さくらさくら・桜菜々子FC

  • 2009/07/28(火) 21:17:44

たいとる用FCばなー

気にするな、ただの桜だ(ぇはじめに
桜菜々子先生はハイクオソフト。つまり
ななこせんせ版から苦労の末に発売された
「さくらさくら」のメインヒロインです。
その菜々子先生を応援しようというのがこのFCなわけで。
さくらさくらも発売されたことですし、ようやく立ち上げることができたわけです。
そしてこれからのハイオクも見守っていこうということで。

らいん

気にするな、ただの桜だ(ぇ規約
菜々子先生が好きという方ならどなたでも
もちろん
「菜々子先生は俺の嫁!」「ななこせんせいかわいいよかわいいよ」
とおっしゃる方でもおっけーです。
参加されたい方はこの記事のコメントに
 1.名前
 2.ブログ名・またはサイト名
 3.菜々子先生に向けて一言

(思いつかねば無くても宜しいですし、後から思いつけば追加もOKです)
 をどうぞということで。

後、必要ならばバナーもありますのでどうぞです。

ななこせんせFCばなー(小)
りんく先はここの記事、つまり
http://kalffcs.dtiblog.com/blog-entry-87.html
へとお願いします(本体側よりこっちの方が登録は楽だと思いますので)


らいん

気にするな、ただの桜だ(ぇ会員様

No1:カーフ(おーたむねいる
女教師でメインヒロインなんてもう最高じゃないですかっ

らいん

おおきめななこせんせ
みなさん、よろしくおねがいします・・・

ななこせんせFCばなー(中)

&LOVE体験版感想(雑誌版)

  • 2009/07/25(土) 11:12:57

まずは著作権はこちらに。

こめっとっ
それぞれTG版が141M、PUSH!版が158M。
違いは体験版最後のHシーンで、TG版にはミル(PUSH!版とは違うシチュ)
PUSH!版にはミルに加えて茅波耶のHシーンが付属します。
*DL版は今回の部分がないので注意です(^_^;
システムは基本のみ、目に付くのはHシーン時の選択(中固定/外固定/選択可)だけです

夏、常聖学園の廊下で警察に問い詰められる大橋亮(主人公)
彼の父親が人工生命・人工知能の罪を犯したとか言ってますがどうなのでしょうか
問い詰めからなんとか逃れた亮は教室に。真雪が待っていました。
エロイ方向に道を踏み外す予定(ぉ

彼女と一緒に授業ですが、つまんない授業に飽き飽きした亮はPCを起動。すると
現代でも過去の技術だよなぁ(:^-^)
女の子がメッセージを入力すると返してくれる偽春菜伺か人工無能。
亮と興味を持った真雪がその子と会話しつつあるその頃!

父はマッドサイエンティスト(ぉ
なんかマッドサイエンティストがいますよ(笑)

さて元に戻って放課後、真雪に心配されながらバイトへ。
そこでは瑠々が「亮お兄ちゃん」と抱きかれた後、茅波耶先輩登場。宇宙飛行の話を始めたりなんかします。
ここで月までの航路の話とか、宇宙旅行が(高級だけど)一般的になっているということがわかりますが・・・
人類は宇宙を目指さねばならないのだ
・・・パイロット養成科に誘う茅波耶先輩はロボばかり作ってる亮をけなしてくれます( ̄▽ ̄;)

二人と別れて帰宅、亮謹製ロボが火を噴いたりしていますがそれはともかく
真雪が料理を作ってくれているのを待っていると亮の父親から電話・・・
・・いや、玄関の外にいました(すぐに逃亡しましたが)

そんな父親に呆れる亮。しかもこのオヤジなにやら箱(CG無し)残してますよ!(^_^;
さっそく開けてみますと
ウインドウが不透明になってるのは仕様です(ぁ
・・・・・・・・・・・・何これ( ̄▽ ̄;)
騒動の後、黒くなりかけている真雪に何とか事情を説明し、制服を着せてみました
注:制服と学生証は箱に入ってました

この方はオヤジ謹製のアンドロイドだそうで、名前がないのでどうするかと思案しミルクを美味しく飲んでくれたのことから
「ミル」と名づけました
*その後、「亮の父親に引き取られたフランスからの留学生」という設定を覚えこませます。
休む間もなく茅波耶先輩と瑠々も参上。
いろいろと二人に聞かれますが、ミルはうまいことコミュニケーションを取れ、二人にも気に入られたようで何より。

夜、ミルと二人。
寝ることの知識がないミルに寝方とパジャマの着方を教え・・・
すごい知識だ(笑)
・・・違う、微妙に違うΣ( ̄_ ̄;)
結局茅波耶先輩以下の面子に応援要請をし、なんとかするわけです
しかし、女4人がわいわいしている間、亮は家の外に追い払われ、悲しみに暮れる所で体験版おしまい。哀れ(笑)

#キャラクター
立ち絵があるのは6人で、他は名前すらありません。
珍しくツンデレキャラがいないのが特徴かも(笑)

*ミル
亮の父親謹製のアンドロイド(人工生命体)、普通にご飯も食べられます。
正式には「サンプリング型総合管理システム.exe」というらしいですがミルク好きなのでミル。
知識が実質ゼロに近い(茅波耶仕込みの怪しい知識はありますが)状態のため、純真無垢ですが感情表現は苦手。

*椎名真雪
尻に敷かれてるよね(笑)
幼馴染。家事万能洗濯掃除もしてくれる嫁系(ぇ
亮と同じ5年生で「めっ」が可愛いです。
ただしミルとかと仲良くしているとむすっと黒くなってしまいますが(^_^;

*響瑠々(ひびきるる)
真雪にはお姉ちゃんです
運命の織姫亮たちと同じアパートに住むちんまい人
2年生で呼び方は「お兄ちゃん」、好奇心旺盛な妹キャラです。
コミックとかで得た知識や格言をよく使います

*縁茅波耶(えにしちはや)
ちうー(ぇ
亮と真雪より4つ年上の9年生(!)という先輩、お隣さん。
わりとずぼらなお姉さまキャラ。ミルにあやしい知識を吹き込んだのもこの人
パイロットを目指していて、ロボにハマる亮を内心では心配しています。

*大橋泰助
亮のオヤジ。ロボ工学の権威ですがどう見てもマッドサイエンティスト。
娘が欲しいとミルを開発、真雪の妹代わりに送り込みます。
が、考えてみるとこの人(この世界においては)犯罪者ギリギリなんですよねぇ・・・(¨;)

*小森雅信
遺伝子組み換え食品は使っておりません( ・・)/
バイト先の上司。いわゆる友人系で軽い人ですが腕は確か。
ちなみに彼女ありなので寝取られに関しては安心です(ぉ

*大橋亮
主人公、真雪に世話してもらうことが当たり前だと思ってる人。
「月に行けるようになったけど、それが俺達の生活の大変革になったわけじゃない」
という考えの持ち主で、いろんなメカを造っては失敗しています(:^-^)

未来世界ということで学園の学年もちょっと変わっていて9年生がいる設定。
月航路もすでに普通にあり(火星まで行ってる)、巷には遺伝子改造食材が溢れている世界。
(乳腺だけ培養して牛乳生産しているとか)
とはいえ、結局やってることはいちゃいちゃだったりしますけどね(笑)
ミルという存在がどう成長し、どう他の人に影響するのかこれからですが、ノリそのものは明るいです。

ただし、人工生命体の製造は国連の条約で禁止されている上、
アンドロイドも禁止寸前という厳しい設定で、ミルの正体が他の人にバレた時どうなるか。
「作った人は最悪死刑、良くても5年以上の懲役刑」が主人公たちに振りかかる可能性は大なのですから。

おまけ:
ぶちぷちの後継者現る(ぇ
・・・よるよるの弟子ですね(殴)

僕らのカタチ、世界のカタチ 体験版一話感想

  • 2009/07/24(金) 14:22:39

著作権はいつものようにここに。

本体バナーがないのでこれで(¨;)
容量は264M。最初に体験版紹介コメントがあり、その後開始。
システムは基本が一通りで、これというものはありません
(ボイスは全員一括で音量調整です)

霞ヶ丘学園。夏休み直前の講習合宿。
その最後の夜、篝火を前に逢瀬和也(主人公)は恋話をしろと問い詰められます(^_^;
慌てる和也や未央を横目に未央の妹の真央は冷静に人払い( ̄▽ ̄;)
手回しの人の方が攻略したくなる
挙句、和也にジュースを買わせに自販機に派遣します(^_^;

その自販機のある場所に行くと涼子先輩が、彼女は自販機がなぜ当たるのか考えていたそうですが
開発者にもお金を要求する自販機であった( ・・)/
・・・なんですかこいつはー!( ̄▽ ̄;)
怪しい自販機ロボはともかく、人払いされたということで涼子先輩も誘おうとしますが、
「ここは遠慮すべきタイミングだろ?」と言われて納得。1人篝火のところに戻ります
*涼子先輩は屋上からデバガメ(ぉ
さて、坂元姉妹の所に戻ってみるとなにやらいろいろ作戦中。

真央が手回ししたおかげで未央は和也と二人きりになり、そして未央は・・・
告白にじゃまが入るのはよくあることですよね(¨;)
・・・が、告白しようとしたその時、邪魔者参上(ぉ
一匹(健太)は真央がしょっぴきましたが、もう一匹(乃亜)は追い払えません。

和也に噛み付いた挙句、べたべた寄ってくる様を目にした未央は逃亡、残るは乃亜と和也のみ
挙句このボクっ娘は和也の横で寝てしまいました(¨;)
その乃亜を「しょうがないな」と思いつつ、ぼんやり満月を眺めていると・・・
これは・・・黒い月!(帰れ
・・・・・・・・え?(゚_゚;)

次の日の朝、全力で帰宅すると
こなたみたい(笑)
なんかいますよ(笑)
注:父親が勝手に下宿を引き受けた

学園に問い合わせても無駄なため、一日こいつの引越しで潰れた挙句、
裸で部屋を歩き回るわしかもその裸を未央に見られるわでもう大変(笑)
このガキおぼえてろー!(違う
・・・ヤケクソになって逃亡してしまいましたとさ( ̄▽ ̄;)

次の日。もちろん乃亜に起こされます(しかしCG無し、甘いぞのると(ぉ)
彼女に引きずられるように霞ヶ丘の草原へ。はしゃぐ乃亜
しかし和也の頭には何か不思議なイメージ
浮かぶのは男女、そして世界の記憶、別人のような乃亜の声。

しかし気が付くと乃亜はいつもの乃亜。
君に遭いに来た・・・
ここで乃亜、未央、涼子のサブストーリー(各自の視点での最初の夜の話)
いずれかを読むと二話を出すという予告があって体験版は終わり。

#キャラクター
立ち絵があるのは以下の面子のみですが、他にも出てくるかは二話以降に期待ですね。

*護堂乃亜
話が始まる数日前にやってきた転校生。ボクっ娘で元気娘、ただし疲れるとすぐ寝ます。
ぺただのちんまいだの言うとかみつきます。なにこの加賀美翔子さん
無邪気な性格とは別の人格が隠れていることが伺えますが、どっちが本当の彼女なのか

*坂元未央
幼馴染ですがメインでは珍しい眼鏡キャラ。世話焼きでよく差し入れをしてくれます
引っ込み思案気味でなかなか気持ちを伝えられない人。
他の二人と違って普通の人ですがメイン話にどう絡むのか

*橘涼子
先輩キャラ。パソコン研究会唯一の部員で和也を引っ張れまわしているそうです。
完璧超人で唯我独尊な人で、怪しいメカを開発するマッドな人でもあったり(^_^;
サブストーリーでだいたいのことは理解しているのがわかりますが、乃亜との関係が気になります。

*坂元真央
未央の双子の妹。妹よりも数段しっかりしていて、何かと未央と和也の縁を取り持とうとします。
黒いのはともかく、攻略できてもよさそうなんですけどね、姉妹丼とか

*筑波健太
こいつも超展開要員だったらすごい(笑)
友人キャラ。たぶんバカ。
体験版では登場してすぐに真央に退場させられますが、空気読まずに登場しそうな雰囲気が(^_^;

*17号
照れ顔がかわいい自販機
驚異の自販機型ロボΣ( ̄0 ̄;)、擬人化はあるのか(殴)
ボイスもなく「・・・・」だけですが、結構表情も豊かです
なんと偵察ポッドまで打ち出せます・・・ってこいつどうやって移動してるんだ?( ̄▽ ̄;)

*逢瀬和也(おうせかずや)
主人公。やはり恋に対しては鈍感ですが、彼にも何か秘密がありそうです。

この作品、普通の恋愛ものではないことがすぐにわかります。
超展開を予想させる部分もいくつか見受けられますが、そこをどうしていくか。
この手のものは下手にセカイを広げすぎると収拾がつかなくなったり、本来の恋愛がおろそかになりがちです。
そこをどうしていくかは全ての超展開ものの宿題ですが、
やはり3人の中で唯一普通の人(っぽい)未央の話をうまく表現できるかでしょうね。
二話を予定しているそうですが、そこでどう話が進むか

後、OHPサイトのつくりはなんか変なんですが・・・
(トップがRSSとかリンク方法やページがなかったり)

おまけ:
翔子さん、あなたの志はこの子が継ぎました(殴)
・・・そういや師匠もちんまくてぺただったな(勝手に師匠にするな)

恋文ロマンチカ体験版感想(1章前半)

  • 2009/07/21(火) 17:32:11

まず、著作権はここですね。

ちゅあぶるばなー
そして今回の容量は467M。圧縮率高いです。
そのせいか解凍ソフトによってはエラーが出るので注意。

システムはちよっと変わっていて、フェイスウインドウにカーソルを合わせるとメニューアイコンに。
それと、現代ものではないのでシステム説明が大正調の漢字表示なので注意。

えっと、最初何かエロい文章から始まりますが、気にしたら負けです(笑)
列車の中で宵之道吟情という作家のことを考える弓削文人(主人公)
吟情先生にあこがれる彼は作家になるべく原稿片手に東都駅へと降り立ったわけですが
一度訪れるとアイテムっぽくなります
このように地図が出てくるわけですよ。
*「特別」とある所はヒロインのイベント。
「特別」をこなすと「必須」というのが出てきます。


筑地についた(マップで選択)文人は吉野家よし乃屋で酒飲んでるお姐さんとお話
でも宵之道先生の話となるとなんかベタベタに怪しいんですがこの人(笑)
ちょうどいいということで、彼女に原稿を読んでもらいますが・・・
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
うわわい( ̄▽ ̄;)
でも実は本心ではなく、「荒削りだけど読み手を惹き付けるものがある」と励ましてもらえました。

さて、心橋(これも選択)に行くと女の子が倒れてきましたよ!フラグですよ!(殴)
*選択肢あり、間違うと見事にゲームオーバー(笑)
彼女の草履の鼻緒が切れていたので修理。神多へ向かいます。

さて、目的地の神多(これは上二つをこなさないと出てきません)本屋街を歩いていると
こんな時代から落下ヒロインがいたのか(ぉ
あー何だこの時代でもヒロインは降ってくるらしいですよ(笑)
降ってきた彼女は上司に叱られて去り、文人は目的地の照葉出版へ。

 するとさっきの降ってきた人(仁見来香)から明日来てくださいと約束を取り付けます。
明日までどうするか(つーかこの人宿の事考えてなかったのかい)と神多を歩いてると
謎の青年が「原稿見てもらえないかも」とか不安にさせる言動を。

不安にかられる文人に対して
めっさあやしい・・・
・・・彼はやっぱりいつまで経っても戻ってきません。
やむなく文人が照葉出版に戻ってみるとやっぱりカモられてましたΣ( ̄_ ̄;)
さらにその上に雨に当たられて原稿まで台無し(;TДT)

悲惨な状況の文人、しかし捨てる神あれば拾うヒロインあり。
さっき鼻緒を直してあげた桔梗が現れて・・・
地獄にヒロイン・・・
秋月家に案内され、自己紹介。
風呂や着替えまで用意してくれて、夕食まで食べさせてもらえる彼女。

さすがに気が引けた文人は自分の事情を説明しようとしますが、ここで吟情先生(まだ主人公は名前知りません)が再登場。
彼女は桔梗の姉なんだそうですが、文人が桔梗といることを見るなり名刀「朧丸」を引っ張り出して・・・
花魁抜刀術か(殴)
うわーーーーーい((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あわてて止めに入る桔梗、その後は姉妹で論争したり挙句に吟情が土下座したりと大変な状況になった後、ようやく事情を説明。
 文人の強い意思を感じた彼女は文人に「居候にならないか」と持ちかけてきます。
桔梗にも薦められて、秋月家の家事手伝いをしながら居候することを承諾。
*選択肢がありますが、「帰郷する」を選ぶと見事に(以下略

しかし直後に来香が攻め込んできましたよ!(笑)
来香は「早く原稿をお願いします宵之道先生!」と催促します、つまり・・・
コンゴトモヨロシク(待て
ええ、この酔っ払い抜刀人があなたの憧れのセンセイですよ( ・・)/
*ここで体験版はおしまい。この後OPが入ります。

#キャラクター
メイン5人のうち登場は3人。
名前のあるキャラには基本的に立ち絵があるようです
(今回名前が明らかになってないキャラもいますが)

*秋月桔梗
親切ですよねぇ・・・
学生でお嬢様タイプ。面倒見がよくて打ちひしがれていた文人を助けてくれます。
こう見えても芯が強くて姉を打ち負かせるほど。

*仁見来香(ひとみらいか)
表へ出ろはこの当時からあったのか(ぇ
照葉出版の記者のボーイッシュキャラ。しかし自称は「アタシ」
あちこちを駆け回っている元気な方ですが、担当が吟情先生というのが運のツキのような(^_^;

*宵之道吟情
左の人は次で紹介します(^_^;
桔梗の姉。もちろん名前はペンネームでしょうね。
大人の女性ながら自称が「僕」という稀有な人で、眼鏡姿を含めてエロゲでは類を見ないタイプです。
・・・ただ、昼間っから酒飲んでるわ妹のことになると抜刀するわ土下座するわですが・・・

*尾根山厳太
今回も健在( ・・)/
チュアブル名物の謎のオヤジ。いつもの通り豪快で親切がモットー。
今作では東都駅前で人力車を引っ張っています。

*臣木良(おみきりょう)
文人をだましてお金を分捕った人、なぜか立ち絵付きでイケメン。
彼のあまりのお人よしぶりに心が痛んだのか、タバコを渡して逃亡しましたが、再登場時はどうなるのか

*弓削文人
主人公。ウインドウでは「僕」。
詐欺師も心が痛むほどのいい人。作家になるという夢を持つ書生ですが、さて(笑)

大正浪漫(物語上では「大昭」ですが)ものという他とはかなり毛色が違う作品ですが
ヒロインとの出会い方はやっぱりえろげですよね(笑)
秋月家に行くまでの経緯がかなり不幸かつご都合なのはこの際仕方ないとして、
大正浪漫な雰囲気の背景や音楽はとても素敵で良いです。ええ。
(横文字が左右逆表示なのはこの時代の仕様ですので・・・)
 
後、ヒロイン以外のエピソードも見せてくれるマップ移動は世界観説明に貢献してるからまだよいのですが、
一発ゲームオーバーの選択肢や効果音に会話を加える方式は賛否両論でしょうね(^_^;

欠陥としては妙に画像が荒い(保存した時の容量は他ゲームのそれと大差ないのに)とか
場面切り替えが遅いという問題点もあるのでそのあたりは次の体験版待ちでしょうか。
まだ登場していないヒロインもいますので、加わった時にどう話が動くか。
売りの「いつでも告白できる」がどう出てくるのかも見物ですね。

おまけ:
プリーズコンティニュー(ぇ
ゲームオーバーもございます( ・・)/

夢みる恋の結びかた体験版感想

  • 2009/07/11(土) 12:34:35

いつものように著作権はここに。

あてゅばなあ
容量は243M、画面はワイド(1024×600)で、かつセーブロード不可なので注意。
システムとしては選択肢まで一気に(アイキャッチ付き)飛ばせる機能が特徴。
後起動方法が二つ(通常と_GDI)あるのは安定性の問題なんでしょうか
*この感想は通常起動でのものです

夏、プール。智哉(主人公)にバカが何か叫んでますが何者かの攻撃により撃沈。
 しかしこいつは無駄に頑丈で再起。智哉に勝負を挑んできます。
それを子供よねと見る五十鈴とえみり。
廊下で小枝と園芸部について話した後、昼休み。
モテないことに追い詰められた大樹は神社に行ってお参りしようと言い出します。

で、放課後、その神社へ。するとお約束の巫女さん出現( ・・)/
真夏だけど桜イベントあるのかな?
先輩らしいのですが「また来て下さい」と言われただけでまともに話せず終わります。

帰り道、やたらに若い母親の佳奈美と会話。
母親フラグ?かと思いましたが、彼女は智哉父のところに行くのだそうでここでお別れ。
誰もいない家には15万円と注意書き。これで夏休みを過ごせとのことだそうです(^_^;;;

夕食後は明日夏とベランダごしに会話(画面分割で)してこの日は終わり。

#次の日
前夜の予告通り、明日夏が起こしに(殴りありで)
彼女が作った朝食後、えみりも加わって学園へ。
途中、何かフラグが立ちますが気にしたら負けです(笑)

学園では授業の合間を縫って大樹とともに前日の巫女さん探し。
さっそく発見。空気読めない大樹は俺たちのグループに入りませんか?と、そりゃ無茶だと思うのですが
決して隣のバカのおかげでこうなったわけではない
あれΣ( ̄0 ̄;)

で、放課後、少し待ちましたがちゃんと紗々弥先輩到着。
園芸部のお仕事をしていた小枝も加えて河川敷へ。そこでは明日夏とえみりが待っていました。
紗々弥先輩に各自自己紹介した後、本日は水切り遊び( ・・)/
子供っぽいと言いつつも楽しくやってしまうのがこの面子なんですね。

#次の日
毎日起こされるようなヘボ主人公でないことを証明するかのように早起き。
しかし、余裕こいて散歩に出るとなぜか紗々弥先輩が(^_^;;;
というか、一目ぼれですよね
・・・って何だってーーー!Σ( ̄0 ̄;)
*注:明日夏に見られていました

昼食時。紗々弥先輩を意識したり不機嫌な明日夏に睨まれたり智哉は大変(^_^;;;
そして放課後、いつもの面子で河川敷に行こうとすると小枝が智哉を呼びます。
二人きりの夕方の屋上で
もう待ってられない告白
・・・おーい( ̄▽ ̄;)
*注:明日夏に見られていました
ちなみに本日の河川敷は紗々弥先輩と小枝(告白して勢いが切れた)がいないので4人です。
大樹とキャッチボール(その間明日夏とえみりは会話)しているとえみりと明日夏が智哉の所に。

そしてえみりは
周りがいても告白できるのが他と違う・・・
・・・えーっとΣ( ̄_ ̄;)
*注:明日夏が見ています
えみりは「本気よ」と言って1人去り、大樹とも別れて残るは明日夏と智哉。
明日夏にどうすればいいのかと聞くと、彼女からは「(智哉が)正しいと思うことをすればそれが正解」と言われます。

夜、告白された紗々弥先輩、小枝、えみりの事を考える智哉。
すると明日夏がベランダ越しに登場。3人の告白シーンを見ていたことを謝り、そして力になってくれると。
安心したところで体験版は終わり、他に予告と紗々弥先輩のHシーンが付属します。

#キャラクター
立ち絵があるのはメインのみで、他の人は名前すらありません。

*水森明日夏
幼馴染ってたいていこういいますよね(笑)
隣に住む幼馴染。しょっぱなから母がいなくなるため起こし&料理担当。赤くなると目が消えます(笑)
近すぎて当たり前過ぎて好きが出てこないタイプですが、連続告白からどうなるのでしょうか。
泳げないという問題含めてどうなるか。

*五十鈴えみり
知識豊富な御仁です
親友タイプのヒロイン。結構な知識と毒舌の持ち主。
尊敬する人は越後屋で、容赦ない突っ込みを食らわせてきます。
智哉に積極的に動いて告白しましたが、明日夏との関係含めてどうなるか。

*新良城紗々弥(あたらぎ ささや)
毎日急階段上り下りしてるそうです
巫女をやっている先輩。染葦村から来たそうです。
天然の先輩キャラですが、一目惚れからあっさり告白したあたり意思は強いのかも。
なお、運動能力はかなり高いです。

*桐原小枝
あ゛、ちょっと画像が暴力的に(殴)
大樹のマイシスター。園芸部所属。
この手の友人妹の常で、兄に厳しく主人公になついています。
一直線に告白してくる形になりましたがさて。

*牧島佳奈美
母の元に行くバッドEDはあるのか?
母親。もちろん若い( ・・)/
なぜか智哉と苗字が違います・・・ただ出番は最初のみなのが惜しい。

*桐原大樹
馬鹿、以上(爆)
ハイテンションで熱血でとりあえず殴られ役、というかウザい(^_^;;;

*真木智哉
主人公。顔はOHPでご確認を。
大樹がバカキャラのためわりとまじめな人、ただし結構ネタ発言はします。

まず画面を見ればわかりますが、ワイドです。
これを利用して画面分割技を使ったり、横スクロールをしたり。
背景も雲が動いたりズームをかけたりと凝った作り。主人公不在の視点もあるのも特徴。
キャラの立ち絵も豊富(でも一番豊富なのは大樹のような・・・)

話としては「ジェットストリーム告白を喰らった主人公」です(笑)
3連続で告白を喰らえばまあ正常な感覚でいろというのは無理ですが、明日夏を含めて関係をどうするか。
河川敷で仲良く遊んでた状況からこうなったのですから、ヘタに話を展開させると修羅場になりそうです。
冒頭に出てきた伝説の桜の問題もありますしね。
後、あんまりにも大樹がウザい上に勘違いキャラなんで、どうにかならないかと。
*イロモノ部分を1人に固めたことの弊害ですが

おまけ:
主人公不在で本人視点時
4人目の適格者・・・