俺と彼女がミステリーな件について体験版感想

  • 2013/06/24(月) 11:28:15

いつものように著作権はここに

先輩なんで(ぁ
容量は371M。別にエンジン設定や破損チェックツールを持ちます
画面は960×600という特殊サイズ(38%〜225%まで15段階に切り替え可能)
システムはボイス割り当て(オンオフのみ)程度のごくシンプルなもの。
*ちなみにセーブロードはクイックのみです。

6畳2部屋台所付きという2LDKな賃貸アパートを掃除する駿河歩(主人公)
天気もいいのでお買い物のため外に出ます。

ちなみに賃貸なんで別に管理者がいて、それは歩の叔母さんで桃花という幼馴染で娘。
彼女と昔過ごしたここに戻ってきたわけなので・・・その桃花は
歩いてただけらしい(ぁ
デートできてラッキーとか言ってるよ(笑)

「・・・・・・・・」(真っ暗画面)の後、買い物を終わって何かおごろうかと歩が誘うとどこでもいいよーと桃花
とはいえ田舎なんで食うとこなんてなくて夕方の浜辺でたこ焼きを食う2人
沈んでいくオレンジの中にある笑顔が、とても眩しく見えて、桃花に変わったねと聞く歩。
体が弱くて入院ばかりだったあの頃と違う桃花が「こんな私・・・あゆむ君は・・・嫌かな?」
でも「ううん、そんな事ないよ」と返す歩。凄く楽しいそうに見えて嬉しいのです。

一体何があったのかと聞きたくなりましたが、質問をしても意味がないと悟って楽んでる桃花を見ることに。
すると桃花は「入る部活って決めた?」
しかし歩得意の囲碁部も将棋部もない、だったら・・・
しかしサークルは作らない(ぁ
※:世のミステリーを追い求める部活!しかも作ったのはこの桃花!ぁ
やってることは黒魔術だの不法侵入だのキバヤシだのと大丈夫かレベル(^_^;;;
霊感体質の歩としてはとても不安なんですが、私もほらいるし大丈夫だよと
*いちおー桃花も弱いけど霊感体質らしい

何より、「お願い!あゆむ君と部活動したいの!」という桃花の頼みに
「良いよ」

こうして歩はミステリーサークル部に入ることになりましたさ、まる。

#次の日
朝。でも息苦しい、目を開けてみると何者かが歩の上に!
押し倒しシーン(ぁ
いやもう襲ってるじゃないですかーーーっ(笑)
さらには私で反応しちやってだの朝から元気だの調子に乗りすぎですこの桃花ぁ

さて、一気に飛んで昼休み
さっそくご飯一緒に食べようと桃花がやってきますが、
ミステリー部の顧問(存在だけで登場せず)から呼び出しを喰らって撤退。そうなると歩は一人です。
仕方ないので弁当の後、校庭を適当にうろつくことにしました。

しばらく歩いていると「もしかしたらシーラカンスかもだよ!」と謎の発見をする女の子の声が。
行って見るとぬこと話している女の子発見( ・・)/

歩を見かけた女の子はパニック状態に、ついでに俺もパニックだ!ぁ
*ちなみに歩はぬこが苦手です(暗いとこで目が光ってたぬこにひっかかれたトラウマ)
幸いにしてぬこたちはどっかに行ったので女の子と普通に会話できる体勢に。

「ぬこと話してるのは)変じゃないの?」と言ってきたので「(ぬこが苦手なのは)変だよね・・・俺」、かみ合ってません(^_^;;;
みゃーこという子は変だよねとさらに続けますが、幽霊と会話できるレベルの歩からしたら別にぬこ程度。
続けて自己紹介をするのですが
のとーではない(ぁ
先輩みたいな人初めて!はいいのですが、変な先輩だの変だよと変の連呼状態(^_^;;;
結局授業が始まるのでみゃーこは去っていきましたが、嵐みたいな子・・・

放課後。ぱたぱたとやったてきた桃花に連れられて部室への道。
廊下で菖蒲という人とすれ違いますが。彼女は本日部には来ない模様。
それならと歩の紹介をここでやってしまう桃花。でも菖蒲は興味ナシですが(^_^;;;

さて部室。昼間に出会った京、それからアリスを含めての自己紹介。
あゆむ君モテモテです(C)桃花)
*なお、3年生がいないと部活が作れない(部長は3年生がなる)という妙な設定

早速、何がお好きなんですかとアリスが聞いてきます。
京はUFO、アリスは黒魔術、何でもありですが歩は何でも良いと主人公らしい答えをば。
そんな答えでも「オールマイティさんなのですね」と褒めてくれるアリス。何か違う(笑)
最後に女の子三人に抱きつかれるというステキな状態(CG無し)になってこの日は終わり(ぁ

#次の日
放課後。「あゆむくーん!部活だよー!」と桃花がやってきたはいいのですがまたもや呼び出しで撤退(^_^;;;
そんなわけで一人部室に行ってみるとアリスが黒魔術(ただし天気予報・・・)の真っ最中(^_^;;;
ネタ魔術だった(ぁ
・・・おい(笑)
しかしこんなヘボそうな呪文でも魔方陣は光る!ちゃんと答えは出る!(明日は雨)

儀式の後、桃花のことをたずねてきたのでさっきの事情を説明。
すると他の面子もいない上、アリスは科学部も兼ねているから忙しいとのこと
でも紅茶を頂けたのでアリスと一緒にお茶タイムですが、ここでアリスがフランスから来たことが判明
フランスで先輩が立ってたらすごく絵になるだろうなと感じるわけです。

さてアリスも去って誰もいなくなり、あやしい部室を眺めていると「あゆむ君!」と桃花が登場
彼女はまだ作業があるとのことで、本日は部活を引き払って帰ることに。

再び一人になった歩。このままではフラグも何もないので昔の記憶を頼りに歩き始めます。
モブすらいないという恐ろしく静かな夕方の道を歩きつつ、記憶に残っていた神社へ
石段を「登っている」という感覚を確かめつつ登りきると綺麗な夕焼け。そして「あなたは・・・確か・・・」

お約束の巫女さんもとい、菖蒲。神社の人だったわけです。
その白馬大師様はすばらしいという菖蒲に案内してもらいつつ、部のこととかの話をば、白馬大師様はすばらしい
ではお祈りしていこうというと
デレた(笑)
「ありがとう」と微笑んでくれたわけです。
両親のこと、それから桃花のことをお祈りする歩。

それから白馬大師様のお守りをおごり代わりにと。なかなかお参りしてくれないから
困った時しか神頼みしてくれないと嘆く菖蒲。みんな勝手ですから(^_^;;;
でも歩は自己的じゃないお祈りをしてくれた「凄く・・・優しい行いだと思うわ」

#次の日(?)
本日は全員揃ったので歓迎会をすることに。しかし桃花は何も考えてなかった!テヘッ☆(ぁ
悪魔召還しようと言うアリスと災いなんてと却下する菖蒲はともかく(そりゃ巫女だし・・・)
桃花の思いつきによって「バーベキュー」と相成ったわけです( ・・)/

準備のため一旦解散したわけですが、歓迎される側の歩は何もしなくていいよと言われてヒマ。
仕方ないので商店街に行ってみるとそこにはアリスの姿が。しかし気にせず待っていてとひ・み・つ状態(ぁ
そうなると本当に何もすることがなくなって海岸へ行くしかないわけで・・・

しばらく夕日を眺めていると「どりゃぁああ!!!」という謎の叫び
なにやら戦っているような雰囲気ですが・・・
釣りげーだった(ぁ
突然釣りものになっただとーっ(ぁ

歩の支えを借りて大物を釣り上げた桃花
釣り針の先には黒くて、大きくて、立派な(ネタバレのため削除)

そんな様を見て「まったく桃花って面白い」と歩。
そして2人して笑いあうわけなんですよええ(笑)
ちなみに新鮮なお魚でバーベキューをしたら美味しいとか思ったそうですが、釣りは今日が初めてだったというオソロシイ事実・・・(ぁ
そんな桃花の様を見て、少しだけど経験がある歩もやる気が沸いてきて加わり、なんとか獲物を確保( ・・)/

夜。獲物(歩5匹、桃花0匹(ぁ)を持って他の面子のところに。
さっきの2人がかりの大物(ぁの話になって桃花がヘナヘナになってるのでバーベキューで盛り返し(ぁ

歩の歓迎会なのに歩が魚焼いてるのと菖蒲やアリスに突っ込まれますが、この方が楽しいと歩。
一緒に何かしている方がやっぱり楽しいわけですよね。
菖蒲が自分とこの畑で確保した野菜(ただし形がヘン)やら、みゃーこが確保したお菓子、アリスが確保した肉
みんなでわいわいと食べつつ楽しい時間は過ぎていくのです。

そんな中、流れ星に願いを託すみんな

対して目の前の光景を眺めていた方が面白いし、夢みたいだと何もしない歩。
入ったばかなのにもう自分居場所のように思えるミステリー部。
「似てないようで、似てるんだ」とみんなどこか似ていると思うわけですが
ベントナーベントナー(ぇ
・・・あやしい連中という共通点が(ぁ
*ここでOPが入り、体験版も終わります。
他に桃花のHシーンが付属

#キャラクター
立ち絵があるのは4人のみ、背景にも人いないからシュールな場面もあります(ぁ
そして主人公の両親は出張とか言って都合よく消去(殴)

*柚雪桃花
幼馴染で賃貸アパート管理人の娘。昔は病弱だったのに今やあくちぶな人へ
オカルト全般が好きで部を立ち上げた上主人公を入部させた張本人。
歩とのフラグが立ちますようにと流れ星に願ってましたかがどうなる(笑)

*能登京
後輩、みゃーこと名乗るぬこ好きの方。
元気系というか無邪気に楽しむような見えますが実はどうなのかと。
UFOに遭いたいとか願ってますがやってきたらどうしよう(笑)

*羽鳥アリス
先輩で部長。ちなみにフランス人とのハーフ
天然系で人当たりのよい方。でもたまにアブナイ
黒魔術というかあやしい儀式とかしてますがさて何が・・・(^_^;;;

*大辻菖蒲
黒髪ロングの巫女キャラ。見ためからしてのクールな方。
とはいえ照れ屋だったりデレモードあったりと表情は豊か
白馬大師様を普及させることが願いですが、何者だろうそいつ(^_^;

*駿河歩
主人公。ちなみにぬこが苦手という珍しい人
一人暮らしという形で戻ってきたわけですがそこからどうなると
霊感が強いという設定もありますが体験版では不明(^_^;;;


見た目からしてI.D.っぽいですけど
実際960×600という特殊な画面サイズ、最低限度のシステムは確かにI.D.
音楽も結構独特のものを使っていますがそのあたりも分家っぽい作品。
そうなると「・・・・・・・・」で場面を転換する文章形態をどう思うか。安直言えば安直ですが

話としてはミステリーサークル部に入ってさあどうなるとなりますが
何が待っているかは体験版ではわからないんですよね歓迎会で終わったし
幼馴染の桃花が結構どぢっ子なんで見てて微笑ましいのはウザさ解消にはよいかも
クールといいつつあっさりデレてるちょろい巫女とか他の面子も好感度最初から高いですし。

ヒロインは4人で原画は2人・・・なんですが、なぜか担当が3:1という構成なんで
というか目が目が
こいつら並べると違和感何とかしろ状態(目の塗り方が違うのでさらに違和感が)
というか、いつも照れてるように感じるんですよねほっぺとかで。
そういう見た目の問題以外だと、4人のオカルトでの得意分野がどう話に絡むかですねと
一応ミステリーサークル部と名乗っているのですから(^_^;;;

とはいえ主人公には霊感があるとOHPの説明に乗ってましたが
体験版だとその設定を生かす場面はまったくないというか、普通の部活えろげになってますし。
やっぱそのあたりのミステリー部分は個別に入る必要があるのかなぁと(^_^;;;

おまけ:
ちとわかりにくいか(^_^;;;
ショコラ、ショコラじゃないかっ(帰れ

おねだりしなさいお兄様 「妹にどうやっていじめられたいの?」体験版感想

  • 2013/06/17(月) 14:21:13

いつものように著作権はここに

あるまぢろ
容量は417M。画面は800×600の通常サイズ。
システムはシンプルなものでボイスは全員まとめての調整。
*ちなみに主人公名はシステム画面から変更できます

夢を見ていた。昔、郷里で過ごした頃の夢。
しかしそこがどんな場所なのかは思い出せない。

二人の妹たちに手招きされている丸木秋太郎(主人公)。でもこの妹たち何か言い方がおかしい、なぜか命令形
行ってはダメという心の声も通じず、そして視界が真っ暗に・・・
・・・落とし穴にハマった夢でした( ̄▽ ̄;)
・・・しかも落とされた挙句上から埋められてますΣ( ̄0 ̄;)

「お兄ちゃん、起きてよー」
起こしてくれたのは義妹の小麦。床に落ちていた携帯を渡してくれましたが
この携帯の着信音が「バシーン!」というのは一体(^_^;;;
*このスパンキング音だけで興奮する兄なのてす( ・・)/

小麦の作ってくれた朝食を食べつつ、彼女から両親のことというか
都合よく逃亡(ぁ
・・・おいそれ夜逃げじゃねーかっ(笑)

でもまあ両親とかそのうち戻ってくるだろうと前向きに考えて平和な朝食(ぁ
そして弓弦葉学園(※:前作と同じ舞台)に向かうわけです

モブ女生徒に突っ込み代わりに叩かれたりする先生をやってる秋太郎ですが
そのモブから転入生が来るという話、つまり情報的放置プレイです(ぇ

さてHR。転校生(しかも二人)ということなんですが、現れたのは真冬と夏陽。
二人を見てどうして何でWhyと爆発的な衝撃が起こっている秋太郎。
しかし当人の中で結論が出る前に真冬&夏陽がこっちに向かってきます。そして
この笑顔が怖い
この日からボクの刺激的すぎる日々が始まりを告げるのだった・・・

放心したまま放課後。小麦に大丈夫?言われますがそこに真冬&夏陽。
その衝撃といえばイスから落ちるぐらいです、その上真冬は見せ付けるように座るから困ったものですええ(笑)
あわてて秋太郎は逃亡してしまいますが、夏陽は「ふふふ・・・面白くなってきた♪」(ぬこ目)

小麦との帰り道。真冬&夏陽が2m後ろからついてきます。
そのうちこっちに追いついてまずは小麦との間で自己紹介と。ここでも小麦は丁寧な受け応え。
するとこの二人、今日から新しく住むとか言い出しているわけで
おどろく当事者
当然のごとく住み着きモードなわけですよええ(笑)

部外者化している小麦が仰天しているのでここで真冬&夏陽との関係について説明をば( ・・)/
*どうやら両親はこの二人に恐れおののいて逃亡した模様( ̄▽ ̄;)

二人が小麦に案内してもらっている間、一人残った秋太郎は震え、寒気を感じ、冷や汗をかくのです(・・;)
「・・・大丈夫かな、ボク」

夜、「オハヨーゴザイマス」と夜這いの様式美を実行する謎のひとたち(ぁ
なにやら仕掛けをやった後、「うおっまぶし!」と起こされた秋太郎。
すると真冬&夏陽がナニを二人がかりで詰ってますが、本当に久しぶりねと懐かしんではくれるのです。
ただし、「こんな玩具、滅多にないものね」ですが(ぁ

しかし途中でなぜか止めてしまう二人、お願いしますもっと苛めてくださいと足元にすがりつく秋太郎。どM。
すると真冬。兄さんのことは満足させてあげるわとクローゼットを開けてみると・・・小麦が拉致られてたわけです( ̄▽ ̄;)
*つまり一部始終見ていました( ・・)/

こんな惨状を見てしまってはもうダメだ家庭崩壊だと絶望する秋太郎。小麦は泣いて逃げ・・・
同調されてしまった(・・;)
・・・あれ?( ̄▽ ̄;)

「わ、わたしもお兄ちゃんとエッチする!」
妹二人に押さえつれられてこのまま成すがままなのかと観念しようとするのですが、
「夏陽、ここまでよ」と真冬&夏陽はさっさと自室に帰っていってしまったんですよどうするんですか(^_^;;;
*結局最後までしてしまいましたが「お兄ちゃんの調教、頑張ってみる」と・・・(^_^;
その上、真冬&夏陽とまでのしかかられてH、そして「やっぱり、兄さんしかいないわ・・・」と・・・

#次の日
起きてみて、休日だから今までのことを整理・・・できるほどメンタル強くありません(^_^;;;
何てことになったんだうわぁぁぁ状態になっていると「・・・お兄ちゃん?」
後悔とかしてないよと言ってくれる小麦ですが、唐突に残り二人がやってきて中断。

とっとと学園に(おい休日じゃ・・・)行こうとしますが、いつも一緒なの?と真冬
するとだったら私たちもと言う夏陽ですけど、一緒だといろいろまずいような。
でも夏休みまで(一ヶ月ぐら)しかいられないとタイムリミットがあるから一緒でもと
タイムリミットは調教の基本
*調教ものっていつも時間制限ありますよね(ぁ

さて学園。もう真冬&夏陽は妹だということはバレまくってます(笑)
しか小麦含めて三人別々に昼休みに誘われたからもう大変・・・なのですが、いきなり場面は夕方の自宅( ̄▽ ̄;)
*誰も選べずトイレに逃げ込んでたらしい・・・Σ( ̄0 ̄;)

当然DOGEZAタイムなわけで、妹三人に囲まれてDEGEZAとかひどい惨状です(^_^;;;
しかし真冬は「兄さんを悦ばせても仕方ないわ」と見事に本心見抜いてましたが・・・

#次の日
部室に呼び出された秋太郎。
*ちなみに天文部の部室です。
しばらく待っていると夏陽と小麦がやってきましたが、この二人も真冬に呼ばれたクチ。
すると「お待ち遠さま、みんな」と真冬が登場して、なにやらプリントを配っています。
何でも部活を作ることにしたそうですが・・・

「兄さんの性格は腐りきっているわ!」
と秋太郎を糾弾した後、
こんなどMを野放しにしているわけにはいかないと
つまり妹部だと(ぇ
*ちなみに天文部はこの真冬がぶっ潰しました( ̄▽ ̄;)
で、真冬部長以下の面子が揃ったので早速部活内容とかもう用意してあったスケジュールを取り出しましたる真冬。
そのスケジュール表に自分の名前を書き込む彼女ですが、
小麦と夏陽もその意味を理解して名前を書き込みます
(真冬:月&木、夏陽:火&木(あれ?)、小麦:水&土)

そして自分の担当曜日以外は過度な接触は禁止とルールを決めて・・・
「それでは、ここに新・天文部の設立を宣言します」

恐怖と不安で((;゚Д゚)))ガクガクブルブルな秋太郎、でも内心では刺激というかこの状況がいいと思ってるわけで
こうしてボクと妹たちの逆調教の日々が始まった・・・

*ここから部活(というか調教)パート。
パラメーターが二人分ある点に注目
見ればわかるとおりヒロインだけでなく主人公側にもパラメーターがあるのが特徴
三人のメニューはそれぞれ違います(小麦のみメニューが一つ少ない)
体験版では日替わりでヒロインと調教をこなす形で、3人×2回こなして体験版は終わりです。
*付属として「その後」ということで三人とのHシーンというか調教シーンの一部が見れます。

#キャラクター

メインのみボイスあり
ちなみに真冬と夏陽は実妹、小麦は義妹(再婚した母の連れ子)
そしてメインの苗字を合体させるとマルキドつまりサド(ぉ

*城戸真冬
実妹の姉の方で兄さん。黒髪ロング+黒スト人
見た目からしてクールですが実際どSで、言葉攻めが素敵(ぉ
夏陽からはツンデレ言われてますが、確かに少しデレの素質は垣間見えるような・・・

*城戸夏陽
実妹の妹の方がお兄。ショートで元気系
肉弾戦要員というか何かと突っ込みを入れる人。
たいてい姉と組んでますが、単独となったときにどう本音が出るかですね

*丸木小麦
義妹。お兄ちゃん。ツインテでおっぱい担当
二人に引っ張られるようにどSの道に入りましたが、実は根が一番どSかも。
本来は優しい子だとは思いますが・・・

*丸木秋太郎(デフォ名、名前は変更可能)
主人公。先生ですけど授業シーンとかはほとんどなし
完全な受けキャラでしかも優柔不断な面もあるから更正が必要だと(ぉ
豚言われてますが小太り系なんでそれが問題かも(・・;)


舞台は前作と同じ学園ですけど、別に続編ではない今回の作品
(前作のことは伝説として残ってる程度、ちなみに制服は変更なし)
よって雰囲気は結構近い感じがするんですよね。

そしてコンセプトも前作と同じで「Mな主人公がどSなヒロインにいぢめられる」話。
ただし立場はまったく正反対で今回は主人公が兄兼先生でヒロインは妹という構図で
しかもこの妹どもがみんなどSだから困ったものです(笑)

そういう妹たちですが、三人それぞれ性格とかそのあたりがはっきりしているのはよいかと。
一番純粋そうな気がする小麦が一番化けそうな予感はしますが(笑)
ただ、主人公が前作の女装が似合う可愛い系から小太りキャラになったのはマイナスなのかも。
イベントCGでも腹出てるからあんまし好青年に見えないんですよねええ(:^-^)
このあたりは受け主人公の宿命でしょうけど、蹴飛ばされるシーンやスタンガン喰らってるシーンには向いているのかも(ぁ
でもテキストミス(休日だったのにいつのまにか学園に、曜日間違い(ボイスすらも))とかすっ飛ばしは減点ですはい(・・;)

それからちゃんと調教メニュー、それからパラメーターもあって調教というものについても考慮されていますが
パラメーターはヒロイン3人でなく主人公にもあるのがポイントなのかも。
よってどう進めていくかによってただ責められるだけから離脱できるのでしようか・・・?

おまけ:
シュミとシミュの違いについて( ・・)/
・・・シミュレーションをシュミレーションと間違える人多いよね(ぁ

ずっとすきしてたくさんすきして体験版感想

  • 2013/06/14(金) 21:05:57

いつものように著作権はここに

いちばんおっきい人で(ぇ
容量は410M。別にサポーツトールを持ちます
画面は1024×576のワイド。システムは上側の進行制御→オプションで
ボイス割り当て、テキスト色やフォント変更。それから発射場所選択がついています
*ちなみにクイックセーブ/ロードしかないので注意です

「ほら、見て見て!あの雲アイスクリームみたい♪」
甲斐中刻人(主人公)と話すのは愛しい彼女(ただし名前容姿不明)
そんな愛おしい彼女とのキスを楽しんでいると「お兄ちゃん」、あれ?

はい、夢オチでした( ・・)/
んがふふふ(ぁ
しかもサザ○さんねたを出してるというオチですし(ぁ

ぬいぐるみ攻撃をしていた永遠をベットから剥ぎ取ってなんとか起床。
おしりぶつけたサスサスしてーとおねだりしてくるこの\(>ヮ<)/な妹をに痛いの痛いの以下略を施すわけです。
さらにえろげまでやっているこの不埒な妹をぺしぺししていると幼馴染の香春がやってきますた( ・・)/
こっちの幼馴染のほうも脳内お花畑とかいう突っ込みをする前に時間切れで登校への道へ

ぐふぐふと笑ってる永遠をなんとかしようと思いつつ校門へ。
すると朝からうるさいですわ、早くドケやがれです、「アブラムシ」と敵意丸出しのオーラが後方から!
こいつは俺の宿敵、とーちゃん!しかし刻人の視界に入らない!背景して写ってない!
わざと縮小画面で(ぇ
・・・なんだ、ただのろり要員か(ぁ

しかしこの冬眞、相変わらず口が減りません、ミミズ脳だのへちゃむくれだのひどいですが
香春にだけはなついています(卵特売で助けてもらったかららしい・・・)

で、下級生の永遠と冬眞(ただし「あっかんべー!して・・・」)は去りますが
今までの様を見ていた香春からは冬眞は刻人のことを気に入ってるみたいだなと、ツンデレらしい(ぁ

さて教室に行くと来夏がなにやら賭け事をしていた模様(^_^;;;
げーむ屋という便利な設定
*刻人が遅刻するかしないかで賭けたらしい・・・・

香春同様の幼馴染である来夏をたしなめていると秋奈とぶつかってしまいます(・・;)
散らばった彼女の本を拾ってあげていると「10秒の勇気で世界が変わる本」というのを目に。
興味を持った刻人に秋奈は快く貸してあげるわけなのです
ライターの体験版かもしれず(殴)
・・・ただし直後に恥ずかしさから逃亡しましたが(^_^;;;
そして残った来夏は彼女を女の子だなぁ対して香春はお母さんだなぁと思うわけです。
*ここからは各ヒロインのイベントがダイジェストで入ります

#永遠(多分初Hの次の日)
刻人が起きてみると隣に永遠。しかも全裸です(笑)
そんな永遠を「ぷにぷに」していると起きてきましたが・・・恥ずかしいと布団をかぶってしまうんですよ
今までは気にもしたことなかったのに、「何で今日はこんなに恥ずかしいんだろぉぉ〜!」

これまでは妹だったけど、俺の「彼女」になったからだと刻人が言うと
「彼女」という言われ方がものすごくこっ恥ずかしいようです(笑)
挙句「ぼふっ!」と爆発するは眩しすぎるだの夢だのもう動揺しまくり(ぁ
全裸絵しかなかったので・・・
でも現実だよとキスしてあげる刻人。すつかり永遠の「彼氏さん」なのです

#香春
冬眞にさっさと戻ってきやがれですわとフナムシ呼ばわりされるんでバイトに戻った刻人
*お客として残り4人のヒロインもいます。
従業員の冬眞には鼻の下伸ばしすぎだと相変わらずの言われようですが
内心ではドキドキさせないでください言ってるわけなんですよと(笑)

さて残り4人。香春が刻人の周りって可愛い女の子がたくさんと言ってるんですけど
来夏・永遠・秋奈はうんうんとうなづくというか、来夏などは「刻人のこと好きなんでしょー?」と返される有様(笑)
しかしこの香春、「えへ・・・好きだよ?」とストレートに打ち返してくるから残り三人は
だぶる\(>ヮ<)/(ぇ
もはやお手上げ状態です(笑)

だったら正式に付き合いなさいよ×3人となるわけですけど、
「刻くんの近くにいられるだけでも充分幸せだし」とか幼馴染したままです、困ったものです(ぁ
でも他の子とくっついたら悲しいんじゃない×3人と押されるんで香春は真っ赤になってしまいましたとさ。まる(ぁ

その後、刻人とあのその付き合うことになりましたと残り4人(冬眞も追加)に報告する香春
「おめでとう〜〜〜!!!」とみんなに祝福されましたとさ( ・・)/

#来夏
刻人と一緒に帰ってきた来夏。ネットで配信されてる曲を何度も試聴して、試聴して、試聴して。
そうして刻人が好きそうな曲を探していく来夏。でも明日一緒に帰れるかはわからない。
とはいえめんどくさいといってやめたくはない。刻人が気に入った時の顔が見たいから

そう考えつつ昔のことを思い出す来夏ですけど
o(>_<)oSD
つい昔好きといつてしまったことがすごい残ってるわけなんですね。幼馴染の基本です(^_^;;;
o(>_<)oしていると香春のことを思い出す、あたしは、刻人とずーっと一緒にいられたらそれでいい・・・

*次の日
ということで刻人と帰っているわけです(当然イヤホン二人で共有して)
・・・あたしのこと好きなの?
・・・こんなに近くにいても平気なの?
・・・もしかして、嫌われた?
・・・好きじゃなくていいから、一緒にいたい・・・

#秋奈(立ち絵は出ずにシネサイズというか一人語り場面)
夜、お風呂に入ろうとする秋奈。思い出すのは昼間の出来事
髪の毛を触ってもらった時のこと、一秒でも長く甲斐中くん触れて欲しかった

ふと本棚を見ると赤い絵本。実は秋奈は刻人に一度会っていたという・・・
・・・あのとき「好き」って言おうとしてくれたの?
・・・甲斐中くんは私の大切な初恋の人なんだもの
・・・私が「好き」って言ったら甲斐中くんはどうするの?

#冬眞
お昼ごはんの後、のんびりしている香春と永遠。
その香春に呼ばれた冬眞なんですが、永遠に元気ないねと言われるわけなんです。

さて香春は話しづらいのなら話さなくてもいいよと言うんですけど
冬眞は相談することにしたわけです、そのお話しとは自分に好きかもしれない人ができたと。
そしてその好きかも知れない人が女の子に優しくしてるんで「やきもち」を焼いてると( ・・)/
あーこれもう堕ちてますね(ぁ
「ああ・・・」(二人シンクロ)

このままだとやきもちが悪化してしまうし、その件の人にも二人にも嫌われるとネガ思考に(^_^;;;
だったらその人に全部伝えたらいいんじゃないかなと香春がアドバイスをば。
そんなわけで、冬眞は顔を洗って出直すこしになったわけですが・・・

*ここで体験版は終わりです、他に5人のHシーンが付属
なお、タイトルに戻る前にOHP告知サイトを開くのでネット接続してる人は注意( ・・)/

#キャラクター
モブ男含めてフルボイスですが、立ち絵のあるのはメインのみです
そしてキャラ名は方向名+季節名(妹のみ特殊)から。

#右高香春(うだか こはる)
家事万能良妻賢母な幼馴染。当然部屋にも普通にやってきます(ぁ
夫婦と普通に言われそうなよくある幼馴染関係ですが、そこからどうなるか
傍にいられればそれでいいと普通に言う人なので個別になると?

#上条来夏
幼馴染。こつちは友達系のツインテ。ちなみにゲーム屋の人
友達で一緒にいればそれでOKな方ですので、香春との違いが見ものだと
個別部分で実は昔好きだと言ってたようなのでその葛藤がよさそうですね。

#蓬佐秋奈(ほうさ せりな)
クラスメイトで文学少女。見た目通りのおとなしい方
実は過去にこの人も主人公とあるわけですがそのあたりは後でと。
図書館場面がどうなっているか見てみたいものですね

#真下冬眞
バイト仲間で後輩。クール毒舌というか会うたびにひどい言われよう(笑)
とはいえ実はツンデレというかそんな感じで、デレると面白そうではあります
後はバイト時にどういう感じになっているか、制服プレイも安心ですが(ぉ

#甲斐中永遠
妹。お兄ちゃん、ヲタ系でアホの子、\(>ヮ<)/(ぁ
ヲタとはいえ妹ですから兄らヴぶりは見ればわかるとおり。
・・・ただ、妹監禁えろげのプレイはさすがにまずいと思うぞ(笑)

#甲斐中刻人
主人公。比較的普通の主人公というかあんまし印象がない(殴)
ただ作品の構成上(主人公側から告白する)、決断力はあるはずですはい。


「どこでもすきしていつでもすきして」のリメイクというか、台枠から上を作り直した感じの作品
とはいえ台枠(概念)は同じですが車体(見た目)が変わりすぎてるので別作品扱いでもよいかと
*元作にいた年上キャラを外して年下キャラを入れたのは時代の流れというかすごく残念たけど

そういう前書きはともかく、短い冒頭と各キャラ分のエピソードを組み合わせた体験版で
どういう流れで個別に持っていくかは本編をやれということですよねと。
各ヒロイン視点部分ではヒロインがいろんなことを考え、思ってるのがよくわかりますので
(特に来夏と秋奈)
そうなると「どうして主人公に惚れた」となりますが、過去の思い出技を使いすぎてるような気も・・・
何しろ冬眞以外全員ですから・・・(^_^;;;

キャラとしては\(>ヮ<)/な妹とか毒舌とか文学とか幼馴染とかで構成されてますが
告白したヒロイン以外の面子が応援側に回ってる感じがするのはよいかと。
それと特筆したいのはBGMがなんか個性的。ラップとかギター入りとか聞いてて面白いんですよね

後はコンセプトを読む限り「主人公が告白」してから話が始まる形なんで
短い共通+長い個別という構成になるのでしようけど
いちゃいちゃをどこまで突き通せるかですよねこういうのは(笑)
突然最後らあたりでシリアスにひんまげて崩壊というオチだけは勘弁をと(^_^;;;

おまけ:
\(>ヮ<)/(ぁ
\(>ヮ<)/(ぁ
 

ナマイキデレーション体験版感想

  • 2013/06/03(月) 20:39:19

いつものように著作権はここに

のりたまがいるから(殴)
容量は420M。別にシステム設定ツールを持ちます。
画面は1280×720の大型版。シスムは1ページに収めた基本を抑えたもの。
ボイス割り宛て、システムボイス(メイン4人だけ)等。
*ちなみに画面左側にはサイドパネルが収納されていて、メッセージや音量はこっち側からでも調整できます。

夏休み前のある日(推定:7月16日)、期末テストで爆散した夏島新十郎(主人公)
追試を乗り越えるため汐里に勉強を教わっているわけですが・・・(´・ω・`) 状態(ぁ

しかし新十郎にとって問題はお勉強ではなくいちいち押し付けてくるおっぱいだったわけです(ぁ
煩悩との戦いというもの
そうこうしているうちに妹のみさきがやってきましたが、この妹、兄のことを性犯罪者予備軍言ってるよ(笑)
そしてみさきの作った夕食の後、汐里がおやすみなさいと自宅に戻ってこの日はおいます。

#次の日(7月17日)

取ってつけたようなモノレールの横を汐里と共に通学路を歩くわけですが
「夏大好き!シン君の次に好き!」としょっぱなから元気なんですよ汐里は(笑)
そんな彼女は水泳部の合宿に行くのですが・・・忘れ物を指摘されてあわてて取りに戻る有様です(^_^;

戻ってきた後、合宿で四日間会えないからと
なにこのニャル子(ぇ
行ってきますのチューを要求する幼馴染という存在が(ぁ

そんな迫られイベントに現れた大輔と真。今度は真にすりすりされるターンとあいなります(ぁ
対して大輔はいい加減汐里と付き合えと正論を述べますが新十郎はいつものえろげ主人公回答に終始(ぁ

そんなわけで(コピペ)、汐里は東京に合宿に向かい、残った三人で教室のシーン。
「HRって何か意味あんのかしら」とかのたまってる湊先生はとっとと職員室へ・・・
・・・って追試を忘れてますよこのやる気のない先生、「しまった」とか言ってる場合じゃないし(^_^;

で、一気に放課後まで飛んで何か企んでるとしか思えない湊先生監視による追試開始( ・・)/
記憶を思い出せばこんな追試なんて大丈夫だ、でも出てくるのはおっぱいばかりじやないですか!(笑)
*しかし出てくる問題がというか、よく調べたなスタッフ(謎

スタッフの努力(ぇにより「合格だよぉーっ」となって一安心の新十郎。
すると湊先生艶然と微笑むと「あんた、部活とか何もやってないわよね?」となにやら質問をば。
何もしていませんと答えたら今度は文化祭(湘栄祭)の話が。何でも実行委員の面子を探しているとのこと。つまり
別に暴虐ではない・・・
※:この先生委員を選ぶことをすっかり忘れてました( ̄▽ ̄;)

授業抜けられるよだの進学就職に便利だよ、さらに女子にもモテるよと聞いて
「やりましょう」(ぁ

さて会議室(湊先生はBLゲーのため逃亡(ぁ)
意気揚々と会議室の扉をくぐったのですが・・・誰もいません(^_^;
近くにいた通りすがりの立ち絵もない戸折菅利先生に聞いてみると災難だねと同情の声が
*文化祭なんて期待されてないらしい・・・

さらに戸折先生いわく、実行委員はキミ一人(つまり、モテる以前の問題)と聞いて絶望(ぁ
あわてて職員室に殴りこんでみると騙されるのは貴様が悪いとか開き直ってるよこの腐女子先生!(笑)
でも最低5人はいないと回らない&自由に引き込んでもいいということで

#次の日(7月18日)
早速、真&大輔を勧誘してみましたが「無理(シンクロ)」
それでも親切な大輔にソーセージ、もといチーカマを貰っての帰り道。堤防の上に誰か寝そべってると思ったら
ぬこーぬこー、いや汐里のとこにいるぬこの玉九郎。
他に誰もいないので玉九郎をぽんぽん投げ上げつつ悩みを打ち明けていると・・・・・・後方からのライダーキックが!( ̄▽ ̄;)

何で?と振り返ると女の子。でかっとかおっぱいを見ている場合ではありません。
ではなぜライダーキックかというとぬこをいぢめてると思ったわけでして(^_^;;;
しかし玉九郎との行動によって自分の非に気づいたこの人は「ごめんっ!」
さらに「あたし蹴っていいよ!」とか言い出してますよええつ( ̄▽ ̄;)
とどめに渚というこの方は挙句の果てに
変な想像するだろうがと(笑)
何を言いなさるんですかっ(笑)

しばらくの説得の後、ようやく自分の非を理解して通常モードに戻った渚
事情でペットが飼えないとのことで玉九郎に頑張ってもらって「ニャホォ〜ン♪///」
そんな渚にぎゅぎゅされたぬこを介して実行委員の話を切り出すと「あたし、手伝ってあげてもいいよ?」
当然頼むと勧誘して、無事に引き込むことに成功したわけなのです( ・・)/

・・・ただし、玉九郎に家に来ないか風呂入らないかと誘ったらなぜか渚に粉砕されましたが・・・(ぁ

#次の日(7月20日)
放課後の会議室。渚(の主におっぱいとかぱんつ)ことを考えていたら当人登場( ・・)/
ちゃんと昨日のことは謝ってくれたようでまずは安心です。
続けて先輩じゃなく名前(新十郎)で呼んでくれと頼んでヘンな呼ばわりされますが
湊先生から「いいんじゃない?」と5秒で承認してもらって渚も正式な面子になったわけです。

帰り道。渚と別れ、さらに家事担当のみさきも不在なんで「かぎや」という今や懐かしき駄菓子屋へ。
スパイスティーチャーとかいうあやしい飲み物を買おうとしたら・・・「おお、しんじゅーろーではないか」

そこにいたのはメイ。レトロゲーをプレイしていたようでまずは二人してスパイスティーチャー・・・
・・・のはずが、新十郎の分だけ売り切れというオチ(笑)
でもそこは同士の契りを結んだメイです、半分飲ませてもらうのです(間接キスに気づかない主人公)
さらには串カツを二人して食べていると彼女に対しても実行委員の話に。
するとメイもまた「何なら、我が手伝ってやってもいいぞ?」と快く了承してくれるのです。
自分から天才言う人は(ぇ
※:主人公はメイを近所のお子様だと思ってる

#次の日(7月21日)
昼休み、真&大輔に渚のことを話すわけですが、相変わらずこの二人に関しては勧誘は無理。
まあそれよりも渚について大輔はおっばいは大きいのかおっぱいはと連呼する有様(ぁ

そこに当の渚がやってきたからさあ大変なわけで
何しろ大輔はここで汐里のことを婚約者呼ばわりするわ渚につきあってくれ言い出すわで困った人です
当然渚は「嫌」と即答したけど今度は真についての話になり・・・
よくあることです(ぇ
お約束のオチが待っていたわけです( ・・)/

放課後。会議室に行くと渚が怪しい目で本読んでるのでひょいと奪うと突然暴走(笑)
*どうやら真に衝撃を受けて女子力アップを目指しているらしい(ぁ

彼女の蹴りを必死こいてかわすのですが、代わりに見事直撃を喰らったPCは大破( ̄▽ ̄;)
どうするのよ状態の中、やってきたのはメイ。もちろん昨日の約束を果たしに来たわけです。
あんたにはこんなちいさい子をと節操がないのと渚に叱られますが、
・・・そもそもメイは生徒ですよ?(ぁ
・・・しかも三年生ですよ?(ぇ
ドイツの技術はny
・・・しかも飛び級ですよ?(爆)

何で駄菓子屋にいるんだよなんてのは「ゲームは宇宙」という謎の名言で華麗にかわすメイ
さらにさっき渚にKOされたPCを呆気なく修復どころか手足つけて自律化までやって新十郎&渚&プレイヤー唖然(ぁ

その後、制服に着替えて戻ってきたメイを加えてようやく面子が三人に。
で、帰り道に三人で「かぎや」に寄って渚にもスパイスティーチャーを奢ってあげるのです。
・・・まあ、ダメでしたが・(´・ω・`)

夜。みさきとの夕食、妹と一緒のメシなら何でもうまいはず
するとこの妹からも実行委員の話が。とはいえこの妹も文芸部なので今のとこ参加は否定ですが。
それはともかく、メイについては天才少女ということで知っていた妹ですけど
もう一人の渚のことを話すとしばらくトリップした後、

「私も手伝います。実行委員」

・・・何これ?(C)新十郎)

#次の日(7月22日)
明日から夏休みということでアバウトなHRの後、真と大輔からカラオケに誘われますが
ここはヒロイン攻略もとい、実行委員が優先なので早速会議室へ。
途中、挙動不審気味のみさきを拾って会議室のドアをくぐると渚&メイが待っていました。
この二人打ち解けて何よりだなぁと思いつつ、みさきを紹介。でもまだ挙動不審(汗)

するとみさき、渚に一年前の話を始めるわけで、ナンパ男(ただし大学プロレス研究会主将)から助けられたってわけですね、渚つええ(笑)
まあそんなわけでみさきも加わってめでたしめでたし、さあ実行委員のスタートだっ!
言いたいこと多すぎ(笑)
・・・しかしまどそふとの技術の全てを投入した汐里の乱入が(笑)

肉林の説明求むと言う汐里にも実行委員の話を切り出すと
こんなに女の子いっぱいでうっふんあっはんな桃色空間にシン君を野放しにはできないとばかり委員会に入ると。
水泳部は?という突っ込みは他の面子にあっさり否定され、なにはともあれ5人揃ったわけです。

さて、面子が揃ったはいいけど、さてこれからどうするのか
とりあへず生徒会長様に報告に行くことにしますが、まずはみさきを先頭に立てて会長の軟化を促します。
すると涛子会長。みさきが新十郎の妹と知って「苦労してるのね・・・」と励ましてくれました(ぁ

続けて他の面子。汐里とメイはともかく、渚には敵対心むき出しですよこの涛子会長(汗)
空手なのに拳技がない人
問題ばかり起こしてる渚は委員には認められない(実際涛子の眼前で蹴りやったし・・・)
しかしここは主人公の新十郎です。「約束は守るヤツなんだ」と前のこと(粉砕したのに次の日にはやってきた)を引っ張り出します。
何しろ玉九郎が懐いたんだ、悪いやつじゃない「おまえと委員会をやりたいんだ」
さらに他の面子も一緒にやりたいと言うのだからさすがの涛子も折れて一見落着・・・

・・・いへ、実はあの会議室は別の部が使うので場所を何とかしろと・・・( ̄▽ ̄;)

で、湊先生に聞いてみるとちゃんと実行委員会専用の部屋があるとのこと。
さっそく鍵と地図を貰ってその部屋とやらに行ってみるとこれがボロ屋(^_^;;;
建物はボロいけどちゃんと「実行委員会本部」という表札があるしどうやら本物のようです。

さっそく鍵を開けて中に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 崩 壊 (ぁ
・・・・土砂崩れ(資料等が詰め込んであった)で埋まってしまいましたとさ、まる(ぁ

#これで体験版は終わりです、他にみさきのHシーンが付属

#キャラクター
フルボイス。メインキャラのみポーズ差分があります。
ちなみに両親はお約束通り抹殺で、珍しく先輩キャラ不在です

*西村汐里
幼馴染。珍しく同年齢ではなく一つ年下。
やたらにベタベタしてきてらう゛らう゛オーラ全開の人
というか過剰すぎてニャル子さん系になつているという方で、下手するとうざい(ぁ

*夏島みさき
実妹、兄さん。家事万能で料理もできる方。実は文芸部
基本毒舌てクールですけど渚に対しては挙動不審化(ぇ
面子の中では真面目系ですがえろい妹になることはわかります、ええ(殴)

*新開渚
後輩。蹴りで生活できそうな空手部推薦という主人公大丈夫かの人
でもまあぬこ好きとか約束守るとか照れ屋とか一応装備されています。
何かというと蹴りを放ってきますが、今のところパンチラCGがないのは減点(ぇ

*メイア・クロイゼルング・白鳳(メイ)
ちっさい担当の天才ロリ、飛び級のため同級生。
お子様な部分もありますが、自分を「我」と言うあたり知恵者としての自覚はあるようです
主人公とは友達付き合いっぽい関係ですが、さてどあ進むかと。
*ちなみに私服時のぬこ帽子は分離してのりたまタイプのロボになる模様

*初瀬湊
担任兼顧問。いい加減でやるきのないダメ先生系
腐女子でげーむばかりやっているわ面倒押し付けするわの人(^_^;;;
面白いこと好きで実は唯一の年上なのでうまく絡めばいい扱いになるとは思うのですが
*ストーリーに「担任の暴虐」とあるげと別にこの人ダメなだけで暴虐じゃないぞまどそふと・・・

*伊吹涛子
生徒会長。見た目でわかるとおりの眼鏡真面目系
何かと渚にあたる感じですが立ちはだかる壁になるのか(^_^;

*日向真
友人キャラ。ちなみに男の娘。当然ヒロインより可愛い扱い(ぁ
大輔といつも組んでますが意外にも実行委員に参加しなかったのでそのうち空気化?

*山城大輔
友人キャラその2、おっぱい星人(ぁ
それを除けは結構いい人で手助けもしてくれるようですが、やっぱりおっぱい星人(ぇ

*玉九郎
かわゆす
汐里の家に住み着いてるぬこ。空中浮遊が好き(ぇ
渚になついてきましたが、他の面子とも兼ね合いができるのかなと
後、投げ上げしーんがかわゆい(笑)

*夏島新十郎
主人公。えろ発想も妄想もできるよくあるタイプ(ぁ
とはいえ汐里を見ていると逃げを打つタイプになるのは仕方ないのかも


「ナマイキなヒロインたちの話」だから「ナマイキデレーション」となるわけで
癖のあるヒロインによる作品ということになります。
よってそのヒロインどもに振り回されるのが主人公の宿命になるんですよね(笑)
とはいえこの面子は別に本当に嫌いなところからではなく、好き状態からですからまあ何ですよ、デレさせろということで
(一部最初からデレすぎてる人もしいますが)

立ち絵を見るとまるでSQUEEZなのかと思うぐらい胸が強調されている&強調している制服
よっておっぱいな感じもさせてくれますがその点は貧乳キャラでカバー
そういう強調されたキャラですのでポーズとか表情パターンも多いのですが、
ポーズ変更はメイン4人のみだからサブとの会話では動きの差が出てしまうのは欠点でしようか。
*後、ウインドウの部分が妙に目に障るときも。ギザキザが悪い?

話としては文化祭どうするかということでいつもの面子集め。
幼馴染がいきなり合宿でいなくなるというのは非常に珍しい展開ではないかと
(あのニャル子さんみたいな性格が出られるとウザくなると思うけど・・・)
ホイホイ集まるとか宛がわれた場所がボロいとかいろいろありますが
「担任の暴虐により」というのは言いすぎですよねOHP(^_^;;;

後はヒロインどもがいつデレるか、そして文化祭をどう進めていくかですよね。
見た目からしてシリアス向けの面子ではないので文化祭はお祭りに持っていってもらいたいですが。

おまけ:
しょぼーん
(´・ω・`)