸びてしまっていたり(延期のやりとりはない)、
話しとかラジオへの繋がりが妙になったりと個性あるキャラに話が振り回されぎみ
止めようにも先生キャラは存在自体が抹殺されているため対応策がないという惨状だったり・・・

後、最後はドッジ勝負途中で終わってますが、「どうせ明のチート力で勝つんだろ?」としか予想できないんですよね
ここからどういう感じに持っていけるかなんですが、執行部の方を応援したくなるのはなぜ(汗)

おまけ:
パンチにしか見えない・・・
いや、どこに・・・(汗)