フラグへし折り男体験版感想

  • 2011/01/03(月) 23:37:27

いつものように著作権はここに

最初の出番は(汗)
容量は550M。ウインドウは1280×800で、960×600、640×400の3パターン、フルにするときの画面調整も可能。他に主人公のボイス設定(相槌ボイスであってフルボイスではないですが)、フラグ演出設定(後述)まであります。
後、OHPどころかあまぞーんやそふまっぷにもアクセス可能だったり( ・・)/

朝、相澤まひるはバランスや幼馴染について思いつつ階段を駆け上がります
常識的なあたしの一日が始まる。ちょっと非常識な、アイツと一緒に・・・

そして彼女は鈴原小五郎(主人公)を起こしに来たわけなんですが
準備万端すぐる
・・・この主人公準備万端ですよええ(笑)
しかも朝っぱらから予習だの主人公説明しているまひるに突っ込む手際よさ(^_^;;;
まひるが起こしに来てるんだから喜びなさいと言っても「うん、何故だい?」(爆)

で、まひると朝食(小五郎謹製)。食べに来てくれると嬉しいと言う小五郎にときめくまひるですが
勝手に妄想しているうちに小五郎に魚食われるというオチに(笑)
そして悠を迎えに行く途中でも「煩悩」を思い出すまひるに対して「煩わしい悩み」と返す小五郎だったり(^_^;;;

さて相澤家ですがまひるが悠を呼んでる間ヒマな小五郎はぬこを発見。追跡しますが見失い。
そこに悠を連れたまひるが到着。悠が何を見失ったか聞きますが

「朝に人と出会った時、まずは挨拶だと思うんだ」と礼儀正しい小五郎なのです(^_^;;;
そんな小五郎や鬼瓦にときめく悠を見て「フツーって何だろ」と考えてしまうわけで
*考えているうちにまひる放置(爆)

校門。何で放置していたのかとまひるが文句言いますが「広大な宇宙と交信していてたのかと」と電波認定する小五郎(ぁ
まあ、悠から正面きって小五郎と話せるまひるはすごいとフォローしてくれますが
とはいえ走ってきたまひるに心配だからとスポーツドリンクを渡せる小五郎、さすが主人公
プロテインって・・・
・・・何か間違ってますが(ぁ

そして廊下。俺様登場とやってくる本田雪乃丞をほっといて教室に入ろうとするとモブ女子の声。
コゴローさまと声が飛んでも反応しないことを突っ込みますが、キモイ言われている雪乃丞よりはマシです、はい(笑)
そんな雪乃丞を小五郎は軽薄と諭しますが、雪乃丞は淡白と言い、続けてまひるに報われないポジションと(^_^;;;

その後の休み中、小五郎に生徒会室に来てくれという放送が流れますが「授業の準備で忙しい」と却下
*生徒会室に行ったら遅刻するからとのこと。
二度目、三度目、四度目も上記の理由で無視された放送側はもはや断末魔状態( ̄▽ ̄;)
埒があかなくなったらしく、とうとう昼休みに放送の主がやってきたわけですが・・・

・・・当の小五郎さんは「今は昼食の時間だ。TPOをわきまえていただきたい」Σ( ̄0 ̄;)
それでも話を聞く気になった彼によろけつつも麻美会長(+右央&左央)は
びしっ
びしっと言ってみました( ・・)/
小五郎には生徒会や生徒を率いる素質があると言う麻美ですが、逆に
己の素質のみで生徒会長になられたのですか?と言い返し、貴方が会長だから平穏だと褒め称え、
最後まで生徒会長をやり遂げますわと彼女も決意を胸に去・・・あれ?(^_^;;;
呆気なく空振り
*小五郎は食後の運動だと去ってしまいましとさ、まる(ぁ

放課後、雪乃丞を部活に誘おうとしますが断られ、さらにはまひるまでいないことに呆れる小五郎
その様は雪乃丞に少しは相澤らのことも考えろ、考えが重いとたしなめられるほどですが
放課後は一人ひとりの自主性が試される時間だと剣の道に励む彼には・・・(^_^;;;

さて学校にを後にした小五郎。木陰で本を読んでいた悠と合流して2人で河川敷を歩きます。
そこで「全部の事柄に全力で反応しますから」と小五郎を上手く捉えた評をする悠。
ただ、「馬が合うのかも知れないね」とお互いの堅苦しさが共通していることを言う小五郎に
馬乗りプレイ(ぁ
攻め受けに変わる新たなカップリングがっ(ぁ

その後、住宅街まで戻ってきた2人ですが、そこで堅苦しくならない練習をしたいと悠。
相変わらずな鍛錬重視の小五郎ですが、「僕の家に来ないか?」といきなり発言(^_^;;;
でも結局鍛錬になることに気付いた悠は結局帰ってしまいます( ・・)/

そして1人になった小五郎は鍛錬のターン。
しかし「鍛錬」の真の答えとは、ただ鍛えるだけで答えは見つからない、過去を振り返る小五郎。
こんなの課すってひどい・・・
・・・これをまひるにさせようとしたらしい・・・( ̄▽ ̄;)

父がまひるではついていけないと言うと「甘えは自らの歩むべき道を蝕む天敵です!」(汗)
それを聞いて「教えるべきことがある」と言った父が亡くなった今、「父以外」から学ぶ日は・・・

夜、延々鍛錬していた小五郎の所に「早くでてこーいッ!」とまひる(と、悠)が(^_^;;;
(お隣さんだから)夜な夜なパジャマ姿でやってきた姉妹を心配する小五郎。
どんな相手想定してんだよと(^_^;
なんという実用的な注意なんだ!(^_^;;;

さて、姉妹がやってきた理由は夕飯の差し入れ。
差し入れをいただいたのですが、(まひるの)母親謹製だと見事に当ててしまいます、まひる涙目(ぁ
それはともかく、ごちそうさまでしたと御礼を言ってえいてくれと小五郎は感謝しますが、
「コゴローは一から十まで堅っ苦しいんだから」と本日何度目かの「堅苦しい」に困惑気味の小五郎は何とかすべく2人に

「いつもすまない、ありがとう」

予想外の言葉に驚く姉妹、胸がドキドキする姉妹・・・
慌てた(と、恥ずかしくなった)2人は花火をしようということになります
主人公攻略作品だったらしい・・・(ぁ
こんな一日、というか小五郎が攻略される話なんですねわかりました(殴)
そんなわけで、フラグへし折り男が始まるわけなのです・・・
*体験版はこれで終わり。別にムービーとまひる・悠のHシーンが付属します。

#キャラクター
フルボイス、立ち絵がない人は名前はないはずです。
なお、主人公は「うむ」とか「そうだな」、あるいは「はっはっは」と相槌を入れる時にしゃべります

*相澤まひる
幼馴染で世話焼き系なんですが、小五郎が何でもできるため力を震えません(^_^;;;
完全なツッコミ役で思案や説明をするたびに小五郎に放置される報われない人(ぉ
ツンデレというよりも普通に素直じゃない方でと思いますが、どうやって小五郎を攻略するのか(ぁ

相澤悠
幼馴染でまひるの妹。姉と違って文学少女でおとなしいタイプ
でもたまにみょーな方向に想像してしまうところも。
小五郎と比較的まともに会話できるのはお堅い同士だからなんでしょうね。

*屏風ヶ浦麻美
生徒会長。当然お嬢様で多分完璧系。お付きの人までいます
自分のターンで話している時はまだいいですが、相手によっては空振りすることも。
そのためマイペースな小五郎の前では打たれ弱さが見事に出てしまったり(^_^;;;

*富岡左央・右央
麻美の取り巻きというかサポートキャラ。防御力が紙な麻美を支えるべく奮闘中
体験版見ている限りセットで動くようですが、単体で行動することはあるのでしょうかと。

*本田雪乃丞
右の人の焦りっぷりがばねぇ(笑)
友人キャラ。一応彼も剣道をやってますが全く小五郎には勝てません(^_^;;;
見た目は軽い人間ですが、なんだかんだと小五郎を心配してくれる良い友人キャラ。

*鈴原小五郎
主人公。剣道師範代。生真面目というか鍛錬バカ。
自分に厳しく完璧を目指す人なんで、ヘタレや鈍感というより「天然」。
結論としてもはや彼こそが攻略キャラ(笑)

まず、絵柄が今までのはむはむと違うのでぱっと見た目の印象は違うし
キャラとか表情によってちょっと安定してないなという感じがして見た目で損してるなという雰囲気はありますが・・・
*そもそも前作の劇中劇を大改良して単体の作品にしてものだし

相変わらず「何かネタになることをする」なはむはむだけあって他とは一風変わった作品になっています。
「フラグへし折り男」と名乗るだけあって画面右にヒロインのフラグが折れる様(あるいはフラグが立つ様)が出てくるのが一大特徴。
ヒロインがアプローチ→小五郎が受け流す→バキッという感じでこのバキバキ感がなんか癖になります
しかしただ折れるまくるだけではなくたまにフラグが立つような受け応えをするあたりが鈴原小五郎の凄さかなと。

そういう強力な個性を持つ小五郎はヒロインよりも先にボイスが公開されたというぐらい作品への重点が置かれていて、
ヒロインを攻略するとしうよりも「主人公を攻略する話」と言った方がいいような気がするぐらいです(特にまひる)
*実際過去回想からしてまひるはよく小五郎を見捨てないなと思う( ̄▽ ̄;)
まあ、「ネタにマジレス」という感じの受け応えが多いので、ヒロインより小五郎を気に入るかで印象は大きく異なるでしょうと。
そして主人公(ぁ)たるまひるの頑張りにも期待、小五郎に突っ込んでは弾き返される&受け流されるの繰り返し(これも十二分に面白いけど)からどう展開できるのか

後、発売時期の問題からか、ド田舎ちゃんねるみたいな仕様を変えたりゲストが出る体験版にならなかったのは残念ですが
(もしかしたらあるかも知れませんが・・・)
直接ショップへのリンクを設置したのは何かしておきたいというはむはむの考えからなんでしょうね。
これから話がどうなっていくか、小五郎がどう変わっていくかが見ものということで。

まあとりあえず、メイ先生はちゃんと出るよね第二弾にと(ぁ

おまけ:
メイ先生が出てこなかったためパス(ぁ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する