おねだりしなさいお兄様 「妹にどうやっていじめられたいの?」体験版感想

  • 2013/06/17(月) 14:21:13

いつものように著作権はここに

あるまぢろ
容量は417M。画面は800×600の通常サイズ。
システムはシンプルなものでボイスは全員まとめての調整。
*ちなみに主人公名はシステム画面から変更できます

夢を見ていた。昔、郷里で過ごした頃の夢。
しかしそこがどんな場所なのかは思い出せない。

二人の妹たちに手招きされている丸木秋太郎(主人公)。でもこの妹たち何か言い方がおかしい、なぜか命令形
行ってはダメという心の声も通じず、そして視界が真っ暗に・・・
・・・落とし穴にハマった夢でした( ̄▽ ̄;)
・・・しかも落とされた挙句上から埋められてますΣ( ̄0 ̄;)

「お兄ちゃん、起きてよー」
起こしてくれたのは義妹の小麦。床に落ちていた携帯を渡してくれましたが
この携帯の着信音が「バシーン!」というのは一体(^_^;;;
*このスパンキング音だけで興奮する兄なのてす( ・・)/

小麦の作ってくれた朝食を食べつつ、彼女から両親のことというか
都合よく逃亡(ぁ
・・・おいそれ夜逃げじゃねーかっ(笑)

でもまあ両親とかそのうち戻ってくるだろうと前向きに考えて平和な朝食(ぁ
そして弓弦葉学園(※:前作と同じ舞台)に向かうわけです

モブ女生徒に突っ込み代わりに叩かれたりする先生をやってる秋太郎ですが
そのモブから転入生が来るという話、つまり情報的放置プレイです(ぇ

さてHR。転校生(しかも二人)ということなんですが、現れたのは真冬と夏陽。
二人を見てどうして何でWhyと爆発的な衝撃が起こっている秋太郎。
しかし当人の中で結論が出る前に真冬&夏陽がこっちに向かってきます。そして
この笑顔が怖い
この日からボクの刺激的すぎる日々が始まりを告げるのだった・・・

放心したまま放課後。小麦に大丈夫?言われますがそこに真冬&夏陽。
その衝撃といえばイスから落ちるぐらいです、その上真冬は見せ付けるように座るから困ったものですええ(笑)
あわてて秋太郎は逃亡してしまいますが、夏陽は「ふふふ・・・面白くなってきた♪」(ぬこ目)

小麦との帰り道。真冬&夏陽が2m後ろからついてきます。
そのうちこっちに追いついてまずは小麦との間で自己紹介と。ここでも小麦は丁寧な受け応え。
するとこの二人、今日から新しく住むとか言い出しているわけで
おどろく当事者
当然のごとく住み着きモードなわけですよええ(笑)

部外者化している小麦が仰天しているのでここで真冬&夏陽との関係について説明をば( ・・)/
*どうやら両親はこの二人に恐れおののいて逃亡した模様( ̄▽ ̄;)

二人が小麦に案内してもらっている間、一人残った秋太郎は震え、寒気を感じ、冷や汗をかくのです(・・;)
「・・・大丈夫かな、ボク」

夜、「オハヨーゴザイマス」と夜這いの様式美を実行する謎のひとたち(ぁ
なにやら仕掛けをやった後、「うおっまぶし!」と起こされた秋太郎。
すると真冬&夏陽がナニを二人がかりで詰ってますが、本当に久しぶりねと懐かしんではくれるのです。
ただし、「こんな玩具、滅多にないものね」ですが(ぁ

しかし途中でなぜか止めてしまう二人、お願いしますもっと苛めてくださいと足元にすがりつく秋太郎。どM。
すると真冬。兄さんのことは満足させてあげるわとクローゼットを開けてみると・・・小麦が拉致られてたわけです( ̄▽ ̄;)
*つまり一部始終見ていました( ・・)/

こんな惨状を見てしまってはもうダメだ家庭崩壊だと絶望する秋太郎。小麦は泣いて逃げ・・・
同調されてしまった(・・;)
・・・あれ?( ̄▽ ̄;)

「わ、わたしもお兄ちゃんとエッチする!」
妹二人に押さえつれられてこのまま成すがままなのかと観念しようとするのですが、
「夏陽、ここまでよ」と真冬&夏陽はさっさと自室に帰っていってしまったんですよどうするんですか(^_^;;;
*結局最後までしてしまいましたが「お兄ちゃんの調教、頑張ってみる」と・・・(^_^;
その上、真冬&夏陽とまでのしかかられてH、そして「やっぱり、兄さんしかいないわ・・・」と・・・

#次の日
起きてみて、休日だから今までのことを整理・・・できるほどメンタル強くありません(^_^;;;
何てことになったんだうわぁぁぁ状態になっていると「・・・お兄ちゃん?」
後悔とかしてないよと言ってくれる小麦ですが、唐突に残り二人がやってきて中断。

とっとと学園に(おい休日じゃ・・・)行こうとしますが、いつも一緒なの?と真冬
するとだったら私たちもと言う夏陽ですけど、一緒だといろいろまずいような。
でも夏休みまで(一ヶ月ぐら)しかいられないとタイムリミットがあるから一緒でもと
タイムリミットは調教の基本
*調教ものっていつも時間制限ありますよね(ぁ

さて学園。もう真冬&夏陽は妹だということはバレまくってます(笑)
しか小麦含めて三人別々に昼休みに誘われたからもう大変・・・なのですが、いきなり場面は夕方の自宅( ̄▽ ̄;)
*誰も選べずトイレに逃げ込んでたらしい・・・Σ( ̄0 ̄;)

当然DOGEZAタイムなわけで、妹三人に囲まれてDEGEZAとかひどい惨状です(^_^;;;
しかし真冬は「兄さんを悦ばせても仕方ないわ」と見事に本心見抜いてましたが・・・

#次の日
部室に呼び出された秋太郎。
*ちなみに天文部の部室です。
しばらく待っていると夏陽と小麦がやってきましたが、この二人も真冬に呼ばれたクチ。
すると「お待ち遠さま、みんな」と真冬が登場して、なにやらプリントを配っています。
何でも部活を作ることにしたそうですが・・・

「兄さんの性格は腐りきっているわ!」
と秋太郎を糾弾した後、
こんなどMを野放しにしているわけにはいかないと
つまり妹部だと(ぇ
*ちなみに天文部はこの真冬がぶっ潰しました( ̄▽ ̄;)
で、真冬部長以下の面子が揃ったので早速部活内容とかもう用意してあったスケジュールを取り出しましたる真冬。
そのスケジュール表に自分の名前を書き込む彼女ですが、
小麦と夏陽もその意味を理解して名前を書き込みます
(真冬:月&木、夏陽:火&木(あれ?)、小麦:水&土)

そして自分の担当曜日以外は過度な接触は禁止とルールを決めて・・・
「それでは、ここに新・天文部の設立を宣言します」

恐怖と不安で((;゚Д゚)))ガクガクブルブルな秋太郎、でも内心では刺激というかこの状況がいいと思ってるわけで
こうしてボクと妹たちの逆調教の日々が始まった・・・

*ここから部活(というか調教)パート。
パラメーターが二人分ある点に注目
見ればわかるとおりヒロインだけでなく主人公側にもパラメーターがあるのが特徴
三人のメニューはそれぞれ違います(小麦のみメニューが一つ少ない)
体験版では日替わりでヒロインと調教をこなす形で、3人×2回こなして体験版は終わりです。
*付属として「その後」ということで三人とのHシーンというか調教シーンの一部が見れます。

#キャラクター

メインのみボイスあり
ちなみに真冬と夏陽は実妹、小麦は義妹(再婚した母の連れ子)
そしてメインの苗字を合体させるとマルキドつまりサド(ぉ

*城戸真冬
実妹の姉の方で兄さん。黒髪ロング+黒スト人
見た目からしてクールですが実際どSで、言葉攻めが素敵(ぉ
夏陽からはツンデレ言われてますが、確かに少しデレの素質は垣間見えるような・・・

*城戸夏陽
実妹の妹の方がお兄。ショートで元気系
肉弾戦要員というか何かと突っ込みを入れる人。
たいてい姉と組んでますが、単独となったときにどう本音が出るかですね

*丸木小麦
義妹。お兄ちゃん。ツインテでおっぱい担当
二人に引っ張られるようにどSの道に入りましたが、実は根が一番どSかも。
本来は優しい子だとは思いますが・・・

*丸木秋太郎(デフォ名、名前は変更可能)
主人公。先生ですけど授業シーンとかはほとんどなし
完全な受けキャラでしかも優柔不断な面もあるから更正が必要だと(ぉ
豚言われてますが小太り系なんでそれが問題かも(・・;)


舞台は前作と同じ学園ですけど、別に続編ではない今回の作品
(前作のことは伝説として残ってる程度、ちなみに制服は変更なし)
よって雰囲気は結構近い感じがするんですよね。

そしてコンセプトも前作と同じで「Mな主人公がどSなヒロインにいぢめられる」話。
ただし立場はまったく正反対で今回は主人公が兄兼先生でヒロインは妹という構図で
しかもこの妹どもがみんなどSだから困ったものです(笑)

そういう妹たちですが、三人それぞれ性格とかそのあたりがはっきりしているのはよいかと。
一番純粋そうな気がする小麦が一番化けそうな予感はしますが(笑)
ただ、主人公が前作の女装が似合う可愛い系から小太りキャラになったのはマイナスなのかも。
イベントCGでも腹出てるからあんまし好青年に見えないんですよねええ(:^-^)
このあたりは受け主人公の宿命でしょうけど、蹴飛ばされるシーンやスタンガン喰らってるシーンには向いているのかも(ぁ
でもテキストミス(休日だったのにいつのまにか学園に、曜日間違い(ボイスすらも))とかすっ飛ばしは減点ですはい(・・;)

それからちゃんと調教メニュー、それからパラメーターもあって調教というものについても考慮されていますが
パラメーターはヒロイン3人でなく主人公にもあるのがポイントなのかも。
よってどう進めていくかによってただ責められるだけから離脱できるのでしようか・・・?

おまけ:
シュミとシミュの違いについて( ・・)/
・・・シミュレーションをシュミレーションと間違える人多いよね(ぁ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する